【2020年】オーブンレンジおすすめ人気ランキング12選|『家電批評』とプロが徹底比較
ランキング
太良保乃香
太良保乃香/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年11月30日

【2020年】オーブンレンジおすすめ人気ランキング12選|『家電批評』とプロが徹底比較

おうちごはんを楽しむことが増え、もっと簡単に美味しく作れないかなと思っていませんか?今回は、雑誌『家電批評』と家事えもん松橋周太呂氏と料理のプロがオーブンレンジに着目。おすすめを探すべく計12台を比較テストしました。14日間徹底検証してわかった、選び方やよかったものを3つの価格帯別にランキングでご紹介します。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
簡単料理研究家
服部みどり 氏
時短、節約、電子レンジ活用など簡単家庭料理レシピ提案が得意。
科学する料理研究家
さわけん 氏
辻調理師専門学校フランス校卒業。フランスの二ツ星(当時)ムーランドムージャンなどに勤務経験のある本格派。その後、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に転身し世界の料理を研究。
家事えもん・家電好き芸人
松橋周太呂 氏(家事えもん) 氏
2016年からピン芸人として活動。掃除能力検定士やジュニア洗濯ソムリエ、調味料検定“通”などの豊富な資格を生かして「家事えもん」として大活躍。気になる白物家電を自腹で買って実生活で使っている。


※情報は『家電批評』2020年11月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン 売り上げ好調のオーブンレンジで買うべき製品は?

在宅勤務や子どものオンライン授業で家族が家にいる時間が長くなり、毎日食事を用意するのが面倒……とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そんなときに活躍してくれるのが、「オーブンレンジ」。

おうちご飯を楽しむ生活も定着しつつあることから「イエナカ消費」が好調で、オーブンレンジをはじめとする調理家電の売れ行きが昨年よりも伸びています。
※それぞれ1月の中古品の販売数を100%として、各月の推移を算出

しかし、最近のオーブンレンジは多機能化が進んでいて、売り場で見ただけでは自分や家族にとってぴったりのものを見つけるのは困難。決して安い買い物ではないので、買ってから後悔したくないですよね。

そこで今回は、比較的安い手頃な値段で、ちょうどいいサイズ感のオーブンレンジを探すべく、12製品を比較テストしました。

キッチン 機能も値段もちょうどいいオーブンレンジが人気

「時間にゆとりができたから本格的な料理がしたい」と、オートメニューが充実したハイエンドモデルも人気上昇中。しかし、根強く人気なのは、1万円~4万円台という比較的安いラインで、オーブンもレンジも使える、機能も価格もちょうどいいの製品です。毎日使う家電だからちょうどよさが重要になってきますよね。

そこで今回は、1万~4万円台のオーブンレンジ7製品1万円台で買える人気の単機能電子レンジ3製品、憧れのハイエンドモデル2製品の計12台をテストすることに。を14日間にわたって徹底的に向き合い、価格帯別におすすめランキングを作成しました!

比較テストの詳細をお伝えする前に、オーブンレンジを買うときの選び方のポイントをご紹介します。

キッチン オーブンレンジの選び方のポイントは大きく5つ

オーブンレンジは多機能すぎると使いこなせなそうだし、高額だとちょっと手が出ない……。機能も値段もちょうどよく、家庭にあったモデルを選べば、毎食の手間がグッとラクになり、買ったことを後悔するリスクもぐんと下がります! 選ぶ際は、次の5つのポイントに注意して比較しましょう。

選びのポイント1:あたため機能

あたため機能ひとつとっても、製品によって自動調理の数やできることはさまざまです。よく使う機能がわかりやすく表示されていて、簡単な操作でできるものを選ぶといいでしょう。

服部みどり 氏 簡単料理研究家
服部みどり 氏のコメント

よく使う機能が独立ボタンであると便利!
市販の揚げものをあたため直すなら、オーブン機能付きがマスト! レンジでのあたためだと、内部の水分が衣に移って、ふにゃふにゃに。一方、オーブン機能なら内側に水分を閉じ込めたまま、衣が揚げたてみたいにサクサクに仕上がります。

今回の比較検証では、オーブンであれば安くても効果大でした!

