携帯扇風機おすすめランキング21選|使いやすさや風の広がりを徹底比較
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部

携帯扇風機おすすめランキング21選|使いやすさや風の広がりを徹底比較

すっかり夏の定番品となった「携帯扇風機(ハンディファン)」。フランフランやブルーノなど、2020年の最新モデルは昨年よりもさらに機能性を高めています。そこで今回は、最新の携帯扇風機21台を『家電批評』編集部がテストしてベストバイを決定! 各タイプの違いや選び方のポイントもあわせてご紹介します。

LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家電 蒸し暑い日本の夏には手軽に涼める携帯扇風機が大活躍!

夏になるとあちこちで見かける「携帯扇風機」。カバンに入れて持ち歩けるので、湿度が高く蒸し蒸しする日本の夏にぴったりです。この携帯扇風機は別名「ハンディファン」「モバイル扇風機」「モバイルファン」 と呼ばれることも。
いつの間にやら定番品となりましたが、日本に登場したのは2018年と意外にも最近。中国で流行しているという話を聞きつけたフランフランの開発担当者が、日本でもウケるのでは? と考えて「フレ ハンディファン」を作ったのが始まりのようです。

ということで今回は、日本の蒸し暑い夏に活躍する携帯扇風機の中から快適に使える1台を探して、最新モデル21製品を検証しました。
自社の検証施設にて全製品を検証しました!
今回21台を試してみた結果、明確に違いが出たのは

・風の気持ちよさ・持ち運びのしやすさ
・置いたときに、ちゃんと風があたるか

どうかです。

携帯扇風機といえば暑い時にさっと使えるイメージですが、省スペースで卓上に置けるのも魅力です。

実際、日常的に使うと、暑い外から屋内に入ってクールダウンするまでの間の快適に使えるかもかなり重要ということがわかりました。

そこで、今回は、置いて使った時と持って使った時、持ち運んだ時それぞれで快適に使えるものを選びました。以下、選びポイントをまとめました。

と、その前にベスト製品を早速発表しちゃいます!

家電 いきなりですがベストを発表! 2020年夏のベストは「フランフラン」でした

フランフラン(Francfranc)
フレハンディファン【2020年モデル】
実勢価格:1980円

サイズ:W103× D37× H218mm(本体)
重量:178g
充電時間:約4時間
連続運転:風量強で約2時間
今回、2020年夏の携帯扇風機ベストバイに輝いたのはフランフランの「フレハンディファン【2020年モデル】」でした!

細かいおすすめポイントは後半のランキング本番で記載するので詳しく知りたい人はそちらをチェックしてみてくださいね。

それでは携帯扇風機の基本知識に戻ります。

家電 【携帯扇風機の基本】3つのタイプがある携帯扇風機は使う場面で選びましょう

2019年に弊社検証施設で行った検証では、業界の先駆けだったフランフラン以外にも、性能&デザインともに優れたアイテムが多くあることがわかりました。

昨年は後発のメーカーも開発に力を入れ、ブルーノシロカをはじめ、優秀なアイテムが続々発売されました。

そんな携帯扇風機のタイプは大きく分けて3つあります。それぞれを詳しくご紹介します。

タイプ1.ハンディタイプ

読んで字のごとく、手に持って使用するタイプです。

大きさはさまざまですが、スタンドが付属しており、立ててデスクで使える2WAY 仕様になっているものが多くあります。うっかり落としてしまわないよう、首かけ用のストラップがついているものもあります。

手持ちタイプの場合、特にチェックしたいところが羽の形。

同じ形の羽が均一についているものより、大小の羽が交互についているファンの方が、風の質が高い傾向がありました。
▲こちらが羽の大きさが同じもの。
▲こちらが羽の大きさが同じもの。

タイプ2.首掛けタイプ

首かけ型は風は弱めですが、歩きながら使いたい人やイベント時など両手をあけておきたいときにおすすめです。手持ち型から変形できるものもありますが、カメラ型ならスタイリッシュ。カメラ型は前からではなく、上から風が出るのが特徴です。

また、このタイプ、もっともおすすめなのが、ピンポイントですが「町内会の出店で焼きそばや焼き鳥を焼く」係になったとき! 肩からかけてもブラブラしないというのがミソ! あと、「煙よけ」として重宝という意見も。いずれにせよ、作業しながらというときに、この形はおすすめです。
イベントのときなど、両手をあけておきたい場合は、首にかけられるタイプが便利です。

