Switchの音をワイヤレス化!「トランスミッター」の口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビュー
ベストアイデア
高草真幸
高草真幸/Test by 家電批評編集部
公開日: 2019年08月10日

Switchの音をワイヤレス化!「トランスミッター」の口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビュー

Bluetoothイヤホンは音の遅延が気になるということで、渋々、有線のイヤホンやヘッドホンをしてゲームをしている方、結構多いのでは? 今回はSwitchの音ゲーもストレスなく、ワイヤレスで楽しめるオーディガジェットをご紹介したいと思います!

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

AV機器 遅延感ほぼゼロで快適! オーディオトランスミッター

SwitchはBluetoothに対応してますが、コントローラーとの接続に使っているだけでイヤホンやヘッドホンとは接続できません。Switchの音をワイヤレスで楽しみたいなら、こちらのトランスミッターがおすすめです。
サイバーガジェット
CYBER・Bluetooth
オーディオトランスミッター
実勢価格:7344円
サイズ:W40×H50×D10mm
重量:26g
このトランスミッターを導入することで、SwitchでワイヤレスイヤホンなどのBluetooth機器が使えるようになります。

ワイヤレスイヤホンと接続は、ペアリングボタンを押すだけなので超カンタン。
しかもaptXLLに対応しているので、体感遅延はほぼゼロ! Bluetoothイヤホンでゲームを楽しむのは難しいと思っていましたが、apx LL対応トランスミッターを使ったら遅延のなさに感動しました!

※aptX Low Latencyの略。遅延時間40ms未満のBluetoothコーデック。iPhoneで使われるAACや、Androidで多く対応しているaptXに比べて特に遅延が少ないと言われています。

※なお、受信するイヤホンやヘッドホン側もapx LLのBluetoothコーデックに対応していないと効果が得られないのでその点はご注意ください。
Bluetoothイヤホンを使っても映像と音のシンクロ感があって、音ゲーもストレスなくプレイできました。

ちなみに、トランスミッター本体にType-C端子 (メス) が搭載されているので、携帯モードで使用しているときも、ケーブルを接続して本体に充電することができます。

以上、サイバーガジェット「オーディオトランスミッター」のご紹介でした。Switchをワイヤレスイヤホン・ヘッドホンで快適に楽しみたい方は、ぜひお試しください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事