選びのポイント2:オーブン機能

オーブンの温度は100℃~250℃あたりが標準。上限や設定幅は機種により微妙に違います。250℃には設定できても、220℃にはできない場合も。お菓子やパン作りをしたい方は要チェックです。

選びのポイント3:操作性

よく使うメニューやモードがすぐ選べるかどうかといった操作性も大切。メニューの選び方はタッチパネル、物理ボタン、ダイヤルなどなど。よく使うメニューやモードがすぐ選べるかどうかで、料理をするときのストレス度数が違ってきます。

選びのポイント4:機能性

搭載されているモードには個性があり、あたため機能では弁当や冷凍ご飯専用のモードがあったり、仕上がりの温度が選べたりする製品もあります。使い道によって使い分けられると便利です。

選びのポイント5:お手入れ

売り場やサイトでは見落としがちなのがお手入れや掃除のしやすさ。庫内の天井を掃除する際、オーブンレンジの場合はヒーターがありますが、カバーが付いたフラットなものを選べば汚れの拭き掃除がラクチンです。

選び方のポイントがわかったところで、本題であるテストの解説に入ります。

キッチン オーブンレンジ12製品をプロが厳しくテスト

今回のテストは雑誌『家電批評』が食のプロと家事のプロである家事えもん松橋周太呂氏を迎えて行いました。さまざまな食品をあたためてはチェックすることを繰り返し、14日間にわたって比較テスト。毎日つかうものだから、操作性やお手入れのしやすさも重点的に採点しました。

▼テストした12製品はこちら
・パナソニック オーブンレンジ エレック NE-MS267
・シャープ RE-WF231
・日立 ヘルシーシェフ MRO-S8Y
・東芝 石窯ドームER-VD70
・AMAZEN YRP-F180V
・アイリスオーヤマ MO-FS2403
・日立 オーブンレンジ MRO-RT5
・東芝 ER-SS17A
・パナソニック NE-E22A3
・Toffy 電子レンジ K-DR1
・シャープ ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XA10
・東芝 石窯ドーム ER-VD7000

テストしたのは、次の7項目です。

テスト1:あたため(55点満点)

オートあたため(カレー、味噌汁とごはん)

お弁当

冷凍ごはん

冷凍食品(パスタ、チャーハン、焼きおにぎり)

じゃがいも

揚げもの(唐揚げ、コロッケ)

それぞれの食品について、レンジで推奨のあたため方法やモードであたため、ないものは手動で同一の設定であたためて、ムラや出来上がり温度をチェック。じゃがいもはしっかり火が通るか、揚げものは衣がサクサクした状態であたたまるかを確認しました。

冷凍の焼きおにぎりは読者の方の声から検証が始まりました。製品によって違いが出て、良い比較になりました!

テスト2:オーブン(20点満点)

カップケーキを焼いた際の焼きムラを見て、熱の回りをチェック。焼き野菜とサバもオートメニューや説明書どおりに、ないものは手動で焼き仕上がりを検証しました。

テスト3:解凍(10点満点)

冷凍したひき肉100gを推奨モードで解凍。ほぐれ具合を編集部が採点しました。

テスト4:操作性(10点満点)

使いたいモードがあるか、また選びやすいかを実際に操作して検証しました。

テスト5:お手入れ(10点満点)

庫内の拭き掃除や付属パーツのお手入れがしやすいかをチェック。

テスト6:機能性(10点満点)

基本のオーブン機能やレンジ機能はもちろん、欲しいモードがすぐ使えるかどうかといった機能性も検証しました。

テスト7:使い勝手(5点満点)

松橋周太呂 氏(家事えもん) 氏 家事えもん・家電好き芸人
松橋周太呂 氏(家事えもん) 氏のコメント

家事がはかどるものに加点しました
コスパがよく、家事をする上でうれしい機能や仕様かを比較しました。
以上の7項目をテストした結果は、売れ筋の1万円~4万円台、1万円台の単機能レンジ、ハイエンドモデルの3つの価格帯別にランキングで発表します。読みごたえたっぷりのオーブンレンジランキング。それではどうぞご覧あれ!