タイプ3.マルチタイプ

手持ち、首かけのほか、ラックに巻きつけたり、ベビーカーなどにも取りつけられる変形式のマルチ型。LEDライトやモバイルバッテリー、スピーカーなどのうれしい機能がついているタイプもあります。
赤ちゃんがいる人はベビーカーなどに取り付けられるタイプがおすすめ。そのほか、付加機能で選ぶのもアリです。

家電 携帯扇風機の電源は3種類!使い方に合わせて選ぼう

携帯式の扇風機は、電源にもさまざまな種類があります。それぞれにメリットデメリットがあるため、自分の使い方にあったものを選びましょう。

USB給電式:パソコンに接続する。オフィスやテレワークに

まずは、USB給電式から見ていきます。このタイプはUSBでパソコンに接続して使うため、他のタイプの携帯式扇風機と違い、これだけ持って携帯して使えるわけではありません。しかし、代わりにずっと給電しながら使うことになるため、他の2種類よりも扇風機としてのパワーは強いものが多いです。

オフィスで使いたい場合には、もともとパソコンがある環境なのでぴったり。風の強さを重視する人、オフィスやテレワークの際に使いたい人におすすめです。

電池式:外で電池が切れてもすぐ変えられ、本体も安い

携帯式扇風機には、電池を入れるタイプもあります。このタイプのメリットは、外で電池が切れてもすぐ変えられることと、携帯式扇風機本体が安いことです。

逆にデメリットは、電池を交換する手間がかかってしまうことと、電池を購入し続けなくてはいけないこと。そのため、ランニングコストが高くなってしまいがちです。本体が安いといっても結局高くつく羽目になることもあるため、注意しましょう。少しの間だけ使いたいときや、まずはお試しに、という気持ちで使うのであればおすすめです。

充電式:持ち運びに便利。ランニングコストのコスパが良い

また、充電式の扇風機もあります。このタイプには内部にバッテリーが入っているため、電源に繋げていなくても使え、持ち運びしやすくて便利です。

充電するタイプの携帯式扇風機にはバッテリーの費用がかかるため、本体自体の価格は他のタイプよりも高めになりがち。ただし、充電式なら同じバッテリーを使い続けられるため、ランニングコストは電池式よりも抑えられます。ずっと使い続けたい人におすすめ。

家電 子供に持たせるならこんなタイプがおすすめ!

暑い中歩くことが多い子供を心配して、携帯式扇風機を持たせたいという人も多いです。ここでは、子供に持たせるならどんなものがいいのかを確認していきましょう。

安心:羽が柔らかいタイプやカバーのすき間が少ないタイプ

子供に持たせるうえで、一番大事になってくるポイントはもちろん安全性ですね。子供が間違った使い方をしてしまったときに、なるべく大事にならないような配慮がされているものにしましょう。

扇風機の羽の部分に触ってしまったときのことをを考えて、柔らかい羽が使われているタイプのものがおすすめです。また、羽の部分にしっかりとカバーがしてあり、すき間がなく指が入らないようになっているタイプもいいでしょう。

見た目:おしゃれでかわいいタイプ

せっかく子供のためにと購入してあげたのに、「見た目が好みじゃないから」と持ち歩いてくれなかったら意味がありません。携帯式扇風機には、動物がデザインされたもの、おしゃれな色合いのものなど、さまざまな見た目のものがあります。その子供が好んで持ち歩いてくれそうな見た目のものを選ぶのがおすすめです。

家電 【選び方】携帯扇風機は自分の生活スタイルと使用目的を考えてセレクト

携帯扇風機は風の強さも重要ですが、どんな状況で使うかによって選び方が変わります。手持ち以外の機能性にも目を向ける必要がありますが、使い方を変える必要がない人はシンプルな形がよいかもしれません。
また、持ち歩くものなので、人によってはデザインを重視する場合もあるでしょう。どちらにせよ、最も重要なのは風の当たり方や気持ちよさ。また、動作音があまりにうるさいと使っているときに気になってしまうので、運転時の音なども重要です。

