絶対起きる! 大音量&振動付き目覚まし時計おすすめランキング5選|辛口テスト誌『MONOQLO』が徹底比較
ランキング
高瀬 央樹
高瀬 央樹/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2019年08月26日

絶対起きる! 大音量&振動付き目覚まし時計おすすめランキング5選|辛口テスト誌『MONOQLO』が徹底比較

朝は1分1秒でも長く寝ていたいもの。でも、大切な予定がある日に寝坊したら一大事! そこで、どんなに朝が弱くてもバッチリ起きられる目覚ましを探しすべく、人気の5製品を徹底検証。寝坊常習犯でも起きられる、最強の目覚ましをランキング形式でご紹介します。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

ホーム 朝はなかなか起きられなくて…… アナタに振動目覚ましがおすすめです

「朝(起きるのが)が苦手」という人は多いのではないでしょうか。できれば時間ギリギリまで寝ていたいですよね。あと少しと思って二度寝したら、寝坊しちゃった……という経験はありませんか? もしそれが朝イチで重要なクライアントとの打ち合わせや、大事なプレゼンがある日だったら大変。携帯のアラームは充電切れも心配だし、複数目覚まし時計を買うのはお金がかかる…。

そんな皆さんにおすすめしたいのが「振動付き目覚まし時計」です。

振動付き目覚まし時計とは文字どおり従来のような音だけでなく、振動して設定した時刻を知らせてくれる目覚まし時計です。もちろん一般的な目覚ましのように音も鳴らせます。

そこで今回はテスト誌「MONOQLO」が振動付き目覚まし5製品をセレクト。最強の目覚ましを探しすべくテストを行いました。

3項目でテスト! 結果を踏まえランキング化しました

大前提としてしっかり起きられてこその目覚ましなので、「音量」「振動」をテスト。さらに設定が面倒だと使いづらいので、「操作性」もチェックしました。

[テスト①:音量]
実際に使う際の距離を想定し、目覚まし音をチェック。騒音計測アプリでMAX時の騒音値と平均値を計測しました。

[テスト②:振動]
枕の下に時計(振動が別のものは振動シェイカー)を設置し、振動アプリで振動の大きさを計測しました。

[テスト③:操作性]
電源を入れてから、アラームを設定するまでの手間をチェック。

これらのテストを◎、○、△、✕の4段階で評価し、総合的に順位を判定しました。

それではランキングの発表です!

記事1位BEST 音量と振動の大きさがケタ違い Sonic Bomb

Sonic Alert
Sonic Bomb
実勢価格:5980円
本体サイズ:φ140×D70mm
1位に選ばれた最強の目覚ましは、アメリカのアマゾンで人気のSonic Alert「Sonic Bomb」です。他の製品と比較しても、コレで起きない人っているの? というほど音量も振動もケタ違い。朝にはめっぽう弱いという人も、本体のビービー爆音と、シェイカーのズドドドドッという力強い振動で、確実に目が覚めます!
▼テスト結果
最大音量:93.9dB
平均音量:84.0dB

「Sonic Bomb」の最大音量は113dB(デシベル)で、これは2mの距離でクルマのクラクションを聞くより大きい騒音レベル。テストでも他機種を寄せ付けない大音量でした。音量は細かく調節できるので、好みの音量で起きられます。警告音のような不安にかられる低音のトーンがオススメです。
シェイカーは一定の周期で振動します。実際に枕の下で使ってみると、ドコドコと激しく突き上げる感覚があり、他機種とは振幅の差以上に大きな揺れを感じました。
ボタンがかたくて少し押しづらいのが残念。設定を覚えるまでは面倒に思えますが、慣れれば問題ナシ。

 設 定 方 法 
[STEP①:アラーム時刻をセット]
「ALARM」を押しながら「FAST」または「SLOW」ボタンで時刻を送ってセットします。「ALARM」と同時押ししないと設定ができないので、必ず両手でセットしてくださいね。

[STEP②:アラームのスイッチをオンにする]
アラームは2つ設定でき、「AL1」「AL2」「AL1+2」が選べます。画面左上のスイッチで、有効にするアラームを選択しましょう。

[STEP③:トーンや音量を調整]
部屋の環境や自分の寝起きの悪さに合わせてアラームの音量やトーンを調整しましょう。テストした編集部員によると「音量を最大にすると隣家や外に聞こえるのではないかと心配になるレベル」だそう。配慮も忘れずに行い、設定しましょう。

[STEP④:枕の下にシェーカーをセット]
画面左の「BUZZ」または「VIB/BUZZ」スイッチがオンになっていることを確認し、枕の下にセットすれば完了!

確かに慣れるまでは面倒に感じるかもしれませんが、これでバッチリ起きられるなら手間じゃないですよね。二度寝派にはうれしいスヌーズ機能もあります。ただし、並行輸入品が多いため、日本語の説明書が付かないのは残念ですが、上記商品リンクには簡易日本語説明書がつきます。

記事2位BEST 国内メーカー製で使いやすい MY-96

ADESSO
MY-96
実勢価格:4473円
本体サイズ:W160×D42×H65mm
国内メーカーのADESSO「MY-96」が2位となりました。1位のSonic Bomb同様、本体とシェーカーが別々の構造で、音がよく聞こえて振動も大きいです。音はSonic Bombに敵いませんが、使いやすさはコチラが一枚上手です。
▼テスト結果
最大音量:78.1dB
平均音量:70.4dB

音量はSonic Bombに及びませんが、音源が枕の外にあるため、音はよく聞こえます。
Sonic Bombと同じくシェイカーは一定の周期で振動します。振動もかなり大きめ。
さすが国内メーカー、全て日本語表記で安心感が違います。わかりやすさ重視なら「MY-96」のほうが使いやすい!

記事3位BEST 使いやすいけど物足りない ブルブルクラッシュ

ADESSO
ブルブル
クラッシュ
MY-106
実勢価格:2826円
サイズ:φ90mm×H32mm
3位の「ブルブルクラッシュ」は2位「MY-96」と同じADESSOの製品ですが、こちらは本体と振動シェイカーが一体になったタイプ日本語表記で使いやすく、設計の親切さを感じるものの、音も振動もイマイチ。
▼テスト結果
最大音量:75.3dB
平均音量:66.5dB

枕を間に挟んでも一応聞こえます。ただ、本体が外にあるタイプとは聞こえ方に差があり、音がこもってしまいました。
こちらも一定周期で振動するタイプですが、本体一体タイプのためか、振動はかなり小さく抑えられてしまいました。この程度の振動では起きにくいかもしれません。
手のひらサイズのコンパクトさに加えて日本語表記なので、操作性はGOOD!

記事4位 アラームが1分で切れちゃう ソニックシェーカー

Sonic Alert
ソニック
シェーカー
実勢価格:3997円
サイズ:φ94×H33mm
4位の「ソニックシェーカー」は、1位と同じSonic Alertの製品です。こちらは本体とシェイカーが一体になっているタイプ。時刻の設定で“巻き戻し”ができたり、振動が途切れないなどの特徴がありますが、アラームが1分で強制終了しちゃいます。
▼テスト結果
最大音量:71.6dB
平均音量:67.8dB

音量は形状の似た3位「ブルブルクラッシュ」と同程度。ただしアラームは1分で切れてしまいます。
テストしたモデルで唯一、振動が途切れないタイプ。揺れが比較的小さめなので、慣れたら起きられないかもしれません。
「Sonic Bomb」同様、こちらも英語表記。慣れてしまえば問題ないのかもしれませんが、ちょっと分かりづらい……。

記事5位 スマホの方が起きられるかも…… シェイクン・ウェイク

Tech Tools
シェイクン・
ウェイク
実勢価格:3990円
サイズ:W55×D55×H25cm
テストモデルで唯一の腕時計型。構造上、本体と振動シェイカーが一体なので、音源が手首にあり耳から遠く、アラーム音も安い腕時計にありがちなチープなもの。振動もかなりソフトで、寝坊助さんにはオススメできません。
▼テスト結果
最大音量:59.6dB
平均音量:50.7dB

アラーム音は、腕時計によくある「ピピッ」という音質。爆音とは程遠く、これならスマホのほうが起きられるレベルかも…。
腕時計タイプなので、コレだけは本体に直づけで振動を計測しました。ほぼ継続して振動しますが、波形が小さすぎて起きづらい!
腕時計のような操作感ですが、ベルトを外せば両手で設定ができます。ただ、本体の表記が日本語ではないのが残念です。
以上、振動付き目覚まし時計のランキングでした。本体と振動シェイカーが一体のタイプでは、枕で音がこもって振動も弱く感じるようです。寝坊常習犯には、本体とシェイカーが別々のタイプがオススメです。スマホの音やいつも目覚まし音に慣れてしまった人は、ぜひ「振動付き目覚まし時計」をお試しください!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事