【ギガ不足で悩まない】カウントフリー対応の格安SIM5選
選び方
松田 健人
松田 健人/Test by the360.life編集部
公開日: 2019年10月30日

【ギガ不足で悩まない】カウントフリー対応の格安SIM5選

気をつけていても、ついついかかってしまう通信制限。でもプラン変更でこれ以上、スマホにお金もかけたくない…。実はその悩み、意外なことに格安SIMで解決できちゃうんです!

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
the360.life編集部
松田健人
電波調査など大規模な検証を軸にスマホ・格安SIMの執筆を中心に担当。シェーバーや電動歯ブラシなどの生活家電や趣味を活かし観劇関連記事も手がけている。
※情報は記事掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン カウントフリーって 何がそんなにすごいの?

動画に音楽、SNSなど使いすぎが原因で、月末になると「ギガ不足で通信制限がツラい…!」 という経験がある人は要注目のサービスが「カウントフリー」。

カウントフリーは、特定のアプリやサービスのデータ使用量をカウントしないサービス。対応しているアプリであれば、使えるギガが少なかったとしても使い放題になる魅力的なサービスです。

スマートフォン ソフトバンクも採用するほど 今、スマホ業界で流行ってます!

ソフトバンク
ウルトラギガモンスター+
月額料金:6480円(12カ月間)~
※プラン内にカウントフリーサービスを含む
格安SIMのみが採用していたカウントフリーですが、大手キャリアのソフトバンクもこれを採用。カウントフリーサービスの提供が開始されました。

<対応サービス一覧> Huluがスマホで見放題なのが嬉しい

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」では、13種類のSNSや動画アプリなどに対応しています。
※上記のサービスでも一部の機能では、カウントフリーが適応されないので注意しましょう。例えば、LINEでは音声通話が未対応だったりします。

そもそもが50GBプランと大容量なので 超ヘビーユーザー向け

対応サービスが多いのは嬉しいのですが、そもそも高速通信容量が50GBととてもデータ量の多いプランです。価格も格安SIMと比べると高めなので、カウントフリー目的での契約は微妙です。
ただし、現在ソフトバンクユーザーなら嬉しいサービスと言えるでしょう。

ここからはカウントフリー目当てで契約しても良いお得な格安SIM5選の紹介にいきましょう。

スマートフォン BIGLOBEモバイル YouTubeが見放題な格安SIM

ビッグローブ
BIGLOBEモバイル
月額料金:1600円
(3GB/音声通話SIM)

【カウントフリーサービス】
エンタメフリー・オプション
オプション料金:480円/月(音声通話SIM)、980円/月(データ専用SIM)

<対応サービス一覧> 対応幅が広くエンタメならこれだけでOK

カウントフリーでまず上げられるのがコレ。対応サービスも18種類と多く、まさにエンタメに特化した内容となっています。
対象サービス数だけでもかなりのお得感です。通信量が多い動画・音楽系が充実しているので、YouTubeのヘビーユーザーや一日中radikoを使っている人はマストと言っていいでしょう。

エンタメ特化としては納得ですが、TwitterやLINEなどのSNSがないのがやや残念です。
音楽動画だけではなく、dマガジン、dブックにも対応。ギガを気にせずに常に最新の雑誌を読むことができます。

破格の+480円で エンタメを楽しみつくそう

対象サービスの多さもさることながら、価格が安いのも重要。特に音声通話SIMなら月額480円から使えます。

スマートフォン OCNモバイルONE No Music,No Life!なら必見!

NTTコミュニケーションズ
OCNモバイルONE
月額料金:1800円
(3GB/音声通話SIM)

【カウントフリーサービス】
MUSICカウントフリー
オプション料金:無料(申し込み制)
他の格安SIMと異なり申し込むだけでカウントフリーが無料で活用できるのがこのSIMの強み。
10種類のサブスクや音楽配信サービスに対応しています。

<対応サービス一覧> スマホが音楽プレイヤーに早変わり!

まさに音楽特化。あらゆるサブスクが対応しています。J-POPならdヒッツ、アニメ好きならANiuTa、洋楽ならGoogle Play MusicやAWAなど、いろいろなジャンルに対応しています。
特にGoogle Play Musicとの相性はバツグン。自分の持っている曲をアップしてギガを使わずにストリーミングすることもできちゃいます! スマホの容量もギガも気にせずに使える、正にサブスク時代のウォークマン用SIMです。

クラウドのUPもDLも対応 手軽にファイルにアクセス可能!

他にもこんなアプリにも対応しています。
<対応サービス一覧>
マイポケット
050 plus
OCN モバイル ONE アプリ
マイポケット(300円/月)は128GBまで使うことができるOCN独自のクラウドストレージサービスです。アップロードとダウンロードどちらもカウントフリーなので、外でも気軽にクラウド上に保存した重たい動画やファイルにアクセスできます。

スマートフォン LINEモバイル SNSもLINE MUSICもギガ不要!