そこで、どういった点に注目して選べばよいか、5つのポイントをご紹介します。

選びのポイント1.操作性

使いやすさに大きく関わるのが、ボタンの押しやすさ。ボタンが飛び出していたり、1回で作動してしまうものは、バッグの中で誤作動する可能性が高いです。

ボタンの大きさや形、長押しや2回押したら作動するなど押したときの反応の仕方などは、各社工夫がなされていました。また、充電のしやすさも見逃せません。

選びのポイント2.風の気持ちよさ

風の気持ちよさも重要。風の当たる範囲が広く、風の強さにムラがないものが気持ちよく感じる傾向が。逆に風が強くても、範囲が狭かったり、場所によってムラがあるものは気持ちよさはイマイチです。

選びのポイント3.携帯性

持ち歩くのが前提の携帯扇風機は本体サイズが小さいものや、折りたためるものだと持ち運びしやすいです。手持ち型の場合は持ったときのフィット感、首かけ型の場合はかけたときのバランス感も重要です。

選びのポイント4.機能性

扇風機としての機能のメインは風を送ることですが、風以外の要素の有無も確認しましょう。風に香りをつけられる、LEDで懐中電灯にできる、モバイルバッテリーとしてスマホなどが充電できる、首の角度を大きく変えられるなどの機能があると便利です。
アロマ機能があるものや、
カラフルに点滅するものも!

選びのポイント5.設置性

屋外で使うほか、エアコンの効きが悪いときや汗ばんだときなど、室内でもハンディファンを使う場面は多いはず。据え置きで使うときの使用感もポイントです。また、動作音の大きさも意外と重要です。

【NG携帯扇風機】カバンの中で勝手に電源オンに なっちゃう商品は微妙です

一方、携帯扇風機はカバンに入れて持ち運ぶことが多いですが、ものによっては中の荷物に押されて電源がついてしまうことがあります。カバンを開けた時扇風機がついていたら少し悲しくなってしまいまよね。
羽でボタンが隠れるタイプや、スライドスイッチのタイプはその心配がありません。

携帯扇風機の選び方のポイントがわかったところで、早速テストに入ります。

家電 【採点ポイント】携帯扇風機最新21台をテストしておすすめランキングを決定!

今回テストするのは、新作の携帯扇風機21台。風の当たり方や重さ、動作音の大きさなどあらゆる角度から使い心地を検証しました。

テストしたのは次の5項目です。

テスト1.携帯性(20ポイント)

携帯扇風機において最も重要なのが「持ち運びやすさ」。トートバッグに入れて、存在感をチェック。縦横の大きさだけでなく、持ち手の長さや厚みも確認しました。

テスト2.風の気持ち良さ(30ポイント)

ラボの風速計を用いて、風の強さと広さを測定。ラボでは出入り口を閉じて、ほかの風が吹かない状況にしてハンディファンを固定。顔に当てることを想定し、20cm離して風速計をセットしたら「強」で風を当て、風速を確認しました。その後、中心から2.5cmずつ離しながら数値を記録しました。

上記の写真の場合、縦長に風が出ているということになります。

テスト3.操作性(10ポイント)

実際に使ったときの使用感も大事。ボタンの押しやすや充電のしやすさをチェックしました。

ボタンの大きさや形、押したときの反応の仕方などは各メーカーさまざまな特徴があり、中には押しにくいものもありました。

テスト4.機能性(10ポイント)

扇風機以外の機能があるかどうかを確認。アロマ、懐中電灯、ポータブル充電器のほか、カラフルに点滅するなど、お得感のあるアイテムに得点をプラスしました。

テスト5.設置性(30ポイント)

据え置きで使うときの使用感もポイントです。卓上タイプが置きやすいかどうかだけでなく、ガヤガヤした外では気にならない動作音も室内では大きく感じるため、使用時の静音性も計測しました。

今年の携帯扇風機で一番多かったのは、デスクにも置ける2WAYタイプ。使う場面が広がるので、スタンドを付属したメーカーが多くありましたが、ベストバイに輝くのはどの製品でしょうか。

気になるテストの結果はランキングで発表します!

