自宅でできる髪・頭皮の“エイジングケア”【プロが解説】
ベストアイデア
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK the Beauty編集部
公開日: 2020年07月10日

自宅でできる髪・頭皮の“エイジングケア”【プロが解説】

髪は肌同様に、加齢に伴って年齢が出やすい部分です。髪の毛や頭皮を若く保つためにヘッドスパに通ったり、高価な美容液を使ったり努力している人も多いのでは? 今回は、髪のプロに聞いた「髪の老化予防とエイジングケア」に役立つ情報をお届けします。

一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長・理事
井上哲夫 氏
総合化粧品メーカーの開発部長を経て国際毛髪皮膚科学研究所を設立。
コスメを本音で評価する雑誌
LDK the Beauty
コンセプトは、「世界でただ1つ、コスメを本音で評価する雑誌」。テストする生活情報誌「LDK」から生まれた広告なしの辛口美容誌です。
毛髪診断士・美養研究家
齊藤あき 氏
20年以上培ってきた知識と経験を活かし化粧品開発やプロデュースに携わる。現在は、サロンワークの他、セミナー講師や雑誌の監修、執筆、TV出演など活躍の場を広げている。
Sugar.c サロン代表
福島康介 氏
月島・勝どきエリアにある人気美容室「Sugar.c」のサロン代表。シャンプーやスタイリング剤などの商品開発にも多数関わっている。Webメディアや出版など多岐にわたり活躍中で、好みやライフスタイルに合わせた髪型提案に定評がある。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は、『LDK the Beauty』の過去の記事の情報を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー 髪や頭皮のケアにはシャンプーや洗い方が重要!

年齢を重ねるに従って、若いころのようなツヤやハリがなくなってきたと感じることはありませんか? なかには髪が細くなったり、抜け毛が増えてきたりする人もいるかもしれません。

頭皮や髪の毛も、肌と同じように老化現象が現れてきます。日ごろのエイジングケアは大切ですが、必ずしも高価なトリートメントを使ったり、ヘッドスパに通ったりする必要はありません。まずは、毎日使うシャンプーや髪の毛の洗い方を見直してみませんか。
「頭皮と髪のエイジングケアってどうすればいいの?」とお悩みの方のために、髪のプロがおすすめする自宅でできるケアをご紹介します!

ビューティー エイジングケアに必要な成分とは?

市販されているシャンプーにも「エイジングケアに効果的!」と謳っている商品はたくさんあり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。どれも同じように見えても、メーカーによって何に効果があるのかなどが異なります。まずはご自身がどのような効果を必要としているのか考えてみてください。

たとえば、髪のパサつきやダメージが気になる場合は、「加水分解ケラチン」「セラミド」「コラーゲン」などの成分が配合されているものがおすすめです。

髪の毛のツヤが減ってきたと感じる場合は、「オリーブ油」「アルガンオイル」などの植物油が配合されているものを選びましょう。

頭皮を活性化させたいなら、「パンテノール」「アスタキサンチン」「海藻エキス」などの成分が入っているものを探してみるといいですよ。

ビューティー 洗い流してしまうシャンプーに配合されている成分は残る?

トリートメントと違って、髪と頭皮を洗ったらすぐにお湯で流してしまうシャンプー。せっかくいい成分が配合されているものを選んでも、なんだかもったいないような気がしますよね。でも、決して無意味ではないんです!

シャンプーには加水分解系など分子の細かい成分も配合されていて、洗うだけでもしっかり髪の毛に入ってくれています。

ほかにも、オイル系の成分は髪や頭皮に吸着しますし、水溶性の植物エキスはお湯で流れてしまいますが、洗髪する際に洗浄成分の刺激を緩和してくれるので、髪を傷めずに済むのです。

井上哲夫 氏 一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長・理事
井上哲夫 氏のコメント

刺激の緩和に役立つエキスもあります。

ビューティー 髪と頭皮の老化に効果的な育毛剤でエイジングケア!

