絶対買い! コストコの鶏肉・ひき肉・ラム肉おすすめ新商品6選| 失敗しない! プロが人気製品を徹底比較[2019年最新版]
2019年06月29日(土)
増田 乃律子
増田 乃律子/Test by MONOQLO編集部
絶対買い! コストコの鶏肉・ひき肉・ラム肉おすすめ新商品6選| 失敗しない! プロが人気製品を徹底比較[2019年最新版]
日本上陸から20年が経ったアメリカの巨大量販店コストコ。食品コーナーにはボリューミーで高コスパと「これぞコストコ!」という商品が充実していますが、なかでも肉はかなりのお値打ち。牛肉以外にも豚・鶏・羊と様々な種類の肉が販売されています。そこで今回はコストコの肉から「買い」の1品を選ぶべく、プロが実食し、徹底検証しました。定番から新商品まで、チェックしてくださいね!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

さわけん 氏 科学する料理研究家
さわけん 氏
辻調理師専門学校フランス校卒業。フランスの二ツ星(当時)ムーランドムージャンなどに勤務経験のある本格派。その後、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に転身し世界の料理を研究。
風間章子 氏 料理家
風間章子 氏
料理家。調理師。イタリアンレストランで6年間修行の後、カフェの立ち上げ、雑誌やwebなど様々なメディアにて料理監修で活躍中。
小越明子 氏 フードコーディネーター
小越明子 氏
雑誌や広告などで調理を担当。飲食店のメニュー開発なども手がけている。
MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
桜井めぐみ MONOQLO編集部 デスク
桜井めぐみ
テストするモノ批評誌『MONOQLO』のデスク。某飲料メーカーの営業・広報・社長秘書を経て現職。キッチン家電や日用品から防災グッズ・食品まで、幅広くテスト。日用品が主なカバー範囲。ここ1年間で検証を行った製品は2500品以上。体当たり検証が特に得意で、過去「婚活潜入調査」や「ビジネスホテル徹底比較」「自動翻訳機比較テストinセブ島」など。
  • 圧倒的ボリュームとコスパ
    コストコは肉がお得
コストコといえば食品コーナー。とくに肉は牛肉をはじめ、豚肉鶏肉はもちろん、ラム肉までいろんな種類のものが大きな塊で販売されています。

販売単位が大きいだけに値段表示だけを見ると高額に感じるかもしれませんが、100グラム換算にするとかなりコスパが良いことがわかります。
スーパーにはありえないサイズです。
でも量が多いだけに、買ってみて味がイマイチなんてことは是が非でも避けたいところ。店頭では試食もしていますが、必ずしも目当ての部位が食べれる訳ではなく、実際に何を買えば良いのか迷うことも多いはずです。

そこで今回は、「ひき肉、鶏肉、ラム肉」に注目し、今買いのコストコの肉を選ぶべく検証してみました。
  • いろんな部位を実食テスト
    今「買い」の肉を選びました
今回の検証では、食のプロに協力を得て、豚肉、鶏肉、羊肉のさまざまな部位を実食。

美味しさ食感など味に関わる点をはじめ、ボリュームやまた食べたくなるかどうかというリピート性。そして、コスパなどの項目をチェックしてもらいました。

それで早速ご覧ください。
  • あらびきで何にでも使える
    新作の冷凍豚ひきが絶品!
duBreton:オーガニック豚挽肉 カナダ産 赤身80%:肉
duBreton
オーガニック豚挽肉
カナダ産 赤身80%
実勢価格:1498円(500g×3パック)/ 100gあたり99円
まず最初に紹介したいのが、「赤身の割合が多いのがいい!」とプロ全員が褒めた良質なミンチ肉。赤身80%なので、たっぷりとお肉の旨みが味わえます。脂でごまかさず、ずっしりしていました。
風間章子 氏
料理家

風間章子 氏のコメント
赤身が多くいろいろ使えます。
ひき肉好き必食のジューシーです。
豚肉本来の旨味が濃いので、ミートボールやシューマイなどメイン料理にガンガン使い回せる便利な逸品です。
豚の旨味が詰まっています。
また、冷凍ですでに小分けされた状態で売られており、賞味期限が1年9カ月とかなり長いのが特徴。懸念される食品ロスの心配が少ないのも高評価につながりました。これなら、大家族でなくても使いきれますよ!
  • 定番のさくらどりは
    食べ応え満点で味も抜群!
ひき肉の次は鶏肉ですが、まずはレジェンド級の「さくらどり」シリーズのご紹介から。

コストコで扱っている「さくらどり」は、日本ホワイトファームが生産する国産鶏ブランド。コストコユーザーではお馴染みのシリーズで、とくにむねももは定番といえるほど人気商品なんです。
日本ホワイトファーム:さくらどり むね肉:肉
日本ホワイトファーム
さくらどり
むね肉
実勢価格:1848円/ 2.4kg
むね肉ボリュームたっぷりでコスパ良し。クセがないのでどんな料理にも使えて便利です。小分けになっているので、そのまま冷凍したり、シェアすることもできます。水色のパッケージが目印です。
日本ホワイトファーム:さくらどり もも肉:肉
日本ホワイトファーム
さくらどり
もも肉
実勢価格:2398円/ 2.4kg
鉄板中の鉄板商品・もも肉は、脂ノリがよくプリプリの歯ごたえが好評。シンプルな味付けでチキンステーキにしても、美味しく食べられます。

