【徹底比較】クレンジングクリームおすすめランキング7選|2020年最新版
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK the Beauty編集部
公開日: 2020年06月15日

【徹底比較】クレンジングクリームおすすめランキング7選|2020年最新版

オイル・ミルク・ジェル・バームと色々なタイプのあるクレンジング。洗浄力が比較的強めで、乾燥肌さんに好まれるクリームタイプを好む人も多いと思います。そこで、今回は市販のクレンジングクリーム7製品をテストする美容誌『LDK the Beauty』が徹底検証! おすすめ順にランキングでご紹介します! 

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

LAB.360(ラボドットサンロクマル)研究員
塩原みゆき
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の研究員。博士(学術)を持つ。化粧品、洗剤等の生活雑貨、生活家電等の評価に携わる。専門は衣服材料、界面化学。
元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏
元大手化粧品メーカーの研究員。クリーム、ジェル化粧品、化粧水など基礎化粧品の新製品開発に携わっていた。
コスメを本音で評価する雑誌
LDK the Beauty
コンセプトは、「世界でただ1つ、コスメを本音で評価する雑誌」。テストする生活情報誌「LDK」から生まれた広告なしの辛口美容誌です。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK the Beauty』2020年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー クレンジングの正しい選び方ご存知ですか?

スキンケアの一環としてクレンジングにもこだわる人が増えていますが、みなさんはどんなクレンジングを使っていますか? 

オイルタイプ?
ジェルタイプ?
ミルクタイプ?
バームタイプ?
拭きとりタイプ?

口コミなどで評判のいいものを選ぶという人もいると思いますが、どのタイプがぴったりなのかは人それぞれ。そこで、選び方のポイントをご紹介します。

【ポイント1】メイクの濃さで選ぶ

クレンジングは洗浄力が強いクレンジング力があればればいいというわけではなく、メイクの濃さに合わせて選ぶのが正解です。濃いメイクにはオイル、薄いメイクは洗浄力が穏やかなミルクが最適です。

それぞれのタイプの特徴をご紹介しましょう。
【オイル】
洗浄力の強さは一番。しっかりメイクやウォータープルーフなどの落ちにくいメイク汚れにクレンジングオイルは最適です。

【バーム】
洗浄力はオイルと同等。固形を削って肌にのせるとオイル状に変化。しっかりメイク向けです。

【クリーム】
洗浄力はオイルやバームよりは低いとはいえ、比較的強めです。オイル成分が多いため乾燥肌に向いています。

【ジェル】
オイルタイプと水性タイプがあり、オイルタイプのほうが洗浄力が高いのが特徴です。一般的なメイクに向いています。

【ミルク】
洗浄力は低い一方、肌への負担も軽いのがミルクタイプ。ポイントメイクのないナチュラルメイク向けです。

【拭きとり】
主成分は水。保湿成分を配合するものもありますが、洗浄力は最も弱く、コットンに染み込ませて拭きとります。また、拭き取りシートはクレンジング剤が浸透し、拭きとるだけでメイクが落とせます。手軽だけど摩擦の刺激を受けやすいです。拭きとりタイプはあくまでも緊急用に使ってください!

【ポイント2】まつエク・ニキビさんはオイルフリー

まつ毛エクステをつけていたり、ニキビ肌で悩んでいる人は、オイルフリーのものを選びましょう。

オイルカットはオイル成分がゼロで界面活性剤のみで落とすタイプ。オイルフリーはオイルが少量だけ含まれているという意味です。

洗浄力が弱いので本来はダメージ肌の方やナチュラルメイク派の方向け。洗浄力が弱いからこそまつエクが取れないのです。

石渡比奈子 氏 元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏のコメント

洗浄力は弱めなので、濃いメイクの人には向きません。
今使っているクレンジングは、今のあなたにピッタリでしたか?
もしかしたら、「買い替えた方がいいかも」と思った方もいるかもしれませんね。

そんな方のため、テストするコスメ誌『LDK the Beauty』が、amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどのショッピングサイトの売れ筋アイテムを中心に90製品をピックアップし、徹底的にテストしました。今回は、その中から「クリーンyバームタイプのクレンジングおすすめ7選」のランキングをご紹介します!

▼テストしたブランドはこちら
・コスメデコルテ
・雪肌精
・ソフィーナ
・ダヴ
・ちふれ
・ポンズ
・ミノン

ビューティー クレンジングジェルは洗浄力・保湿力・成分で選ぶ

今回は成分のプロへの取材やラボの協力の元わかった、3つの選び方のポイントで比較テストしてみました。

[ポイント1:洗浄力]
結果にムラが出ないよう、人工皮革を使用。リキッドファンデーションを使ってテストを行いました。使用量も1製品ずつ計量し、厳格に比較しました。メイクがスルッと落ちて、ムラ残りしないものを高評価としています。

[ポイント2:保湿力]
化粧落とし後はスキンケアをするのが基本ですが、化粧水などの基礎化粧品を付ける前にカサついたり、肌がつっぱるものは避けたいところ。そこでクレンジングの30分後に肌の水分量を計測し、肌のうるおい度を調べました。

[ポイント3:成分]
毎日使うものなので、肌負担の少ないものを使いたいですよね。クレンジング料の洗浄成分である油分と界面活性剤の組み合わせを評価しました。肌への負担が少ないだけでなく、保湿成分やNG成分といった成分表示も細かく確認しました。

※今回の検証では、とくに洗浄力を重視して総合評価を決定しています。また、コスパは1回あたり3mlまたは3gを使用するものとして計算し、参考値として表記しました。

それでは、ランキング1位の製品からご紹介します!

記事1位BEST 洗浄力も成分もトップクラスで肌にもやさしい!

ミノン(MINON)
アミノモイスト
ミルキィ クレンジング
購入価格:1540円
容量:100g
1回あたり:約46円
洗浄力 5/5
保湿力 4/5
成分  4.5/5
ミノン「アミノモイスト ミルキィ クレンジング」は、敏感肌向けのクレンジングながら、洗浄力は最高得点を獲得しました! くるくると指でなじませるとメイクがふわっと浮かんで、オイル並みにしっかりオフできます。

アミノ酸系成分がうるおいを守りつつ肌ダメージも防ぐ理想的な1本です。

[テスト1:洗浄力]
[テスト2:保湿力]
洗浄後の肌水分:潤う

記事2位BEST 洗い上がりの肌水分値は最高クラス!

コスメデコルテ(COSME DECORTE)
AQ ミリオリティ
リペア クレンジングクリーム
購入価格:1万1000円
容量:150g
1回あたり:約220円
洗浄力 3.5/5
保湿力 5/5
成分  2.5/5
高級クレンジングの代表・コスメデコルテ「AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム」は、圧倒的な保湿効果が人気の理由です。エモリエント成分を贅沢に配合し、洗浄力もまずまずでもっちりうるおいます。今回のテストでも最高点を記録しました。ただし洗浄力は穏やかなのでナチュラルメイク向けです。

しっかり流さないと肌に残ってしまうのは、少し残念でした。W洗顔不要です。

[テスト1:洗浄力]
[テスト2:保湿力]
洗浄後の肌水分:すごく潤う

記事3位BEST 洗い上がりのしっとり感は格別!

ダヴ(Dove)
ボタニカルセレクション
ビューティーレジリエンス
シルキークリームクレンジング
購入価格:793円
容量:165ml
1回あたり:14円
洗浄力 3/5
保湿力 5/5
成分  3/5
ダヴ「ボタニカルセレクション ビューティーレジリエンス シルキークリームクレンジング」は、アルガン、ホホバ、アボカド、アプリコットの4種のボタニカルオイルと美容成分を配合したリッチな成分が特徴です。洗浄力は平均点ですが、洗顔後のしっとり感は格別でした。

コスパもよくナチュラルメイク派にうってつけです!

[テスト1:洗浄力]
[テスト2:保湿力]
洗浄後の肌水分:すごく潤う

記事4位 洗浄力は優秀だけれど肌が強い人向け

ユニリーバ
ポンズ(POND’S)
クリアフェイス
クリームクレンジング
購入価格:835円
容量:270g
1回あたり:約9円
洗浄力 4/5
保湿力 4/5
成分  1/5
ユニリーバ ポンズ「クリアフェイス クリームクレンジング」は、アメリカで100年以上の歴史を持つクレンジングブランドの大定番製品です。コスパもよく、クレンジング力やうるおいにも満足できます。コスパもグッドです。

ただし、強い防腐剤が入っているので、敏感肌とダメージ肌の人は要注意です。

[テスト1:洗浄力]
[テスト2:保湿力]
洗浄後の肌水分:潤う

記事5位 コスパ最強の大容量タイプで洗浄力も高い

ちふれ(CHIFURE)
ウォッシャブル
コールド クリーム
購入価格:715円
容量:300g
1回あたり:約7円
洗浄力 3.5/5
保湿力 3.5/5
成分  2/5
ちふれ「ウォッシャブル コールド クリーム」は、1回の価格はわずか7円。コスパ最強です。毛穴までクリアになるとSNSで話題になっている製品です。成分的にはシンプルですが、クレンジング力は平均値を上回り、キメの奥のメイクもオフできました。洗い上がりのしっとり感もまずまずで、口コミどおりの使いやすさです。

[テスト1:洗浄力]
[テスト2:保湿力]
洗浄後の肌水分:平均

記事6位 肌への刺激は穏やか

ソフィーナ(SOFINA)
乾燥肌のための美容液
メイク落としクリーム
購入価格:2750円
容量:200g
1回あたり:約41円
洗浄力 2.5/5
保湿力 2.5/5
成分  4.5/5
ソフィーナ「乾燥肌のための美容液」は、ぷるんとしたテクスチャーで、肌への刺激は穏やかなクリームです。ウリ文句は、「美容成分50%硫黄配合」とのこと。塗り心地はよく、成分的にも十分満足できる評価を獲得しました。ただし、使用後の肌水分量は不足気味でした。

[テスト1:洗浄力]
[テスト2:保湿力]
洗浄後の肌水分:不足気味

記事6位 保湿効果のある植物由来エキスを3種配合

雪肌精
クレンジングクリーム
購入価格:3300円
容量:140g
1回あたり:約71円
洗浄力 3/5
保湿力 3.5/5
成分  2.5/5
雪肌精「クレンジングクリーム」は、キョウニン油やハトムギ油など和漢エキスを配合したクリーム。保湿力は高めで洗い上がりはしっとりします。ただし、「透明肌になれる」というウリ文句ほどにはクレンジング力を発揮せず、可もなく不可もなくという結果となりました。

[テスト1:洗浄力]
[テスト2:保湿力]
洗浄後の肌水分:平均
以上、おすすめクレンジングクリーム7選のでした!

今回のベストバイは、どの項目でもトップクラスの成績を叩きだしたミノンでした! 今後、クレンジングクリームを買い替える際は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね!
▼そのほかのクレンジングについて、こちらでご紹介しています。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら