女性向け医療保険おすすめランキング|女性特有の病気に備えるべき保険をプロが徹底比較![2020年最新版]
ランキング
高瀬 央樹
高瀬 央樹/Test by MONOQLO the MONEY
公開日: 2020年05月25日

女性向け医療保険おすすめランキング|女性特有の病気に備えるべき保険をプロが徹底比較![2020年最新版]

医療保険への加入を検討している女性の中には、とくに乳がんや子宮がんをはじめとした女性特有の病気に不安を感じているという人も多いでしょう。ここでは、そんな女性のお悩みを解決すべく、女性が医療保険を選ぶときに知っておきたい情報と、保険のプロがおすすめする「女性向け医療保険」をおすすめ順にランキング形式でご紹介していきます。

本音のマネー誌
MONOQLO the MONEY
お金の真実を本音で伝えるマネー誌。投資情報のほか、クレカ、保険、節約などお金に関わるあらゆる情報を扱う。
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏
㈱回遊舎代表。マネー誌歴30年以上のお金オタクであり、ジャンル問わずあらゆるマネー情報に精通する、マネー誌界の『ゴッド姉ちゃん』。特に銀行やクレジットカードなどのサービスやお得度リサーチには熱い情熱を傾ける。
全国ファイナンシャルプランナー相談協会 代表理事
平野雅章 氏
相談専門のファイナンシャルプランナー、1級FP技能士。個人相談に特化し3000件超の実績。全国ファイナンシャルプランナー相談協会の代表理事も務める。豊富な相談経験を活かし、執筆やセミナー講師も多数。
ファイナンシャルプランナー
松浦建二 氏
住宅メーカー、生保会社を経て現職。個人・中小法人向けにライフプランや生命保険、住宅購入等のコンサルティングを行っている。執筆や講演経験も豊富。
ファイナンシャルプランナー
竹下さくら 氏
なごみFP事務所共同代表。損保会社・生保会社勤務を経て1998年にFPとして独立。現在は、個人のコンサルティングを主軸に講演・執筆を行う。
(株)KRC 本部長
土井 岳 氏
生損保約40社を扱う。担当する顧客数が2000人、法人200社を超えるプロ。顧客に合わせた中立な保険商品提案に定評。(有)BICにてFP事業も行う。
ファイナンシャルプランナー
横川由理 氏
FPエージェンシー代表。保険見直しなどのカウンセリング業務が得意。企業向けの講演なども行っている。旅行会社、生保会社を経て現職。
ファイナンシャルプランナー
黒田尚子 氏
黒田尚子FP事務所代表。乳がん体験者コーディネーター。自らのがん罹患体験をもとに、がんなどの病気に対する経済的備えの重要性を訴える活動を行う。

※保険料は2020年3月時点、編集部による試算。パンフレットなど現在のものと異なる場合がございます。ご了承ください。詳細は各商品HPをご確認ください。

保険 女性特有のリスクに備えられる女性向け医療保険とは?

(C) Shannon Fagan/123RF.COM 

病気やケガに備えるために加入する医療保険ですが、女性の場合は、男性とは違う「女性特有のリスク」をカバーできる保障内容のものが人気です。女性に多い病気の代表としては婦人科系の乳がん、子宮がん、子宮筋腫などがあります。また、病気ではありませんが、妊娠・出産時には切迫流産や異常分娩といったトラブルが起きることもあるため、そういった時にかかる費用に備えられる保険を検討したいものです。

女性向け医療保険では、主契約の入院給付金に加えて、それと同額の「女性入院給付金」が上乗せで受け取れる保障が一般的。女性特有の疾病などで入院したときには、より手厚い保障が受けられるのが特徴です。
図①

保険 まずは公的保障でカバーできる範囲を把握! 不足する部分を医療保険で補う

図②
医療保険選びをする前に、まず公的保障の範囲を知っておくことが大切です。日本人は「国民皆保険」といって、私たちは国民保険や健康保険など、何らかの公的医療保険に必ず加入することになっています。そのため、医療費の自己負担は原則3割負担で済みます。

さらに、1カ月の医療費が一定以上を超えた場合には、その超えた分を支給してくれる「高額療養費制度」や、会社員であれば病気やケガなどで療養が必要で働けない場合に、一定の条件下で給付金を受けられる「傷病手当金」という制度もあります。

こういった公的保障でどの程度カバーできるのかを把握したうえで、不足する部分を医療保険で補うという考え方をベースに保険選びをすることが大切です。

公的保障の解説は、シリーズ企画の「医療保険ランキング」も合わせてチェック!

