長持ちで安全!最強アルカリ乾電池おすすめランキング17選【2020年】
ランキング
西尾 崇彦
西尾 崇彦/Test by the360.life編集部

長持ちで安全!最強アルカリ乾電池おすすめランキング17選【2020年】

乾電池と言えばパナソニック、という方も多いですが今や100円ショップの物も侮れないという口コミもよく聞きます。実際のところ、どれ位持ち時間に差が出るのか? 検証したら、ベストと最下位の製品ではなんと2倍近いの差があったんです!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

本音でテストする商品評価サイト
the360.life
「いい」も「悪い」もわかる場所、the360.life(ザ・サンロクマルドットライフ)。テストするモノ誌『MONOQLO』『LDK』『家電批評』から生まれた「テストする買い物ガイド」です。
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

家電 乾電池、ちゃんと選んでますか? 日常使いとしてベストはどれ?

充電池も一般的になってきましたが、やっぱり乾電池は使い勝手がよくて楽ですよね。

でも、もしかして「使い捨てだし安い物でいいよね」「乾電池なんてどれも一緒でしょ」と思ってます?

いやいや、実際は全然違うんです!

実際に17製品を比較したところ、予想以上に「持ち」に差があることが判明しました。

今回は、その結果を踏まえて、最強のアルカリ乾電池をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。
[今回テストした17製品です]
・三菱電機 アルカリ乾電池 LR6N/10S
・パナソニック エボルタ LR6EJ/4SE
・パナソニック アルカリ乾電池 LR6XJ/8SW
・パナソニック エボルタネオ LR6NJ/4SE
・Amazonベーシック 乾電池 アルカリ 単3形
・マクセル アルカリ乾電池 ボルテージ LR6(T)
・アスクル アルカリ乾電池
・アスクル ハイパワーアルカリ乾電池PRO LR6PRMI(4S)
・セブンプレミアム(FDK) アルカリ乾電池
・イケア ALKALISK アルカーリスク
・東芝 アルカリ乾電池 LR6L
・トップバリュ	アルカリ乾電池
・富士通 Premium LR6FP(12S)
・ダイソー ALKALINEnew
・セリア ALKALINE PAIRDEER
・メモレックス アルカリ電池
・パナソニック マンガン乾電池ネオ黒 R6PNB

ベストバイ まずはじめに発表しちゃいます! やっぱりベストバイは「エボルタネオ」でした

パナソニック	
乾電池エボルタネオ単3形 
LR6NJ
購入価格:626円(4本)
使用推奨期限:10年
最初に結論を発表。1位はパナソニックのエボルタネオでした。

パナソニックの中でも最高スペックのエボルタネオ。ギネス認定もされていて、今回のテストでも実力が本物であることを証明しました。値段は安くはないですが、この性能を考慮すれば十分価値はあるといえるでしょう。

詳しくは後ほど解説しますが、こちらが今回テストした17製品の「持ち」を比較したグラフです。右の商品ほど長持ちであることを表します。エボルタネオは一番右の緑色で、ズバ抜けての1位。胸を張っておすすめのアルカリ乾電池といえます。

それでは、総合ランキングを発表する前に、アルカリ乾電池の選び際のポイントをご紹介していきたいと思います。

家電 アルカリ乾電池選びには 4つのポイントが大切です

買ってすぐに使い捨て、備蓄用に保管、など購入目的は色々だと思います。それぞれ安全に使うためにも選ぶポイントをまとめました。なお、テストはすべて単3電池で行っています。

ポイント①:アルカリか、マンガンか

乾電池は大きく分けて「マンガン電池」と「アルカリ電池」の2種類があります。

・マンガン電池は少ない電流のもの・短時間で使うのものに適しています。(例:リモコン、時計など)

・アルカリ電池は大きな電流で連続して使うのに適しています。(例:電子ゲーム機)

マンガン電池のメリットとしては休ませると自然にパワーが回復するという点です。

しかし、何にでも使えて便利なのは圧倒的にアルカリ電池。種類も豊富で、いまやアルカリ電池の方が安いことも多いので、特に理由がなければ、「アルカリ電池」でよろしいと思います。

ポイント②:電池の持ちは?

マンガン乾電池とアルカリ乾電池、使う機器によって電池の持ちは変わります。

ポイント①でも解説したように、マンガン電池は小さな電力を使うものに適しています。

そうした機器であれば、長期間使用すること・長時間連続して使用することには長けています。

一方、大きなパワーを使う際にはアルカリの方がスタミナがあると言えます。

一般的に100mA程度の電流だとアルカリ電池のほうが約2~3倍の持ち時間となります。
(参考:http://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/29060/~/%5Bアルカリ・マンガン%5D-乾電池の電池容量はどれ位?-pz29060)

アルカリ同士の持ち時間の長さについては、テスト結果を参考にしてみて下さい。

今回のテストでは、比較のためにパナソニックのマンガン電池もテストしました。
先程のグラフで、一番左の灰色の線がマンガン電池です。

最初に急激に電池を消耗しどんどん右肩下がり。連続した時間の出力は、最低クラスのアルカリ乾電池よりも劣ることが分かります。

一方で、アルカリ電池同士の「持ち」の違いは、パッケージやスペック上に表記されている数値では知ることはできません。実際に使用してはじめてわかる違いなので、ぜひ今回のテストを参考にしてみてください。

ポイント③:液もれ防止製法がされているか?

