3位ホタルクス、2位パナソニック、1位は意外な…LEDシーリングライトおすすめランキング9選【2019年版】
2019年07月07日(日)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by 家電批評編集部
3位ホタルクス、2位パナソニック、1位は意外な…LEDシーリングライトおすすめランキング9選【2019年版】
天井照明の主流になりつつある「LEDシーリングライト」。今回は人気の9製品を集めて、その実力を徹底比較しました! 明るさはもちろん、寿命、調光機能、スマートスピーカー対応など、製品ごとに特徴はさまざま。今まで「何となく」選んでいた方は要チェックです!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

家電批評 本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
創刊9年を迎える家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
石原美紀子 氏 主婦ライター
石原美紀子 氏
子育てをしながら家電、グルメ、ペット、コスメ、育児などの分野でライターとして活躍。今回は小学4年生の息子も検証チームに参加。
青山卓弥 家電批評編集部 デスク
青山卓弥
MONOQLO編集部を経て、現在は家電批評編集部とthe360.life編集部を兼任。検証を経て購入した製品の中で「これがなきゃ暮らせない」と断言できるのは、空気清浄機とロボット掃除機とハイバックソファ。
  • 寿命10年、タイマーは当たり前!
    大進化した「シーリングライト」
みなさん、シーリングライト(天井面に取り付けるタイプの照明器具)ってどんなものをお使いですか?

担当ライターは、引っ越してきたときに部屋に備え付けらていたものをそのまま使用しています。そして、今までそれを替えようと思ったことはないのですが、最新のシーリングライト事情を知ったら気持ちが揺らぎました。

以前は蛍光灯が主流でしたが、最近ではLEDを使ったシーリングライトが一般化しています。そして、LEDシーリングライトにはさまざまな機能がついていて、昔に比べるとかなり便利に使えるように進化。寿命が10年持つものや、タイマー機能が付いているものなどは、もはや当たり前になっているんです。

今回は最新のLEDシーリングライトを徹底研究! 人気の9製品を集めておすすめ順ランキングを作成しました。
  • 何がどう進化した?
    LEDシーリングライトの特徴とは…
先ほど「LEDシーリングライトにはさまざまな機能がついていて、かなり進化している」とお伝えしましたが、おすすめ順ランキングの発表の前に、LEDシーリングライト特徴を詳しく見ていきたいと思います。
  • 特徴①リモコン付きがほとんど
昔のシーリングライトには大抵、点灯・消灯用の紐がぶら下がっていて、明るさ調整は3段階みたいなものがほとんどでした。しかし、最近のシーリングライトには「紐」が見当たりません。

……なぜならば「リモコン操作」が標準化しているから!
リモコンによって点灯・消灯の操作はもちろん、調光やタイマーのセットなどができるタイプが最近の主流です。
  • 特徴②10年程度で“使い捨て”
蛍光灯タイプの場合は、寿命がきたら本体から蛍光灯のみを外して交換します。でもLEDシーリングライトは本体にLEDライトが埋め込まれているので、寿命がきたら本体ごと取り替えます。つまり、LEDシーリングライトは「使い捨て」という訳です。
ちなみに、LEDの寿命はだいたい10年程度と言われています。なので、LEDシーリングライトの寿命も10年くらいだと思って間違いないでしょう。一度取り付けてしまえば、蛍光灯のようにたびたび交換する必要はありません。
  • 特徴③明るさの調整が細かくできる
LEDは蛍光灯や白熱球よりも電気代が安く、きめ細かく明るさの調整ができるのが利点のひとつです。
  • 特徴④調光はもちろん、調色ができる製品も
明るさのコントロール(調光)ができるのはもちろん、最近ではライトの色の調整(調色)ができる製品も増えています。
(写真左)電球色 (写真右)昼光色
調色できるタイプは調光だけのタイプよりお値段は張りますが、「仕事や勉強のときは昼光色」「団らんのときは電球色」というように用途や好みに応じて光色を変えられます。家族がリビングで仕事や勉強をすることが多いなら、調色できるタイプが向いています。
  • 特徴⑤スマートスピーカー連動タイプも
Wi-Fiに接続してアプリからLEDシーリングライトを操作したり、スマートスピーカーと連動したりできる製品もあります。