▼記事はこちら

保険 女性向け医療保険選びの選び方 ココがポイントです!

20~40代は妊娠・出産トラブルや不妊治療に備えよう

女性がとくに気を付けたいのが、女性特有の病気や健康トラブルです。20~40代の女性が入院した原因のトップは、「妊娠・出産によるトラブル」となっています。妊娠、出産時に起こるトラブルには切迫流産や重度のつわり、帝王切開、妊娠高血圧症、妊娠糖尿病などがあり、入院が必要になることもあります。
図④
また、国立社会保障・人口問題研究所による「第15回出生動向調査(2015年)」によると、なんらかの不妊治療をする夫婦は6組のうち1組にも上ります。しかし、不妊治療のうち保険が適用されるのはタイミング指導や薬物療法などで、費用の高額な人工授精や体外受精は基本的に保険適用外。そのため不妊治療が家計を大きく切迫する原因になることも多いのです。
図⑤
不妊治療は今や一般的なものになりつつありますが、対応する保険はまだそれほど多くありません。この先出産を希望する場合は、医療保険選びの際に不妊治療に対応しているかも選択のポイントになります。

たとえば、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」「女性サポ―ト給付金ガン診断給付特約」では、出産や所定の特定不妊治療を受けると女性サポート給付金が受け取れるほか、がん(上皮内含む)と診断確定されると一時金を受け取ることができます。ただし、給付金を受け取るにはさまざまな条件に合致する必要があるので、よく確認しましょう。
図⑥

女性は30代から「がんリスク」が高い!

日本人の2人に1人が一生涯のうち一度は罹患(りかん)するという、まさに最も身近な病気といえる「がん」ですが、男性と女性ではがんにかかりやすい年齢が違います。男性は60歳を過ぎたあたりから罹患率が上がるのに対して、女性は30代からぐっと上昇。乳がんや子宮がんなど女性特有のがんは、若いときにも罹患するリスクが高いので注意が必要です。
図⑦

女性疾病特約でがん全体をカバーするのがベター

がんのリスクが若いときから高い女性は、医療保険を選ぶ際に女性特有のがんはもちろん、それ以外のがん全般で保障を得られる保険を選ぶのが◎。がんは悪性新生物だけでなく上皮内新生物(がんが上皮内に留まっていて適切な治療により完治が可能なもの)もカバーできるかどうかをチェックしましょう。
図⑧

「乳房再建」にかかる費用を保障する特約も人気

乳がん手術によって失った乳房を再建する手術で給付金を受け取れる特約も人気が高まっているようです。

乳房再建手術の費用は、手術の種類にもよりますが、10万円~60万円程度(3割負担)です。高額療養費制度が適用になるものの、乳がんになると、医療費だけでなく抗がん剤治療による脱毛でウィッグが必要になったり、リンパ浮腫対策のサポーター、入院中の日用品など出費が重なります。そんな中、まとまったお金を受け取れることで再建を諦める必要がないのが人気の理由かもしれません。
図⑨

「保険料が払えない」リスクにも備える

日本人の平均寿命は右肩上がりで延びていて、男性よりも女性のほうが長生きする傾向に。夫が亡くなったあとに「おひとりさま」になる女性が今後さらに増えることが見込まれます
図⑩
夫が亡くなって収入が減ったり、若くても大きな病気をして働けない期間が長くなると、収入が減り保険料の支払いが家計の大きな負担になることも。そんなときのために、三大疾病になったときなど、所定の条件により保険料の支払いが免除される「保険料払込免除特約」を付けておくのもひとつの手です。
図11

ずっとおひとりさまの場合は就業不能にも備えたい

今や生涯未婚という人もめずらしくありませんが、そうなると病気などで仕事ができなくなったときのリスクはすべて自分にのしかかります。

医療保険に「就業不能特約」を付けるなどして、万一のときに家計の心配をせずに済むようにしておくことも大切です。
図12
このように、女性特有の病気や妊娠・出産にまつわるリスクには、若い時からしっかりと備えておくことが大切です。

ここまで解説した女性向け医療保険の選び方のポイントを踏まえて、ここからはプロが選んだ1~5位の商品について、内容と評価のポイントをご紹介していきます。ぜひチェックしてください!

