移動手段で選ぶべき1枚が変わる! 旅行系クレジットカードおすすめランキング|陸海空移動の最強のお供
ランキング
高瀬 央樹
高瀬 央樹/Test by MONOQLO the MONEY
公開日: 2019年07月10日

移動手段で選ぶべき1枚が変わる! 旅行系クレジットカードおすすめランキング|陸海空移動の最強のお供

旅行好きにぜひオススメしたいのが、旅行系のクレジットカードです。海外・国内、交通手段、旅行保険、空港やホテル、年齢制限など、どこに重点を置くかでカード選びも変わってきます。そこで今回は、旅行のあらゆるシーンでお得になるクレジットカードが見つかるよう、ランキング形式でご紹介します。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
本音のマネー誌
MONOQLO the MONEY
お金の真実を本音で伝えるマネー誌。投資情報のほか、クレカ、保険、節約などお金に関わるあらゆる情報を扱う。

クレジットカード 移動が安くなったりラウンジが 使えるクレカを旅のお供に!

 (C)PaylessImages /123RF.COM

旅行に行く機会が多い人は、移動費の割引や、空港ラウンジが無料で使える特典が付帯したクレカがオススメ。より快適な旅行ができるようになります。移動費の割引特典や、空港ラウンジが無料で使える特典が付帯したクレカを選ぶと良いでしょう。
海外旅行(飛行機)
・空港ラウンジが使える 
・旅行保険が付く 
・マイルが貯まる

飛行機が必須となる海外旅行では、空港ラウンジの無料特典やマイルが貯まるカードがオススメです。海外旅行保険が付帯しているかどうかもポイントとなります。

国内旅行(クルマ)
・ロードサービスが付く
・レンタカー代が割引になる
・施設(駐車場・ガソリンスタンド)での割引特典がある

ロードサービス付帯のクレカなら、バッテリー上がりなど急なトラブルでも安心です。レンタカー代や駐車場・ガソリンスタンド料金が割引になる特典もうれしいポイント。

国内旅行(電車)
・切符が割引価格になる
・会員限定ツアーがある
・ポイントが貯まる

電車を利用するなら、切符代が割引になるクレカが最も便利です。カード会員限定ツアーなど、電車旅行ならではのサービスを行っているカード会社もあります。

クレジットカード [選び方]割引やカード特典など 3つのポイントから選ぶ

旅行系のクレジットカードの選び方を掘り下げてみると、ポイントは次の3つになります。

[選び方①:国内旅行は「割引」を重視する]
国内旅行は、旅行先でトラブルに見舞われても、国内であればよほどのことがない限り、大きく困ることはありません。そのため、保険よりも割引特典を重視するのが賢い選択です。電車の切符代割引は、列車、席数、区間など、適応される条件がいろいろとあります。旅行先や目的に合わせ、より活用しやすい特典のものを選ぶといいでしょう。

[選び方②:海外旅行は「特典」を重視する]
海外旅行は、空港ラウンジの無料や、家族連れなら手荷物配送サービスなど、割引以外の特典を重視してカードを選ぶといいでしょう。また、トラブルでは、言語の問題も含め、日本とは勝手が違って右往左往するケースも少なくありません。怪我や病気の時に、治療費がいくらかかるかわからないこともあります。海外旅行の際には、それに関わる特典もチェックしましょう。

[選び方③:年齢制限モノは超お得!]
 (C)PaylessImages /123RF.COM

「◯◯歳以上限定」など、年齢制限が付いているカードは、ほかのカードと比べて割引率や特典などが、かなりよくなります。適用される年齢なら、検討の余地は大アリです! さらに、同行者割引が付いているクレカなら割引以外の部分も充実しているので、家族サービスにも最適です。

それでは、いよいよお得な旅行系クレジットカードのベストテン・ランキングを発表したいと思います。

記事1位BEST 年齢条件さえ満たせば必携の最得カード 大人の休日倶楽部ジパングカード/ミドルカード

大人の休日倶楽部ジパングカード/ミドルカード
大人の休日倶楽部ジパングカード/ミドルカード
発行:ビューカード
国際ブランド:Visa、JCB、Mastercard
年会費:(ジパング)個人会員4285円、夫婦会員7320円 /(ミドル)初年度無料、2年目以降2575円
ポイント/還元率:JRE POINT、おときゅうポイント/0.5~1.84%
主な提携ポイント/交換最低条件:Suica/1P
主な電子マネーチャージ:モバイル Suica(1.5%)※オートチャージ
旅行保険の最高補償額:海外(自動)500万円/国内旅行(利用)1000万円
1位に輝いたのは、年齢制限でお得なJR東日本の「大人の休日倶楽部ジパングカード/ミドルカード」。「ジパングカード」が男性満65歳以上、女性満60歳以上、「ミドルカード」が男性は満50歳~64歳、女性は満50歳~59歳という年齢制限があり、対象年齢であれば、これ一択とも言えるサービスを受けることができます。特に「ジパングカード」 は片道・往復・連続で201キロ以上利用の場合、JR東日本線、JR北海道線の料金が常に30%引きで、金券ショップで買うより安くなります。また、同条件で全国のJR線のきっぷも、20回まで最大30%割引となります。

[ベストの理由:びゅう国内旅行商品は同行者も全員5%割引!]
 (C)PaylessImages /123RF.COM

自分一人ではなく、家族旅行のときにもお得な特典が使えるのがこのカードの魅力。びゅう国内旅行商品なら、同行者も全員5%割引となるんです。もちろん、割引以外の特典も充実しており、対象年齢で旅行好きなら文句なしの一枚でしょう。

記事2位BEST ラウンジ無料など飛行機に強い 楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
発行:楽天カード
国際ブランド:Visa、JCB、Mastercard、AMEX
年会費:1万円
ポイント/還元率:楽天スーパーポイント/1%
主な提携ポイント/交換最低条件:ANAのマイル/50P
主な電子マネーチャージ:楽天Edy(0.5%)
旅行保険の最高補償額:海外(自動+利用)5000万円/国内(自動)5000万円
2位に選ばれたのは、航空旅行のためのクレカといっても過言ではない「楽天プレミアムカード」。海外・国内ともに死亡・後遺障害に対する補償が最高5000万円、傷害治療費、疾病治療費がそれぞれ300万円も自動付帯されます。各国に900ヵ所ある空港ラウンジを自由に使える「プライオリティ・パス」も付帯。VIPラウンジが無制限に使えるプレステージ会員権も無料で付帯するため、飛行機の待ち時間も快適に過ごすことができます。
楽天プレミアムカードには「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の3つのコースが用意されています。トラベルコースを選べば、楽天トラベルでのオンラインカード決済ポイント最大+1倍という特典に加え、荷物が多くなりがちな海外旅行では空港までの荷物の送料が年2回、無料になります

記事3位BEST 東海道・山陽新幹線が割引価格に! JR東海エクスプレスカード

JR東海エクスプレスカード
JR東海エクスプレスカード
発行:セディナ
国際ブランド:Visa、JCB、Mastercard
年会費:1000円
ポイント/還元率:ワンダフルプレゼン21/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:nanaco/100P
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(0.5~0.75%)
旅行保険の最高補償額:海外(自動)2000万円/国内旅行(利用)1000万円
3位にランクインしたのは、東海道・山陽新幹線に強い「JR東海エクスプレスカード」。東京~博多を1年中割引料金で予約できるエクスプレス予約が利用できます。パソコンやスマートフォンから予約でき、手数料無料で何度でも予約の変更が可能。東海道・山陽新幹線各駅の指定席券売機のほか、JR西日本の切符売り場などでJR全線の切符がキャッシュレスで購入できるのも便利です。ポイントを貯めると、普通車指定席の料金でグリーン車が利用できるのも魅力です。

記事4位 最もマイルが貯めやすいクレカのひとつ JALカード CLUB-Aゴールドカード

JALカード CLUB-Aゴールドカード
JALカード CLUB-Aゴールドカード
発行:JALカード
国際ブランド:Visa、JCB、Mastercard、AMEX、ダイナース
年会費:1万6000円、1万9000円(JALカードSuica、JAL アメリカン・エキスプレス・カード)、2万8000円(ダイナース)
ポイント/積算率:JALのマイル/100円=1マイル
主な提携ポイント/交換最低条件:e JALポイント/3000マイル
主な電子マネーチャージ:WAON/200円=1マイル ※1
旅行保険の最高補償額:海外(JCB/自動+利用)1億円/国内(自動)5000万円
※1:対象のJMB WAONカードが別途必要
4位はJALを使うことが多い人なら、必ず持っておきたい「JALカード CLUB-Aゴールドカード」。年会費 1万6000円と高く感じられますが、搭乗時にマイルが最大で25%アップ、入会搭乗で最大5000マイル、毎年初回搭乗ボーナスなど、マイルが付与されるボーナスが多いのが特長です。マイルの積算率も、ほかのJALカードの2倍マイルが貯まる100円=1マイル。最もマイルが貯めやすいクレカのひとつなので、すぐに元が取れます。海外航空便の出発遅延お見舞金制度があるなど、至れり尽くせりです。

記事5位 レンタカーでの旅行が多いのなら SRMプラスカード

SRMプラスカード
SRMプラスカード
発行:オリエントコーポレーション
国際ブランド:Mastercard
年会費:無料
ポイント/還元率:レンタカーポイント/5%
主な提携ポイント/交換最低条件:なし
主な電子マネーチャージ:Suica(0.5%)
旅行保険の最高補償額:なし
5位はレンタカーを利用することが多い人なら検討したい「SRMプラスカード」。ニッポンレンタカーが割引価格で利用することができます。
このほか、高速道路などの各種ETCカードも無料で作れ、利用金額100円ごとに5%のレンタカーポイントも貯まるので、レンタカーを使った旅行が多い人におすすめなクレカです。

記事6位 ロードサービス付帯が魅力 JTB旅カードスーパーロード

JTB旅カード スーパーロード
JTB旅カード スーパーロード
発行:セディナ
国際ブランド:Visa、Mastercard
年会費:2000円
ポイント/還元率:JTBトラベルポイント/1% 
主な提携ポイント/交換最低条件:なし
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(0%)
旅行保険の最高補償額:海外(自動)2000万円/国内旅行(利用)1000万円
「JTB旅カード スーパーロード」は、レッカーサービスが15キロまで無料です。自宅から100キロ以上離れた場所で、事故等の場合には帰宅費用2万円まで負担など、ロードサービスが充実しており、トラブルに強い内容となっています。

以上、旅行に持っていきたいクレジットカードランキングでした。割引と特典をよくチェックして自分に合うベストクレカを選びましょう。


タイトル写真: (C)123RF.COM
※カード情報は編集部調べ。詳細は各ホームページをご確認ください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事