簡単に自立! コンパクトな「立つペンケース」7選|『MONOQLO』が人気製品を徹底比較
2019年12月17日(火)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
簡単に自立! コンパクトな「立つペンケース」7選|『MONOQLO』が人気製品を徹底比較
ペンケースといえば、最近注目されているのが自立するタイプのもの。机の上に置いても省スペースで使え、なかにはカバンのポケットに入るくらい薄いものもあります。今回は人気の7製品をジャッジ! おすすめ商品をご紹介します。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • カバンの中でコンパクトかつ
    机の上で立つペンケース
話題になっている「立つペンケース」の新モデルが、年々使いやすさを増して、いろいろと登場しています。

フリーデスク採用のオフィスや、外出時での作業にも非常に便利なので、使ってみたい人は多いでしょう。

でも、どれがいいのか、見た目ではわからないところがありますよね。省スペースで使えるのはもちろん、機能性も気になります。

そこで今回は、ビジネスマンが毎日カバンに入れて持ち歩いても苦にならない「コンパクトさ」デスクワークをするときにすぐ使える「使い勝手」にチェック項目の重点を置き、その両方を兼ね備えたおすすめの「立つペンケース」を探すことにしました。なお厚みについては、最大本数を入れた状態で測っています。

果たして結果はいかに!
  • ペン5本持ちでOKなら
    「PACALI(タテオキ)」が最強!
キングジム
PACALI(タテオキ)
実勢価格:1589円
キングジムから8月に新発売となった「PACALI(タテオキ)」は、ファスナーを開けると自動でフタが開く新構造のゴム式です。

そのまま雑に机に置いてもしっかり立ち、超コンパクトに収納できるなど、使い勝手は他のペンケースの群を抜いていました。

ペンは5本だけで用が足りる、という人には、コレが最高です!
1~5本ならいつでもこの薄さ(実測値:2.4cm)。
  • 必要最低限のものがスッキリ入る
    ビジネスマン向けのペンケース
立てるときも中のペンが落ちる心配はなく、ケースの底がしっかりしているのできちんと自立します。

立てるのにかかる時間はたったの約1秒など、至れり尽くせりのペンケースです。

まず、ゴムの力でフタが自動で開きます。
ちょっと太いペンも入ります。
立てるときは片側のフタを折るだけ!
  • 15本派におすすめしたい!
    「ネオクリッツフラット」
コクヨ
ネオクリッツフラット
実勢価格:724円
定番のコクヨのスリムタイプは約15本まで入ります! フタはペロンと裏返すだけで使えます。

小物がしっかり入るんです。
修正テープや付箋も多めに入る収納力が嬉しいですね。
  • 大容量20本派はコレで決まり!
    「二つ折れペンスタンド」
ファニーズ
ペンケース
二つ折れ ペンスタンド
実勢価格:1270円
フタをカポッと外すだけで、ラクに出し入れができます。
ただし、消しゴムなどの小物は奥に埋もれがちなので、小物文具を多く入れるのなら注意が必要です。
  • 小物収納が可能で約25本も入る
    スマ・スタ 立つペンケース
ソニック
スマ・スタ 立つペンケース
実勢価格:1176円
ペンが約25本も入る大容量サイズ。
小物は必須&ペンをたっぷり持ち歩きたいなら、スマ・スタで決まりです。

スマホも立てることができる安定感ですが、コンパクトさに欠ける大きめのサイズなのが惜しいです。
  • コンパクトに持ち歩ける
    「シュッパペンケース」
カミオジャパン
シュッパペンケース
実勢価格:1199円
閉じた状態ではコンパクトに持ち歩けます。
毎回紐の調節が必要で、一番立てづらかったです。裏面に小物が収納できるのは◎です。
ただ、立てる幅は自由に決められるものの、紐の調節が面倒でした。
  • 収納本数は脅威の30本!
    ペン立て感覚の「デルデ」
サンスター文具
デルデ
実勢価格:936円
約30本入る大容量タイプです。
上部を下に引っ張ってペンを出す方式です。毎回立てるために両手を使うのが若干煩わしいのが残念です。
  • 底を押し付けて立たせる
    「アクタクト スタンドペンケース」
リヒトラブ
アクタクト スタンドペンケース
実勢価格:743円
最後はリヒトラブ「アクタクト スタンドペンケース」です。
ハマった底面を戻すのが面倒でした。
立てる際は底を押し付けるだけなのでラクですが、しっかり押し付けないと倒れてしまいます。持ち運ぶ際に押し込んだ底部分を戻すのも面倒です。
  • 【まとめ】持ち歩きたいペンの本数で
    決めるのがかなり重要です
今回、商品比較でとにかく使いやすかった立つペンケースは、キングジム・コクヨ・ファニーズの3製品でした。

基本は何本持ち歩きたいかで選んでほしいのですが、中でも特におすすめしたいのは、ベストバイとなっているキングジムの「パカリ」です。
背面にゴムが内蔵され、ファスナーを開けると同時に、片方のフタがパカッと自動で開く構造で、初めて使う編集部員もスゴイ!と感動したほどでした。そのまま手を離すだけで、簡単に自立しますし、とにかく出し入れもしやすかったです。

毎日使うからこそ、ストレスゼロの立つペンケースを選んでください! 

※画像内の厚みは、最大本数を入れたときの実測値です。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら