つらい肩コリに効く! 温熱ピローおすすめランキング|辛口テスト誌『MONOQLO』が比較
ベストバイ
高瀬 央樹
高瀬 央樹/Test by the360.life編集部
公開日: 2019年08月27日

つらい肩コリに効く! 温熱ピローおすすめランキング|辛口テスト誌『MONOQLO』が比較

労働時間の長い日本人の国民病ともいえる「肩コリ」。仕事中につらい肩コリになったら、仕事どころではありませんよね。そんな人にオススメしたいのが「肩用温熱ピロー」。肩を温めるだけで、コリがじわじわとラクになってきます。肩こりに悩む人の救世主となるベストバイを、人気商品をテストして探してみました。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

ビューティー 肩コリを改善するカギは 「40℃×20分の保温」でした

(C) jedimaster /123RF.COM 

いろいろ試してみても、肩コリが改善するいい方法が見つからない。そう嘆いている人は多いのではないでしょうか。第一三共ヘルスケアの調査によると、30代、40代で、最近1年間で経験した痛みとして、男女ともに肩コリが1位になっています。その割合は54.6%。

もはや国民病といっても過言ではない肩コリ。慢性の人なら、あきらめてしまっている人もいるのではないでしょうか。そんな人に専門家がオススメする方法は「だるい、痛いと感じたときに40℃で20分温めること」なんだそう。実は、肩コリの原因は“血行の悪さ”であることが多く、それが改善されるのが「40 ℃×20分」とのことなんです。

辛口テスト誌「MONOQLO」が徹底検証しました!

そこで辛口テスト誌『MONOQLO』が40 ℃×20分を叶える肩用温熱ピローがあるか、温度センサーやサーモカメラを使って皮膚温度を計測し、徹底的に検証。人気商品5つをおすすめ順にランキング化しました!

〈テスト方法〉
温度センサーを皮膚に貼り付け、製品を25分間使ったときの皮膚温度の変化を1分ごとに計測。また、温度が上がった状態をサーモカメラで記録。最高温度は温度センサーで計測した数値を採用しています。

記事1位BEST 40℃×20分を唯一叶えた あずきのチカラ 首肩用

桐灰化学
あずきのチカラ 首肩用
実勢価格:1538円

▼最高温度

▼持続性

肩コリに効くあっためグッズの中で、唯一40℃× 20分を叶えた「あずきのチカラ 首肩用」。実際に使うのは25分がおすすめです。温熱パットが首と肩に密着し、広く包み蒸してくれるため、肩の芯までしっかり温まり、コリをほぐしてくれます。使い勝手もレンジで約2分温めて肩にのせるだけという楽ちんさ。肩コリに悩む人は絶対試すべき、と自信をもってオススメできます。持続性に若干の波はありますが、40℃をしっかりキープしてくれます。

乗せているだけなのに動いても落ちない!

肩にフィットするサイズ感のため、しっかりホールドされ、落ちる心配はありません。

記事2位BEST 温度到達即祖は早いが持続性が弱い リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気

白元アース
リラックスゆたぽん
ほぐれる温蒸気
実勢価格:1068円

▼最高温度

▼持続性

レンジで温めるタイプ。序盤は一気に40℃まで温度が上昇して健闘しましたが、温める範囲が狭いのに加え、持続力がなく、すぐに温度が下がってしまって惜しい結果となりました。ただ、365回繰り返して使えるので、コスパ的には優秀です。

記事3位BEST 腰にも使えるが温度は低い めぐりズム 蒸気の温熱シート

花王
めぐりズム
蒸気の温熱シート
実勢価格:612円
※商品画像はAmazonより。あわせ買い対象商品

▼最高温度

▼持続性

蒸気の温熱で温める、貼るだけのタイプ。肩にも腰にも使えます。ただ、序盤の温度が低く、温度が上がるまでの時間が結構かかり、37℃が最高温度と低かったです。

記事4位 持続性はいいが温度は上昇せず 夢みるここちのほっとリフレ

ピップ
夢みるここちのほっとリフレ
実勢価格:1320円

▼最高温度

▼持続性

ふわふわでつけ心地は気持ち良いのですが、温度はあまり上昇せず、35℃あたりをウロウロしていました。

記事5位 温度が上がりやすく冷めやすい やわらか湯たんぽ

クロッツ 
やわらか湯たんぽ 
実勢価格:6048円
※ブラックは4543円

▼最高温度

▼持続性

80℃近いお湯を入れる、いわゆる「湯たんぽ」タイプ。 序盤は温度が上がりすぎてしまい、さらに冷めやすいと良いところなしの結果となりました。

ビューティー [コラム]仕事中に肩重を感じたら アテックスで応急処置!

自宅でのケアなら肩用温熱ピローを使えばいいのですが、仕事中など、すぐに温めることができない状況でも、何とかしたいですよね。緩和のレベルではありますが、いい方法があります。肩が重い・だるいと感じたら「肩甲間部」というツボを刺激するのです。取材した専門家も「肩が軽くなり、重みがある程度は消えます」と太鼓判を押すほど効果的です。
アテックス
ATX-2030bk
実勢価格:977円
その際は、力をグッと入れやすいアテックスがオススメです。指圧する先端部にはポイント指圧に有効な突起が付いているため、肩や背中に当てたとき、より立体的な刺激になり、気持ちよくほぐすことができます。
肩甲骨と背中の隙間のところをグッと押すだけ!
以上、肩用温熱ピローのおすすめランキングをお届けしました。「あずきのチカラ 首肩用」がベストバイとなりました。肩コリに悩んでいる方はぜひ試してみてください!

※保温結果や効果には個人差があります。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事