純正品超え!USB-Cハブおすすめランキング8選 【iPad Pro編】
2020年02月25日(火)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
純正品超え!USB-Cハブおすすめランキング8選 【iPad Pro編】
2019年9月にリリースされたiPadの専用OS「iPadOS」では、USB-C端子経由で挿したUSBメモリーの読み書きに対応。ローカルストレージにコピーしなくてもデータの編集が可能になりました。そこで、SDカードやUSB、HDMIなどの外部メディアに対応した、iPad Proで使えるUSB Type C(USB-C)ハブ8製品を集め比較検証し、ランキング化しました。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

家電批評 本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • ひとつしかないUSB-C端子を
    フル活用したいならハブは必須です
iPad ProにはUSB-C端子がひとつしかないので、充電ケーブルを挿すとほかに何も挿せなくなってしまいます。

そこで充電しながらデータ管理をしたい場合などに必要になるのがUSB Type C ハブです。
さらに2019年9月にリリースされたiPadの専用OS「iPadOS」では外部ストレージを直接認識できるようになったので、iPadにハブを付けることでデータやファイル管理の利便性が格段にアップします。
  • データ転送速度はもちろん
    端子の種類の多さがポイント
ひと口にUSB Type C ハブといっても、いろいろな種類があります。

まず、ハブを選ぶ際にポイントになるのがデータの転送速度。いかに安定したスピードを出せるかが使用する際の利便性に直結します。

もうひとつのポイントは、対応する外部メディア端子の種類の多さです。
SDカードだけではなく、USBやmicroSDなど、複数の端子を同時に挿せるマルチハブを選びましょう!
  • 複数の外部メディアに対応した
    マルチハブ8製品を比較しました
今回はiPad ProやMacで使えるUSB-Cタイプのハブ8製品を集め、比較テストしました。

▼テスト項目はコチラ

チェックポイント①:画像の転送速度

iPad Pro(11inch)に接続し、SDカード内の画像(1枚15MB)を1分間に転送した枚数を計測。それを5回行い、平均値を計測しています。

SDポートがない製品はApple純正のSDカードリーダーをつないで同様の計測を行い、参考値として算出しています。なお、比較のため、1位の製品にApple純正品を挿して計測を行いました。その際の数値は、ほぼ変化はありませんでした。
チェックポイント②:搭載するポート数

ポート数や対応する外部メディアの種類を比較し、多いものを高評価としました。
チェックポイント③:設置性

iPadやMacなどに装着する際のサイズ感や利便性をチェックしました。
それではUSB-Cハブ8製品のランキングをご覧ください。
  • 速度・ポート数・コスパすべて良しの
    BHOMEAこそiPad用ハブの決定版!
今回、ベストに輝いたのはBHOMEA。

転送速度では唯一の80枚超えを達成し、1位に。ポート数も6種と充実しています。
BHOMEA 
Type C ハブ 6in1
実勢価格:3599円

対応ポート:HDMI×1(4K30hz)、Type-C×1、USB3.0×2、SD×1、MicroSD×1
評価はコチラ。
ポート数 6個
読み込み 80.2枚
総合評価 S
転送速度は文句なしに1位でポート数も充実。価格も約3600円とコスパ最強です。

【純正ハブとは汎用性が違う!】

1分間に約15MBの画像を転送できた枚数は、BHOMEAが約80枚Apple純正が約78.2枚とほぼ互角。

しかしBHOMEAは5種類6端子を搭載しているので、純正より汎用性があります。
15MBの画像を1分間で約80枚も転送。速度は安定してスピーディーでした。
HDMIやUSB-Cなど、6種類6つの端子を搭載しており、多彩なメディアとつなぐことができます。
  • BHOMEAとの性能差はわずか
    コンパクト優先ならHyperがオススメ
2位にランクインしたのはHyperのiPad Pro用ハブ。

価格は約9000円とやや高めですが、性能はトップレベルで、何より小型サイズなのがメリットです。
Hyper
USB Type C ハブ
実勢価格:8889円

対応ポート:HDMI×1(4K30hz)、Type-C×1、USB3.1×1、SD×1、MicroSD×1、3.5mmオーディオジャック×1
評価はコチラ。
ポート数 6個
読み込み 78.2枚
総合評価 S
転送速度は1位と僅差で、ポート数も6つと豊富。コンパクトで設置性も優秀です。
本体サイズは1位のBHOMEAよりコンパクト。iPadに設置しても邪魔になりません。
  • Apple純正品はさすがの速さ
    でも使えるポートはSDカードのみ
3位はAppleの純正ハブ。純正品だけあって転送速度はトップクラスでした。
Apple
USB-C - SDカードリーダー
実勢価格:4665円

対応ポート:SD×1
評価はコチラ。
ポート数 1個
読み込み 78枚
総合評価 A
速度とコスパは優秀ですが、ポートがSDカードの1種類のみです。

ここまでの3製品が、トップクラスの性能といえるでしょう。
  • DesertWestのポート数は圧巻の9種
    とにかくポートが欲しい人はコレ!
4位のDeserWestはなんといってもポート数の多さが魅力。

8製品中トップの9種類ものポート数を搭載しており、マルチに使うことができます。
DesertWest
USB C ハブ 9in1
実勢価格:6799円

対応ポート:HDMI×1(4K30hz)、Type-C×1、USB3.0×4、SD×1、MicroSD×1、LANポート×1
評価はコチラ。
ポート数 9個
読み込み 44.6枚
総合評価 B
  • 平均的な性能
    5位はHommie
Hommie
USB-Cハブ
実勢価格:3999円

対応ポート:HDMI×1(4K30hz)、Type-C×1、USB3.0×1、3.5mmオーディオジャック×1
評価はコチラ。
ポート数 4個
読み込み 46.8枚※
総合評価 B
※参考値。SDスロットカード非搭載のため、Apple純正リーダーをジョイントして計測しています
  • SDカード非対応
    6位はSatechi
Satechi
スリム マルチ USBハブ
実勢価格:6200円

対応ポート:HDMI×1(4K30hz)、Type-C×1、USB3.0×1、3.5mmヘッドホンジャック×1
評価はコチラ。
ポート数 4個
読み込み 48枚※
総合評価 B
※参考値。SDスロットカード非搭載のため、Apple純正リーダーをジョイントして計測しています
  • 7位Rayrowはポート数は豊富
    転送速度は微妙でした
ポート数は6種類と充実。ただ、37枚/分という転送速度はちょっと残念です。
Rayrow
USB Type-c ハブ
実勢価格:5080円

対応ポート:HDMI×1(4K30hz)、Type-C×1、USB3.0×1、SD×1、MicroSD×1、3.5mmヘッドホンジャック×1
評価はコチラ。
ポート数 6個
読み込み 37枚
総合評価 C
  • 2000円台と価格は優秀ですが
    転送速度は値段なりのUTASU
ポート数と価格は高評価ですが、転送速度が24.4枚/分と残念でした。
UTASU 
USB Type C ハブ 5in1
実勢価格:2699円

対応ポート:Type-C×1、USB3.0×2、SD×1、MicroSD×1
評価はコチラ。
ポート数 5個
読み込み 24.4枚
総合評価 C
2000円台の価格とポート数の多さは優秀ですが、転送速度は残念でした。
以上、iPad Proで使えるUSB-C ハブ8製品のランキングでした。

コスパ・速度・ポート数の多さをすべて兼ね備えたBHOMEAが1位という結果に。

価格は高めですが、スリムさを求めるなら2位のHyperもアリです。

iPad Proを仕事で使用したり、データ管理を行ったりしたいという人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら