「コスパでAnker超え!」あの防水スピーカーが“お風呂で使うと最高”な理由
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by the360.life編集部
公開日: 2019年08月01日

「コスパでAnker超え!」あの防水スピーカーが“お風呂で使うと最高”な理由

意外とヒマを持て余すお風呂タイム。ジップロックにスマホを入れて持ち込む…なんてのもよく聞く話です。そんなときに思うのは「濡れを気にせず、お風呂で良い音が出るスピーカーがあれば…」ということ。そんな夢のスピーカーがじつは存在しました。今回は編集部イチオシのお風呂スピーカーをご紹介します。

AV機器 お風呂使いに最高なスピーカー 老舗音響メーカーで見つけました

Amazonでも家電量販店でも、いまや珍しいものではなくなった防水対応のBluetoothスピーカー。せっかく便利なのだから、アウトドアだけでなく、インドアでも活用したいですよね。

特に手持ち無沙汰で音楽やラジオを聞いたり、動画を見たくなるお風呂ならきっと重宝してくれるはず。

そんなお風呂使いを想定し、オススメするのがJBLの「FLIP4」です。
JBL
FLIP4
実勢価格:7384円
なぜ、この「FLIP4」がお風呂スピーカーとしておすすめなのか……。その理由は、まさにそのまま商品選びのポイントにつながります。

詳しい解説をご覧ください。

AV機器 水に強くてタテ置きできる! これがお風呂使いに最適な証

まず、大前提として「FLIP4」は、お風呂で使うスピーカーとしての機能を高水準で満たしています。

[ポイント①:防水性]
まず、お風呂のような水場で使う上での最重要ポイントが「防水性」。これは「IPX7」以上であれば万全といえるでしょう。もちろん「FLIP4」はこの基準をしっかり満たしています。
ちなみに「IPX7」の保護の程度は、「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」というレベルを指します。シャワーをかけた程度では、ほぼ支障がありません。

とはいえ、これだけではお風呂使いをおすすめする説得力に欠けますよね。

そこで次に注目すべきがこちらです。

[ポイント②:タテ置き]
さらに、お風呂はリビングと違い、置き場所に困ることが多いので「タテ置きができる」かも重要なポイントとなります。
「FLIP4」は、ヨコ置きの多い他社製品と違い、円柱状で面積をとらないため、バスタブのなどちょっとした場所に置きやすく、ストラップをフックに掛けられるので、省スペース性も抜群です。
ここまでは、お風呂使いに適している理由をご紹介しました。ここからは、スピーカーの命である「音質」に着目していきます。

AV機器 完璧な防水性能を備えた上で コスパに優れた最強音質

以前に行った、Bluetoothスピーカー23機種の比較検証で、アンカーに「待った!」をかけたのが、このJBLの「FLIP4」だったのです。
Bluetoothスピーカーおすすめランキング23選 で、「FLIP4」とアンカーの「Sound Core Pro+」(9980円)は同率2位という結果でした

アンカー Sound Core Pro+の音質テストの結果
「JBL製品」の音質テストの結果
JBLらしいバランスのいい音で「量感たっぷりの低域に加え、透明感のある高音」とテスター評。また、「JBLらしい明るくスカッとした高域の抜け感」と迫力ある低音を聴かせながら、スッキリした高音が好評価でした。

この豊かな低音があるので、音量を上げて音割れすることがありません。

これならシャワー音にも負けない迫力で、好きな動画や音楽を楽しむことができますね。

以上、水場で使うための絶対条件を満たし、音質にも優れたBluetoothスピーカー、JBL「FLIP4」のご紹介でした。

お風呂使いを中心にご紹介しましたが、キッチンなどの水場でも同様に使用できますので、ぜひお試しくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事