人気ロボット掃除機の「吸引力」ランキング8選【2017年】
ランキング
北島 圭介
北島 圭介/Test by 家電批評編集部
公開日: 2017年08月23日

人気ロボット掃除機の「吸引力」ランキング8選【2017年】

毎日のお掃除をグッと楽にしてくれるロボット掃除機。スイスイ動き回る、まさにロボットな動きに注目を集めがちですが、掃除機である以上、吸引力も軽視できません。とくに、犬や猫を飼っていると、部屋中毛だらけ……なんてことも。そこで今回は吸引力に注目したロボット掃除機ランキングを公開します。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。

家電 カーペット・フローリングで 掃除力をテストしました!

自宅内での掃除を想定して、カーペット、フローリングという2種類の環境で掃除テストを行いました。ゴミも毛と砂という性質の違う2種類を用意し、なるべく万能なモデルを探し出します。

その結果を踏まえ、掃除力・吸引力に特化したランキングを作成したので、ご覧いただければと思います。

※総合ランキングは以下よりご覧ください。

【ロボット掃除機】犬の毛、ネコ砂、全部取れた1位は…プロが選んだペット目線ランキング8選
【テスト方法】
①約180cm四方のコースを設置
フローリングマットとカーペットを敷き、それぞれの掃除力を検証。

②抜け毛と猫砂の吸引
抜け毛の塊と猫砂を床上に配置。トイレ前に大量の砂を撒いてどれだけ吸引するか試した。

③5分間の時間制限
掃除時間は5分間。掃除が完了しない場合は強制終了して検証。

記事1位BEST 【カーペット編1位】「ネイト」が 通過しただけでほとんどの毛を吸引!

neato:BVD8500:ネイト
Neato Robotics
BVD8500
実勢価格 :6万4500円
サイズ:W335×H100×D321mm
質量:4.1kg
稼働時間:最大90分
掃除機はドイツ、頭脳はアメリカで誕生したもの。正確なマッピングや律儀な掃除性能、大型設計、効率重視の仕事速度はまさに家電大国である2カ国のいいとこ取り。ブラシの質のよさもいい仕事ぶりを支えています。

Before

After

外周を掃除してから中心部を丁寧に吸引! 2畳のスペースを約3分34秒でお掃除完了しました。

抜け毛も砂も大量に吸引

検証のためにバラまいた毛やトイレの砂をほとんど残すことなく吸い取りました。

シリコンブラシが抜け毛をしっかりキャッチ

大量の毛を吸った直後でもブラシには毛が絡んでおらず、その後のお手入れも楽です。これは、ブラシがシリコンだから成せるワザ。

規則正しい効率的な動きでムダがありません

マッピング式のモデルは、効率がいい反面、同じエリアを一度しか通過しないので取り残すとアウト。しかし、本機はそんな心配も無用でした。

四隅も壁際も一度で吸引する細やかさです

壁際を一周まわっただけで毛も砂もほぼ吸い残しゼロ。コーナーのゴミもきれいに吸引しました。せっかちな高速型ながら、掃除は実に緻密です。

記事2位BEST 【カーペット編2位】王道ルンバは ゴミを壁際に集めてしっかり回収

アイロボット:ルンバ:
アイロボット
ルンバ980
実勢価格:13万5000円
サイズ:W353×H92×D353mm
質量:約3.9kg
稼働時間:最大120分

After

ネイトに近いレベルで、ほとんどの毛と砂を回収できました。

飛び散った砂や毛も残さず回収

サイドブラシが当たって飛び散ってしまった砂も最終的に回収。通過したエリアのゴミはほぼありませんでした。

食器周りも丁寧に回り込んで掃除

進路に食器などの障害物があっても、減速して周囲に回り込み、床に落ちた毛や砂を吸い取っていきます。

記事3位BEST 【カーペット編3位】アンカーは 取れるまで隅々までしつこく巡回!

アンカー:eufy RoboVac11
アンカー
eufy RoboVac11
実勢価格:2万7560円
サイズ:W330×H78×D326mm
質量:約2.65kg
稼働時間:約90分

After

良コスパながら高級機並みのお掃除力でした。

壁際や隅もしっかり吸引

四隅はやや苦手で1回では取り残しもありましたが、執拗に何度もトライを重ね、最後は見事に吸引していました。

エサ皿など障害物も丁寧に避ける

障害物を避ける技術もトップレベル。物体に触れることなく、周りに散らばったゴミだけを回収していました。

家電 カーペット編の全順位は 以下のとおり!

