モバイルモニター人気おすすめ5選|ゲームにもパソコンにも最強!
ランキング
高草真幸
高草真幸/Test by 家電批評編集部

モバイルモニター人気おすすめ5選|ゲームにもパソコンにも最強!

出先での作業に便利なモバイルディスプレイ(モバイルモニター)。ノートパソコンにちょい足しするだけで、作業範囲が広がって効率もアップします。さらに、ニンテンドースイッチにつなげれば、みんなで楽しむパーティゲームでも快適に遊べるんです!

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


パソコン モバイルモニターの人気が急上昇中!

最近、モバイルモニターの人気が高まっています。今までのモバイルモニターといえば、

・3万円以上で高価
・用途もノートPCのサブモニターだけ

とどうしても限定的なガジェットでした。しかし、最近Amazonで現在流行っている中華系モバイルモニターは違います。
接続端子にHDMIやDisplay Ports、USB Type-Cを搭載して、パソコン以外の用途が格段に増えました。特にニンテンドースイッチとの相性がよく、13インチ以上あればゲーム用モニターとして、どどこでも複数人で遊べちゃいます。

また、4K画質に対応しているディスプレイもあるので、解像度のアップグレードも期待できるのです。

パソコン モバイルモニターを選ぶ際の3つのポイント

モバイルモニターを探すうえで、重視すべきは以下の3つです。

選び方のポイント1:画面サイズ

選び方のポイント、1つめはディスプレイのサイズです。

モバイルモニターはその名の通り持ち運べることが魅力ですが、サイズは様々なものがあります。小さいものだと7インチ程度、大きなものになると15インチ程度のものまで展開されています。

小さいものは比較的軽量で持ち運びも楽になりますが、表示できる領域が狭くなったり、画面の内容が小さく表示されたりするので視認性が落ちるというデメリットがあります。一方で、大きいものは重量が小さいものに比べて重くなり、スペースを取るので持ち運びが面倒になりがちですが、表示される範囲が広く、文字や画像をより大きく表示できるというメリットがあります。

持ち運びを重視するのであれば、ある程度画面の表示範囲が確保されている13インチのもの、作業効率を重視するのであれば15インチ程度のものがおすすめです。

選び方のポイント2:画面の見やすさ

モニターの見やすさも重要なポイント。「解像度・パネルの種類・視野角」をチェックしましょう。

・解像度
現在パソコンなどのモニターは高解像度化が進んでいます。フルHD(1980×1080)が基本となっており、高解像度のものでは2K(2560×1440)や 4K(3840×2160)の製品も多く販売されるようになってきています。

ただし、解像度が高ければ高いほど使いやすいのかというとそうではありません。2Kや4Kだと画面に表示される文字が小さくなることがあります。そのため、文書の作成やweb記事の執筆など画像や映像を表示する機会が少ない用途であれば、フルHDの方が使いやすいことも。

一方で、ゲームや映画鑑賞、映像制作や写真編集作業などの用途で使用を考えている場合は2Kや4Kといった高解像度の製品がおすすめです。

・パネルの種類
液晶モニターのパネルの種類は、基本的にIPSパネル>VNパネル>TNパネルの順で色表現が豊かで、斜めから見ても破綻が少なく画質が高くなります。

・視野角
正面からだと見やすくても、表示視野角が狭いモニターだと斜めから見た場合暗くなって見にくいことがあります。今回のランキングでは真正面と斜め45°から見た様子を掲載しているので、ぜひ参考にしてください!

選び方のポイント3:重さが1kg未満かどうか

モバイルモニターはその名の通り持ち運ぶことを想定したモニターですが、実際に持ち運ぶ際に大きいものでは重いのではないか、と迷われる方も多いのではないでしょうか。

ものを重いと感じる感覚や重さの基準は人や年齢によって様々ですし、バッグの大きさや中身にもよりますが、モバイルモニターをバッグに入れて手で持ち運ぶのであれば、モバイルモニターの重さは1kg未満であれば持ち運びは苦にならない可能性が高いと言えます。

選び方のポイント4:接続端子は多いほど安心!

入力端子の種類が多ければ多いほど拡張性が高いため、様々なシチュエーションに対応できて安心です。

比較的新しい機器であれば基本的にUSB端子での接続が可能ですが、少し古い機器に接続する際は、HDMI端子が必要な場合があります。端子が少ない製品だと、端子を変換するためのケーブルを別途購入しなければならない場合があります。また、持っている機器と接続できない可能性もあります。端子の種類や数はできるだけ多いものがおすすめです。

それでは、おすすめのモバイルモニターを紹介していきましょう!

パソコン これぞAmazonの掘り出し物 EVC-1301は高性能で1万円台!