液もれの原因の約65%は過放電によるものです(電池工業会調べ)。

ただし、このタイプの液漏れは、安全に乾電池を利用する前にマストな機構であるため、最新の乾電池でも発生する可能性はあります。

ネットでは、「液漏れせず長持ち!」と言い切っているランキングサイトもありますが、これは嘘です。

液漏れする可能性は、最新の乾電池でもありますので、そこは注意ください。

ただし、例えばパナソニックでは、過放電時のガス発生を抑制して、液漏れを抑制する特長があります。

液漏れ対策としては、そうしたメーカーを選ぶと良いでしょう。

ポイント④:長期保存ができるのか?

乾電池には使用推奨期限が書かれており、その期限内に使用し始める事が推奨されています。

10年の長期保存可能な乾電池もかなり増えてきていて、使用推奨期限をストックとして購入する際の参考にしてみてください。

乾電池は未使用であっても自然放電(自己放電)は起こりますが、適切な保管と使用推奨期限内であれば日本工業規格(JIS)に則った性能は保証されています。

ただし期限内の乾電池で、製造されて間もなければ自然放電は少なく、製造されてかなりの年月が経っていれば自然放電の量は多い、といった電池容量の差が出てくるので、この点は使用の際にはご注意ください。

家電 今回は各製品の電圧を2回計測 一番持ちが良い乾電池を調査しました

今回は、乾電池の持ち具合(1本でどのくらいの時間まで持つのか)を比較しました。

今回用意した乾電池は無作為で購入した単3型アルカリ乾電池2~12本入りのものとなります。(※比較としてマンガン電池もテスト。)

使用期限は全て同一ではありませんが、同時期に購入した製品を使用しており、長期保存後のものはありません。

電池に一般的なLEDライト程度のダミー抵抗を接続し、電圧が0.9V(一般的に機器が動かなくなる電圧)に到達するまでの時間をデータロガで監視・記録。試験は2回行い、平均しました。なお、平均時間が1分の差の場合、同順位とました。

それでは、徹底比較で決定した2019年の最新ランキングです。

記事1位BEST 世界1位の記録は本物だった ベストバイはエボルタネオ!

パナソニック
エボルタネオ LR6NJ
実勢価格:626円(4本組)
実勢単価:157円
使用推奨期限:10年
▼計測結果
0.9Vになった時間:460分

今回のテストでは、世界一長持ちする単3形アルカリ電池として、ギネス記録に認定されたエボルタネオが堂々の1位に輝きました。

・以前のものより長持ち性能約10%アップ
・10年の長期保存後の長持ち性能アップ
・独自の液もれ防止製法

と最強すぎるスペックが印象的ですが、テストもさすがの結果でした。

使い捨て乾電池なのに値段が高い、と躊躇している人も「液漏れを抑えたい」「災害の時に備えておける乾電池」としてもエボルタネオはおすすめです。

記事2位BEST 安価で手に入る安心さとパワーが魅力 ノーマルなエボルタが第2位

パナソニック
エボルタ LR6EJ
実勢価格:357円(4本組)
実勢単価:90円
使用推奨期限:10年
▼計測結果
0.9Vになった時間:436分

1位のエボルタネオのスタンダードバージョンです。大まかなスペックはエボルタネオとほぼ一緒ですが、長持ち度はやはり若干劣り、その分価格も抑えめ。

とはいえ、他メーカーのスタンダードタイプと比較した中でのこの順位はパナソニックの強さを見せつけられました。低価格・安心スペック・長持ちさのバランスの良さを求めるのであればこちらがおすすめですね。

記事3位BEST 激安乾電池のIKEAアルカーリスク 20円の実力とは思えない!

IKEA
ALKALISK アルカーリスク LR03
実勢価格:199円(10本組)
実勢単価:20円
使用推奨期限:5年
▼計測結果
0.9Vになった時間:409分

充電池が人気なIKEAですが、実は乾電池も優秀であることが分かりました。

持続時間は勿論の事、注目点は1本19円という安さ。100円ショップの乾電池も同価格帯ですが、試験結果は約20分の差が出ています。

公式サイトにはEU加盟国へ輸出する際に、安全基準条件(使用者・消費者の健康と安全および共通利益の確保を守るための条件)を満たすことを証明するマーク「CEマーク付き」と記されています。

記事4位 Amazon売れ筋1位は納得の最強コスパ 長持ち第4位は三菱電機

三菱電機
LR6N
実勢価格:345円(10本組)
実勢単価:34円
使用推奨期限:4年
▼計測結果
0.9Vになった時間:402分

IKEAとほぼ同じ持ちの良さを発揮した三菱の乾電池。

IKEAの乾電池は、IKEA店舗か公式通販でしか購入できませんが、こちらであれば家電量販店やホームセンターでも手に入りやすく「長持ち・低価格・購入しやすさ」があります。

