プロトレーナー厳選! バランスディスクのおすすめランキング22選|人気商品を徹底比較
ランキング
加藤 真也
加藤 真也/Test by the360.life編集部
公開日: 2021年04月07日

プロトレーナー厳選! バランスディスクのおすすめランキング22選|人気商品を徹底比較

体幹を鍛えれば運動能力向上、ダイエット、腰痛・肩こり改善など様々な効果が現れます。そんな体幹を手軽に鍛えられるアイテムが、今回ご紹介するバランスディスク。しかし、いざ購入となるとわからないことだらけ。そこで今回はパーソナルトレーナー&現役格闘家として有名な板谷一樹氏に選び方・使い方・注意点などを完全ガイドしてもらうとともに、バランスディスク22製品のおすすめランキングを決定しました!

本音でテストする商品評価サイト
the360.life
「いい」も「悪い」もわかる場所、the360.life(ザ・サンロクマルドットライフ)。テストするモノ誌『MONOQLO』『LDK』『家電批評』から生まれた「テストする買い物ガイド」です。
格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏
総合格闘技ジムGRABAKA所属。総合格闘技団体DEEPなどに出場し、格闘技歴15年。現在はGRABAKAジム東中野とGRABAKA PERSONALジムのトレーナーとして活躍。板谷氏がいるGRABAKA東中野ジムではパーソナルトレーニングの無料体験ができる。
スポーツ・フィットネス系編集者
田代陽一 氏
フィットネスに関する教則本を何冊も手がけ、自身もムエタイジムに通い、身体を鍛え続けるフリー編集者。フィットネスの他、釣りやキャンプなどのアウトドアにも精通しており、サンロクマルの母体である晋遊舎においても数多くのアウトドアムックに携わっている。飽くなき探究心の塊ともいえる存在。


※情報はthe360.life2021年4月8日配信時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スポーツ 短時間でもしっかり効くトレーニンググッズはある?

みなさんは、週にどのくらい運動していますか? 
厚生労働省の「身体活動基準」(2013年調べ)によれば、18~64歳では健康を保つために「30分以上の運動を週2回」「毎日60分以上歩く」ことが推奨されています。

でも忙しい毎日、疲れて家に帰ると思わずウトウト……。仕事を持っている人にとって定期的な運動はなかなか難しいのではないでしょうか?
ジム通いしようと思っても、お金はかかるし、わざわざ準備して出かけるのも面倒になってしまいます。

「何か短時間で効果的に運動ができるアイテムがないのだろうか…」という悩みを抱える人におすすめしたいトレーニング器具が「バランスディスク」です!

今回は、自宅でもしっかりトレーニングできる製品を見つけるべくバランスディスク22製品を集め、パーソナルトレーナー&現役格闘家として有名な板谷一樹氏と一緒に検証を実施。その結果を、ランキング化しました。

スポーツ バランスディスクの最大の効果は体幹力UP

そもそもバランスディスクとは円盤のようなボードで、上に座ったり乗ったりして使うトレーニングアイテム。「バランスボード」「バランスクッション」などと呼ばれることもあります。
バランスディスクでとくに効果的に鍛えられるのが「体幹」。首から上、腕、足を除いた胴体部分全体を指し、体の中心となる部分です。

体幹は「腹腔(ふくこう)」とも呼ばれていて、横隔膜(おうかくまく)、腹横筋(ふくおうきん)、多裂筋(たれつきん)、骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)の4つの筋肉で囲まれています。
この体幹筋を鍛えるのに、もっとも適したトレーニング用品がバランスディスクなのです。
バランスディスクで体幹筋を鍛えるにはさまざまな方法がありますが、たとえば写真のように片足立ちするだけでも十分に体幹筋が鍛えらます。左右交互に行い、バランスが取れない人は何かにつかまってもOKです。

スポーツ まずはあなたの体幹力を20秒でチェック!

運動不足、筋力の低下、そんなキーワードに心当たりがあるというみなさん。まずは自分の「体幹力」をチェックしてみましょう。
[体幹力テストのやり方]
1: 両かかとを着け、まっすぐに立って両手を腰に添えます。
2: 片足をゆっくり上げ、体と太ももが90度なるように引き上げます。
3: その状態で20秒間静止します。

意外とむずかしいですよね。20秒キープできたでしょうか。以下のA~Cのいずれかに当てはまれば体幹力が衰えている可能性があります。

A:体のバランスがすぐに崩れてしまい、姿勢を維持できない
B:足が90度まで上がらない
C:20秒間がキープできない

できなかった……という方も大丈夫! この機会にバランスディスクで鍛えてみましょう。

記事1位BEST さっそくですが結果発表!1位はEveryMileでした

EveryMile
バランスボード
ダイエット 体幹トレーニング用
実勢価格:2193円
結論を先に言いますと、EveryMileの「バランスボード ダイエット 体幹トレーニング用」がおすすめです。