なお、保険市場では取り扱いのある保険商品に関して外出せずにオンラインで相談が可能な「オンライン保険相談サービス」を行っています。相談料も無料なので気になる方は利用してみてくださいね。

▼「オンライン保険相談サービス」はこちら

記事1位BEST 保障の選択肢が幅広い! オリックス生命「新キュア・レディ」

オリックス生命
新キュア・レディ

▼保険市場で見る
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳女性 2976円
40歳女性 3949円
50歳女性 8240円
▼保険料条件
項目 入院給付金日額 保険期間 保険料払込期間 払方 先進医療特約
条件 5000円 (女性特有の病気、がんの場合1万円) 終身 60歳払済 月払 付加
第1位に選ばれたのは、オリックス生命の「新キュア・レディ」。乳がんや子宮筋腫、子宮がんなどの女性特有の病気のほか、すべてのがん(上皮内新生物含む)で入院した場合に、主契約の入院給付金に「女性入院給付金」を上乗せした金額を受け取ることができます。病気だけでなく帝王切開などの異常分娩や子宮外妊娠などが保障対象なので女性には心強いです。

主契約の保障は、女性特有の病気やがんでの入院、それ以外の病気・ケガでの入院、所定の手術、先進医療の保障とシンプルなので、必要に応じて他の特約を付けるなど、カスタマイズしやすいのも高評価のポイントです。
図1位

黒田尚子 氏 ファイナンシャルプランナー
黒田尚子 氏のコメント

保険料を抑えるならシンプルに、気になる病気に手厚く備えるなら特約をセットするなど選択肢が多いのが魅力的。

竹下さくら 氏 ファイナンシャルプランナー
竹下さくら 氏のコメント

女性特有の病気とすべてのがんによる入院に手厚い保障が得られます。

記事2位BEST ガン診断給付特約に注目! 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」

三井住友海上あいおい生命:&LIFE 新医療保険Aプレミア:保険
三井住友海上あいおい生命
&LIFE 新医療保険Aプレミア
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳女性 3865円
40歳女性 5155円
50歳女性 1万215円
▼保険料条件
項目 タイプ 入院給付金日額 保険期間 保険料払込期間 支払限度の型 手術給付金の型 女性疾病給付特約日額 特約
条件 払込期間中無解約返戻金型 5000円 終身 60歳満了 60日型 手術Ⅱ型 5000円 女性サポート給付金付ガン診断給付特約
第2位には、三井住友海上あいおい生命の「&LIFE 新医療保険Aプレミア」がランクイン。主契約は、病気やケガによる入院・手術、放射線治療やICU管理を受けたときに給付金が受け取れるという保障内容で、それに加えて、バリエーション豊富な特約から自分のニーズに合ったものを付加できるのが大きな魅力です。

女性向けには「女性疾病給付特約」と「女性サポート給付金付ガン診断給付特約」があり、女性疾病給付特約では、女性特有の病気や上皮内新生物を含むがんでの入院、帝王切開などでの手術が保障されます。一方、女性サポート給付金付ガン診断給付特約では、出産したときや特定不妊治療を受けたとき、がんと診断された場合に給付金を受け取ることができます。
図2位
図2位ー2

平野雅章 氏 全国ファイナンシャルプランナー相談協会 代表理事
平野雅章 氏のコメント

女性サポート給付金付ガン診断給付特約は、不妊治療給付金が12回まで支払われるなど手厚い内容。保険料は高めですが、がんの保障も得たい場合はおすすめできます。

松浦建二 氏 ファイナンシャルプランナー
松浦建二 氏のコメント

一般的な医療保険に女性用の特約を付加することで女性向けになり、保険料払込免除の特約も付けられます。

記事3位BEST 特約のバリエーションが豊富 チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムDX Lady」

