現代に甦ったインスタントデジカメ「iNSPiC」|『家電批評』のイチ押し“旅ガジェット”
選び方
高草真幸
高草真幸/Test by 家電批評編集部
公開日: 2019年10月17日

現代に甦ったインスタントデジカメ「iNSPiC」|『家電批評』のイチ押し“旅ガジェット”

『家電批評』編集部が厳選した、旅のおともにピッタリなガジェットをご紹介します。今回は映像撮影や写真のシェアに役立つおすすめガジェットを紹介したいと思います。「もっと手軽に楽しく思い出をシェアしたい」という方は参考にしてみてください。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

トラベル いつでもどこでも快適!! おすすめの技ありガジェット

秋の行楽シーズンが到来しました。旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。そこで『家電批評』編集部が厳選した旅ガジェットの傑作をご紹介したいと思います。

トラベル 旅の思い出はキレイに撮って すぐにプリントアウト!

旅先で撮った写真をその場でシェアしたい、デジタルデータじゃちょっと味気ない……なんてときはキヤノン「iNSPiC ZV-123」の出番です。

こちらは、「インスタ映え」の時代に甦ったインスタントカメラと言っても過言ではありません。
キヤノン
iNSPiC ZV-123
実勢価格:1万5836円
サイズ:W80×H121×D22mm
重量:188g(内蔵電池含)
接続方法:Bluetooth 4.0
「iNSPiC ZV-123」はBluetooth接続で、スマホで撮った写真をその場でサクッと印刷することができるプリンター。ハンディサイズなので旅先にも気軽に持っていけます。

また、シールプリントなのでプレゼントやフォトブック作りにもおすすめ! デジタルデータとは違った趣があって、写真の楽しみ方が広がります。
ちなみに「ZV-123」にはカメラ機能もついているので、撮影からプリントアウトまでこれ1台でこなせます。
▼テスト結果
プリント時間:○ 55秒
プリントした写真:△

画質はとてもいいというわけではないですが、味があるとも言えます。
軽くて片手で簡単に使えます。
重量はiPhone Xとほぼ同じ(170g)なので、片手で持てて取り回しは◎。レンズ部に大きいミラーがあるので、自撮りもしやすいです。
液晶がないため、撮影したあとに確認ができないのが残念。もっともそれも、インスタントカメラ/チェキっぽいと言えるかもしれません。

以上、旅のおともにピッタリな撮影ガジェットのご紹介でした。カメラに詳しくない方でもカンタンに使えるので、楽しく思い出を残したい方はチェックしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事