育毛剤と言うと男性向けのイメージも強いですが、女性用のソフトな使い心地の育毛剤もたくさんあります。育毛剤は抜け毛が気になる場合だけでなく、髪が痩せてきたりツヤがなくなってきたりと、頭皮の老化を感じさせる症状に効果的です。

育毛剤には頭皮にいい成分が豊富に含まれています。頭皮の血行促進、保湿、皮脂の酸化防止などの効果が、頭皮環境を整えて髪の毛の育成をサポートしてくれます。

髪と頭皮のエイジングケアに何かプラスしたい場合は、育毛剤の使用が特におすすめです。

ビューティー 紫外線は頭皮にもダメージ! 頭皮を守るためにできること

紫外線は肌の天敵と言われていますが、それは頭皮も同じこと。特に直射日光にさらされやすい頭頂部は、きちんと守ってあげないと紫外線によってダメージを受けやすいのです。

物理的に紫外線を遮るなら、手軽に被れる帽子が最適。暑さも軽減されるので、夏場は風通しのいい帽子で頭皮を守りましょう。
夏場に欠かせない日焼け止めは頭皮にも効果的。ただ、髪の毛があるとクリームなどは使いにくいので、直接塗らなくても使えるUVカットスプレーがおすすめです。

髪の毛を染めている場合は、カラーの退色防止にもなるので一石二鳥ですよ!

逆に、やってはいけないことは、朝シャンしてすぐに出かけないようにすることです。

シャンプーをすると頭皮の皮脂が洗い流されてしまいますが、皮脂は頭皮を紫外線から守ってくれる役割もあるので、無防備な状態になってしまうんです。洗髪後2~3時間経たないと皮脂が頭皮に行き渡らないので、出かける直前にシャンプーをするのはやめましょう。

ビューティー アミノ酸系orノンシリコン?エイジングケアにいいシャンプー

シャンプーにはさまざまな種類がありますが、頭皮や髪の老化を感じる場合や、エイジングケアしたい場合には、年齢に合わせてシャンプーも変えていくといいでしょう。
特におすすめしたいのはアミノ酸系のシャンプー。一般的な高級アルコール系のシャンプーと比べて洗浄力がソフトでやさしい洗い心地なので、若い人は皮脂が取り切れなくて物足りないかもしれません。

でも、必要以上に皮脂を取り過ぎると、加齢によって頭皮が乾燥しやすくなる原因にもなるので注意してくださいね。

最近はノンシリコンシャンプーが髪や頭皮にいいと話題ですが、頭皮のことを考えるとそうとは限りません。シリコンの代わりにほかのコンディショニング成分が配合されているものも多く、かえってシリコンより頭皮に残りやすいこともあるんです。さらに、ノンシリコンシャンプーを使うと洗髪時にからまりやすくなるため、シリコンの有無にはあまりこだわらなくてもOKです。
第一三共ヘルスケア
ミノン 薬用ヘアシャンプー
実勢価格:1391円
450mL

ビューティー 洗浄力の強いシャンプーではなくオイルケアで毛穴詰まりを解消!

洗浄力の強いシャンプーは、髪や頭皮のエイジングケアには向いていませんが、毛穴に皮脂が詰まった状態も良くありません。

そこで、週に2~3回オイルでスペシャルケアをしてみませんか?
大島椿
実勢価格:1182円
60mL
ティナロ
ヘッドスパイス
実勢価格:3700円
100mL
乾いた頭皮に頭皮専用のオイルを塗ってマッサージし、そのままシャンプーで洗い流せば完了です。
毛穴にたっぷりと皮脂が溜まっています。シャンプーでゴシゴシ洗うのではなく、オイルで溶かすようにマッサージすれば……
毛穴周りの皮脂がごっそり溶け落ちて、スッキリしました。定期的にケアすることでキレイな頭皮を維持し、髪の毛も若々しく保てるようになりますよ。

以上、髪と頭皮のエイジングケア情報をお届けしました。

頭皮のエイジングケアというと、特別なマッサージやトリートメントに重点を置きがちですが、頭皮に役立つケアはほかにもたくさんあります。まずはご自身の髪や頭皮の状態を確認し、改善したい悩みに合わせたケアや商品を試してみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事