「アレクサ、ライトを点けて/消して」で灯りをコントロールできるのは、やってみると超便利! 手荷物いっぱいで帰宅したときや、眠くてベッドから起き上がりたくないけど灯りを消したいときなどき上がりたくないときに役立ちます。
  • 明る過ぎても、直接的でもダメ!
    LEDシーリングライトの選び方
大まかな特徴をつかんだところで、今度はLEDシーリングライトを選ぶ際におさえておくべきポイントをご紹介したいと思います。
  • ポイント①部屋の隅々まで明るいか
照明なので、もちろん一番重要なのは明るさです。でも、1箇所だけが明る過ぎたり、部屋の隅が暗かったりでは目がくたびれてしまいます。隅々まで明るい製品がもっともおすすめです。
  • ポイント②色のバランスはどうか
光のRGB(赤緑青)および、白の「色のバランス」が悪いと、食べ物が美味しそうに見えない、人の顔色が悪く見える、服の色などが実際とは違って見える、本などの文字が読みにくい……といった不都合が出てきます。

なので、赤、緑、青、白の色のバランスが取れた光を放つLEDシーリングライトがおすすめです。
  • ポイント③放つ光が「やわらかい」か
LEDシーリングライトのカバー(傘)には、光を部屋の隅々まで柔らかく拡散させる「ディフューザー」の役割があります。

カバーが薄かったり、カバー自体に高さがなく光源とカバーが近すぎたりすると、光の刺激が強すぎて目が疲れるので、LEDシーリングライトを選ぶ際はカバーにも要注目です!
  • ポイント④使いやすさはどうか
多機能でいくら照明として優れていても、使い方が複雑では困りますよね。LEDシーリングライトを選ぶ際は「付属リモコンが直感的に操作できるか」「読書モードなどシーンに応じた最適な明るさや色をワンタッチで提供してくれるか」といった部分にも注目を!

中にはスマホアプリで操作できるものもあるので、こういった便利機能の有無もチェックすることをおすすめします。あと、女性ひとりでも取り付けられるかどうかという点もチェックしておくとベターです。
  • 人気9製品を100点満点で採点!
    おすすめモデルを決定しました
LEDシーリングライトの特徴や選び方のポイントは先述した通りなのですが、「じゃあ、どれを買えばいいの?」と思ってしまいますよね。

そこで、現在家電量販店やネット通販などで人気の9製品をチョイスし、おすすめの一品を見つけ出すべく下記項目で比較テストを行ってポイント付けを行いました。

光の明るさ:25ポイント
部屋の6カ所で照度計を使って明るさ(ルクス・lux)を測定。製品ごとに大きな差があることが判明しました!

光のバランス:25ポイント
色紙で赤、緑、青、白の色のバランスをチェック。また、実際に見た印象を確かめるため、サラダがおいしそうにみえるか、という視点からも審査しました。
さらに、大人は広辞苑、子どもは小学生国語辞典を読み、どれくらい読みやすかったかも評価しています。

光のやわらかさ:25ポイント
カバーに深さ・丸みがあるほど光がやわらかく拡散するので、明るくても目が疲れません。ここでは「カバーあり・なし」で四角柱の影を比較し、そのやわらかさを評価しました。

使いやすさ:25ポイント
スマホアプリ連携、常夜灯、読書モードなどの付加機能が充実しているか、リモコンのボタンの配置をチェック。
天井への取り付けやすさなどもチェックしています。

それではおすすめのLEDシーリングライト、注目の1位からご覧ください!
  • スマートスピーカーと連携! 1位は 
    本も読みやすい「CL8DL-6.0HAIT」
アイリスオーヤマの「CL8DL-6.0HAIT」は、機能の豊富さもさることながら、「部屋の隅々まで明かりを届ける」こともおろそかにしないソツのなさが素晴らしいです!

昼光色と電球色の組み合わせで調色11段階&明るさ10段階もあり、自分に最適な明るさとバランスを選べます。また、ライトの直下は1582lux、部屋の四隅も平均300luxと明るく、光がやわらかいので子どもも大人も目が疲れません。

「アレクサ、明かり消して」で電気が消えたり、スマホから操作できたりするのはお手頃価格なのに超便利!
アイリスオーヤマ
CL8DL-6.0HAIT
実勢価格:1万1852円
サイズ:直径600×高さ127mm
重量:約2.0kg
演色性:Ra8
消費電力:約30.8W
調色:電球色~昼光色(2800~6000K)
器具光束:4299lm   
適用畳数:~8畳
その他の機能:常夜灯、タイマーなど
調光機能:○
調色機能:○
アプリ:○
スマートスピーカー連携:○
光の明るさ:24ポイント
(写真はカバーを外した内部のLED電球部分です。以下、同)

驚くべきはこの明るさです!その理由としては、導熱性と放熱性能が高い錫めっき鋼板を使った回路基板にLEDライトを配置していることなどが挙げられます。
光のバランス:24ポイント
「全灯」だとまるで太陽光のような色合いで、サラダの卵、トマト、レタスがとても新鮮に見えます!
また、普段は明るいところで辞書など「薄くて白い紙に黒くて小さい文字で書かれたもの」を読むと光の照り返しがあって目が疲れるのですが、「CL8DL-6.0HAIT」の明かりの下では一切その疲れを感じませんでした。
光のやわらかさ:22ポイント
これほど明るいのに、「まぶしい!」感がありませんでした。
明るいのにまぶしくない理由は、回路基板全体にLEDを広く配置しているうえ、カバーの深さが11cmもあって光源と離れているので光が拡散しやすいことが挙げられます。
使いやすさ:24ポイント
Google Home、Amazon Echoとアプリから簡単に連携でき、声で点灯・消灯・調光・調色などができます。
さらに、アプリからはリビング、子ども部屋など各部屋に設置した対応ライトをそれぞれ操作でき、時間や天候に応じた自動制御も設定できます。例えば曇りの日は明るく、晴れた日はやや暗めにといった細かな設定ができて便利。

総合評価は【94ポイント】。ランキング1位にふさわしい、弱点のない1台でした。スマートスピーカー連動タイプが気になるなら、コレで間違いなしです!
  • くつろぎモードで効果を発揮!
    2位はパナソニック「HH-CD0871A」
2位はパナソニックの「HH-CD0871A」。設定時刻30分前から部屋を徐々に明るくして電球色から白色に切り替える「お目覚めモード」や、子どもの寝かしつけに最適な「くつろぎモード」など、住まいを明かりで演出する設計思想が随所に光ります。

また、全灯だと非常に文字が読みやすく、くつろぎモードは絵本の読み聞かせがしやすいなど、「文字を読む」ことにも注力しています。縁のリネン柄デザインまでもが灯りのクオリティを上げていることに驚きました。
パナソニック(Panasonic)
HH-CD0871A
実勢価格:1万4140円
サイズ:直径630×高さ114mm
重量:2.6kg
演色性:Ra83
消費電力:33.5W
調色機能:2700~6500K
その他の機能:夜間モード、お目覚めモード、くつろぎモード、タイマー、文字くっきり光
調光機能:○
調色機能:○
アプリ:×
スマートスピーカー連携:×
光の明るさ:23ポイント
直下は明るいのですが、光源から1m離れると数値が落ち、6か所の平均測定値は207.5luxでした。

全灯だと文字が見やすい色温度(パナソニックは6200Kとしています)と明るさ(実測値で462luxでした)に自動的に設定してくれるので、部屋の隅で本を読んでも暗い感じはしませんでした。
光のバランス:24ポイント
くつろぎモードでは色温度2700K、明るさ約20luxに自動的に設定されます。夕暮れの空をイメージしているというこのモードだと、優しい灯りが壁や足元をほんのり照らしてリラックスできます。
さらに、カバーの縁のリネン柄から薄く漏れる光が眠りを誘ううえ、絵本の文字ははっきりとしているので、子どもの寝かしつけにも役立ちます。
光のやわらかさ:24ポイント
四角柱の影の先がボケて背景の白になじみ、やわらかくなっています。カバーの深さは最大11cmで、カバーの丸みが縁のリネン模様と相まって光をやわらかくしている印象です。
使いやすさ:21ポイント
リモコンの「おめざめ」では、タイマーセットした30分前より徐々に明るくなり、電球色から白色に切り替わります。また、「くつろぎ」モードなど、「住まいを明かりで演出する」設計思想が随所に光ります。リモコンが直感的に操作しやすいですし、女性でも取り付けやすいです。