キッチン 1万円~4万円台のオーブンレンジおすすめランキング

まずは人気が高い1万円~4万円台のオーブンレンジおすすめランキングを発表します。比較的安いので手が出しやすい価格帯です。

記事1位BEST 抜群に使いやすいパナソニック「エレック NE-MS267」

パナソニック
オーブンレンジ エレック
NE-MS267
実勢価格:3万8000円
サイズ:W500×H347×D400mm
重量:14kg
庫内容量:26L
レンジ出力:最高出力1000W、手動出力800・600・500・300・150W相当
オーブン温度:100~250℃、35・40℃
▼テスト結果
 あたため:39.5点/55点
 オーブン:13.3点/20点
 解凍:3点/10点
 操作性:8点/10点
 お手入れ:6.3点/10点
 機能性:9点/10点
 使い勝手:5点/5点
 合計:84.1点/120点

1万円~4万円台のクラスでベストバイに輝いたのは、パナソニック「オーブンレンジ エレック NE-MS267」。レンジ機能・オーブン機能ともパワフルな加熱でどの料理も上手に仕上がり、総合的に優秀でした。オートの解凍機能は熱ムラがありましたが、コツを掴めば問題なく使えました。

パナソニック「オーブンレンジ エレック「NE-MS267」は、あたためが優秀、操作が簡単で使い勝手もいい優等生! 5℃刻みで好きな温度に設定できるので、温度設定が難しいミルクのあたためや離乳食作りにも重宝します。パワーもあって面倒な料理の下ごしらえが時短でできるのも超便利。ボタンの操作が簡単でチャイルドロック付きなのもうれしい配慮。小さいお子さんやお年寄りがいるご家庭でも使いやすい一台です。

テスト1:あたため

弁当はおかずもごはんも中央まであたたまり、じゃがいもはホクホクで水分もあり上手にできました。揚げ物は、外はサクッと中は熱々! 衣がよみがえりました。
シチューは80℃設定で熱々仕上げに!
あたためムラがほぼないのが素晴らしい!

テスト2:オーブン

180℃で予熱あり15分間野菜を焼いたところ、どの野菜も水分が程良く残っていてやわらかく、美味しく焼けました。見た目も色鮮やかで◎!
火力があって、カップケーキもまんべんなく火が通ったのが○。手前と奥の焼き目の差が少々気になりました。
サバは説明書に従って焼くと皮がしなしなになったのが惜しいです。

テスト3:解凍

ひき肉をオートで解凍したところ、解凍できましたが一部熱が入りすぎて煮えてしまいました。
-10℃設定にするとアイスも食べごろに!

松橋周太呂 氏(家事えもん) 氏 家事えもん・家電好き芸人
松橋周太呂 氏(家事えもん) 氏のコメント

すごくかたいアイスもすぐに食べごろ!
仕上がり温度設定機能が便利です

テスト4:操作性

機能をパネルで選んだら、ダイヤルで項目や時間をセレクト。液晶の表示が大きくて見やすいのもイイです。
ボタンでモードを選んだら、ダイヤルで項目や時間を設定。液晶の文字は大きく見やすい!

テスト5:お手入れ

庫内の左右と床はフラットで扉下の汚れ受けも外しやすく全体的な掃除はラクちんです。上部のヒーター管2本がでているのでその部分は注意が必要です。

記事2位BEST こだわり派にオススメのシャープ「RE-WF231」

シャープ
RE-WF231
実勢価格:4万2372円
サイズ:W468×H338×D384mm
重量:16kg 
庫内容量:23L
レンジ出力:最高出力900W、約900・600・500・200W相当
オーブン温度:110~250℃、発酵(35・40・45℃)
カラー:ホワイト、ブラック
▼テスト結果
 あたため:39点/55点
 オーブン:15.3点/20点
 解凍:4点/10点
 操作性:7.5点/10点
 お手入れ:5.5点/10点
 機能性:8点/10点
 使い勝手:3点/5点
 合計:82.3点/120点

2位はシャープ「RE-WF231」。上下のヒーターがしっかりと庫内をあたため、レンジ機能、オーブン機能ともに優秀。他機種が苦戦した冷凍おにぎりも、見事に中まで熱々にあたたまりました!

シャープ「RE-WF231」は、オーブンの仕上がりが本格的で、肉や魚も中まで熱く、外はこんがり。ムラなく焼き色がつくので、食卓で映える大皿料理もできちゃいます! ホームパーティのシーンで活躍するのはもちろん、食べ盛りのお子さんがいるご家庭にもぴったりです。

真っ白でスタイリッシュな見た目はインテリア性も十分。おしゃれな部屋にもマッチします。

テスト1:あたため

弁当は「お弁当あたためモード」でごはんも具もムラなくほかほかに。冷凍パスタもほどよい温度にできました。
カレーは沸騰するほど熱々で少々飛び散りも……。
あたため力は文句なし。パスタ以外の冷凍食品も熱々になりました。

テスト2:オーブン

カップケーキは熱が均等に伝わり、こんがりとまんべんなく焼き目がつきました。焼きムラはほとんどなく、庫内のどこに食材を置いても均等に色づきます。
サバは塩ざけ・塩さばモードで焼いたところ、良く焼けて水分は少なめの仕上がりでした。

テスト3:解凍

全解凍モードで解凍したところ、煮えてしまった部分はなかったものの、大きなかたまりが残りました。

テスト4:操作性

メニューの項目も運転時間もダイヤルを回して選ぶタイプ。操作自体は単純なので迷いはないものの、ダイヤルの反応は少々ラグがアリ。グルグルと回す手間が嫌じゃなければ問題ナシ!
ボタンは少なく操作がわかりやすいです。モード選択や時間設定はダイヤルを回してセットします。

テスト5:お手入れ

庫内は奥側に凹凸があり、天井のヒーター2本はむき出しでつくりが複雑なので、汚れがついてしまうと、落とすのが大変そうです。

記事3位BEST 掃除が簡単!日立「ヘルシーシェフ MRO-S8Y」

日立
ヘルシーシェフ
MRO-S8Y
実勢価格:4万9800円
サイズ:W487×H365×D430mm
重量:約15.5kg
庫内容量:31L 
レンジ出力:最大出力1000w、800・600・500・200W相当、100W相当 
オーブン温度:100~210℃、250℃、30・35・40・45℃
カラー:レッド、ホワイト
▼テスト結果
 あたため:35点/55点
 オーブン:12.3点/20点
 解凍:3点/10点
 操作性:5点/10点
 お手入れ:10点/10点
 機能性:8点/10点
 使い勝手:5点/5点
 合計:78.3点/120点

3位は日立「ヘルシーシェフ MRO-S8Y」。レンジ、オーブン機能ともに料理によって少々得意不得意はあれど、平均点以上。操作はシンプルで使いやすくお手入れのしやすさは抜群です!

日立「ヘルシーシェフ MRO-S8Y」は、フラットな庫内で底面のトレーが外せて掃除がは掃除が楽! この価格で過熱水蒸気が使えるのは優秀。揚げ物は水分を逃さずに中まで熱々に。ただし重量センサーは気まぐれで、冷凍ひき肉はあたためるたびに解凍具合が違って微妙でした。

テスト1:あたため

コロッケもから揚げも衣はサクッと仕上がり、中は熱々。冷凍ご飯も中心まで熱々にできました!
弁当はぬるめでした。

テスト2:オーブン

焼き野菜はじゃがいもホクホク!
カップケーキは熱ムラがなく、まずまずの仕上がりでした。
サバは自動メニューで調理したところ34分もかかり、火は通っていたものの焼き目は薄く少々残念でした。

テスト3:解凍

ひき肉は△でしたが、揚げ物と冷凍ごはんは熱々です。

テスト4:機能性

ボタン操作でわかりやすいです。多機能だけど自動調理に時間がかかりすぎるメニューもあります。

テスト5:お手入れ

上部ヒーターがフラットな神構造になっています。底面を取り外して丸洗いできるのは日立だけ。汚れ落としのコースや脱臭機能を併用すれば、完璧です!
庫内が白くて汚れが見えやすく、フラットで拭きやすいのでお掃除が楽。

松橋周太呂 氏(家事えもん) 氏 家事えもん・家電好き芸人
松橋周太呂 氏(家事えもん) 氏のコメント

庫内の掃除がストレスフリーで最高!

記事4位 迷わず使える正統派の東芝「石窯ドーム ER-VD70」

東芝
石窯ドーム
ER-VD70
実勢価格:3万9800円
サイズ:W480×H350×D390mm
重量:約14kg
庫内容量:26L 
レンジ出力:最高出力1000W、600・500連続、200W相当、100W相当
オーブン温度:100~250℃、30・35・40・45℃
カラー:グランホワイト、ブラック
▼テスト結果
 あたため:32点/55点
 オーブン:15.7点/20点
 解凍:3点/10点
 操作性:6.5点/10点
 お手入れ:5点/10点
 機能性:9点/10点
 使い勝手:4点/5点
 合計:75.2点/120点

4位は東芝「石窯ドーム ER-VD70」。あたためやオーブン機能とも、モードによって仕上がりにばらつきはありますが、微調整をすれば問題ナシ。操作性や使い勝手も高評価でした。

東芝「石窯ドーム ER-VD70」は、レンジやオーブンの機能は、平均してよくあたためられた正統派。オーブンの火力が強く、一気においしく焼き上げます。また、あたための仕上がり温度が設定でき、バターやチョコレートを溶かすなどの作業が必要な、クッキーをはじめとするお菓子作りにも便利です。操作ボタンも大きく、機能がわかりやすいので年配の方にも使いやすい製品です。

テスト1:あたため

弁当は、コンビニ弁当モードで全体的にぬるめの仕上がり。じゃがいもはほどよくできました。
弁当は中心が少々ぬるかったです。

テスト2:オーブン

カップケーキは中央が少し焼けすぎましたが熱ムラは少なめの仕上がりに。
サバは240℃で10~12分の設定で、こんがりと焼き目がつき身はふっくらよく焼けました。

テスト3:解凍

ひき肉の解凍は△。

テスト4:操作性

オートメニューからの選択はちょっと面倒だけど、それ以外の操作自体は簡単で迷いはナシ!

テスト5:お手入れ

汚れ受けの内側の吸気口はホコリを掃除機で吸う手間が面倒。庫内はヒーターがむき出しで拭きにくさも。

服部みどり 氏 簡単料理研究家
服部みどり 氏のコメント

操作に迷わず時短で料理が作れます!

記事5位 コスパ大賞はYAMAZEN「YRP-F180V」

YAMAZEN
YRP-F180V
MRO-RT5
実勢価格:1万5800円
サイズ:W485×H302×D376mm
重量:15.3kg
庫内容量:18L
レンジ出力:650(60Hzのみ)・500・200W相当
オーブン温度:35、40℃、100~250℃
カラー:ホワイト、ブラック
▼テスト結果
 あたため:35.4点/55点
 オーブン:10.3点/20点
 解凍:3点/10点
 操作性:5点/10点
 お手入れ:6点/10点
 機能性:5点/10点
 使い勝手:2点/5点
 合計:66.7点/120点

5位はYAMAZEN「YRP-F180V MRO-RT5」。冷凍食品のあたためは少々コツが必要だけど弁当や野菜はまんべんなく熱々になり文句なし。オーブンは仕上がりにばらつきがありつつも、総合的にお値段以上!

YAMAZEN「YRP-F180V MRO-RT5」は、あたためもオーブンも期待以上。オートモードは少なめですが、手動設定も簡単で仕上がりは上々。オーブンレンジが欲しいけど予算がない! たくさんのモードは使いこなせないかも! という人は迷わず選ぶべき1台です。

テスト1:あたため

弁当は手動設定であたためたら中までムラなく熱々でした。揚げ物は衣がサクサクで中も熱くて上出来です!
あたためはどれも熱々でいい感じ。

テスト2:オーブン

カップケーキは中央だけ良く焼けてムラが出ました。専用のオートモードがないので、手動で設定するには、少々コツや調整が必要そう……。
サバは若干コゲすぎな焼き上がりでした。

テスト3:解凍

ひき肉の解凍はもうひと息……。

テスト4:操作性

操作は簡単でわかりやすいですが、タッチキーの反応が若干微妙で、押すときに指に力が必要です。

テスト5:お手入れ

庫内の底面はフラットですが、上部にはヒーター管があるので、少し手間がかかります。

記事6位 オーブン×コスパ派ならアイリスオーヤマ!

アイリスオーヤマ
MO-FS2403
実勢価格:1万9800円
サイズ:W513×H332×D403mm
重量:約13.1kg
庫内容量:24L
レンジ出力:1000・600・500・200W相当
オーブン温度:100~250℃、35・34℃
▼テスト結果
 あたため:31.5点/55点
 オーブン:12.3点/20点
 解凍:1点/10点
 操作性:8点/10点
 お手入れ:5.5点/10点
 機能性:5点/10点
 使い勝手:2点/5点
 合計:65.3点/120点

6位はアイリスオーヤマ「MO-FS2403」。あたためは他機種に比べてぬるめの仕上がりでした。お手入れは上部が拭きにくいですがコスパを考えれば許容範囲です。シンプルで操作性も◎。

アイリスオーヤマ「MO-FS2403」は、やりたい機能を押すだけというボタン操作がわかりやすく、1万円台にしてスチーム料理ができるので、リーズナブルにいろいろな料理を作りたい人におすすめです。

テスト1:あたため

弁当モードはないので、手動で弁当の重さから時間設定をする必要があります。ぬるめで微妙でした。
熱ムラがあり仕上がりはぬるめです。

テスト2:オーブン

カップケーキは熱ムラが少なく中央の色づきも充分。上手に仕上がりました。
サバは火は通っていましたが焼き色が薄めで皮はしんなり。焼き魚としては物足りません。

テスト3:解凍

ひき肉は半分が煮えてしまいました。

テスト4:操作性

自動のモードはメニューの表示を押せば設定は簡単! ただ、お弁当の重量を選ぶのは手間です。

テスト5:お手入れ

下段のトレーはなかなか外れず、ハメるときも戻しにくい……。ヒーターの管周りの掃除も面倒です。

記事7位 揚げ物のあたためがいい日立「MRO-RT5」

日立
オーブンレンジ
MRO-RT5
実勢価格:2万5000円
サイズ:W470×H300×D400mm
重量:約11kg
庫内容量:18L
レンジ出力:最高出力950W、600・500・200W相当、100W相当
オーブン温度:100~210℃、250℃、発酵40℃
▼テスト結果
 あたため:25点/55点
 オーブン:5.3点/20点
 解凍:2点/10点
 操作性:8.5点/10点
 お手入れ:5点/10点
 機能性:5点/10点
 使い勝手:2.5点/5点
 合計:53.3点/120点

7位は日立「オーブンレンジ MRO-RT5」。火加減が弱めで若干物足りない結果に。オーブン機能は揚げもののあたためにはぴったりですが、少々火力が足りないことも。

日立「オーブンレンジ MRO-RT5」は、回転台に丸い天板を乗せて使う、昔ながらの回転台式。ややこしい操作が苦手という人にも快適に使えます。お手入れは天板を外して拭き掃除がしやすい構造です。

テスト1:あたため

じゃがいもはホクホク。揚げ物はサクッとできました!
あたためは少し温度が低めです。

テスト2:オーブン

カップケーキは焼き色が薄く、蒸しパンみたいに真っ白で生地に火が通っていないところも。
サバも250℃の設定で焼いたのに、焼き目は薄く味はイマイチでした。

テスト3:解凍

ひき肉の解凍は不得意。解凍の出来にもムラがありました。

テスト4:操作性

シンプルでわかりやすく、よく使うモードなどが専用ボタンが独立しているので使いやすいです!

テスト5:お手入れ

丸型のトレーと回転台は水洗いOK。ただ外して洗うのもそのまま拭き掃除も少し手間です。

キッチン 単機能電子レンジおすすめランキング

続いては「とにかく安いのが欲しい!」「オーブンはいらない!」という人のために1万円台の単機能電子レンジおすすめランキングをご紹介します。今回は人気上昇中のトレンド機種3台を比較テストしました!

記事1位BEST お弁当モードが優秀な東芝「ER-SS17A」

東芝
ER-SS17A
実勢価格:1万4790円
サイズ:W458×H281×D354mm
重量:約10kg
庫内容量:17L
レンジ出力:最高出力900W、600・500W連続 200W相当
カラー:ホワイト
▼テスト結果
 あたため:38.5点/55点
 解凍:2点/10点
 操作性:9点/10点
 お手入れ:10点/10点
 機能性:5点/10点
 使い勝手:1.5点/5点
 合計:66点/100点

単機能電子レンジのベストバイは東芝「ER-SS17A」。操作性とお手入れのよさは人気機種の中でもダントツに良く、見てわかるボタンも優秀! あたためも揚げ物以外は上手にムラなくできました。

