性能・コスパ最強の防災アイテムは?ソーラーチャージャーおすすめランキング4選|災害時やアウトドアに活躍【2020年最新版】
ランキング
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by MONOQLO編集部

性能・コスパ最強の防災アイテムは?ソーラーチャージャーおすすめランキング4選|災害時やアウトドアに活躍【2020年最新版】

スマホの充電、どうしていますか? いざという時、太陽さえ出ていれば充電ができるソーラーバッテリー。1つあれば、防災時にも役立つこと必至。心強い味方、ソーラーバッテリーをご紹介します!

LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

ホーム どんな時、場所でもスマホを 安定して使用するには?

電気が止まってしまうと、電車など交通機関も影響を受け、何もできなくなってしまいます。そんな時、情報伝達・収集ツールとして重要になってくるのが、スマホの存在です。
スマホはとても便利ですが、怖いのはバッテリーが切れてしまうこと。そこで、スマホの充電をキープするため、ソーラーチャージャーの活用をおすすめします。

ソーラーチャージャーなら、太陽光から電力を作ることができます。特に、パネルを広げ、折りたたんで持ち歩くタイプは、効率よく電力を備えておくことが可能です。

災害時だけでなく、アウトドアでも活躍してくれます。ぜひ1つは持っておきたいアイテムなんです。

ホーム 人気4製品の中から 一番頼れるものを探しました!

そこで今回、過去にベスト評価とした1製品と、今年発売の3製品を集めて比較検証しました。
具体的には下記の3項目をメインに、評価をしています。

【蓄電量】
晴れの日に8時間屋外に置いた際に蓄電した量を計測(2Aで連続放電)

【実容量】
満充電から完全放電されるまでに計測した容量(2Aで連続放電)

【コスパの良さ】
実容量1mAhあたりの価格

加えて、使い勝手についても考慮しています。それでは、ランキング上位から発表です!

記事1位BEST 電気をしっかりチャージ 情報集めの手助けになります

全4製品の中で最安値かつ最大の実容量を記録したのはFEELLEの「ソーラーチャージャー」でした。
FEELLE
ソーラーチャージャー
実勢価格:3999円
【蓄電量(1時間あたり)】550.3mAh:評価◯
【実容量】10713.5mAh:評価◯
【コスパの良さ】1mAhあたり0.37円:評価◎
【総合評価】A+

蓄電量テストで2位だったものの、実容量は4製品中最安値ながらトップに。スマホ(※iPhone XS/容量2658mAhを想定)を4回以上満充電が可能で、停電時も強い味方になります。
折りたたんだ際に最もコンパクトで、普段から使える防災グッズとして一つ備えておくと安心と言えそうです。

随所に使いやすさへの配慮がみられ、普段使いにも最適。
バッテリー本体とソーラーパネルの接続部の破損を防ぐことができるあたり、じつに心強い!

コスパと蓄電量のバランスが良く、緊急時に使用するには申し分ない一台といえます。

記事2位BEST 他機種より一回り大きいですが Type-C出力に対応

2位は5starの「ソーラーチャージャー 」です。
5star
ソーラーチャージャー 
実勢価格:5980円
【蓄電量(1時間あたり)】544.3mAh:評価◯
【実容量】10638.7mAh:評価◯
【コスパの良さ】1mAhあたり0.49円:評価◯
【総合評価】A

ソーラーパネルが脱着可能ではあるものの、本体のサイズが他機種よりも一回り大きくかさばるのは難点ですが、Type-C出力(5V/3A)に対応するというのがポイントでした。

記事3位BEST 蓄電量はトップ! 重くてもいいならコレですが…

3位はfunksの「ソーラー充電器」。
funks
ソーラー充電器
実勢価格;6980円
【蓄電量(1時間あたり)】704.1mAh:評価◎
【実容量】10342.9mAh:評価◯
【コスパの良さ】1mAhあたり0.58円:評価△
【総合評価】B+

コスパや重量の面で評価を落としましたが、6枚あるパネルによって蓄電量はトップでした。なお、大変残念ですが、現在Amazon上では在庫切れとなっています。

記事4位 なんとQi対応! ですが肝心の基本性能が残念

4位はワイヤレス充電Qiに対応しているユニークな一台。
PZX
ソーラーチャージャー
実勢価格:4999円
【蓄電量(1時間あたり)】312.8mAh:評価△
【実容量】7679.7mAh:評価△
【コスパの良さ】1mAhあたり0.65円:評価△
【総合評価】B

端末をしっかり認識して充電が開始されますが、肝心の蓄電量や実容量、コスパはイマイチでした。

ホーム 災害時は2種類の電源確保で 復旧までの3日間をしのぐ!

災害時、ライフラインの復旧まで最低3日はかかる、と言われています。いつものバッテリーが満充電の時に災害が発生するとは限りません。

災害時の充電切れリスクを減らすために複数の電源を確保しておくことが重要です。

ぜひこれを機に、一台ご用意しておくことを、おすすめいたします。

【まとめ】

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事