総合評価は【92ポイント】。アプリやスマートスピーカーとの連携機能はありませんが、しっかり暮らしに寄り添ってくれる完成度の高い1品でした。
  • 3位は老舗の細かな技が光る
    ホタルクス「 HLDC12211SG」
3位のホタルクス(旧NECライティング)は、「光をやわらかくして部屋のすみずみまで届ける」ことにこだわりを感じました。

消灯した後も蓄光で淡く照らされるホタルック機能など、細部まで気遣いにあふれます。「快適」にセットしておけば、1日中快適な色温度と明るさで部屋を彩ってくれるところも好ポイント!
ホタルクス
HLDC12211SG
実勢価格:1万1965円
サイズ:直径462×高さ161mm
重量:1.5kg
演色性:Ra85
消費電力:43W
調色機能:2700~6500K
その他の機能:朝は昼光色、就寝前は電球色と、灯りを24時間コントロールする「快適あかりモード」、よみかき光、ホタルック機能など
調光機能:○
調色機能:○
アプリ:×
スマートスピーカー連携:×
光の明るさ:24ポイント
6か所計測した平均値は222.75lux。部屋全体が明るいのも素晴らしいですが、子ども部屋の壁が白く美しく見えました。
光のバランス:22ポイント
リモコンの「快適」では、朝、夕食時、就寝前で自動的に色と明るさを調整してくれます。また、「よみかき」での辞書の読みやすさもすばらしい! サラダは緑と白のメリハリがきいた色合いになります。
光のやわらかさ:24ポイント
ホタルクスは旧NECライティング。筆者が最もそのこだわりを感じたのは光のやわらかさです。「よみかき」モードは白と黒のコントラストがはっきりするうえ、かなりの明るさ……なのに目がチカチカしないのはなぜか? 

それは、LEDライトにカバーがされているうえ、本体のカバーは深さ14cmもあり、カバーが二重になっているからです。光がふわっと拡散されるから目が疲れないんです。
使いやすさ:21ポイント
アプリやスマスピ連動はありません。リモコン操作はわかりやすい部類です。

ですが、一番驚かされたのは、電気を消しても……あれ? ほんのり明るい?

消灯後も真っ暗にならず、蓄光ライト(ブルーグリーン)が約2~3分の間点灯します。子どもを寝かしつけた後に部屋を出るときも、足元をじんわり照らしてくれるんです!
さらに、突然の停電でもホタルック点灯回路が停電を感知してホタルックLEDを点灯させるため、足下に危険がないかを確認しながら行動することができるそうです。すごく細かいことのように見えますが、ここまで気遣ってくれるんだ!とうれしくなりました。
  • 蓄光機能「ホタルック」とは……
この、蓄光が一定時間照らしてくれる機能を「ホタルック」といいます。ホタルクス広報によると「ホタルック」は阪神淡路大震災が起こった1995年に、お客様の安全・安心につなげようと蛍光体に蓄光塗料を塗布した蛍光ランプを発売し始めたそうです。

照明器具がLED化されたいまの「ホタルック機能」では、電解コンデンサに蓄電したあかりを消灯後に放出しています。電解コンデンサの搭載により、消灯時に停電を感知すると自動的にホタルックが灯り、視界を確保するという機能も付加されたとのことです(壁スイッチはONの状態が前提)。

停電時も灯りが一定時間守ってくれるなんて安心ですよね!

【総合評価は91ポイント】で3位。ですが、安全・安心をより求めるなら第一候補になる製品でした。
  • 目にやさしく、コスパもいい
    東芝「LEDH81480-LC」
    
4位は東芝ライテックの「LEDH81480-LC」。色機能を備え、明るさを約10~100%に調節可能。

カバーに工夫があり、光の拡散性・やわらかさともに素晴らしいです。寝るときに灯す「常夜灯」を6段階に調光できるなど細かな気配りが光ります。
東芝ライテック
LEDH81480-LC
実勢価格:6380円
サイズ:直径500×高さ98mm
重量:1.8kg
演色性:Ra8
消費電力:35.8W
調色機能:3000~6400K
その他の機能:タイマー、メモリ、常夜灯など
調光機能:○
調色機能:○
アプリ:×
スマートスピーカー連携:×
光の明るさ(得点24ポイント)
6か所の平均値は209luxと明るいです! 光源から1m60cm離れても176luxと、明るさを保ってくれました!
光のバランス(得点22ポイント)
全光の状態だと白と黒のメリハリが適度にきいています。子どもは、この機種が一番、辞書の字が読みやすかったと言っていました。広辞苑も、字が紙から浮き上がるようなかんじで読みやすかったです。サラダも卵の白身が強調されてメリハリがきいています。
光のやわらかさ(得点22ポイント)
ボディの横幅はコンパクトですが、カバーは深さ11cmあって四角柱の影もやわらかく、美しく拡散しています。
使いやすさ(得点20ポイント)
リモコンのシンプルさはさすが東芝。私の母世代(84歳)でも直感的に使えると、筆者の母が大絶賛していました!

【総合評価は90ポイント】。子ども部屋や書斎に適切な1台と言えます。
  • インスタ映えも狙える!?
    日立「 LEC-AH800P」
    
5位は日立グローバルライフソリューションズの「 LEC-AH800P」。リモコンの「明るさアップ」ボタンを押すと明るくなるとともにコントラストも増し、細かい字が浮き上がって見えます。

縫い物や読書など、手元を明るく照らしてほしい人にオススメです。「保安灯」を押すとリモコンがペンライトの代わりになるので、夜、トイレに起きたときも便利です。
日立グローバルライフソリューションズ
LEC-AH800P
実勢価格:9795円
サイズ:直径600×高さ138mm
重量:2.3kg
演色性:Ra85
消費電力:25.7W(最大31.6W)
調色機能:2700~6500K
その他の機能:明るさアップ、おこのみセレクトなど
調光機能:○
調色機能:○
アプリ:×
スマートスピーカー連携:×
光の明るさ:23ポイント
光源から離れると明るさはやや落ちてしまうのですが、それでも平均値は200.33luxと優秀。
光のバランス:23ポイント
「全灯」だとサラダは卵の白身が強調され、メリハリがきいた色味に見えます。2700(電灯色最大)~6500K(昼光色)まで細かく調光できるので、お料理の写真を撮るときなどにも活躍してくれます。
光のやわらかさ:22ポイント
カバーが深さ約13cmもあり、丸いので光をよく拡散してくれます。
四角柱の影も丸みを帯びていて、光のやわらかさがわかります。
使いやすさ:20ポイント
よく使う明るさと色味を「おこのみ」ボタンに2パターン登録できます。「読書時」「撮影時」「くつろぎ時」など、自分でシーンを決めて登録できるのは便利です。

【総合評価は88ポイント】。光の明るさややわらかさが伸び悩みましたが、調色機能にすぐれているので、インスタなどに写真を投稿する機会が多い方におすすめです。
  • ホタルクスの廉価モデルも
    光をやわらかく届けます
6位はホタルクスの廉価モデル「HLDZ08203」。

調色機能はありませんが、光をやわらかく部屋の隅々まで届ける設計思想は変わりません。
ホタルクス
HLDZ08203
実勢価格:4706円
サイズ:直径458×高さ143mm
重量:1.5kg
演色性:85Ra
色温度:6500K
消費電力:35W
その他の機能:よみかき光、タイマーなど
調光機能:○
調色機能:×
アプリ:×
スマートスピーカー連携:×
光の明るさ:22ポイント
100%、約70%、約50%、約30%、約10%と5段階に明るさを調節できます。光源から離れるとやや明るさが落ちますが、全灯状態の平均値は191.4Luxでした。
光のバランス:23ポイント
色温度は昼光色の6500K。サラダは赤、緑のメリハリがきいておいしそうに見えますし、壁も白く、美しく見えます。
光のやわらかさ:21ポイント
下位機種もLED自体のカバーとライト全体のカバーの二重構造で光をさらにやわらかく拡散する二重カバーなのはさすがホタルクス。計測値よりも明るく感じるのは、光が柔らかく全体的に行き渡っているからだと感じました。
使いやすさ:19ポイント
リモコンはとてもシンプルで、取り付けも簡単。とても使いやすい一台でした。

【総合評価は85ポイント】。機能を絞っているので点数自体は高くありませんが、5000円を切る価格は魅力的ではないでしょうか。

※こちらの製品には、3位「HLDC12211SG」のようなホタルック機能は搭載されていません
  • アイリスの「CL8D-5.0」は
    格安ながら明るさに手抜きなし!
7位はアイリスオーヤマの廉価モデル「CL8D-5.0」。コンパクトなボディですが明るく、調色機能はないものの、昼光色で部屋全体がくっきり明るく見えます。

光がよく拡散してやわらかいので目が疲れませんし、シンプルで使いやすいLEDシーリングライトです。
アイリスオーヤマ
CL8D-5.0
実勢価格:4455円
サイズ:直径450×高さ93mm
有料:1.0kg
演色性:83Ra 
色温度:6500K
消費電力:40W
その他の機能:タイマーなど
調光機能:○
調色機能:×
アプリ:×
スマートスピーカー連携:×
光の明るさ:21ポイント
LEDライトが隙間なく配置されており、全灯時の平均値は190.25Lux。明るさを10段階に調節でき、適度に明るいという印象です。
光のバランス:23ポイント
調色機能はありませんが、全灯時の色温度は6500Kと昼光色。サラダの白身とトマトの赤にコントラストがきいていておいしそうに見えます。また、顔色もほどよく見えます。
光のやわらかさ:20ポイント
カバーは深さ約9cmですが、光がほどよく拡散され、四角柱が適度に丸みを帯びています。刺々しい感じの光ではありません。
使いやすさ:19ポイント
すさも上位モデルと同じでした。低価格モデルでも、明るさと利便性には気を配っているという印象です。

【総合評価は83ポイント】。6位のホタルクスと比較すると、全体的にちょっと低評価ですが、ちょっとでも安い方がいい! というならば、購入リストに入ってくる製品です。
  • ここまではどれを購入しても
    大丈夫なのですが……
「おすすめLEDシーリングライトのランキング」7位までご紹介してきましたが、ここまではどれも素晴らしい製品といった印象です。しかし、以降の製品はやや残念な点が目立ちました……。
  • 光は拡散するけど暗め…
    ニトリ「YYD-50W-5000」
ニトリの「YYD-50W-5000」はふつうの蛍光灯とあまり変わらない感じのLEDシーリングライトでした。光はやわらかく拡散していますが、やや暗く、コスパに疑問を感じました……。
ニトリ
YYD-50W-5000
実勢価格:6292円
サイズ:直径490×高さ105mm
重量:2.0kg
色温度:4500~5500K
消費電力:42W
その他の機能:メモリ、タイマー
調光機能:○
調色機能:×
アプリ:×
スマートスピーカー連携:×
光の明るさ:18ポイント
点けたときの素直な感想は「蛍光灯と変わらないのでは?」。カバーを開けるとLEDライトが蛍光灯のように配置されていました。平均値は185luxと暗いとまではいえないのですが、せっかくLEDシーリングライトに変えたのに代わり映えしないのはちょっと残念です。
光のバランス:20ポイント
サラダは全体的に一段暗く、もう少し色味にメリハリがほしいところです。また、広辞苑の字がやや読みにくく、子どもも辞書の字が見にくいとのことでした。
光のやわらかさ:17ポイント
光量が弱いので影も薄いですが、カバーの深さが約10cmあるので光はほどよく拡散しており、影にもやや丸みがあります。
使いやすさ:15ポイント
調色機能がないのに、メモリボタンが2つあるので、機能が少ない割にリモコンにボタンがたくさんありすぎてかえって操作がしにくいです。
金具が固くて取り付けるのに一苦労でした! また、外すときもカバーだけが回ってしまって外しにくかったです。

【総合評価は70ポイント】。期待のニトリでしたが、残念な結果でした。
  • LEDの数が少なすぎてびっくり…
    カインズ「LE-Y35D8K-W」
残念ながら今回の比較テストでは最下位となってしまったカインズの「LE-Y35D8K-W」。

こちらのライトは蛍光灯より暗くなってしまうという印象でした。光もとげとげしく、あまり拡散していないので、部屋の隅で本を読むと目が疲れます。表示がよくわからないリモコンや、取り付けにくいアダプターなど全体的にイマイチ……。

カインズ
LE-Y35D8K-W
実勢価格:4980円
サイズ:直径520×高さ97mm
重量:1.75kg
消費電力:35W
その他の機能:タイマー、常夜灯
調光機能:○
調色機能:×
アプリ:×
スマートスピーカー連携:×
光の明るさ:19ポイント
点けて「蛍光灯より暗くない?」と検証班がザワついた機種。カバーを開けてみると、LEDライトの数がまばらで少なすぎました。
光のバランス:16ポイント
暗いのでサラダもなんだかおいしくなさそう……。広辞苑の字は目を近づけないと読めないうえ、やや目がチカチカしました。
光のやわらかさ:14ポイント
カバーの深さが9cmしかなく、光源とカバーが近すぎるので光が刺々しいうえ、拡散しません。
使いやすさ:14点ポイント
一番取り付けに苦労したのがこの機種。爪をひっかけた後、アダプターがなかなか回らず苦労したし、カチッとはまった音もなかなかしません。取り付け方が独特で、天井に付いているシーリングコンセントを壊さないかとひやひやしました。
また、リモコンの明るさ調節が8畳、6畳、60%、40%という謎表記でわかりにくいのもマイナスポイントです。正直、蛍光灯のままでいいじゃん!と思ってしまいました。

【総合評価は63ポイント】。こちらも期待のカインズでしたが……。


以上、おすすめのLEDシーリングライトのご紹介でした。

基本的に7位までの製品はどれを購入しても損はありません。調色が必要かなど、機能面と予算面の折り合いから選んで大丈夫です。照明器具はメーカー品なら間違いないのだなと強く感じた検証でした! LEDシーリングライト選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [天井照明]
    最強のオシャレ照明!? フィリップス「Hue」の口コミや評判は本当?ヤラせなしで検証レ...
  • [ロボット掃除機]
    ルンバ大苦戦!ロボット掃除機おすすめランキング20選【2019年最新版】
  • [ふとん乾燥機・衣類乾燥機]
    部屋干し最強アイテムまとめました[2019]|LDK、MONOQLO、家電批評がテスト
  • [電球・蛍光灯]
    【ソーラータイプ】屋外用センサーライトおすすめ6製品ランキング|防犯対策にも!
  • [インテリア照明]
    【貼るだけの間接照明】こだわりインテリアに人気|LEDテープライトおすすめランキン...
  • [掃除機・クリーナー]
    ダイソン掃除機おすすめランキング|最強のコードレススティッククリーナー徹底比較【...
  • [掃除機・クリーナー]
    新ブランド躍進! コードレススティック掃除機おすすめランキング18選【2019年最新版...
  • [デスクライト]
    バルミューダは微妙! デスクライトおすすめランキング13選[2019]|4万円BALMUDA The...
  • [アイロン・スチーマー]
    【アイロン要らず】「日立衣類スチーマーCSI-S1 」の口コミや評判は本当?ヤラセなし...
  • [ロボット掃除機]
    【Amazonベストセラー】面倒くさい!を解消できる「生活家電」6選[2019年最新版]
  • [掃除機・クリーナー]
    エレクトロラックスPure F9 Plusの口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビュー
  • [ロボット掃除機]
    ロボット掃除機の“一番めんどくさいアレ”が遂に解消! 最新ルンバ速報【本日発売】
  • [ロボット掃除機]
    「ふつうのルンバじゃ物足りない」派に捧げるAmazonカスタム術
  • [ロボット掃除機]
    シャークニンジャの掃除ロボットの口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビュー
  • [掃除機・クリーナー]
    【ダイソンコードレス掃除機】おすすめスタンド5選|公式からギタースタンドまで完全...
  • [掃除機・クリーナー]
    ツインバードのおしゃれ掃除機TC-E261S の口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビ...
  • [ロボット掃除機]
    【ロボット掃除機】価格がネックとは言わせない!格安ルンバの本音評価、公開します
  • [掃除機・クリーナー]
    【掃除機よりラク】電子ちりとり人気おすすめベストバイ【2018年】
  • [洗濯機・乾燥機]
    防災のプロが認めた、「電気のいらない洗濯機」がコチラです
  • [掃除機・クリーナー]
    【コードレス掃除機】軽いは正義。シャープの型落ちがスーパーサブに最適です
  • [ロボット掃除機]
    「ルンバは高い。でもロボット掃除機は欲しい」を叶える最強コスパ品はコレ!
  • [掃除機・クリーナー]
    Amazonで安くても「買ってはいけない」モノ3選
  • [ふとん乾燥機・衣類乾燥機]
    通年で活躍! 布団乾燥機おすすめランキング8選 | 失敗しない選び方[2019年最新版]
  • [掃除機・クリーナー]
    ハンディより便利! 人気クルマ用掃除機おすすめベストバイ【2018年】