東芝「ER-SS17A」は、ボタン操作がシンプルで使い方がわかりやすく、掃除やお手入れがしやすい優秀選手。子どもやお年寄りまでサッと手軽に使えて、万人受けする1台です。あたため機能は優秀で、ご飯はもっぱらお弁当や冷凍ごはんという人や、一人暮らしの方にもおすすめです。

テスト1:あたため

揚げ物は水分が出てしまいましたが弁当はしっかり熱々! 冷凍ごはんもふっくらとあたたまりました。
冷凍ごはんは熱々に。焼きおにぎりも、規定時間でほかほか!

テスト3:解凍

ひき肉の解凍は苦手。

テスト4:操作性

お弁当と飲み物のボタンがわかりやすく独立していて、すぐにあたためられてとっても便利! 温度設定が難しい牛乳やお酒もすぐにあたためられて手間要らずです。

テスト5:お手入れ

庫内は凹凸が少しある程度で上部もフラット。拭き掃除がサッとできてお手入れが超楽チン!

記事2位BEST 操作が簡単なパナソニック「NE-E22A3」

パナソニック
単機能レンジ
NE-E22A3
実勢価格:1万3273円
サイズ:W488×H279×D368mm
重量:9.4kg
庫内容量:22L 
レンジ出力:最高出力850W、700W・500W・150W相当
▼テスト結果
 あたため:33点/55点
 解凍:3点/10点
 操作性:10点/10点
 お手入れ:9点/10点
 機能性:3点/10点
 使い勝手:1点/5点
 合計:59点/100点

2位はパナソニック「単機能レンジ NE-E22A3」。あたためは温度が上がりすぎないから年配の人にも安心。ボタン操作が簡単でわかりやすく、庫内の回転台が外せるのでお手入れも簡単です。

パナソニック「単機能レンジ NE-E22A3」は、操作ボタンにごはんやカップ絵が描いてあり、弁当や飲みもののあたためがひと目でわかります。冷凍ごはんのあたためも上出来でほくほくに仕上りました!

テスト1:あたため

穏やかに弁当全体があたたまりました。ちょうどいいあたたかさですが、熱めのが好みの人は追加してもいいかも。
あたたまりは少々ムラがありますが、十分な仕上がり。

テスト3:解凍

解凍はもう一歩。

テスト4:操作性

シンプルで迷いがなく、ごはんと飲み物のあたためが専用ボタンになっていて、わかりやすいです。イラスト付きなのも使いやすいポイント。

テスト5:お手入れ

回転台のパーツを土台から取り外せば庫内はフラットに。すみずみまで拭き掃除ができます。

記事3位BEST 見た目を重視するならToffy「電子レンジ K-DR1」

Toffy
電子レンジ
K-DR1
実勢価格:1万9800円
サイズ:W451×H283×D344mm
重量:約12kg
庫内容量:17L 
レンジ出力:最高出力550W、650・500・300・解凍200W
カラー:PALE AQUA、ASH WHITE
▼テスト結果
 あたため:18.5点/55点
 解凍:8点/10点
 操作性:6.5点/10点
 お手入れ:9.5点/10点
 機能性:2点/10点
 使い勝手:1点/5点
 合計:45.5点/100点

3位はToffy「電子レンジ K-DR1」。野菜などのあたため蒸しが上手で、料理の下ごしらえにも活躍できそうです。ひき肉の解凍が一番うまくできました。

Toffy「電子レンジ K-DR1」の操作はいたってシンプルで庫内のお手入れは簡単。他にはないかわいいカラーとレトロチックな見た目がおしゃれです。

テスト1:あたため

弁当などの普通の温めは合格点。

テスト3:解凍

冷凍ひき肉は冷たいままほどよくパラパラでバラっとできて◎。

テスト4:操作性

操作ボタンもおしゃれで操作はシンプル。表示が英字で見にくいのもこの機種ならアリ!?

テスト5:お手入れ

庫内の構造はフルフラットで掃除のしやすさは◎。外装は凹凸があってひと手間必要です。

キッチン ハイエンドモデルおすすめランキング

最後は憧れのハイエンドモデルのおすすめを2台紹介します。10万円以上という高価格帯のハイエンドモデルと、比較的安いモデルの違いはどこにあるのでしょうか?

