マスカラの新常識!? ダマなしぱっちりまつげになれる秘訣は小さめブラシでした
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK the Beauty編集部
公開日: 2020年07月22日

マスカラの新常識!? ダマなしぱっちりまつげになれる秘訣は小さめブラシでした

マスカラって同じコスメばかりリピートしていませんか?「何となく…で昔のままのメイクを続けるなんてもったいない! コスメもメイクも、日々進化し続けているのです。今回は、ちょっと手を加えるだけで垢抜けた印象になるオススメのマスカラ&使い方をご紹介します!

コスメを本音で評価する雑誌
LDK the Beauty
コンセプトは、「世界でただ1つ、コスメを本音で評価する雑誌」。テストする生活情報誌「LDK」から生まれた広告なしの辛口美容誌です。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は、『LDK the Beauty』の過去の記事の情報を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー すぐに取り入れられるマスカラ&メイク術

マスカラを含むアイメイクって、新しい技を取り入れたりしていますか? 気がついたら、ずっと同じやりかたを続けてるという人も多いのではないでしょうか。「マスカラのダマがずっと気になっているけど、朝はバタバタだし時間をかけてメイクすることなんてできない」と、見て見ぬフリをして放置していませんか?

そこで『LDK the Beauty』編集部はアイメイクのプロにに徹底的な取材を敢行! アイメイクのテクニックで更新するべき点を教えてもらいました。

その中から今回は、「マスカラ」をアップデートしていきます。

ミニマムブラシマスカラで美まつ毛をゲット!

マスカラって、大きめのブラシでたっぷり塗るのがベーシック、と思いませんか。でも、実は違うんです。「大ブラシ+たっぷりマスカラ液」のコンボこそ、ひじきまつげの原因だったのです。
メイクテクがないと“ひじき”まつげになりがち
たしかなメイク技術を持っている人は別ですが、普通の人が大きめブラシにたっぷり液をつけて塗ると、ひじきまつ毛になってしまいがちです。
大きめのブラシを使う場合は液がたくさんついてしまい、しごくかティッシュで余分な液をオフする一手間が必要になります。
目尻部分が塗れていない
しかも、大きいブラシだと短い毛や細い毛に塗れず、目尻・目頭に塗り残しが発生してしまうことも…。

KIWA ヘアメイク
KIWAのコメント

大ブラシは目が大きくまつげが多い人向きです
でもミニブラシなら違います!
ダマはなく、長いまつ毛を実現
マスカラをミニブラシにして液を少なめにするだけで、美しいまつ毛に大変身できました。

ビューティー 小さめブラシマスカラのオススメはどれ?

さっそく、小さめブラシのマスカラを使ってみたいと思われた方も多いと思います。でも、小ブラシのマスカラといっても、たくさんあって、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、小さめブラシマスカラ製品を10製品ピックアップし、「仕上がり」「崩れにくさ」「オフしやすさ」の3項目に注目してテストしてみました!

[TEST1:仕上がり]
まつげが少なめなモニターにマスカラを塗って、プロが比較しました。

[TEST2:崩れにくさ&オフしやすさ]
マスカラ選びに重要な「崩れにくさ」「オフしやすさ」についてももちろん検証!

テストを重ねた結果、小さめブラシマスカラの1位に輝いた製品はコチラでした。

記事1位BEST まつげが際立つ! フローフシならテク不要で美まつげに

フローフシ(FLOW FUSHI)
モテマスカラ TECNICAL3
実勢価格:1105円
ナチュラルまつげになる製品が多い中、フローフシのマスカラはまつげを際立たせました。
さらに、ダマにならないのはうれしい! 崩れにくさ・オフしやすさについても高評価を得ました。
小回りのきく小さ目ブラシは、塗りやすさが抜群でした。

ビューティー 僅差で次点! ヒロインメイクはまつげの長さNo.1

伊勢半:ヒロインメイク ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム:コスメ
伊勢半
ヒロインメイク
ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム
カラー:01
実勢価格:1320円
ヒロインメイクの小さめブラシバージョンです。
しなりやすいやわらかいブラシなので細かい毛もばっちり塗れちゃいます。
まつげに長さを出したい人はこれにキマリ! 10製品中、まつげの長さはナンバーワンでした。

ビューティー ナチュラルならお任せ!デジャヴュで自まつげを上向きに

イミュ(Imju):デジャヴュ ラッシュアップK:コスメ
イミュ(Imju)
デジャヴュ
ラッシュアップK
カラー:ブラック
実勢価格:3400円
ヒロインメイク同様、次点につけたデジャヴュのマスカラ。
細かい毛をひろい、束を作って上向きに伸びる特徴があります。オフのしやすさは群を抜いて良かったので、まつげへの負担も少ないのがうれしい!
まるで自まつげが伸びたかのようです。

上位評価のマスカラをご紹介したところで、テストの詳細をお届けします!

ビューティー TEST1:仕上がり フローフシとヒロインメイクが首位に!

「フローフシ」と「ヒロインメイク」は液が軽く、まつげに均一に塗れるのでまつげ少なめさんでも美まつげになれました!
デジャヴュとレアナニは、上に向かって伸びるタイプのマスカラ。ダマなしでナチュラルに仕上がりました。カールもキープ。ただし、ナチュラルすぎて物足りない…と思う人もいるかもしれません。
D-UP、メイベリンはまつげに長さが出ます。少々ダマになりやすいので、まぶたについてしまいました。液は重め。

ビューティー 崩れにくさ&オフしやすさはフローフシの一人勝ち

崩れにくさ&オフしやすさについての結果も比べてみたところ、「フローフシ」が圧倒的な強さを誇りました。
マスカラを塗ったつけまつげに目薬を垂らし、紙で挟んで圧をかけてみましたが色移りなしという結果に!
パンダ目になりません!
マスカラを塗ったつけまつげをお湯にIN。数回振っただけで細かい繊維が出て来ました。
お湯で繊維が出てくるのでクレンジングがラク!

崩れにくさとオフしやすさ。どちらか一方が優れている製品はありましたが、両方とも◎評価を得たのはフローフシだけでした。フローフシは涙にもこすれにも強いので、メイク直しが面倒くさいという人にもおすすめです。

最後にマスカラの塗り方のポイントや、しっかりまつげさんにおすすめのマスカラを続けてご紹介します!

ビューティー 塗り方を変えるだけ! 目頭・目尻を分ければ均等に塗れます

ミニマムブラシマスカラを使うときは、まつげを目尻・目頭の左右に分けて塗るのが正解です!

1.目尻を塗る
数回ブラシをマスカラボトルのふちでしごいたら、目尻から塗り始めましょう。細かくブラシを動かしながら塗り進めていきます。

2.目頭を塗る
次に目頭を塗ります。まぶたに液がつかないよう、やや薄目にしてまぶたとまつげの距離を作るのがポイントです。ゆっくり慎重に塗りましょう。

以上、ブラシの小さなマスカラのおすすめとマスカラの塗り方をご紹介しました。ぜひ、記事を参考にしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事