EVICIV:EVC-1301:モバイルモニター
EVICIV
EVC-1301
実勢価格:1万7082円
スペック:サイズ・重量/W357×H224×D10mm・約624g 画面サイズ/13.3インチ(非光沢) 解像度/1920×1080 インターフェース/HDMI/miniDP/USB Type-C
正面
斜め45°
コスパ:★★★★★

インターフェースが3種類揃っていて、しかも2万円以下というコスパ最強のモバイルモニターです。13.3インチでフルHDなので、ノートパソコンの液晶と同様に使うことができます。

3つの接続方法でパソコンもゲーム機もOK

端子が3種類も搭載されているので、どんな機種とも接続可能です。
片側に揃っているので、接続したいときに迷わないのも地味だけど嬉しいポイントです。

もちろんモバイル性能もちゃんと高いんです

ディスプレイはIPSパネルを採用、非光沢加工で反射がしっかりと抑えられています。これなら屋外の利用でも太陽光の影響を受けにくく、モバイル利用でも助かりますね。
大きさもかばんにスッと入る薄型で、重さも624gと軽くて、負担は少なめ。
フルサイズのHDMI端子なので、変換不要で多くの家電に繋がります。

ニンテンドースイッチも電源があれば使えます!

かなり高性能で用途も広いモバイルモニター。もちろんニンテンドースイッチにも使えます。

しかし、スイッチだけでは電力が足りず、給電用の接続が必要となるのでご注意を。

それでは、Amazonで人気のモバイルディスプレイを紹介していきましょう。

パソコン 価格も性能も低いけどASUSは2万以下で15インチ!

ASUS:MB168B:モバイルモニター
ASUS
MB168B
実勢価格:1万8535円
スペック:サイズ・重量/W379×H236×D8mm・798g 画面サイズ/15.6 インチ(非光沢) 解像度/1366×768 インターフェース/USB3.0
正面
斜め45°
コスパ:★★★★☆

フルHDよりも下の解像度で斜めからの視野角もあまり良くありません。またインターフェースもUSB3.0端子だけなので、ノートPCの増設以外には使えません。しかし、その欠点が15インチで2万円を切るコスパの良さを叩き出しています。割り切って使えば、これもアリ。

パソコン ちょっと高いけどモバイルで4Kディスプレイなんです

Uperfect:UP-1509:モバイルモニター
Uperfect
UP-1509
実勢価格:3万2980円
スペック:サイズ・重量/ W357×H224×D10mm・830g 画面サイズ/15.6 インチ(非光沢) 解像度/3840×2160 インターフェース/mini HDMI/USB Type-C/PD Type-C
正面
斜め45°
コスパ:★★★★☆

ちょっと高いのが気になりますが、それ以外の機能・性能はバツグン! 解像度は4Kで最高画質、IPSパネルで非光沢なので反射も気になりません。またインターフェースも各種揃っています。

ただし、フルサイズのHDMIではない点で、EVICIVと差がつきました。

充電に使うUSB-PD対応のType-Cポートがあるので、PD対応のモバイルバッテリーとも接続し給電できます。

パソコン 性能はそこそこだけど軽さだけならこれもあり

cocopar:zg-133x:モバイルモニター
cocopar
zg-133x
実勢価格:1万6999円
スペック:サイズ・重量/W309×H197×D9mm・500g 画面サイズ/13.3インチ(非光沢) 解像度/1920×1080 イン
ターフェース/mini HDMI/USB Type-C
正面
斜め45°
コスパ:★★★★☆

インターフェースがmini HDMIとType-Cしかないので少し物足りない性能ですが、Type-CはThunderbolt 3に対応しているので、Macにも使えます。また、今回紹介する中では、一番の軽量タイプ。持ち運びを考えるならこれもオススメ。

パソコン 重たくて特徴もないので選ぶ理由があまりない

アイ・オー・データ:LCD-MF161XP:モバイルモニター
アイ・オー・データ
LCD-MF161XP
実勢価格:2万6332円
スペック:サイズ・重量/W380×H236×D9.8mm・900g 画面サイズ/15.6 インチ(非光沢) 解像度/1920×1080 インターフェース/mini HDMI/USB Type-C
正面
斜め45°
コスパ:★★★☆☆

一般的な15型のモバイルモニターですが、目立った特徴もありません。重たいし画質もフルHD、インターフェースは2種類とダメじゃないけど、全てが普通です。

パソコン 最後に5機種の評価をまとめて見てみました

それぞれ特徴のある機種ですが、やはりフルサイズのHDMIはEVICIVだけでした。しかも価格が2万円を切っているので、間違いなく買いの一品。ほかにも軽さや4K画質などで選ぶのもオススメです。

コスパが良くて使いやすいモバイルモニター5選はいかがでしたか。ポータブル系のガジェットは、使用目的によっては妥協できる部分もあるので、自分の利用環境に合わせて商品を選ぶと、外出先でもストレスなく作業ができますよ。
the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事