記事1位BEST 王者の実力を発揮したFrancfranc(フランフラン)「フレ ハンディファン」

フランフラン(Francfranc)
【2020年モデル】フレハンディファン(扇風機)
実勢価格:1980円

サイズ:W103× D37× H218mm(本体)
重量:178g
充電時間:約4時間
連続運転:風量強で約2時間
▼テスト結果
携帯性 13/20点
25/30点
操作性 8/10点
機能性 4/10点
設置性 20/30点
総合評価 70/100点
ベストバイはFrancfranc「フレハンディファン 2020年モデル」。ハンディファン業界を牽引するモデルといっても間違いないフランフランのフレ ハンディファン。2019年の『家電批評』のテストでは、首の角度を上下できる機能がついたブルーノと
シロカに敗れてしまいましたが、今年はその性能で1位に輝きました! 

今年モデルも首の角度を変えるなどの機能はついていませんが、その代わりシンプルに性能だけで勝負。それが功を奏したといっ
てもいいでしょう。公式サイトによると、最新モデルは2019年モデルに比べ風量が1・4倍にアップ。さらに約50%の静音化を実現したとのこと。

風が強く当たる範囲が広い!

検証施設でのテストでは、音の大きさではさほど違いは見られませんでしたが、風の強さと当たる範囲にやや変化がありました。風強く当たる範囲が、旧モデルより広くなりました。風が縦長に出るので、実際に使うと鎖骨あたりまで涼しいんです!
ボタンの押し心地もスムーズでわかりやすいです。
ほどよい厚みで安定感もバッチリ!

記事2位BEST 高コスパが魅力のニトリ「モバイルバッテリー機能付充電式ハンディファン」

ニトリ(NITORI)
モバイルバッテリー機能付充電式ハンディファン
HF316WH_NO
実勢価格:1989円
サイズ:W105×D38×H233mm
重量:約240g
充電時間:約3.5時間
連続運転:風量5で約2.5時間
▼テスト結果
携帯性 13/20点
24/30点
操作性 7/10点
機能性 7/10点
設置性 18/30点
総合評価 69/100点
2位はニトリ「モバイルバッテリー機能付充電式ハンディファン HF316WH_NO」。発売すぐに在庫が消えたという伝説の新作です。風の強さ、範囲、ムラのなさすべて申し分ありませんが、重いのが難点です。
モバイルバッテリーとしても使えます。

記事2位BEST カラフルに点滅するラドンナ「Toffy LED アロマファン FN02」

ラドンナ
Toffy LED
アロマファン FN02
実勢価格:2750円
サイズ:W100×D41×H220mm
重量:約155g
充電時間:約4時間
連続運転:風量強で約2時間
▼テスト結果
携帯性 13/20点
25/30点
操作性 8/10点
機能性 5/10点
設置性 18/30点
総合評価 69/100点
同2位はラドンナ「Toffy LED アロマファン FN02」。周囲がカラフルに点滅し、中央に付属の国旗シールを貼るオリンピック観戦を狙ったアイテム。使うたびに楽しくなります。
まわりがカラフルに光って点滅します。

記事4位 持ち手が薄くてコンパクトなリズム時計工業「シルキーウインド モバイル2」

リズム時計工業
シルキーウインド モバイル2
実勢価格:2728円
サイズ:W85×D35×H177mm
重量:120g
充電時間:約3時間
連続運転:風量強で約1.5時間
▼テスト結果
携帯性 14/20点
26/30点
操作性 6/10点
機能性 4/10点
設置性 17/30点
総合評価 67/100点
4位はリズム時計工業「シルキーウインド モバイル2」。持ち手が薄いため、羽根の大きさの割に小さく持ち運びやすいです。スタンドもついています。
カラビナに引っ掛ければ持ち運びはもちろん、棚などにつけて風を浴びるのも使えます。

記事5位 使い勝手はピカイチ! BRUNO「ポータブル クリップライトファン」

イデアインターナショナル
ブルーノ(BRUNO)
ポータブルクリップライトファン
実勢価格:3520円
サイズ:W105×D101×H200mm
重量:235g
充電時間:約4.5時間
連続運転:風量強で約3時間
▼テスト結果
携帯性 13/20点
23/30点
操作性 6/10点
機能性 4/10点
設置性 20/30点
総合評価 66/100点
5位はBRUNO「ポータブル クリップライトファン」。昨年の製品でありながら、風の質や動作音など高性能。首の角度を自由に変えられるのも便利です。
縁はLEDライトで2段階調整でき、ライトとしても使えます。使い勝手はピカイチです。

記事5位 1台で5役を果たすシロカ「ひえひえファン SF-H271」

シロカ(Siroca)
ひえひえファン
SF-H271
実勢価格:3828円
サイズ:W110×D77×H190mm
重量:180g、冷風機能付き充電台340g
充電時間:5時間
連続運転:風量強で約2.5時間
▼テスト結果
携帯性 11/20点
21/30点
操作性 7/10点
機能性 7/10点
設置性 20/30点
総合評価 66/100点
同5位はシロカ「ひえひえファン SF-H271」。手持ち、首かけ、卓上、取りつけと変形。さらに卓上ユニットに水を入れ、風を冷やすことも。実測値はー0.3℃にとどまりましたが、体感温度は下がりました。
ユニットに水を入れてセット。顔にあててみるとファンのみで使うより冷たさを感じます。

記事5位 コンパクトでなかなかの風量のBRUNO「コンパクト スティックライトファン」

イデアインターナショナル
ブルーノ(BRUNO)
コンパクト
スティックライトファン
実勢価格:2530円
サイズ:Wφ40×H165mm、(羽根展開時φ80×150mm)
重量:140g
充電時間:約3.5時間
連続運転:風量強で約10時間
▼テスト結果
携帯性 16/20点
19/30点
操作性 6/10点
機能性 8/10点
設置性 17/30点
総合評価 66/100点
同5位はBRUNO「コンパクト スティックライトファン」。スティック状になった蓋をとると、羽根が広がるタイプ。首の角度は90度に曲げられます。LEDライトやモバイルバッテリーにもなるから、いざというときにも便利です。
外側にぶら下げれば、カバンの中での迷子も防止できます。

記事8位 小さい割にパワフルエレコム「flowflowflow 小型ハンディファン」

エレコム(ELECOM)
flowflowflow
小型ハンディファン 
FAN-U204
実勢価格:1950円
▼テスト結果
総合評価 64/100点
8位はエレコム「flowflowflow 小型ハンディファン FAN-U204」。羽根の直径6cm とサイズが小さい割に、風の強さもそこそこ。携帯性を重視する人は、これを選んでもいいかも。

記事9位 マルチに変化する阪和「PRISMATE 充電式マルチ ハンディファン アロマトレー付」

阪和
PRISMATE 充電式マルチ
ハンディファン アロマトレー付
PR-F049
実勢価格:2178円
▼テスト結果
総合評価 63/100点
9位は阪和「PRISMATE 充電式マルチ ハンディファン アロマトレー付 PR-F049」。手持ち、首かけ、クリップとマルチに活躍。アロマトレーまでついてきます。風はややななめに吹き出します。

記事9位 操作性がアップしたBLUEFEEL「PRO+」

ロア・インターナショナル
BLUEFEEL
PRO+
実勢価格:2970円
▼テスト結果
総合評価 63/100点
同9位はBLUEFEEL「PRO+」。11位の新モデル。旧モデルに比べてボタンがかなり押しやすいです。羽根直径4cm と超小さいので、これも女性向き?

記事11位 悪くないけどボタンがイマイチなBLUEFEEL「PRO」

ロア・インターナショナル
BLUEFEEL
PRO
実勢価格:2555円
▼テスト結果
総合評価 60/100点
11位はBLUEFEEL「PRO」。9位の旧モデル。大きさはほぼ同じですが、風はこちらのほうが強いです。ボタンが押しにくいのが難点。

記事12位 おしゃれに決まるカメラ型ファンYAMAZEN「充電式カメラ型ハンディファン YH-CM20」

山善(YAMAZEN)
充電式カメラ型ハンディファン
YH-CM20
実勢価格:2180円
サイズ:W125.5× D38×H86mm
重量:150g
充電時間:約3.5時間
連続運転:風量強で約2.5時間
▼テスト結果
携帯性 11/20点
20/30点
操作性 6/10点
機能性 4/10点
設置性 18/30点
総合評価 59/100点
12位はYAMAZEN「充電式カメラ型ハンディファン YH-CM20」。一見カメラのように見えるタイプで扇風機を首からかけるのは恥ずかしいという人におすすめ。左右のバランスもよく、重さが片寄らないので首にかけやすいです。風は弱めですが、ずっと当たることを考えるとこれくらいがちょうどいいかも。
風の吸い込み口にあるトレーに、アロマオイルを入れられます。

記事12位 レトレなデザインのAPIX「AHF-710 ハンディファン」

アピックスインターナショナル
APIX
ハンディファン AHF-710
実勢価格:1989円
▼テスト結果
総合評価 59/100点
同12位はAPIX「AHF-710 ハンディファン」。風は広範囲に当たりますが、やや弱いです。太いストラップが◎。レトロなデザインが好きな人にはたまらないかも。

記事14位 多機能なBRUNO「ポータブルスピーカーライトファン」

イデアインターナショナル
ブルーノ(BRUNO)
ポータブルスピーカーライトファン
実勢価格:4400円
▼テスト結果
総合評価 58/100点
14位はBRUNO「コンパクト スティックライトファン」。LEDライト、 モバイルルバッテリーのほか、Bluetoothスピーカーにもなる優れもの。多機能な分、重厚感あり。

記事14位 タコみたいに自由なドウシシャ「お出かけファン FSU-92B

ドウシシャ(DOSHISHA)
お出かけファン
FSU-92B
実勢価格:2280円
▼テスト結果
総合評価 58/100点
同14位はドウシシャ「お出かけファン FSU-92B」。タコのような3本脚は手持ちとしては若干違和感あり。テントや棚など様々な場所につけられるのが利点です。

記事16位 風が気持ちいいヒロ・コーポレーション「2WAYアルミハンドルハンディファン HCF20-15ED」

ヒロ・コーポレーション
2WAYアルミハンドルハンディファン
HCF20-15ED
実勢価格:2170円
▼テスト結果
総合評価 55/100点
16位はヒロ・コーポレーション「2WAYアルミハンドルハンディファン HCF20-15ED」。持ち手がアルミですが、持つとすぐ温まってしまいます。風は弱めですがムラなく気持ちいいです。

記事17位 抜群にかわいいラドンナ「Toffy LED ハンズフリーカメラファン FN04」

ラドンナ
Toffy LED
ハンズフリーカメラファン FN04
実勢価格:2420円
▼テスト結果
総合評価 51/100点
17位はラドンナ「Toffy LED ハンズフリーカメラファン FN04」。カメラ型の中では、抜群のかわいさ。この形は全体的に風が弱いですが、首にかけっぱなしにするならちょうどいいです。

記事18位 カメラ型より風が弱いラドンナ「Toffy LED ハンズフリーファン FN03」

ラドンナ
Toffy LED
ハンズフリーファン FN03
実勢価格:2200円
▼テスト結果
総合評価 50/100点
18位はラドンナ「Toffy LED ハンズフリーファン FN03」。首かけをメインとするカメラ型の亜種。縦に長いせいか、17位の製品より重く感じてしまいます。

記事19位 羽が大きいスリーアップ「充電式 コードレスハンディファン ナゴミ HF-T1808」

スリーアップ
充電式 コードレスハンディファン
ナゴミ HF-T1808
実勢価格:2728円
▼テスト結果
総合評価 49/100点
19位はスリーアップ「充電式 コードレスハンディファン ナゴミ HF-T1808」。羽根の直径が9cmと、ほかと比べて大きめですがその割に風は弱め。でもムラはないので、使い心地は決して悪くないです。

記事20位 イベントやフェス向きタワーレコード「タワレコ 光るハンディファン」

タワーレコード
タワレコ
光るハンディファン
実勢価格:1100円
▼テスト結果
総合評価 47/100点
20位はタワーレコード「タワレコ 光るハンディファン」。スイッチを入れると「NOMUSIC, NO LIFE.」 の文字が浮かび上がります。風は弱めですが、ムラがないのは優秀!

記事21位 扇風機としては微妙な新日本プロレスリング「EVIL ダークネス 魔法陣ライト(LEDハンディファン)」

新日本プロレスリング
EVIL ダークネス 魔法陣ライト(LEDハンディファン)
実勢価格:2800円
▼テスト結果
総合評価 41/100点
21位は新日本プロレスリング「EVIL ダークネス 魔法陣ライト(LEDハンディファン)」。今回唯一の乾電池式。羽根を回すと魔法陣が浮かび上がります。風はほとんど出ていないので、扇風機としては……。

家電 今年の夏の携帯扇風機ベストバイはフランフランでした!

以上、携帯扇風機おすすめランキング21選でした。

業界先駆けのフランフランが見事ベストバイに。今年の夏に活躍する相棒を、今回のランキングの中から見つけてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事