記事1位BEST どんな料理もおいしく!シャープ「ヘルシオ」

シャープ
ウォーターオーブン ヘルシオ
AX-XA10
実勢価格:15万5200円
サイズ:W498×H0×D430mm
重量:約25kg
庫内容量:30L
レンジ出力:最高出力1000、600・500・200W相当
オーブン温度:オーブン100~250・300℃ 、スチーム発酵・発酵 30・35・40・45℃
カラー:レッド、ブラック
ハイエンドモデルのベストバイは、シャープ「ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XA10」。レンジ機能もオーブン機能も最高評価! ボタンを押すだけでめちゃウマに仕上がる、まかせて調理が便利すぎます。

シャープ「ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XA10」は、過熱水蒸気であたためる独自の加熱方法で、どんな料理もおいしくプロ級に仕上げてくれる優れもの。タッチパネルの操作に加え、音声で検索やモードが選べて便利。自動調理も優秀で、まかせて安心の頼もしさがあり、料理が苦手な人でも、実力以上の料理が作れます。

テスト1:あたため

あたためは弁当はごはんもおかずも中央まで熱々! 揚げ物は外はザクザク中はジューシー!
仕上がりは中まで熱々。

テスト2:オーブン

カップケーキは色づきが弱めで、焼きムラがあり、もう一歩の出来でした。
サバは自動調理でオーブンであたためます。12分で皮がパリッと身はふっくらとジューシーに焼き上がりました。

テスト3:解凍

ひき肉の解凍も上々の出来でした。

テスト4:操作性

タッチパネルはフルカラーで見やすく操作も簡単。無線LAN搭載でメニューも増やせます。

テスト5:お手入れ

庫内の洗浄から乾燥まで自動でお手入れできます。庫内は上下フラットで、掃除ラクチン。
自動お手入れ機能もあり、庫内や各パーツの掃除もしやすい構造です。
冷凍食品や野菜、生卵などを同時におまかせ調理。パーティ料理が一度にできました!

記事2位BEST 一気に焼ける!東芝「石窯ドーム ER-VD7000」

東芝
石窯ドーム
ER-VD7000
実勢価格:12万2000円
サイズ:W498×H396×D399mm
重量:約21kg
庫内容量:30L
レンジ出力:最高出力1000W、600・500W連続 200W相当、100W相当
オーブン温度:100~300℃・350℃、30・35・40・45℃
カラー:グランブラック、グランホワイト
今回検証した12製品中、350℃の高温に設定できるのは、東芝「石窯ドーム ER-VD7000」だけでした。350℃の高火力でピザもパリッと焼けるので、本格料理の格がぐんと上がります。

東芝「石窯ドーム ER-VD7000」は、フルオートの調理はもちろん、仕上がり温度を-10℃~90℃の範囲で自由に設定できたり、高火力の熱風で一気に庫内をあたためたりと細かな設定ができる芸達者。お菓子やパン、ピザをはじめ本格料理を作りたい人に! 見事な機能のアシストで、料理を格上げしてくれます。

テスト1:あたため

自動あたためだと、弁当のはぬるめの仕上がり。冷凍ごはんは熱々で炊きたてみたいにできました!
ムラは少ないけどややぬるめです。

テスト2:オーブン

カップケーキはまんべんなく熱が伝わり、焼き色のムラもなく、良い仕上がりに!
サバはオートメニューで、途中でひっくり返す手間が必要でしたが、皮はパリッと身はジューシーに焼けました。

テスト3:解凍

ひき肉の解凍は煮えずにほぐれて◎。

テスト4:操作性

液晶のタッチ操作でモード選択もわかりやすいです。表示される文字は大きく見やすさも◎。
汚れ受けやタンクは取り外して丸洗いOK。庫内はフラットで拭きやすくて掃除しやすいです!

キッチン パナソニック「NE-MS267」がごはんの相棒!

以上、オーブンレンジおすすめランキング12選でした。堂々1位のパナソニック「NE-MS267」は、誰が使ってもわかりやすく、安心して使えます。ランキングを参考に、ラクちんごはんの相棒となる、ちょうどいいレンジ選びの参考にしてください!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事