ヤマダ・ヨドバシ・ビックカメラでお得なのはどれ? 家電量販店系クレジットカードランキング|テスト誌『MONOQLO』が徹底比較[2019年最新版]
ランキング
高瀬 央樹
高瀬 央樹/Test by MONOQLO the MONEY
公開日: 2019年06月28日

ヤマダ・ヨドバシ・ビックカメラでお得なのはどれ? 家電量販店系クレジットカードランキング|テスト誌『MONOQLO』が徹底比較[2019年最新版]

高額なテレビやパソコンを、ヤマダ電機やビックカメラ、ヨドバシカメラなど大手家電量販店で買う場合、現金または還元率の低いカードで支払っていませんか? そんなとき、各家電量販店が発行するクレジットカードが一番お得ですよ。どうお得で、何がお得なのか、この記事ではその真実に迫ってみようと思います。

本音のマネー誌
MONOQLO the MONEY
お金の真実を本音で伝えるマネー誌。投資情報のほか、クレカ、保険、節約などお金に関わるあらゆる情報を扱う。

クレジットカード 家電量販店での買い物はクレカの ポイント還元率に注目しましょう

今回ご紹介する「家電系」のクレジットカードは、ポイント獲得のメリットが大きいカードです。しかし、そもそも大手家電量販店では、クレカ払いにすると現金払いよりポイント還元率が落ちてしまうことがほとんど。しかし、各家電量販店で発行しているポイントカード一体型のクレジットカードを利用すれば、現金払い以上のポイントが手に入ることがあるんです。

▼おもな家電量販店系クレジットカードの還元率
このように、家電系カードはポイント還元率10%超えが当たり前! さらに、還元率以外にもお得な特典を設けているカード選びは還元率だけではなく、ポイントの使いやすさや特典内容をしっかりチェックしておきましょう。

以下、還元率以外で家電系クレジットカードで得するための活用法の例を紹介します。

[カードの特典を活かす方法①:買い物保険や修理保証で安心!]
買い物保険や修理保証が付いていれば、万一商品が故障したときの修理工賃・修理部品代・出張費が保証の対象になります(保証対象外となるパターンもあります)。特にエディオンカードには、テレビ(15インチ以下)や、エアコンなどの大型家電からシェーバーなど小型家電まで、100種類以上の指定商品が最長10年の長期保証を受けられる特典があります。

[カードの特典を活かす方法②:ネットショップ限定の特典を活用する!]
ヨドバシ・ドット・コムで本を買う場合はゴールドポイントカード・プラスを利用すると還元率がアップします。クレジット決済で、通常3%ポイント還元のところ、なんと合計10%のポイント還元になります。

[カードの特典を活かす方法③:電子マネーチャージで貯める]
「 エディオンカード」は、Suicaチャージでも通常と同じ1%還元。さらにお得なのが「ビックカメラSuicaカード」です。基本還元率は1%ですが、Suicaチャージだと1.5%還元になります。

[カードの特典を活かす方法④:年1回以上の利用で年会費を実質無料にする]
 (C)cheskyw/123RF.COM

家電量販店系のクレジットカードの多くは年会費が無料、もしくは年1回の利用で無料になるものが多いので作っておいて損はありません。ただし、どの家電系カードにも言えることですが、ほかの店舗での利用では還元率が激減してしまうため、自宅近くの店舗やよく行く店舗のカードを作るようにしましょう。ココが家電量販店での買い物で最大限得できるかどうかの分かれ目です。

それでは、還元率と特典の魅力度で選んだ、家電量販店系カードのおすすめランキングを発表します!

記事1位BEST 2つのポイントとマイルが貯まる ヤマダLABI ANAカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
発行会社:クレディセゾン
国際ブランド:AMEX
年会費:初年度無料、2年目以降500円(年1回の利用で無料)
ポイント/還元率:永久不滅ポイント/0.5%、ヤマダポイント/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:ANAのマイル/200P
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(0.5%)
旅行保険の最高補償額:なし
今回1位になったのは、使いやすさが際立ったヤマダ電機の「ヤマダLABI ANA マイレージクラブカード」。ヤマダポイントと永久不滅ポイント、ANAマイルの3つを貯められるのが特徴です。ポイントとマイルの交換が可能なので、使い道にあわせて無駄なく利用できます。
ヤマダ電機で利用すれば、ヤマダポイントは10%還元。さらに通常のクレジット利用分として1000円で1P(1P=5円相当)の永久不滅ポイントが貯まります。ヤマダポイントと永久不滅ポイントをあわせると10.5%で、家電系クレカのなかでも高めの還元率です。

ヤマダ電機以外で利用した場合は、0.5%のヤマダポイントと、0.5%の永久不滅ポイントの合計1%のポイント還元となります。
ANAの航空券購入などLABI ANA限定ヤマダポイント優待加盟店で利用すれば、マイルと永久不滅ポイントに加え、0.5~1%のヤマダポイントが貯まります。

ヤマダポイントとANAマイルは相互交換が可能で、永久不滅ポイントはヤマダポイントとANAマイルと交換できます。

相互交換でポイントが効率良く貯められる

ヤマダポイントとANAマイルは相互交換が可能で、永久不滅ポイントはヤマダポイントとANAマイルと交換できます。ポイントを交換すれば使い道が広がるので、ポイントが無駄になりにくいです。

永久不滅ポイント→ヤマダポイントで還元率アップ
永久不滅ポイントは1000ポイント以上に限りヤマダポイントとの交換レートが1.2倍になるため、実質還元率がアップします。

記事2位BEST 還元率は家電系ナンバーワン! ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカード
発行:ビューカード
国際ブランド:Visa、JCB
年会費:初年度無料、2年目以降477円+税(※前年度1回以上の利用で無料)
ポイント/還元率:JREポイント + ビックポイント/合計1% 
主な提携ポイント/交換最低条件:ビックポイント/400P
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(1.5%)
旅行保険の最高補償額:海外(自動)500万/国内(利用)1000万
2位となったのは「ビックカメラSuicaカード」です。特徴はSuicaチャージで1.5%還元され、ビックカメラでのSuica決済で10%還元なので、併用することで還元率が11.5%にもなる点。超高還元率にも関わらず、2年目以降は年1回の利用で年会費が無料になるのはとても大きな魅力です!
ただし、Suicaチャージの上限額は2万円までなので、それ以上の商品を購入する際は差額を電子マネー以外の方法で払う必要があります。

また、ビックカメラは地域によって異なる提携カードを発行しています。JR九州や西日本との提携カードは、ビックカメラでの利用時10.5%還元になるので、関西や九州在住の方はこちらもオススメです。詳しいカードの情報はランキングの後半で紹介します。

ビックカメラJ-WESTカード
JR西日本と提携して発行している「ビックカメラJ-WESTカード」ビックカメラJQ SUGOCAカード
JR九州との提携カード「ビックカメラJQ SUGOCAカード」です。詳細はランキング4位部分をご覧ください。

記事2位BEST 高還元と多彩な特典が魅力 ゴールドポイントカード・プラス

ゴールドポイントカード・プラス
ゴールドポイントカード・プラス
発行:ゴールドポイントマーケティング
国際ブランド:Visa
年会費:無料
ポイント/還元率:ゴールドポイント/1%
主な提携ポイント/交換最低条件:なし
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(1%)
旅行保険の最高補償額:なし
2位は「ゴールドポイントカード・プラス」です。ヨドバシカメラでの買い物では、還元率11%になります。加えて、ヨドバシ・ドット・コムで書籍を購入する場合は、還元率が常時10%になるキャンペーンを行っています。
本好きの人ならこれだけでもカードを利用する価値アリです。また、国内のパッケージ旅行で3%還元、海外パッケージ旅行なら最大8%還元。さらにホノルルラウンジの無料利用ができるなど、無料の一般カードのなかでは破格の充実度です。

・国内パッケージツアー → 3%ポイント還元
・海外パッケージツアー → 最大8%ポイント還元
・ホノルルラウンジの無料利用


そのほかにも、最大180日間の商品補償などがあります。

記事4位

ビックカメラ J-WESTカード
ビックカメラ J-WESTカード
発行:JR西日本
国際ブランド:Visa
年会費:初年度無料、2年目以降1000円(年1回の利用で無料)
ポイント/還元率:J-WESTポイント/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:なし
主な電子マネーチャージ:SMART ICOCA(0.5%)
旅行保険の最高補償額:海外(利用)2000万円/国内(利用)1000万
ビックカメラの関西向けカードの「ビックカメラ J-WESTカード」です。ビックカメラ利用時に10%のビックポイントと、0.5%のJ-WESTポイントが貯まります。また、ビックポイントをJ-WESTポイントに交換すれば、電子マネーのSMART ICOCAにチャージすることも可能です。ただし、ビックポイントからJ-WESTへの移行は等価での交換ではないので注意しましょう。

記事4位 九州在住のJRユーザーなら要検討 ビックカメラJQ SUGOCA

ビックカメラJQ SUGOCA
ビックカメラJQ SUGOCA
発行:JR九州
国際ブランド:JCB
年会費:初年度無料、2年目以降1250円(年1回の利用で無料)
ポイント/還元率:JRキューポ/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:ビックポイント/1000P
主な電子マネーチャージ:SUGOCA(0.5%)
旅行保険の最高補償額:なし
「ビックカメラJQ SUGOCA」は、ビックカメラとJR九州との提携カードです。ビックカメラでの利用でビックポイント10%と、JRキューポ0.5%の合計10.5%還元になります。貯まったJRキューポはビックポイントへの移行が可能です。また、アミュプラザ博多や博多デイトス・博多阪急の駅ビルでお得な特典が使えます。ビックカメラJ-WESTカード同様に、ビックポイントからJRキューポに交換が可能です。

記事6位 最大10年間の長期保証が魅力 エディオンカード

エディオンカード
エディオンカード
発行:セディナ
国際ブランド:JCB
年会費:980円(年間15万円以上の利用で無料)
ポイント/還元率:エディオンポイント/1%(海外利用で1%)
主な提携ポイント/交換最低条件:なし
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(1%)
旅行保険の最高補償額:なし
「エディオンカード」は、エディオン各店舗の支払いで100円につき最大5ポイントがもらえます(商品により還元率は異なる)。その他の特典として、5000円以上の指定商品は5年または10年間の長期保証がつくのはスゴイです。しかし、10%以上がひしめくほかの家電系カードのポイント還元率に比べて、低いのが残念です。また、980円の年会費を無料にするには、年間15万円以上の利用が必要と、ハードルはやや高めです。

記事7位 ノジマとの提携カードなのに魅力薄… ノジマエポスカード

ノジマエポスカード
ノジマエポスカード
発行:クレディセゾン
国際ブランド:Visa
年会費:無料
ポイント/還元率:エポスポイント/0.5%
主な提携ポイント/交換最低条件:ノジマポイント/500P
主な電子マネーチャージ:モバイルSuica(0.5%)
旅行保険の最高補償額:海外(自動)2000万/国内なし
「ノジマエポスカード」は、通常の還元率は0.5%ですが、ノジマの店舗とノジマオンラインではポイント5倍で2.5%還元になります。また、エポスカード特有の特典である全国1万店舗以上で割引など優待が受けられます。ただし、エポスカードが発行するほかのカードでも同様の還元率になるのが残念。このカードならではの特典が欲しかったところです……。


以上、家電系クレカのランキングを紹介しました。見事1位になったのはヤマダLABI ANA マイレージクラブカード。ポイントの使いやすさが別格の評価でした。ただし、どの家電量販店系カードにも言えることですが、ほかの店舗での利用だと還元率が激減してしまうので、自宅近くや、よく行く店舗のカードを作るようにしましょう。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事