高低差があるのでしっかり負荷をかけながらも、持ち手や滑り止め加工などで安全にトレーニングできる優秀製品。今回検証した板谷氏も高評価でした。

とはいえ、バランスディスクに何を求めるかはユーザーによって違いますので、2位以下の製品が購入候補に上がる可能性もありますよね。

ということでランキングの前に、バランスディスクの基礎知識から見ていきましょう!

スポーツ バランスディスクにはどんなメリットがある?

腹筋運動やスクワットなどを行うときにバランスディスクを使用すると負荷が高まり、短時間で大きな効果が期待できます。
そのためゴルフやテニス、野球、サッカーなど、さまざまなスポーツのトレーニングにも積極的に取り入られているアイテムです。またリハビリや高齢者の健康増進などにも使われています。
また、バランスディスクには、

1:1日10分など短時間で大きな運動効果がある
2:わずかなスペースで運動ができて、自宅に置いていても場所を取らない
3:価格が安くコスパに優れている

というような、大きく3つのメリットがあります。
22258384
バランスディスクは効果的で手軽。「肩こりや腰痛がひどい」「体がなんとなく重い」などの不調を感じている人にもおすすめですよ。

スポーツ 体幹を鍛えるとどんないいことがある?

では体幹を鍛えるとどんなよいことがあるのでしょうか? 板谷氏によれば以下の5つの効果が見込めるといいます。

その1:体が伸びて姿勢がよくなる

体幹を鍛えると腰椎が安定し、腹圧が上がるため、背筋が伸びて姿勢が良くなります。ふだんデスクワークで猫背になっている人は体幹を鍛えることで姿勢が改善します。

その2:スポーツがうまくなる

体幹を鍛えると体全体が安定し、手足の動きがスムーズになります。そのためスポーツの技術・パフォーマンスも向上します。

その3:ヤセやすい体になる

体幹部分には、エネルギー消費量の多い筋肉が多数存在しています。そのため、この部分の筋肉を刺激して鍛えることで基礎代謝が向上し、ヤセやすい体になります。

その4:肩こりや腰椎が改善する

体幹を鍛えることで筋肉が強くなり、骨や関節への負担を減らすことができます。また骨や骨盤のズレを矯正することができるので、肩こりや腰痛が改善します。

その5:ケガの予防になる

体幹が弱まっていると、つまづいたり転んだりといったリスクが高くなります。とくに高齢者は要注意。体幹を鍛えることで転倒予防やケガの予防になります。

スポーツ バランスディスクのタイプは大きく分けて2種類

バランスディスクのメリットがわかったところで、種類について見てみましょう。大きく2つのタイプがあります。

1:ボードタイプ

ボードタイプは木やプラスティック素材のディスクです。クッション性がないのでバランスがとりにくいのですが、その分負荷が高く運動効果があります。また空気を入れる必要がないので、すぐに使えるというメリットがあります。

2:クッションタイプ

クッションタイプは主にPVC製の空気を入れて使うタイプです。空気圧を変えることで難易度を調節することができるので初心者向けとも言えます。表面には凹凸があるものが多く、滑り止めの役割をしてくれます。

スポーツ 自分に合ったバランスディスクの上手な選び方

バランスディスクのメリットや種類はわかりましたが、実際買うとなるといろいろな商品があって迷いますよね。板谷氏に選びのポイントを解説してもらいました。

[ポイント1:負荷]しっかりと鍛えることができるか?

しっかりと負荷をかけられるかを第1のポイントとしました。

ボードタイプとクッションタイプを比較した場合、不安定なボードタイプのほうが比較的高負荷をかけられます。またクッションタイプの場合、横から見て厚さが均一なものほど負荷が高いと言えます。
[配点30点]

[ポイント2:作り・扱いやすさ]トレーニングしやすいか?

すぐにトレーニングできるかどうか、クッションタイプの場合は空気を入れやすいかどうか、持ち運びしやすいかなど、扱いやすさ全般を総合的に判断しました。さらに実際に乗ってみて「頑丈さ」や「乗りやすさ」をチェックしました。
[配点:25点]

[ポイント3:滑りにくさ]安全に筋トレできるか?