LINEモバイル
LINEモバイル
月額料金:1480円
(3GB/ベーシックプラン 音声SIM)
※プラン内にカウントフリーサービス含む
3種類のカウントフリーオプションが存在する格安SIM。特にLINEを筆頭にSNSに特化しているので、学生さんはもちろん、SNSヘビーユーザーにぴったりなSIMです。

<対応サービス一覧> どのプランでもLINEは対象に!

データ専用SIMながらLINEでしか連絡を取らないのであれば、「LINEデータフリー」オプションを付け、500MBプランにつければ、月額600円で利用できちゃいます。
LINEだけなら「LINEデータフリー」オプションを無料で追加でき、カウントフリーを使えます。「SNS音楽データフリー」オプションでも月額480円で追加可能と、中高生にはちょうど良いプランです。

カウントフリー込みの価格で 格安でSNS三昧可能!

すべてのプランにカウントフリーのサービスが含まれています。LINE以外を使うか、LINE MUSICを使うかでプランを選ぶといいでしょう。

スマートフォン LinksMate ソシャゲ好きはDSDSでサブSIMに

ロジックリンクス
LinksMate
月額料金:2100円
(5GB/データ+SMS+音声通話機能SIM)

【カウントフリーサービス】
カウントフリーオプション
オプション料金:500円/月
対象サービスの通信量が約90%以上無料になるカウントフリーオプション。多くのソーシャルゲームに対応していて、なかにはゲーム内で独自のサービスが受けられるものもあります。

<対応サービス一覧> 50以上のゲームに動画をサポート!

LINEには対応していないものの、主要SNSや音楽・動画アプリに幅広く対応しています。漫画がカウントフリーになるのも希少な存在です。
この他にソーシャルゲーム58タイトルに対応。

CMでおなじみのタイトルが豊富で、『グランブルーファンタジー』『プリンセスコネクト』『アイドルマスター』などにカウントフリーが対応しています。
対象のソーシャルゲームは公式HPから確認できるので、メインで遊んでいるゲームがあるなら乗り換えも考えてみましょう。

サブSIMとして際立つ バイプレイヤー的存在

幅広いゲームに特化していますが、料金はやや高め。そのため、メインSIMで使うというよりも、1GB+カウントフリーで1000円/月を二枚目のSIMとして利用するのがベターな使い方です。

スマートフォン J:COMモバイル 外出先でも動画見放題!

J:COM
J:COM MOBILE
月額料金:1600円
(3GB/データ+SMS+音声通話機能SIM)
ケーブルテレビで展開されているJ:COMオンデマンドをスマホやタブレットで見るときに、カウントフリーとなります。

<対応サービス一覧> J:COMを契約しているならオススメ!

J:COMオンデマンド
J:COM TV対象チャンネル

日本国内外のスポーツや、スターチャンネルなどの映画系、ドラマ、音楽、アニメなど…あらゆるジャンルが楽しめます。
J:COMミュージック(500円/月)
J:COMミュージック対象楽曲

5000曲以上のJ-POPや人気カラオケ楽曲、洋楽、アニソンが聴き放題になるプランです。

ただし新規からの契約は複雑 スマホ本体とJ:COM TVへの加入が必要

かなりのチャンネルがカウントフリーで楽しめるJ:COMオンデマンドですが、J:COM TVへの加入が必要です。そのため契約は少し難解です。
また、サービス対象となるスマホ本体も契約が必要で、煩雑さとプラン料金など少し高くつくことも。すでにJ:COMを利用している方は検討の価値ありといえるでしょう。

スマートフォン カウントフリー5選 対象サービス総まとめ

一気に紹介してきましたが、主要サービスの対応表にまとめました。自分がメインに使っているサービスがカウントフリー対象なら、乗り換えを考えてみましょう。
動画系は「BIGLOBEモバイル」が飛び抜けてオススメです。さすがエンタメフリーと名乗ることだけはあります。YouTubeを楽しみたいならBIGLOBEモバイルの1択です。
SNSは圧倒的に「LINEモバイル」が強さを発揮。ただし、LINEを使わなければLinksMateも充実しています。
音楽は「BIGLOBEモバイル」「OCNモバイルONE」の2強。YouTube MusicやApple Musicを利用しないのであれば、無料のOCNモバイルONEに軍配が上がります。

データ量の節約に欠かせないシステムとなりつつある「カウントフリー」。ソフトバンクなど大手キャリアも、追随する動きを見せています。
うまく使えば、価格以上の通信容量になるので上手に使って価格を抑えましょう。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事