コールドブリューを自宅で! ポットで作る水出しアイスコーヒーの美味しい作り方|プロに聞いた失敗しない方法を教えます
ベストアイデア
公開日: 2019年06月21日

コールドブリューを自宅で! ポットで作る水出しアイスコーヒーの美味しい作り方|プロに聞いた失敗しない方法を教えます

ここ数年、人気の「コールドブリュー(水出しコーヒー)」。実はコーヒーポットがあれば、家でも気軽に楽しめます。ということで今回は、「水出しコーヒーの失敗しない作り方」をプロに教えていただきました。ポイントを押さえれば意外と簡単なので、誰でもすぐにマネできちゃいますよ!

テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
日本カフェプランナー協会会長
富田佐奈栄 氏
日本カフェプランナー協会会長。佐奈栄学園学園長。カフェのスペシャリストとしてテレビ、雑誌、商品開発等で活躍。

食品雑貨 アイスコーヒーを美味しく作る 水出しコーヒーの方法をご紹介

お湯を使わず気軽にできるコーヒーの淹れ方の1つが「コールドブリュー(水出しコーヒー)」です。

専用のポットがあれば、すぐにマネできる抽出方法で、一度に大量に作れるから、「アイスコーヒーをゴクゴク飲みたい」という人におすすめの方法です。
今回は水出しコーヒーポットを使って、誰でも簡単に作れる「水出しコーヒー」の方法についてご紹介したいと思います。

教えていただいたのは、こちらの方です。
日本カフェプランナー協会会長
富田佐奈栄 氏
日本カフェプランナー協会会長。佐奈栄学園学園長。カフェのスペシャリストとしてテレビ、雑誌、商品開発等で活躍。
作業時間は5~10分程度で、保存期間は約2日間ほどです。水出しコーヒーは簡単だけどスッキリと飲みやすく、「水出し」のうまさを実感できます。

アイスコーヒーを頻繁に飲む人やモーニングコーヒーをアイスで飲みたい人、家族みんなで楽しみたいという人にぴったりです。

食品雑貨 簡単&手軽な水出しコーヒーの メリットとデメリットは?

スッキリ味のコーヒーがたくさん作れる「ポットを使った水出しコーヒー」は、難しい作業がありません。そのメリットとデメリットをまとめてみました。

<メリット>
・スッキリしたコーヒーができる
・1回でたくさんの量を作れる
・お湯がいらない

<デメリット>
・水出し用のポットが必要
・抽出するのに時間がかかる
・1日しか保たない

大量にできるのでアイスコーヒーファンにはうれしい抽出法ですが、ポットによってかかる時間や粉の分量は変わってきます。製品ごとのおすすめのやり方で、まずは試してみましょう。

食品雑貨 水出しコーヒーを作るのに 用意するのはポットと豆だけでOK

▼用意するもの
・アイスコーヒー用の豆
 (市販の粉か挽いたもの)
・水出し用のコーヒーポット

この2点だけでOKです。ポットにも多種多様なアイテムがありますので、お好みのものを選びましょう。

今回使用するのは、こちらの製品です。
ハリオ:水出し珈琲ポット:容器
ハリオ
水出し珈琲ポット
実勢価格:1058円
サイズ:幅13.8×奥行9.4×高さ29.4cm
容量:1L
ポットにフィルターが付属しているので、ペーパーフィルターは不要です。

それでは早速、「水出しコーヒーポット」を使った人気のやり方をプロに教えていただきましょう。

食品雑貨 [作り方]水で淹れて冷やすだけ 簡単すぎる4ステップで完成!

①粉を湿らせる
ポットに合わせ分量どおりの粉を入れます。粉全体が湿るよう少しずつ水を注ぎます。
②適量まで水を注ぐ
ポットがいっぱいになるまで水を注ぎます。ポットによって水を入れる量が違うので、よく確認しておきましょう。
③かき混ぜる
粉と水がしっかりなじむように、スプーンなどで全体をまんべんなくかき混ぜましょう。
④冷蔵庫で冷やす
あとは冷蔵庫に入れて待つだけ。抽出時間により、味が変わるので取り出しタイミングも重要です。

ここでのポイントは、「ニオイが入らないようラップをしておくこと」です。
ポットの上にラップをして冷やします。
冷蔵庫にはほかの食品も入っているため、ニオイが移らないよう、フタにラップで密封するのがポイントです。

冷やした後、抽出時間を過ぎて飲み頃になったら完成! 
カンタンなのに、その仕上がりは本格派です。

以上、コーヒーポットを使った「失敗しない水出しコーヒー」の作り方をご紹介しました。水を入れて混ぜて冷蔵庫の中に入れればOK。忙しい人にもサッとできるので、おすすめです。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事