しっかりと滑り止めが施されているものは安定感があり、安心してトレーニングを行うことができます。ボードの場合は表面の滑り止め対策、クッションの場合は凸凹を板谷氏にチェックしてもらいました。
[配点:25点]

[ポイント4:コスパ]

ポイント1~3を踏まえた上で、価格との釣り合いを比較。お買い得商品か否か、板谷氏と編集部の合議制で評価を決定しました。
[配点:20点]

今回は板谷氏とスタッフで実際に商品を使ったあと、板谷氏には詳細なヒアリング取材を実施。上記の4つのポイントで採点を行いました。

スポーツ 通販で買うときに気をつけるポイントは?

さて、通販で買う場合は商品を実際に手にすることができませんよね。その場合は何を参考にすればよいのでしょうか。その点についても板谷氏にお伺いしました。

通販で買うときのポイント1:高さ

ボードタイプの場合、負荷を強くしたい人は高さがあるタイプを選ぶとよいでしょう。たとえば高さ6㎝と10㎝なら後者がおすすめです。逆に初心者や体力に自信がない人は高さが低いものやクッションタイプを選ぶのが無難です。

通販で買うときのポイント2:滑り止め

できるだけ滑りにくいものを選びましょう。商品説明で「滑り止め加工」と記されているものなら安心です。また併せてレビューも参考にして滑りにくさをチェックしましょう。

通販で買うときのポイント3:耐久性

耐久性の参考となるのが耐荷重。できるだけ重さに耐えられるものを選びましょう。またレビューの「すぐに壊れた」「空気が抜ける」などの文言には要注意。そうした商品は避けましょう。

以上、バランスディスクの選び方をご紹介しました。それでは気になるランキングを見ていきましょう!

記事1位BEST キツイけど効果抜群「EveryMile」

EveryMile
バランスボード ダイエット 体幹トレーニング用
実勢価格:2193円
タイプ:ボード
サイズ:直径40cm/高さ10cm
重量:1.45kg
※楽天のリンク先は色違いの商品です
▼テスト結果
負荷 29/30点
作り・扱いやすさ 24/25点
滑りにくさ 24/25点
コスパ 20/20点
合計 97/100点
ベストバイとなった「EveryMile」は、通販サイトでベストセラー第1位を獲得した商品です。最大の特徴は高低差。高さが10cmあり、最大傾斜が15°と上に乗るにはバランス感覚が必要ですが、しっかりと体に負荷をかけてトレーニングすることができます。
表面は滑り止め加工が施されており、直径も40cmあるため、安心してトレーニングが行えます。また2か所に持ち手がついているため、写真のようにがっちり握ってプッシュアップなどを行うことが可能です。
片足でバランスを取るなどレベルの高いトレーニングも可能です。初心者向けというよりは、やや上級者向けといえるでしょう。また持ち手がついているので持ち運びにも便利です。

レビューでは、座椅子として使っているというものもありました。ただ座っているだけでもバランスを取らなければならず、体幹筋を鍛えることができます。さまざまな使い方ができるバランスディスクです。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

強い負荷を体にかけることができるので、短時間でも大きな効果が期待できます。ただバランスを取るのが難しいので、初心者の場合、最初は何かにつかまって乗るなどの工夫が必要です。

記事2位BEST NASAの元エンジニアが作った「StrongTek」

StrongTek 
バランスボード 
実勢価格:6990円
タイプ:ボード
サイズ:縦34.3×横44.5cm/高さ7.6cm
重量:1.9kg
▼テスト結果
負荷 28/30点
作り・扱いやすさ 24/25点
滑りにくさ 25/25点
コスパ 19/20点
合計 96/100点
2位の「StrongTek」は、四角形の形をした木製のバランスボードです。NASAの元エンジニアであるEric博士が作り上げた商品で、アメリカでは累計1万5千台の販売を記録しています。
特徴的なのがサンドペーパーのような肌触りの表面。一見素足では痛そうですが、実際乗ってみるとそんなことはなく、しっかりと足を固定してくれます。

円形のバランスボードと違って、2方向にしか動かないので、どちらかと言えば初・中級者向き。それでも十分な負荷を確保しています。
また裏面にはすべり止めと床を保護するためのパットが付いておりヨガマットなしで使えます。ただ木製ということもあり、やや価格がお高めです。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

乗るのは簡単ですが一度乗ってしまうとかなり負荷が高い。たぶん横幅が広いためだと思われます。乗りやすさという点では初心者向けですが、負荷が高くしっかりとトレーニングが行えます。全体にしっかりした作りで耐久性も抜群です。

記事3位BEST スライドディスク付きの「amugis」

amugis 
バランスボード
実勢価格:2680円
タイプ:ボード
サイズ:直径40×高さ10cm
重量:1.5kg
▼テスト結果
負荷 29/30点
作り・扱いやすさ 24/25点
滑りにくさ 24/25点
コスパ 18/20点
合計 95/100点
3位は「amugis」。1位商品と同サイズで負荷もほぼ同じ。メーカー表示の耐荷重は120㎏で若干上でした。またこちらはスライドディスクが付いていて、両足をボードに乗せたまま、手をディスクについてトレーニングを行うことができます。
写真はディスクの底面。なだらかなカーブを描いており、上に乗った状態でスムーズな体重移動ができます。
滑り止めも十分で、安心してトレーニングが可能です。負荷も1位商品と同様で強めです。

田代陽一 氏 スポーツ・フィットネス系編集者
田代陽一 氏のコメント

スライドディスクは不要な人もいるでしょう。1位商品に比べ若干こちらの方が値段はやや高いので、コスパの点で減点となりました。負荷やトレーニングのしやすさなどは1位商品と同じく強めです。

記事4位 足裏マッサージ派におすすめ「Gruper」

Gruper 
バランスボード
実勢価格:2650円
タイプ:ボード
サイズ:直径42cm/高さ9cm
重量:1.78kg
▼テスト結果
負荷 28/30点
作り・扱いやすさ 24/25点
滑りにくさ 23/25点
コスパ 19/20点
合計 94/100点
「Gruper」は、楕円形の取手付きの持ち運びに便利なディスクです。1位商品との違いは負荷と表面の加工。ちなみに耐荷重は150kgとなっています。
負荷は1位商品に比べて若干弱め。その点初心者でも気軽にトレーニングすることができます。
表面には大粒の滑り止めが施されており、これが足の裏のマッサージにもなります。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

初心者向けの手頃なバランスボードです。1位商品と比べて高さが1㎝しか違いませんが、実際乗った感じでは負荷はこちらが弱め。大粒の滑り止めやマッサージ効果に関しては「いらない」という人もいるかもしれません。全体の作りはしっかりとしています。

記事5位 コンパクトだが負荷は高めの「エレコム」

エレコム 
バランスボード
実勢価格:2191円
タイプ:ボード
サイズ:直径25×高さ6.8cm
重量:1.78kg
▼テスト結果
負荷 28/30点
作り・扱いやすさ 24/25点
滑りにくさ 22/25点
コスパ 19/20点
合計 93/100点
5位は「エレコム」のバランスディスク。サイズが直径25㎝、高さは6.8cmと1位商品に比べてかなりコンパクトで、部屋に置いていてもじゃまになりません。作りもしっかりしていて丈夫。耐荷重は120kgです。
価格は他商品に比べ比較的安めで手頃。なおボードの下に敷く滑り止めパッドが付属しています。床を傷つけたくない場合はぜひ使用しましょう。
負荷は意外に高くバランスを取るのにコツが要ります。

田代陽一 氏 スポーツ・フィットネス系編集者
田代陽一 氏のコメント

意外に負荷が高い商品でした。ただし直径が小さいので、比較的女性向け。男性や足が大きい人には乗りにくいと思われます。滑り止めパッド付きですが、フローリングの場合、パッド自体が滑らないか事前に確認してから使用しましょう。

記事6位 性能や作りはGruperとほぼ同じ「TETOP」

TETOP 
バランスボード バランスディスク
実勢価格:2399円
タイプ:ボード
サイズ:直径42cm/高さ7cm
重量:1.78kg
▼テスト結果
負荷 28/30点
作り・扱いやすさ 23/25点
滑りにくさ 23/25点
コスパ 18/20点
合計 92/100点
「TETOP」は、見た目やサイズなど前出の4位商品とほぼ同じバランスディスクです。高さはこちらのほうが2㎝低い商品説明になっていますが、これは計測位置が異なっているためだと考えられ、実際乗った感じでも負荷はほぼ同じでした。
ただし異なるのが耐荷重で、こちらは300kgとなっています。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

前出の4位商品とほぼ同じ作りですね。どちらを選ぶかは値段ということになります。通販サイトでは似たような商品が並んでいるので、価格をよく比較してから購入するようにしましょう。

記事6位 木製でしっかりした作りの「Sportneer」

Sportneer
バランスボード
実勢価格:2999円
タイプ:ボード
サイズ:約40×高さ約8cm
重量:約1.6kg
▼テスト結果
負荷 25/30点
作り・扱いやすさ 24/25点
滑りにくさ 24/25点
コスパ 19/20点
合計 92/100点
同点6位は「Sportneer」のバランスボード。実勢価格で2千円を切るコスパの良さが魅力です。
本体は木製。表面にデッキテープが施してあるので非常に滑りにくくなっています。
底部は硬質プラスティック製で丈夫でしっかりした作りになっています。使用時はマットなどを引くことをおすすめします。なお傾斜角は10-20度。
高さ8cmで負荷は初級~中級向け。上位商品より若干弱めなので今回はランキングを落としました。