吸引する力だけではなく、ゴミを収めるダストボックスの容量も掃除力の重要なポイント。せっかく吸引しても再度床上にブチまけてしまう機種は低評価に。

エコバックスは細かい毛に苦戦しました

走行中に毛が車輪にこびりつき、他の場所になすりつけてしまう場面も。カーペットでは毛の吸引がやや苦手な印象でした。

最下位ルーロは容量不足な印象です

パナソニックのロボット掃除機ルーロは、ダストボックスの余裕があるうちは毛も砂もよく吸い取りました。しかし、満杯になった途端ゴミが逆流してきました。

記事1位BEST 【フローリング編1位】取り残し ほぼゼロのエコバックスがBEST!

エコバックス:ジャパン:DEEBOT M88
エコバックス ジャパン
DEEBOT M88
実勢価格:4万2980円
サイズ:W340×H77.5×D340mm
質量:最長3.1kg
稼働時間:約90分
メインブラシは毛が絡みやすく、もともと吸引口も小さいため、量が多くなると必然的に吸わなくなってしまう。毛が多い場合は、メインブラシを取るとパワフルに毛を吸い込むので、逆流が抑制できました。

Before

After

ランダムに動きながら丁寧にゴミを吸引します。同じところを何度も往復するので、吸引漏れの少ない優秀モデルです。

抜け毛がどっさり吸引できました

同じ場所を何度も往復することで、細かい抜け毛から砂の粉塵まで確実に吸い取りました。

[CHECK1]吸引口の選択には要注意

メインブラシは着脱が可能。カーペット掃除の際はメインブラシを装着。毛の多い場所はメインブラシなしで掃除すると吸引力が高まります。
本体の大きさに対して吸引口は広くないため、ゴミの種類に合わせて選ばないとブラシに毛が絡み結果的に吸引力の低下に繋がります。

[CHECK2]細かい砂もかき集める

フローリングは走行が円滑な分、抜け毛などを蹴散らして進む機種もあります。本機は粗相がなく粉塵と化したトイレの砂もきれいに集塵しました。

記事2位BEST 【フローリング編2位】ルンバも しっかりとゴミを回収できました

アイロボット:ルンバ
アイロボット
ルンバ980
実勢価格:13万5000円
サイズ:W353×H92×D353mm
質量:約3.9kg
稼働時間:最大120分

After

ゴミを散らしても巡回してしっかり吸引。繰り返し往復して吸い残しもほぼありませんでした。

片側ブラシで飛び散りを最小限に抑える

両側にサイドブラシを搭載する機種が主流ですが、ルンバは片側ブラシでゴミの飛び散りは控えめです。

機動力も吸引力もバツグン

カーペットでもフローリングでも高い吸引力をキープ。通過した箇所は細い粉じんまでも逃さず吸引していました。

記事3位BEST 【フローリング編3位】ネイトは フローリングでも十分なパワー

neato:BVD8500:ネイト
neato
BVD8500
実勢価格 :6万4500円
サイズ:W335×H100×D321mm
質量:4.1kg
稼働時間:最大90分

After

通った通路はキレイになりますが、排気量も多く毛が散らばることも……。

広い吸引口とパワーで残さず吸引

掃除力の決め手にもなった大容量のダストボックスと広い吸引口。毛も砂もパワフルに集めていました。

強力な吸引パワーが仇となることも

強い排気で吹き上げられたゴミが、1度通過した箇所に落ちると吸い残しの原因にもなります。

家電 フローリング編の全順位は 以下のとおり!

掃除する床質がフローリングに変わり、急激に掃除力を高めたエコバックスがトップに急上昇。そのほかのモデルも、掃除力に多少の差が感じられました。

7位ミニマルはゴミを随所でばらまき

充電台に戻らないとゴミが圧縮できず、機動力で吸い残した毛や砂を片付けますが、ダストボックスが満杯になるとゴミをまき散らす結果に。

ルーロはペット対応での使用に限界が

フローリングでも逆流問題は継続。せっかく吸った四隅のごみも再びまき散らす残念な結果になりました。

以上、ロボット掃除機の掃除力ランキングでした。とくにペットを飼っているような人は、抜け毛なども多くなってくるので、よりパワフルなモデルを検討することをオススメします。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事