【お試し感覚で契約できる】縛りナシ!解約金ナシの格安SIM5選
選び方
松田 健人
松田 健人/Test by the360.life編集部
公開日: 2019年11月19日

【お試し感覚で契約できる】縛りナシ!解約金ナシの格安SIM5選

格安SIMにしたものの、思ってたのと違った。そんな時、解約しようとして驚くほどの金額を請求されちゃうことも…。そんな悲劇を防ぐべく、解約金がかからない格安SIMを紹介します。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

スマートフォン 今までと大きく変わった "解約金"の金額

解約時に頭を悩ませる原因のひとつが「解約金」です。この解約金をかからないようにしようとすると、縛りのきれた3カ月間のタイミングを狙うしかありません。
これを逃すと9500円の解約金を払うか、また2年間待つ必要がありました。

これが2019年9月にキャリア各社が発表した新料金プランによって見直されました。
ドコモ、KDDIは解約金が1000円に、ソフトバンクは解約金がかからなくなりました。

スマートフォン 知らないと損します! 格安SIMにも解約金はあるんです

キャリアから格安SIMに乗り換えて、解約金から開放された! と思っていたら大間違い。意外と知られていませんが、格安SIMにも解約金があるんです。

しかもキャリアと違って解約金の金額は各社でバラバラ…。

キャリアは解約金1000円までに統一されたのに、格安SIMになったらまた高額な解約金に悩まないといけません。
今から格安SIMに乗り換えるのであれば、「解約金」についてもしっかり知っておきたいところ。

今回は「解約金のかからない格安SIM」を5種類紹介していきます。

スマートフォン 楽天モバイル 最低利用期間・解約金ともにナシ!

楽天
楽天モバイル
月額料金:2980円
(プランS:2GB/音声通話SIM/ドコモ回線)

キャリアと揃えて解約金を撤廃! 乗り換えやすくなった"楽天モバイル"

楽天モバイルは、2019年10月以降に契約した人なら、音声SIMのスーパーホーダイプランの解約金も最低利用期間もありません。

ただし、2GBで2980円という金額は「10分かけ放題」が付いているとはいえ、やや割高感を感じるかもしれません。

1年間「2980円→1480円」に! 楽天会員ならオトクに使えます

やや割高と紹介しましたが、楽天会員なら話は別。2980円から1500円が引かれ、月額1480円から使えるのです。

この楽天会員というのがミソで、実は年会費無料で登録できるんです。そのため、実質1480円/月で1年の間、使用可能なんです。

スマートフォン mineo アプリからでも解約できる!

オプテージ
mineo
月額料金:1510円
(3GB/音声通話SIM/ドコモ回線)

アプリから解約できる フットワークの軽さ!

パケットを全ユーザーがシェアできたり、スマホの悩みを他のユーザーに掲示板で聞いてみたりと、他社にないサービスが豊富なのが特徴です。

またアプリも優れており、他社ではアプリから変更不可能な登録情報も変更できたりするのは、非常に快適です。
特にアプリから解約までできてしまうため、解約の簡単さは、mineoが随一と言えるでしょう。

以前に申し込んだ人は "MNP転出時契約解除料"に注意!

解約金が無い代わりに、MNP転出時契約解除料が通常よりも高額な9500円に設定されていましたが、10月から他社同様の3000円に統一されました。

2019年9月30日まで申し込みを行ったユーザーは、以前のMNP転出時契約解除料が適用されるので、必ずチェックしておきましょう。

スマートフォン UQモバイル 爆速で解約金も0円なんです!

UQコミュニケーションズ
UQモバイル
月額料金:1980円
(3GB/通話プランS)

新プランはシンプルでわかりやすいが 既存のユーザーはプラン変更時に注意!

UQモバイルも10月以降、新料金プランを導入したため、解約金がかからなくなりました。
ただし「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を利用していた場合、2年以上使用していないとプラン変更ができない点に注意が必要です。

▼UQモバイルについてもっと詳しく知りたい人はコチラ!

スマートフォン イオンモバイル 急ぎ音声通話SIMが必要なら!

イオンリテール
イオンモバイル
月額料金:1580円
(4GB/音声プラン)

近所のイオンの窓口で契約できて 最低利用期間も解約金も必要なし!

全国展開しているイオンで手軽に購入できるのがイオンモバイルの強み。しかも対面販売なので、わからないことを聞きながら契約できます。

逆に解約などの手続きも窓口で行う必要があるため、近所にイオンがない場合はやや面倒かもしれません。

電話番号を引き継ぎたい場合は 90日以内の転出は厳禁!

最低利用期間も解約金もかからない代わりに、MNP転出料が他のSIMと比べるとやや高く設定されています。

電話番号を引き継ぎたい場合は、91日以降に転出しないと1万5000円の料金がかかってしまうため要注意です。

スマートフォン ワイモバイル 無制限通話が可能なサブキャリア

ソフトバンク
ワイモバイル
月額料金:2980円※
(スマホプランS:3GB)
※7カ月目までは1980円

既存ユーザーは機種変更するか 2年間待つことで解約金が免除に!

こちらも大幅なプラン改定が入り、10月以降は解約金が無料となりました。

10月以前にワイモバイルに契約している場合は、プラン変更を行わないと解約金が発生します。
ワイモバイルを継続して2年以上利用している場合か、機種変更を同時に行うことで解約金が免除されます。

▼ワイモバイルについてもっと詳しく知りたい人はコチラ!

スマートフォン 解約金0円SIM5選 オススメまとめ

一気に紹介してきましたが、各SIMの特徴とオススメをまとめました。

楽天モバイル
楽天会員なら1480円/月(1年間)から利用可能

mineo
アプリで解約できちゃうフットワークの軽さ

UQモバイル
爆速なネット通信がほしければこれ

イオンモバイル
全国で対面サポートを重要視するならイオン

Y!mobile
爆速&+1000円の通話無制限が使いやすい
解約金が0円だからこそ、お試し感覚で契約してそのサービスを知ることができます。
サブアカウントとして契約して、本アカウントに乗り換えるというのもいいかもしれません。

格安SIMも各社によって強みが異なります。解約金がかからない仕組みを上手く利用して、自分にあった1枚を見つけ出しましょう。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事