田代陽一 氏 スポーツ・フィットネス系編集者
田代陽一 氏のコメント

滑りにくい商品です。作りはしっかりしていますが負荷はやや弱め。上に乗りやすいので、バランスボードが初めてという人におすすめです。

記事8位 初心者に使いやすい「RGGD&RGGL」

RGGD&RGGL
バランスディスク 33cm
実勢価格:2090円
タイプ:クッション
サイズ:直径33cm/高さ6cm
重量:1kg
付属品:エアーポンプ
▼テスト結果
負荷 26/30点
作り・扱いやすさ 23/25点
滑りにくさ 23/25点
コスパ 19/20点
合計 91/100点
「RGGD&RGGL」は、付属のポンプで空気を入れるクッションタイプ。1位商品に比べてやや高さが低いですが、横から見ると厚さが均一で負荷も比較的高めです。

自在に空気圧の調節ができるのもグッド。初心者向けのクッションタイプとしてはベストチョイスと言ってもよいでしょう。
耐荷重は300kg。1位商品は100kgなので、かなり高いと言えます。表面にしっかりと凹凸があり滑りにくい作りになっています。
写真のように片足を載せて膝の曲げ伸ばしをするだけでも、かなりのバランス感覚が必要で体幹筋が鍛えられます。

レビューでは、テレビを見るときやパソコンを使うときにクッション代わりに敷いて使っているというものも。ながらトレーニングに最適なアイテムです。また背あてとして使うことも可能。凸凹が背中を刺激してくれます。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

耐久性も抜群で、クッションタイプの中では強い負荷もかけやすい、初心者におすすめの商品です。空気圧を調節しながら自分に合った硬さでトレーニングを行うとよいでしょう。

記事9位 高品質で長く使える「エサキ」

江崎器械
エサキ ムービングディスク
実勢価格:4184円
タイプ:クッション
サイズ:直径約35cm
重量:1.27kg
付属品:空気栓キット・トレーニングブック
▼テスト結果
負荷 26/30点
作り・扱いやすさ 24/25点
滑りにくさ 23/25点
コスパ 17/20点
合計 90/100点
9位はスポーツクラブでも使われているという「エサキ ムービングディスク」。表面はフラットですが、裏面には凹凸があり足裏の刺激、肩甲骨・腰回りのマッサージに使用可能。2WAYの使い方ができるディスクです。
素材の厚みを均一(3mm)にしているため、しっかりした作りで、安心してトレーニングを行うことができます。通販サイトのレビューでも「丈夫」、「素材がしっかりしている」「安物とは違う」と高評価なものが多く見られました。
少ない空気でも不安定感があり、しっかり体に負荷をかけることができます。

田代陽一 氏 スポーツ・フィットネス系編集者
田代陽一 氏のコメント

乗りやすくバランスが取りにくいという優れた商品です。作りもしっかりしていて、長く使うことができると思います。ただ、クッションタイプは2千円台が多いのに、こちらは4千円台なので、今回はややランクを下げました。

記事10位 筋トレメニューのバリエーションが広がる「primasole」

プリマソーレ(primasole)
バランスディスク
実勢価格:1個1650円、2個入り2346円
タイプ:クッション
サイズ:直径33cm(高さ未表示)
重量:1kg
付属品:空気入れ
▼テスト結果
負荷 26/30点
作り・扱いやすさ 22/25点
滑りにくさ 23/25点
コスパ 19/20点
合計 90/100点
「primasole」は、2個入りが3000円未満と、コスパに優れた商品です。滑り止めも凹凸がしっかりついており申し分ありません。
2つのクッションを同時に使うことができるので、写真のようにさまざまなトレーニングを行うことができます。スポーツの技術力UPにもぴったりです。
空気をパンパンに入れるとバランスを取りやすく、空気が少ないととりにくくなります。自分のレベルに合わせて調節することをおすすめします。

レビューでは、空気を入れたときに、表面の一部が凹むというものがありました。編集部に届いたものをチェックすると2個中1個に凹みが見られました。個体によって差があるようなのですが、今後の改善に期待します。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

何よりも2個入りが手頃な値段で低入るというのがうれしい。プッシュアップやスクワットなども2個使って行うことができるので、トレーニングの幅を広げられます。

記事11位 中・上級者向けの「GYMMAGE」

GYMMAGE
バランスボード
実勢価格:2380円
タイプ:ボード
サイズ:直径40cm/高さ10cm
重量:1.5kg
▼テスト結果
負荷 29/30点
作り・扱いやすさ 20/25点
滑りにくさ 22/25点
コスパ 18/20点
合計 89/100点
「GYMMAGE」は、負荷に関しては1位商品に匹敵するバランスディスクです。実際に乗ってみると、かなり不安定で、高いトレーニング効果が期待できます。
底部には滑り止めゴムが施されていて、床を傷つける心配がありません。傾斜角度も1位商品と同じく15°でしっかりと体幹に負荷をかけることができます。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

中・上級者向けのディスクです。安定感がなく体のバランスを保つのが大変で、しっかり体に負荷をかけてくれます。1位商品に似ていますが、中央部が盛り上がっているなど作りの点、また今回は比較的初心者向け寄りの採点ということで評価を落としました。

記事12位 両面突起のマッサージ重視派向き「Tumaz」

Tumaz
バランスディスク バランスクッション
実勢価格:2499円
タイプ:クッション
サイズ:直径33cm/高さ6cm
重量:約1kg
付属品:空気入れ
▼テスト結果
負荷 26/30点
作り・扱いやすさ 21/25点
滑りにくさ 23/25点
コスパ 18/20点
合計 88/100点
「Tumaz」は、耐荷重450kgの丈夫なクッションです。裏表ともに突起が並んでいますが、片面は突起の間隔が広く、もう一方は突起が密に並んでいます。
マッサージ効果は不要という人にはおすすめできませんが、ツボ押しが気になる人は間隔が広い方、ツボ押し効果を期待する人は密な方と使い分けができます。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

中・上級者向きのクッションです。空気をパンパンに入れるとかなり不安定になり負荷が上がります。初心者の場合空気の入れすぎに注意しましょう。素材は丈夫で、耐荷重が450kgと高いのもうなずけます。

記事13位 座った状態でトレーニングができる「タニタ」

タニタ 
タニタサイズ バランスクッション
TS-959
実勢価格:1985円
タイプ:クッション
サイズ:約幅33×奥行33×高さ6cm
重量:約1kg
付属品:空気入れポンプ×1本、空気針×2本
▼テスト結果
負荷 25/30点
作り・扱いやすさ 22/25点
滑りにくさ 21/25点
コスパ 19/20点
合計 87/100点
体重計や活動量計で有名な「タニタ」から発売されたバランスクッションです。椅子の上に置いて中心に座るだけでバランスエクササイズができ、消費カロリーが14%アップします。
※画像はAmazonより

さらに座った状態で腰を左右交互に持ち上げたり、腰をひねったりすることで「骨盤ほぐし」を行うことができます。
もちろん床に置いた状態で乗ってバランスを取るトレーニングも可能です。サイズは小さめですが汎用性の高い商品だと言えます。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

今回のラインナップの中では少し毛色の違う商品。座っての使用が推奨されていますが他のバランスクッションと同じように立ち乗りで使うことも可能です。ゴムは硬めですが安定感があり、作りも丈夫。空気圧を調節することで強い負荷にすることもできます。

記事14位 さまざまな使い方が可能「東急スポーツオアシス」

東急スポーツオアシス 
フィットネスクラブがつくった
バランスボードSQUARE 
実勢価格:3280円
タイプ:ボード
サイズ:約縦36×横36×高さ10cm
重量:約1.7kg
▼テスト結果
負荷 24/30点
作り・扱いやすさ 22/25点
滑りにくさ 22/25点
コスパ 18/20点
合計 86/100点
「東急スポーツオアシス」は、2位商品と同じ四角形のバランスボード。立ち乗りのエクササイズ以外に、座って腰を左右に揺らす骨盤調整・腰ゆらし、裏返して背中を当ててのストレッチなど、さまざまな使い方ができるのが特徴です。
安定感がある分、負荷は上位商品に比べてやや弱め。初心者や女性、ふだん運動をしない人におすすめの商品です。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

使い方のバリエーションが豊富なボードですね。負荷は初心者向き。ただ表面のゴムが硬めなので素足で乗ると凹凸が気になるのがデメリット。上に乗る際はシューズ着用がおすすめですね。