チューリッヒ生命:終身医療保険プレミアムDX Lady:保険
チューリッヒ生命
終身医療保険プレミアムDX Lady
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳女性 2830円
40歳女性 4350円
50歳女性 1万円
▼保険料条件
項目 入院給付金日額 支払限度の型 保険期間 保険料払込期間 払方 手術 女性特定疾病入院給付金
条件 5000円 60日型 終身 60歳払済 月払 入院中・放射線5万円/外来5万円 5000円
3位は、チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX Lady」。主契約で入院、手術、放射線治療、女性特有の病気が保障され、さらに先進医療や退院後の通院、7大疾病など7つの保障から必要なものを付加することもできます。

女性特有の病気で入院した場合は、入院給付金日額5000円に加えて、女性特定疾病入院給付金日額5000円を受け取ることができます。女性特有の病気に手厚いだけでなく、さまざまな特約をニーズに合わせて付加できる点に評価が集まりました。
図3位

横川由理 氏 ファイナンシャルプランナー
横川由理 氏のコメント

女性向けの保障だけでなく、7大疾病による入院が支払日数無制限で一生涯保障されるのが手厚い。

黒田尚子 氏 ファイナンシャルプランナー
黒田尚子 氏のコメント

保障内容の設定の自由度が高く、さまざまな保障を組み合わせることができます。就業不能年金の特約も手厚い内容です。

記事4位 ニーズに合わせて特約を付加できる はなさく生命「はなさく医療」

はなさく生命の:はなさく医療:保険
はなさく生命
はなさく医療
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳女性 3175円
40歳女性 4600円
50歳女性 9735円
▼保険料条件
項目 入院給付金日額 保険期間 保険料払込期間 払方 支払限度の型 手術給付金の型 入院支払日数無制限特則 女性医療特約
条件 5000円 終身 60歳払済 月払 60日型 手術Ⅰ型 なし 女性疾病入院給付日額5000円の場合
4位にランクインしたのは、はなさく生命の「はなさく医療」。はなさく生命は日本生命のグループ会社で、2019年6月から同商品の販売を開始しました。この保険は主契約で病気やケガによる入院や手術が保障され、それにプラスして9つの特約からニーズにマッチした保障を追加できます。

「女性医療特約」は、女性特有の病気やがんなどで1日以上入院すると、主契約に上乗せして女性疾病入院給付日額×入院日数を受け取れます。また、乳がんや子宮がんなどの手術や、特定不妊治療を受けた場合にも給付を受けることができます(帝王切開は含まない)
図4位はなさく

土井 岳 氏 (株)KRC 本部長
土井 岳 氏のコメント

女性医療特約の内容の幅広さと手術給付金の手厚さが評価できます。

記事5位 女性特定がんで一時金が受け取れる 楽天生命「楽天生命あんしんプラス(女性サポート)」

楽天生命:あんしんプラス 女性サポート:保険
楽天生命
あんしんプラス(女性サポート)
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳女性 1510円
40歳女性 1710円
50歳女性 2130円
▼保険料条件
項目 女性疾病支援給付金額 女性特定ガン治療給付金 乳房再建給付金 死亡保険金 保険期間・保険料払込期間
条件 10万円 50万円 50万円 50万円 10年
5位にランクインしたのが、楽天生命の「楽天生命あんしんプラス(女性サポート)」。数ある医療保険の中でも、女性特有の病気をサポートすることに特化した個性的な商品です。

乳がんや子宮がん(上皮内新生物含む)や、帝王切開、妊娠・分娩の合併症や流産など、女性特有の疾病で入院した場合には、入院一時金が受け取れます。また、乳がんなど女性特定がんと診断確定されたり、乳房再建術を受けると一時金を受け取ることができます。
図5位楽天

竹下さくら 氏 ファイナンシャルプランナー
竹下さくら 氏のコメント

女性特定がんで入院すると一時金が受け取れるほか、乳房再建術も保障されます。

保険 [結論]女性は妊娠・出産トラブルや婦人系がんに備えられる医療保険を選ぼう

ここまで、女性向け医療保険の選び方とランキングをご紹介しました。女性は若いうちから乳がん、子宮がんといった病気のリスクが高いほか、妊娠や出産時のトラブルで思わぬ医療費がかかってしまう場合もあります。女性ならではのトラブルに手厚い医療保険を早めに検討し、万一のときにしっかりと備えておきましょう。

タイトル写真:123RF

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事