急に沢山の乾電池が必要、価格を抑えたい、という時であれば三菱電機はオススメです。

記事5位 パナソニック、三菱、東芝がトップ5を争う結果 100本セットなら約22円の激安さ

東芝
LR6L
実勢価格:616円(10本組)
実勢単価:62円
使用推奨期限:5年
▼100本セットはこちら
▼計測結果
0.9Vになった時間:397分

国内メーカーである信頼度や、安い割に使用推奨期限5年である点が人気です。

今回は10本組を購入しましたが、Amazonでは100本セットもあり、こちらなら実勢価格が約22円と激安に。大量使いたい、ストックしておきたい方におすすめです。

記事6位 北欧デザインでハイパワー 見た目もグッドなアスクルPRO

アスクル
ハイパワー LR6PRMI
実勢価格:358円(4本組)
実勢単価:90円
使用推奨期限:5年
▼計測結果
0.9Vになった時間:386分

アスクルのノーマルタイプよりも電池容量が多いタイプです。

テスト結果はまずまずで、こちらの特徴はオシャレな北欧デザイン(Stockholm Design Lab ストックホルムデザインラボ)。

見た目にこだわる方におすすめの乾電池です。

記事7位 セリアは中国の電池メーカー製造 100円均の中ではナンバーワン!

セリア
ALKALINE PAIRDEER
実勢価格:108円(4本組)
実勢単価:27円
使用推奨期限:5年
▼計測結果
0.9Vになった時間:383分

Zhongyin (Ningbo) Battery Co., Ltd.という中国ブランド製。

IKEAには負けますが、値段の面から考慮してもかなり健闘しました。

100均も侮れませんね。

記事8位 ダイソーのALKALINEnewが7位 セリアとほぼ同じ結果でした

ダイソー
ALKALINEnew
実勢価格:108円(4本組)
実勢単価:27円
使用推奨期限:5年
▼計測結果
0.9Vになった時間:382分

セリアと同等の記録で、100円ショップの乾電池はこれくらいのレベルであるという目安になりそうです。

記事9位 パナソニック LR6Xの ノーマル乾電池は9位

パナソニック
LR6XJ
実勢価格:604円(8本組)
実勢単価:76円
使用推奨期限:10年
▼計測結果
0.9Vになった時間:381分

モノクロ誌などで、ベストバイにも輝いたことがあるアルカリ電池ですが今回のラインナップの中では9位という結果でした。

液漏れ対策や10年期限とサポートはしっかり。今回は、単純に「持ち」だけを比較してランキングにしましたが、その辺を考慮すれば、順位はもっと上位なのは間違いありません。

記事10位 楽天市場でレビュー数1位メモレックス 「とにかく安く」なら買ってよし!

メモレックス・テレックス
LR6
実勢価格:100円(4本組)
実勢単価25円
使用推奨期限:4~5年
▼計測結果
0.9Vになった時間:372分

記事11位 マクセルはサポート面を一通り網羅 ボルテージのビックカメラ専売商品

マクセル
ダイナミック LR6(W)
実勢価格:354円(4本組)
実勢単価:89円
使用推奨期限:10年
▼計測結果
0.9Vになった時間:371分

記事12位 シンプルで読みやすいパッケージ 親近感のあるトップバリュPB商品

トップバリュ
実勢価格:300円(4本組)
実勢単価:75円
使用推奨期限:10年
▼計測結果
0.9Vになった時間:368分

記事13位 デザインはクールですが 結果が今一つのアスクル

アスクル
LR6
実勢価格:103円(4本組)
実勢単価:25円
使用推奨期限:5年
▼計測結果
0.9Vになった時間:339分

記事14位 日本製のこだわりを持つ富士通 持ちは第14位でした

富士通
premium LR6FP
実勢価格:300円(4本組)
実勢単価:75円
使用推奨期限:10年
▼計測結果
0.9Vになった時間:331分

記事15位 セブンプレミアム乾電池 結果は普通でした

セブンプレミアムライフスタイル
実勢価格:307円(4本組)
実勢単価:77円
使用推奨期限:10年
▼計測結果
0.9Vになった時間:328分

記事16位 レビュー数はトップのAmazonベーシック 結果はまさかの最下位でした

Amazonベーシック
ALK AA8FFP AMZ
実勢価格:479円(8本組)
実勢単価:60円
使用推奨期限:10年
▼計測結果
0.9Vになった時間:292分

家電 ちなみに、パナソニック マンガン電池の結果は104分でした

パナソニック
マンガン電池 ネオブラック R6PNB
実勢価格:300円(4本組)
実勢単価:75円
▼計測結果
0.9Vになった時間:104分
以上、アルカリ電池ランキング、いかがでしたでしょうか。

さすが、ありとあらゆる技術を駆使した電池は、納得できる価格で、持ち時間も長く、安心感があります。

一方、じゃんじゃん使える激安乾電池もなかなかの結果を残しました。

ぜひ結果を参考に、使うシチュエーションや用途によって、賢く使い分けてくださいね。

検証協力:国枝聡子

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら