【徹底比較】アロマディフューザーおすすめランキング12選|香りの広がりや静音性を検証
ランキング
加藤 真也
加藤 真也/Test by the360.life編集部
公開日: 2021年03月03日

【徹底比較】アロマディフューザーおすすめランキング12選|香りの広がりや静音性を検証

自宅で心地よく過ごしたり、気分転換したりするための「香り」を拡散できる「アロマディフューザー」。多種多様な製品が発売されており、どれを選べばいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、アロマディフューザーのおすすめの製品をランキング形式でご紹介します! 種類や選び方についても解説しますので、あなたの暮らしにぴったりなアロマディフューザーを見つけてみてくださいね。

制作会社
㈱雪か企画
カルチャー、旅、家電、グルメ、ビジネスなどが大好物の制作会社。代官山にて、少数精鋭で営業中。HPはこちら
本音でテストする商品評価サイト
the360.life
「いい」も「悪い」もわかる場所、the360.life(ザ・サンロクマルドットライフ)。テストするモノ誌『MONOQLO』『LDK』『家電批評』から生まれた「テストする買い物ガイド」です。


※情報はthe360.life2021年3月3日公開時点のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。価格は全て税込表記です。

ホーム 人気を集める売れ筋のアロマディフューザーに注目!

好みの香りに包まれ、心豊かに暮らすことは誰しもにささやかな幸せを感じさせてくれるもの。そこで注目したいのが、好みの香りで部屋を満たせる「アロマディフューザー」。サンロクマルでは、オススメのアロマディフューザーから売れ筋12製品をピックアップして、香りや静音性、お手入れのしやすさ、コスパなどを徹底比較しました。

ホーム アロマディフューザーにはどんな種類があるの?

(C) Leung Cho Pan/123RF.COM 

アロマディフューザーにはさまざまな種類があり、目的や設置場所に合ったアロマディフューザーを選ぶ必要があります。まずは、アロマディフューザーの種類を整理してみましょう。

水を使う「超音波式」

ビタランド・ジャパン:ENERG(エナジー) アロマディフューザー T11-EN1522:アロマ
※画像はAmazonより

ビタランド・ジャパン
ENERG(エナジー)
アロマディフューザー T11-EN1522
実勢価格:4880円
水を使うタイプの代表は「超音波式」。水にアロマオイルをたらし、超音波でミスト状にして香りを拡散させます。

超音波のメリット
・オイル量が抑えられ経済的
・火を使わないので安全
・動作音が静か

超音波のデメリット
・雑菌やカビが繁殖しやすく、こまめなお手入れが必要
・周囲が水滴で濡れやすい

水を使わない「噴霧式」「気化式」

ビタランド・ジャパン:ENERG(エナジー) e’s Nature:アロマディフューザー
※画像はAmazonより

ビタランド・ジャパン
ENERG(エナジー)
e’s Nature
実勢価格:3998円
水を使わないタイプには「噴霧式」と「気化式」があります。空気の圧力によってアロマオイルを原液のまま拡散させるため、濃厚な香りを楽しめるのが特徴です。

噴霧式の対応器具には、オイルの瓶を本体に直接セットして使用する「ネブライザー」と、本体のガラス瓶にオイルを入れて使用する「アロマドロップ」があります。

噴霧式のメリット
・広範囲に長時間、パワフルに香りを拡散できる
・水を使わないため雑菌が繁殖しにくく、衛生的
・香りが薄まることなくアロマ本来の香りを楽しめる

噴霧式のデメリット
・オイルの消費が早いことや
・モーターの動作音が比較的大きい

気化式の対応器具として代表的なのは、フィルターにアロマオイルをたらし、ファンで空気を送ることで拡散させる「送風式」、葦(ヨシ)や籐(トウ/ラタン)でできたスティックでアロマオイルを吸い上げて拡散さる「リードディフューザー」、石膏や素焼きの石にエッセンシャルオイルを垂らして拡散させる「ストーン式」の3タイプ。

気化式のメリット
・静かで、デザイン性が高い
・火や電気を使わないので安全
・ストーン式はお手入れ不要(ストーンタイプ)
・ストーン式は低価格

気化式のデメリット
・香りの拡散力、持続性が低い
・香りを途中で変えにくい
・リードディフューザーはスティックの上下入れ替えが必要
・送風式は香りを変えるたびにフィルター交換が必要

熱で温める「加熱式」

クービコ:アロマランプ Amber KL-10165:アロマ
※画像はAmazonより

クービコ 
アロマランプ Amber KL-10165
実勢価格:5044円
熱で温める「加熱式」は、アロマポット、アロマライトなどが代表的。オイルを垂らした陶器のポットをキャンドルや電気で温め、香りを拡散させます。

加熱式のメリット
・キャンドルの炎や温かみのある明かりに癒される
・価格が手ごろ

加熱式のデメリット
・熱によりアロマオイルの香りが変質する
・引火によって火事を起こす危険性がある
・汚れやすく、こまめなお手入れが必要

ホーム アロマディフューザー選びのポイントは?

アロマディフューザーの種類やタイプ、それぞれのメリットとデメリットがわかったところで、続いては、アロマディフューザーの選び方を解説します。

アロマ本来の香りを楽しみたいなら「超音波式」「噴霧式」「気化式」

ヒロ・コーポレーション:アロマディフューザー:アロマ
※画像はAmazonより

ヒロ・コーポレーション 
アロマディフューザー
実勢価格:1980円
加熱式は熱によってオイルが変質することがあるため、アロマの本来の香りを楽しみたいなら「超音波式」「噴霧式」「気化式」のいずれかを選びましょう。

コスパを重視するなら「超音波式」、広いスペースで使用するなら「噴霧式」、狭いスペースで使用するなら「気化式」がオススメ。

手軽さ重視なら「気化式」

阪和:リードディフューザー Desire:アロマディフューザー
※画像はAmazonより

阪和 
リードディフューザー Desire
実勢価格:1980円
気軽にアロマを試してみたいなら「気化式」がオススメ。使い方が簡単なうえ、お手入れの手間も少なくて済みます。

「連続使用時間」「タイマー」「リモコン」もチェックポイント

ENERG:E’S EXPLORER T11-ENS1:アロマディフューザー
※画像はAmazonより

ENERG
E’S EXPLORER T11-ENS1
実勢価格:5280
日常的にアロマを楽しみたい場合は、使い勝手のよさも重要なポイントに。連続使用時間は長いほうが手間が少なく便利ですし、タイマー機能が付いていれば生活スタイルに合わせて使い分けできます。リモコン操作できるものならさらに便利でしょう。

ホーム 香りの効果範囲や静音性をサンロクマルが徹底検証!

今回は、上述した「アロマディフューザー選びのポイント」を踏まえて評価しました。テスト項目は以下の4つ。合計が100点満点になるように、各項目25点満点で採点しました。

テスト1:効果範囲[配点:25点]

リビングで使用し、どの程度の広さに香りが届くかなど、効果範囲をチェックしました。

テスト2:静音性[配点:25点]

使用中の動作音をチェックし、静音性にすぐれているかを評価しました。

テスト3:手入れのしやすさ[配点:25点]

使用後にフィルターを洗浄、拭くなどの手入れの必要があるかをチェックしました。

テスト4:コスパ[配点:25点]

セイミラボラトリー:セラミックアロマビーズ
※画像はAmazonより

セイミラボラトリー
セラミックアロマビーズ
実勢価格:420円
上記3要素の性能と価格が見合っているかを独自に評価しました。

では、検証結果に基づき、注目のアロマディフューザー12製品をランキング形式で発表していきましょう。

記事1位BEST 全項目高評価の良品 ネイチャーラボ「ランドリン ボタニカル ルームディフューザー ベルガモット&シダー」

ネイチャーラボ:ランドリン ボタニカル ルームディフューザー ベルガモット&シダー:アロマディフューザー
ネイチャーラボ
ランドリン ボタニカル ルームディフューザー ベルガモット&シダー
実勢価格:913円
▼テスト結果
効果範囲 20/25点
静音性 25/25点
手入れのしやすさ 25/25点
コスパ 23/25点
合計 93/100点
ランキング1位に輝いたのは、ネイチャーラボ「ランドリン ボタニカル ルームディフューザー ベルガモット&シダー」。香りの効果範囲はそれほど広くないものの、静音性、お手入れのしやすさ、コスパのすべての項目で高評価を得た優等生です。

天然木を採用したリードディフューザー。部屋の雰囲気や好みに合わせて結び方を変えられる麻紐が付属します。オイルには天然精油を配合。ベルガモットとシダーの爽やかな香りに、カルダモンなどのスパイシーな香りをアクセントとして加えています。
特徴的なスティック形状は、インテリアのアクセントとしてもおしゃれです。約1.5~3か月香りが持続するので、長期間楽しみたい方にもオススメです。

記事2位BEST 部屋の差し色としてもおすすめ 阪和「mercyu(メルシーユー) GRANDE Collectionリードディフューザー LUNA CALANTE-grande- MRU-81 」

阪和:mercyu(メルシーユー) GRANDE Collectionリードディフューザー  LUNA CALANTE-grande- MRU-81 :アロマディフューザー
阪和
mercyu(メルシーユー) GRANDE Collectionリードディフューザー 
LUNA CALANTE-grande- MRU-81 
実勢価格:3770円
▼テスト結果
効果範囲 20/25点
静音性 25/25点
手入れのしやすさ 25/25点
コスパ 21/25点
合計 91/100点
ランキング2位は、阪和「mercyu(メルシーユー) GRANDE Collectionリードディフューザー LUNA CALANTE-grande- MRU-81」。ボトルカラーによって香料が異なり、甘さを含んだフレッシュな香りのフォレストと、甘い香りのホワイトティー&ジンジャーズ、爽やかな香りのアクアブロッサムの3種類から好みに合わせて選べます。
鮮やかなグラデーションカラーが特徴的なリードディフューザー。差込部分にはゴールドのキャップを採用し、コンパクトながらも華やかさがあります。カラーラインナップも豊富なので、部屋の差し色としてもオススメ。
持続期間は約1.5~2か月。長く香りを楽しめるのがうれしいですよね。

記事3位BEST 狭い空間にちょうどいい 生活の木「スクエア アロマランプ」

生活の木:スクエア アロマランプ:アロマディフューザー
生活の木
スクエア アロマランプ
実勢価格:1980円
▼テスト結果
効果範囲 20/25点
静音性 25/25点
手入れのしやすさ 25/25点
コスパ 20/25点
合計 90/100点
生活の木「スクエア アロマランプ」は、アイビー柄をあしらったコンパクトなアロマディフューザー。効果範囲は半径1m以内なので、ベッドサイドや廊下などの狭い空間にオススメです。
フットライトとしても役立つ照明機能付き。ほのかな灯りが幻想的な雰囲気を演出してくれます。
くぼみの部分に精油を2~3滴垂らして使う加熱式。電池交換の手間がなく、コンセントへ直接挿してアロマを垂らすだけで簡単に使えます。初めてのアロマディフューザーにもぴったりです。

記事3位BEST 消臭性&ソフトな履き心地 セイミラボラトリー「セラミックアロマビーズ」

セイミラボラトリー:セラミックアロマビーズ:アロマディフューザー
セイミラボラトリー
セラミックアロマビーズ
実勢価格:420円
▼テスト結果
効果範囲 15/25点
静音性 25/25点
手入れのしやすさ 25/25点
コスパ 25/25点
合計 90/100点
セイミラボラトリー「セラミックアロマビーズ」は、好みのアロマオイルを数滴たらすだけで使えるタイプのアロマストーン。効果範囲は狭いですが、香りがなくなったらまた違う香りのオイルで使うこともでき、経済的です。
熱や電源を使わないので、とっても手軽! 持ち運びもラクなので、外出先でもアロマを楽しめます。
数種類のアロマオイルを加え、ブレンドされた香りを楽しむのもオススメです。

記事5位 大容量で高コスパ 阪和 「リードディフューザー Desire」

阪和:リードディフューザー Desire:アロマディフューザー
阪和 
リードディフューザー Desire
実勢価格:1980円
▼テスト結果
効果範囲 20/25点
静音性 25/25点
手入れのしやすさ 25/25点
コスパ 19/25点
合計 89/100点
阪和 「リードディフューザー Desire」は、430mlという大容量のリード式ディフューザー。最大で約6か月間香りを楽しめるコストパフォーマンスの高さが魅力。

メンテナンスに手間をかけず、手軽にアロマを楽しみたい人にオススメ。本体デザインがシンプルなので、どんなテイストのインテリアにもなじみやすいですよ。

記事5位 アロマとともに楠の香りを楽しむ自然派 中村「くすのきアロマディッシュ」

中村:くすのきアロマディッシュ:アロマディフューザー
中村
くすのきアロマディッシュ
実勢価格:524円
▼テスト結果
効果範囲 15/25点
静音性 25/25点
手入れのしやすさ 25/25点
コスパ 24/25点
合計 89/100点
中村「くすのきアロマディッシュ」は、くぼみに好みのアロマオイルを垂らして使うタイプのアロマディッシュ。アロマの香りとともに、ほんのりとやさしい楠(くすのき)の香りがふわりと広がります。
火や水を使わず、電源もいらないタイプなので、玄関やトイレ、寝室のベッドサイドなど、置く場所を選びません。コンパクトでスペースを取らずに設置できるのも高評価。

記事7位 静音&オフタイマーで寝落ちOK! ビタランド・ジャパン「ENERG(エナジー)e’s Nature」

ビタランド・ジャパン:ENERG(エナジー)e’s Nature:アロマディフューザー
ビタランド・ジャパン
ENERG(エナジー) e's Nature
実勢価格:3980円
▼テスト結果
効果範囲 25/25点
静音性 20/25点
手入れのしやすさ 20/25点
コスパ 17/25点
合計 82/100点
ビタランド・ジャパン「ENERG(エナジー)e’s Nature」は、本来のアロマオイルをそのまま使用するディフューザーです。ほんのりとしたやさしい香りが安定して続き、時間が経っても強くなりすぎません。
15分、30分、60分と3段階のタイマーが設定できるため、寝落ちしても安心。駆動音もほぼ気にならないほど静かなので、読書中や音楽鑑賞中での使用、ベッドサイドへの設置にもオススメです。

記事7位 香りの安定感と静音性にやや難 ヒロ・コーポレーション 「アロマディフューザー」

ヒロ・コーポレーション:アロマディフューザー:アロマ
ヒロ・コーポレーション 
アロマディフューザー
実勢価格:1980円
▼テスト結果
効果範囲 25/25点
静音性 15/25点
手入れのしやすさ 20/25点
コスパ 22/25点
合計 82/100点
ヒロ・コーポレーション 「アロマディフューザー」は、アロマオイルを汲み上げるポンプの駆動音が大きく、1回ごとの噴射で香りの強さがどんどん上がってしまうのが気になりました。30畳対応であることを考えると、寝室での使用うには不向きと言えそうです。

効果範囲が広いため寝室での使用には不向きですが、噴射時間、休止時間を16段階に設定できるのはうれしいポイント。

記事9位 インテリアになじむフォルム オーガランド「アロマディフューザー SILO」

オーガランド:アロマディフューザー SILO:アロマ
オーガランド
アロマディフューザー SILO
実勢価格:3830円
▼テスト結果
効果範囲 25/25点
静音性 20/25点
手入れのしやすさ 15/25点
コスパ 18/25点
合計 78/100点
オーガランド「アロマディフューザー SILO」は、コンパクトでシンプルな超音波式アロマディフューザー。効果範囲は6畳と、リビングや寝室での使用にピッタリです。

ボタンは「Light」「Mist」のみですが、タイマー機能や給水お知らせ機能など、必要な機能はしっかり搭載されています。また、温かみのある照明機能がついているので、ベッドサイドの間接照明としても使えます。

記事10位 充電池式でコードレスもUSB接続もOK 良品計画「ポータブルアロマディフューザー」

良品計画:ポータブルアロマディフューザー:アロマ
良品計画
ポータブルアロマディフューザー
実勢価格:899円
▼テスト結果
効果範囲 20/25点
静音性 20/25点
手入れのしやすさ 20/25点
コスパ 16/25点
合計 76/100点
良品計画「ポータブルアロマディフューザー」は、手の中にすっぽりと収まる、持ち運びに便利なコードレスタイプ。送風式のため、コンパクトながらしっかり香ります。
水を使わず内蔵充電池で駆動するため、コードレスでの使用も可能。USB接続も可能なので、パソコンを使うデスク周りなどのパーソナルスペースにぴったりです。

記事11位 オシャレな加熱式ディフューザーキシマ「クービコ アロマランプ Amber KL-10165」

キシマ:クービコ アロマランプ Amber KL-10165:アロマディフューザー
キシマ
クービコ アロマランプ Amber KL-10165
実勢価格:3780円
▼テスト結果
効果範囲 20/25点
静音性 25/25点
手入れのしやすさ 15/25点
コスパ 15/25点
合計 75/100点
キシマ「クービコ アロマランプ Amber KL-10165」は、厚みのあるガラスキューブを使ったアロマディフューザー。さまざまなテイストの部屋とマッチするニュートラルなデザインが魅力です。
上部のガラストレイに精油を数滴垂らして使うアロマドロップ式で、ガラストレイは取り外してお手入れできます。

記事12位 アロマ本来の香りを楽しめるネブライザータイプ ENERG「E’S EXPLORER T11-ENS1」

ENERG:E’S EXPLORER T11-ENS1:アロマディフューザー
ENERG
E’S EXPLORER T11-ENS1
実勢価格:5280円
▼テスト結果
効果範囲 25/25点
静音性 15/25点
手入れのしやすさ 20/25点
コスパ 14/25点
合計 74/100点
ENERG「E’S EXPLORER T11-ENS1」は、オイルを細かなミストにかえて直接噴霧するネブライザータイプ。アロマオイル本来の香りをしっかりと楽しみたい人にオススメです。

3秒噴霧し、180秒のインターバルを空けることでオイルを長持ちさせてくれるのもうれしいポイント。

以上、アロマディフューザーのおすすめランキング12選でした。使用する部屋の広さや目的、予算に合わせて、好みのアロマディフューザーを選んでみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事