Amazonで一番売れている「NAS」はココが凄かった!
ベストバイ
2017年08月13日(日)
松下 泰斗
松下 泰斗/Test by 家電批評編集部

Amazonで一番売れている「NAS」はココが凄かった!

NASとは、ネットワークに接続して使う高機能なHDDのこと。通常の外付けHDDとは異なり、外出先のパソコンやスマホからでもアクセスできるのが特徴です。最近では、NASを自分専用のクラウドストレージとして活用する人が増えてきています。そこで本記事では、いまAmazonで一番売れているNAS、Synologyの「DS216j」の魅力について紹介していきます。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。

パソコン 大容量バックアップはもちろん クラウド連携も魅力な「DS216j」

現在、Amazonでベストセラーとなっている家庭用NAS。HDD2台を装着でき、最大20TBまでのストレージ容量が確保可能です(RAID 0/1、JBOD構成に対応)。

パソコンやスマホのバックアップ用ストレージとしてだけでなく、大容量のメディアサーバーとしても大活躍。標準でAmazonプライムフォトと同期できるので、写真好きなユーザーにもオススメです。なお、HDDは付属していないので、別途NAS用HDDを購入しておきましょう。
Synology:DS216j:パソコン:スマホ
Synology
DS216j
実勢価格:1万9800円
サイズ・質量:W100×D225.5×H165mm・0.88kg
CPU:Marvell Armada 385 88F6820
メモリ:512MB DDR3
最大ストレージ:20TB (10TBHDDx2)
ウエスタンデジタル:WD Red:パソコン:スマホ
ウエスタンデジタル
WD Red(WD20EFRX)
実勢価格:1万1191円(2TB)
規格:3.5インチ
回転数:5400rpm
キャッシュ:64MB 
接続:SATA3.0
NASは24時間動き続けるため、通常のHDDではなく「WD Red」などのNAS用HDDを選ぶことが大切です。WD Redは、NAS向けの専用ファームウェアを搭載し、連続稼働でNASに籠もりがちな熱にも耐える設計となっています。なお、DS216jをRAID構成で運用したい場合は、同じ容量のHDDが2台必要です。

パソコン NASならパソコンもスマホも ワイヤレスでバックアップ!

Wi-Fi接続で各種デバイスのデータをバックアップできます
通常の外付けHDDはUSBケーブルなどでパソコンに接続しますが、NASはLANケーブルもしくはWi-Fi経由でルーターに接続して使います。そのため、NASは単独でネットワークに接続している状態となり、パソコンやスマホを使っていつでもどこでもNAS内のデータにアクセス可能となるのです。
職場のパソコンから自宅のNASにアクセス可能です
NAS一台あれば、パソコンやスマホのデータをWi-Fi経由で手軽にバックアップできるようになります。また、NAS内のデータはインターネット経由で取り出せるので、バックアップデータに職場のパソコンからアクセスするといったことも可能です。なお、DS216jはMac標準のバックアップ機能「Time Machine」にも対応し、Macユーザーも安心して使うことができます。
Windows風の操作画面。各種設定やアプリの起動を行います
多くのNASはWebブラウザ上で各種操作を行います。SynologyのNAS管理画面は、Windowsのデスクトップ画面に似た操作になっているのが特徴。日本語ヘルプも充実しているので、NASビギナーにも扱いやすい仕様となっています。

パソコン Amazonプライムフォトとの連携技で 最強のバックアップ体制を構築!

Amazonプライムフォトはスマホやタブレットから閲覧が可能です
DS216jの最大の特徴は、NAS内の写真をAmazonプライムフォトと同期できる点です。Amazonプライムフォトとは、Amazonプライム会員なら無料で使える写真専用のクラウドストレージサービス。容量無制限でオリジナルのまま何枚でも保存可能で、一眼カメラでよく使われるRAW形式の写真データにも対応しているのが特徴です。
Amazonプライムフォトと類似サービスとの比較
NASの潜在的な弱点は、自宅で運用する以上、災害や盗難で大事なデータを失う可能性があるということ。しかし、写真データならDS216jとAmazonプライムフォトを同期させることで、完璧な2重のバックアップ環境が構築できるというわけです。
管理画面上でアプリ(パッケージ)を起動しAmazon Driveと接続しましょう
DS216jとAmazonプライムフォトの連携設定も簡単。「パッケージセンター」から「Cloud Sync」アプリをインストールすると、Amazon Driveをはじめ各種クラウドと連携することが可能です。Amazonへのログイン画面が表示されたらログインし、次に同期するフォルダーを指定。無料で使い続けられるように、写真以外は同期しない設定にするのがポイントです。
Photo Stationを使うことでNAS内の写真を管理・共有できる
Amazonプライムフォトの共有機能や検索機能は、Googleフォトと比べると若干劣っており、使いにくい部分があります。そんな時は、Synology製の写真アプリ「Photo Station」を使ってみましょう。DS216j内の写真を詳細検索したり、パスワードをかけて友達と写真を共有したりが可能です。

つまり、普段はDS216jと「Photo Station」でNAS内の写真を楽しみ、もしものときはAmazonプライムフォトから写真を復元する、というのがベストな運用法なのです。

ちなみに、パスワードロックできる写真共有機能は、AmazonプライムフォトでもGoogleフォトでも搭載されていません。結婚式やパーティの写真を第三者に観られることなく家族や友だちと共有したい時に便利ですね。
Unlimitedストレージを契約すれば写真以外のファイルも無制限に
なお、Amazon DriveのUnlimitedストレージ(年額1万3800円)を契約すれば、どんなファイルでも無制限で保存できるようになります。容量の大きな4K動画や仕事で使った数年分のドキュメントなど、容量を気にせず2重バックアップしたいという人にオススメです。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連する記事はこちら