記事15位 腰痛改善などにも最適な「K&G」

K&G
バランスクッション DX 「ポンプ付」 BX-013
実勢価格:2540円
タイプ:クッション
サイズ:直径33cm/高さ6cm
重量:約950g
付属品:エアーポンプ、エア注入針
▼テスト結果
負荷 24/30点
作り・扱いやすさ 21/25点
滑りにくさ 21/25点
コスパ 19/20点
合計 85/100点
「K&G」は、シンプルなデザインが好印象なクッションタイプ。目立った凹凸はないですが、表面は滑りにくい素材でできています。凸凹がない分、長時間座って体幹を鍛えるなどの場合にちょうどよいかもしれません。
クッションタイプなので、ボードほど強い負荷をかけられませんが、体力のない人や初心者にはかなりおすすめの商品と言えます。またレビューでは腰痛改善に良いなど、医療関係の方がおすすめしていたことが話題になっていました。
担当ライターの田代が「空気の入れやすさではクッションタイプで一番」と評した商品。トレーニング以外に、日常使いにも優れた商品といえます。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

クッションタイプなので強い負荷は期待できませんが、筋力がない人やバランス感覚に乏しい人には最適の商品です。バランスディスクがどんなものかお試しに購入するのもよいでしょう。

記事16位 厚手の素材で安心感バツグン「GSOTOA」

GSOTOA
バランスディスク バランスクッション
実勢価格:1988円
タイプ:クッション
サイズ:直径35cm/高さ5cm
重量:約1kg
付属品:ポンプ、針
▼テスト結果
負荷 24/30点
作り・扱いやすさ 21/25点
滑りにくさ 21/25点
コスパ 18/20点
合計 84/100点
「GSOTOA」は、厚手のPVCを採用した耐荷重300kgの丈夫なクッションです。表裏どちらでも使うことができますが、裏面には凸凹の突起があり足裏マッサージの効果が期待できます。
直径が35cmと比較的大きいため乗りやすく、さまざまなトレーニングを行うことができます。初心者から中級者まで使える汎用性の高いモデルだと言えます。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

ゴム質は前出・タニタのクッションに近く、丈夫で長持ちしそうなクッションです。アンチバースト機能で安心してトレーニングに取り組めます。直径が長く乗りやすいので初心者にもおすすめですね。

記事17位 高さを変えられる「IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)」

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) 
バランス ボード IMC-94
実勢価格:1436円
タイプ:ボード
サイズ:直径36cm/高さ7cm
重量:約0.74kg
▼テスト結果
負荷 23/30点
作り・扱いやすさ 20/25点
滑りにくさ 21/25点
コスパ 19/20点
合計 83/100点
18位は「IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)」。アタッチメントが付いていて、高さを変えられるボードです。
上の写真はアタッチメントを装着した状態。簡単に着脱することができます。
比較的乗りやすく、バランスも取りやすいボードです。バランスディスクはどんなものか、初心者が経験するのには良いでしょう。

田代陽一 氏 スポーツ・フィットネス系編集者
田代陽一 氏のコメント

高さが7cmなので、負荷はそれほど高くありません。アタッチメントが2~3種類付いていたら、もっと順位が上がったでしょう。耐荷重は80kgなので、上位商品に比べてやや頑丈さに欠けます。ただ値段が安いのは良いですね。

記事18位 2つ目にオススメの変わり種「IMOTANI」

イモタニ(IMOTANI)
バランス&ツイストボード
キュキュ HH-13000
実勢価格:1980円
タイプ:ボード
サイズ:直径約32.5cm/高7.5cm
重量:約1.18kg
▼テスト結果
負荷 34/40点
作り・扱いやすさ 26/30点
滑りにくさ 26/30点
合計 86点
「IMOTANI」は、足裏のツボを刺激しながら、バランス感覚も鍛えてしまおうというユニークなアイテム。じつは裏返すとツイストボードに早変わりして、ウエストのシェイプアップ運動も行えるスグレモノです。
表面には傾きの角度が分かるバランスメーターが付いています。足裏の刺激以外にバランス運動やシーソー運動、ストレッチなどの運動が可能です。
こちらはツイストサイド。上に乗って体をひねるだけでさまざまな筋肉を鍛えることができます。ツボ刺激の突起があるので、プッシュアップなどの運動は逆にやり辛いですが、ボードタイプの2つ目としてはオススメな商品です。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

楽しくトレーニングができるので◎。ただツボ刺激をしながらバランスを取ると、刺激が強くなることがあるので注意が必要です。ボード本来の使い方という点では制限がありますが、ユニークな点でオススメです。

記事19位 初めて試す人におすすめ「FDLH」

FDLH
バランスクッション
実勢価格:1980円(2個セット)
タイプ:クッション
サイズ:直径33cm/高さ5cm
重量:約0.9kg
付属品:エアーポンプ
▼テスト結果
負荷 22/30点
作り・扱いやすさ 18/25点
滑りにくさ 21/25点
コスパ 19/20点
合計 80/100点
「FDLH」は、2個で2000円を切る、コスパに優れたクッションです。クッションを2つ使ったプッシュアップなど、幅広いトレーニングを行うことができます。
負荷、滑りにくさともに合格点で問題なし。ただし、クッションタイプの中ではもっとも空気を入れるのに手間がかかったため、評価を落としました。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

実際に乗ってみると表面の凸凹が非常に気持ち良いと感じました。値段も手頃で、初心者の1個目としても推薦できます。

記事20位 届いた状態ですぐに使える「ALINCO」

ALINCO(アルインコ) 
エクササイズクッション
実勢価格:1925円
タイプ:クッション
サイズ:直径約34×高さ7.5cm
重量:約1kg
付属品:トレーニングマニュアル
▼テスト結果
負荷 22/30点
作り・扱いやすさ 17/25点
滑りにくさ 21/25点
コスパ 18/20点
合計 78/100点
20位は「ALINCO」。箱から出せばすぐに使えるという便利なクッションです。ただレビューでは「厚みが足りない」「空気が甘い」という人が多く、エアーポンプでさらに膨らませて使う人が多いようです。ちなみに空気入れは付属していません。
なかには「届いた状態では厚みがないので体幹トレーニングには足りない」というレビューも。そこで今回は結構空気を注入して使ってみました(上写真)。このぐらい空気を入れると、不安定感も増して負荷も高くなりました。

田代陽一 氏 スポーツ・フィットネス系編集者
田代陽一 氏のコメント

クッションに手を載せての腕立て伏せや、足を載せてのヒップアップ運動などは届いた状態でもOKですが、上に乗っての体幹トレーニングは、空気をさらに追加して行わなければ負荷が上がりません。詳細なトレーニングマニュアルは◎ですが、エアーポンプは付属してないので、その分ランクを下げました。

記事21位 負荷は十分だけど耐久性に不安あり「Sukudon」

Sukudon 
バランスボード
実勢価格:4248円
タイプ:ボード
サイズ:直径40cm/高さ10cm
重量:1.6kg
▼テスト結果
負荷 23/30点
作り・扱いやすさ 16/25点
滑りにくさ 22/25点
コスパ 17/20点
合計 78/100点
「Sukudon」は、高さが10cmと比較的負荷が強く、中・上級者向けの商品です。
上位商品と形が似ているのですが、実際に乗ってみると軋む音がしました。個体差かもしれませんが、作り・扱いやすさで大幅減点となりました。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

耐荷重は200kgとなっていますが、乗ったときに「ミシッ」という音がして、作りに不安を感じました。体重が軽い人なら問題がないと思いますが、重い人にはおすすめできない商品です。

スポーツ バランスディスクを使ったトレーニングメニューを紹介

最後にバランスディスクを使ったトレーニング法を3つほど板谷氏に紹介してもらいました。

スクワット

鍛えられる部位:お尻(大臀筋)/太もも前側(大腿四頭筋)/太もも裏側(ハムストリングス)他

[トレーニング方法]
1:バランスボードの上に立ち、手を前に伸ばしてバランスを取ります。
2:ゆっくりと膝を曲げて腰を落とします。十分に腰を落としたらゆっくりと元に戻ります。

プッシュアップ

鍛えられる部位:胸(大胸筋)/肩(大胸筋)/腕(上腕二頭筋・上腕三頭筋)他

[トレーニング方法]
1:バランスボードを握るか、手を着くかしたら、体が一直線になるようにピンと伸ばします。
2:体を伸ばしたままゆっくりと腕を曲げていきます。十分に腕が曲がったらゆっくりと元に戻ります。

シットバランス

鍛えられる部位:お腹(腹直筋)/インナーマッスル(腸腰筋)/太もも前側(大腿四頭筋)他

[トレーニング方法]
1:バランスボードに腰を乗せバランスを取ります。
2:そのまま足を上げ、手でバランスを取りながら5秒カウントします。数え終わったらゆっくりと足を下し元に戻ります。
以上、バランスディスクのランキングとおすすめのトレーニングメニューのご紹介でした。

今回はランキング形式でご紹介しましたが、筋トレ、リハビリ、スポーツ技術向上、ダイエットなど目的によって選ぶべき商品が変わってきます。
ぜひレビューなども参考にしながら、自分に合ったアイテムを厳選してくださいね!

スポーツ バランスディスクの売れ筋ランキングもチェック!

amazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。 

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事