【2020年】広くて快適“2ルームテント”最新ベストバイ&おすすめ5選|キャンプのプロが人気製品を徹底比較
ベストバイ
加藤 真也
加藤 真也/Test by MONOQLO編集部

【2020年】広くて快適“2ルームテント”最新ベストバイ&おすすめ5選|キャンプのプロが人気製品を徹底比較

新製品や定番が入り乱れ、一筋縄ではいかないキャンプ道具選び。でも、ご安心を。そんな“キャンプ道具難民”を救済すべく、手軽にポチれるAmazonで買って損しないアイテムをご紹介しちゃいます! ということで今回は、リビングと寝室が一体化した“2ルームテントのオススメをご紹介!

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏
マウンテンバイクを使ったアウトドア系の冒険体験のイベント企画やWEB サイトの制作などを行う会社の代表取締役。
アウトドア系編集者
風間拓 氏
これまでいくつものアウトドア特集、何冊ものアウトドアムックの編集を手がけてきた野外のスペシャリスト。消費者の立場にたったアウトドア道具のセレクトに精通している。ユーザーの不便をいかに解決してくれるかが、道具の真の魅力だと常に考え、新たな逸品探しに明け暮れる毎日を過ごす。
MONOQLO企画編集部
國吉晋平
キャンプ・アウトドア媒体の制作に従事。これまで日本で一番多くキャンプがテーマの本作りを経験してきた編集者(多分)。
低山小道具研究家
森勝 氏
年間100日以上、フィールドへ出かけてアウトドアギアをテスト。自身のブログやアウトドアメディアでインプレッションを公開してる。イベントやワークショップで行う道具解説なども人気。
アウトドアライター
柳尚子 氏
晋遊舎のアウトドアムックに携わるママさんライター。ママさん独自の目線で消費者の立場にたったレビューを得意としている。
アウトドアコーディネーター
三沢真実 氏
イベントの装飾やものづくりワークショップなどを手がける。キャンプイベントの演出も実施。

アウトドア 売り場にあふれる“キャンプ道具” でも多すぎて何を買えばいいのか…

アウトドアショップはもちろん、ホームセンターなどにも並ぶキャンプやレジャー用品。
定番、格安、最新が並ぶアウトドアショップ。目移りします…。
多すぎてどれを買えばいいのか迷いますよね。

しかしご安心ください。そんな“キャンプ用品難民”のみなさんをお助けすべく、すぐにポチれるAmazonのおすすめアウトドア用品をご紹介します!

しかも、すべてアウトドアのプロがしっかりテストをした商品ばっかり!
本気で試したからこそわかる商品の良し悪し!
ということで今回は、広さを重視する方に最適な“2ルームテント”のおすすめを公開します!

アウトドア 2ルームテントってなに? まずは基礎知識をご説明します

ここでは、広い居住空間による快適さがウリの“2ルームテントの基礎知識”をザックリご紹介!
リビングと寝室が一体化した2ルーム構造のテントです。大型なので敬遠する人も多いですが、じつは機能的なメリットが満載。

一番は、タープとテントの両方を設営する必要がないため、荷物が減らせること。また、テント+オープンタープの場合に比べ、プライベートが守られること。さらにフルクローズすれば、雨風がしっかり防げることなどがあります。

一方、デメリットとしては、他の種類に比べて重量があることと、慣れないうちは設営に多少手間取ることなど。

でも、デメリットを差し引いても十分におつりがくるくらい、2ルームテントの居住性は魅力なんです。

それではおすすめ5製品を見てみましょう!

記事1位BEST 大人でも立てる“天井2m超え” 超広々の“コールマン”で夏も快適

コールマン
タフスクリーン2ルームハウス
実勢価格:4万3311円

サイズ:約W320×D230×H170㎝
重量:約16㎏
リビングと寝室が一体化した人気のテント。

タープが不要なので設営の手間が大幅に省け、大型ですがアシスト機能付きなので、1人でも設営が可能です。

全面メッシュパネル仕様なので風通しが良く、虫が入ってきにくいのも魅力。悪天候時にはフラップを下ろすことで雨風を防ぐこともできます。

[ポイント①] フラップダウンでリビングが完成

フラップを下げることで生まれるリビングは、チェアやテーブル、調理器具などを置いてもまだ余裕がある広さ。

雨天時や寒い時期には、フラップを下ろすことで濡れない空間を作ることが可能。

[ポイント②] 初心者でも設営しやすい親切設計

ポールのカラーを見れば、どこに接続すればいいのかひと目でわかる親切設計。

色で設営をサポートしてくれます。

[ポイント③] リビング広々で居住性が高め

一番の長所はこの居住性! リビング中央部は、高さ約215㎝と成人男性でも余裕で立てるサイズ感。

広々として圧迫感がないのは、暑い夏のキャンプでは超重要です!

義村貞純 氏 アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏のコメント

天井が高く、圧迫感がないのがいいですね。

記事2位BEST 高さを抑えて耐風性アップ サイドの出入り口も便利です

キャプテンスタッグ
エクスギア ツールームドーム270
実勢価格:2万3350円

サイズ:フライ/約W270×D490×H155cm、インナー/約W270×D270×H150cm 
重量:約6.6kg
広々とした前室とサイドの出入り口を備えたツールームドームテント。

高さを抑え、強度を高めることで風に強い構造を実現しています。

寝室は大人4~5人がゆったりと寝られる広さ。前出のコールマンと同じく、ポールが色分けされ設営しやすいのも嬉しいかぎり。

[ポイント①] 天井部のベンチレーションで結露防止

暖かい空気が抜けやすいよう、天井部にエアベンドがあり、換気をして結露を防いでくれます。

[ポイント②] 使い勝手を追求したリビングスペース

リビングスペースは快適な広さ。サイドには出入りしやすいドア、出入り口兼用の荷物室などを備えています。

義村貞純 氏 アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏のコメント

家族向けの低価格なテントです。

アウトドア 初心者でも設営しやすい シンプル設計の“ヴォールト”

スノーピーク 
ヴォールト
実勢価格:3万396円
初心者でも設営が簡単なシンプル設計です。3本のフレームからなり、インナーテントは吊り下げ式。フライシートだけの使用もOKです。

アウトドア 夏の日差しからキャンパーを守る “タフスクリーン”

コールマン
タフスクリーン 2ルームハウス+
実勢価格:8万8000円
4~5人用の2ルームテントです。リビング側には光の透過を防ぐ遮光PUコーティングを採用。アシスト機能付きなので1人での設営もラクにできます。

アウトドア 3面オープンで快適な空間 “ラウンドスクリーン”

コールマン
ラウンドスクリーン 2ルームハウス
実勢価格:3万6804円
広くて高い、ゆったりとした空間を持つテントです。キャノピーは3面がオープン可能。設営も比較的ラクにできて初心者にもおすすめです。

柳尚子 氏 アウトドアライター
柳尚子 氏のコメント

前室がリビングになる2ルームは広くて快適ですね!
以上、おすすめの2ルームテントをご紹介しました。

ゆったりした空間が魅力の2ルームテント。悪天候にも強いのもメリットです。広さ重視という方はぜひ検討してみてくださいね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事