…そんなさくらどりですが、実はむねやもも以外のマイナー部位も食べ応え満点! そこで今回、子供にも人気の手羽中手羽元を実食してみました。
  • さくらどりは手羽もジュージー
    肉が離れがよく食べやすい
日本ホワイトファーム:さくらどり 手羽もと:肉
日本ホワイトファーム
さくらどり 手羽もと
実勢価格:1338円/100gあたり55円
ヘビーなコストコユーザーにも、あまり知られていない「手羽もと」。ですが、この食感とボリュームはプロも満点評価なんです!
唐揚げにもぴったり。
豪快に丸ごと揚げれば…ジューシーな唐揚げが楽しめます。チキンバゲットにしても良いですね!
日本ホワイトファーム:さくらどり 手羽中ハーフ:肉
日本ホワイトファーム
さくらどり 手羽中ハーフ
実勢価格:2038円/100gあたり84円
食べやすさで選ぶなら、こちらの「手羽中ハーフ」がおすすめ。手羽もとも、どちらも肉に甘みがあるのが特徴。脂身が苦手な人も皮まで平らげました。
身が柔らかく骨からスッと離れる。
また、肉離れがよく、子供でも食べやすいのが高評価でした。
冷凍保存しておくと何回も使えます。
また、2.4kgとコストコならではの大容量になっていますが、4つの個分け包装で使い勝手にも優れます。小分けのパックごと冷凍可能。買ってすぐ使い切らなくても大丈夫です。
  • コストコのラムは
    クセがなくて食べやすい
カークランドシグネチャー:オーストラリア ラム  フレンチラックチョップ:肉
カークランドシグネチャー
オーストラリア ラム 
フレンチラックチョップ
実勢価格:1783円/100gあたり437円
羊肉が苦手という人は、特有の臭みがダメと言いますよね。でもコストコのラムは、特有の香りは感じるもののイヤな臭みはありません。その秘密は、下処理の丁寧さにありました
下処理が丁寧でイヤな臭いなし。
羊肉の臭みは主に脂肪部分に含まれていますが、コストコのラムは丁寧に下処理されているため、食べやすくなっています。

また、肝心の味も抜群。身がホロっとほぐれて食べやすくジューシーです。
骨付きならでは旨味たっぷりです。
ホロホロでやわらかな食感を楽しめます。ラム好きも納得する旨さです。

以上、コストコのいろいろな肉を紹介しました。新商品から定番まで、美味しい肉がリーズナブルに揃うコストコ。週末は美味しい肉を買いに出かけてみてはどうでしょうか。

※本特集のおことわり
本記事は2019年3月19日発売、MONOQLO2019年5月号に掲載した情報をもとに作成しております。商品の入れ替え・パッケージ変更、時期によっては異なるパッケージ、商品名、価格、内容に変更されることがあります。 また時期や地域によって在庫切れや入荷しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [肉・肉加工品]
    高級生ハムも格安で! コストコのハム・ベーコンおすすめ7選| 失敗しない! プロが人...
  • [肉・肉加工品]
    全部位を食べてわかった! コストコの牛肉おすすめランキング8選| プロが人気製品を...
  • [肉・肉加工品]
    プロ直伝! 豚こま肉はあの温度で“超ふんわり”にグレードアップできちゃいます
  • [肉・肉加工品]
    マネするだけ! 合いびき肉料理の大正解。“美味い”と“まずい”の決め手はコチラ
  • [肉・肉加工品]
    「ささみ=パサパサ」に待った! 塩水と鍋さえあれば、ジューシーにできたんです
  • [肉・肉加工品]
    圧倒的ジューシー! プロが選ぶ本当に買うべきコストコのお肉ランキングBEST10
  • [肉・肉加工品]
    鶏皮がたった2分で「絶品おつまみ」に変身しちゃう、ラクうま節約レシピ見つけました
  • [肉・肉加工品]
    短時間でホロホロに! この角煮、煮る前にアレしたおかげで絶品になりました
  • [肉・肉加工品]
    カレーの鶏肉パサパサ問題、解決できる調理方法がコチラです
  • [肉・肉加工品]
    炭火ナシでもお店の焼き鳥。必要なのは“フライパン”と“塩+砂糖水”でした
  • [肉・肉加工品]
    安い牛肉もフワフワ。お家で絶品牛丼が叶う「割り下しゃぶしゃぶ」という魔法
  • [肉・肉加工品]
    安いスネ肉を「トロトロ化」! 洋食屋さんのシチューを、家庭で再現できちゃう方法
  • [肉・肉加工品]
    「包丁で叩く」じゃなかった! 安い豚肉を劇的にやわらかくする最終兵器がこちらです
  • [肉・肉加工品]
    え、これがレンチン? 豚とラム肉の超かんたん冷凍レシピ3選
  • [肉・肉加工品]
    タッカルビは“冷凍庫”!? すぐに試したくなる鶏肉の裏ワザ4選
  • [肉・肉加工品]
    そのまま凍らせちゃダメ! 牛肉は“アレ”するといつでも美味しくなるんです[レシピ3...
  • [肉・肉加工品]
    冷凍→チンだから簡単! ひき肉のラク旨カフェご飯3選
  • [肉・肉加工品]
    [セブンのワインが超ヤバイ!]我が家を“バル化”する激旨7選
  • [肉・肉加工品]
    冷凍なのにまさかの旨さ! 特売肉をずっと美味しく食べる裏技がコチラ
  • [肉・肉加工品]
    一人前450円!Amazonで最強コスパ&旨い国産牛豚セット買えました
  • [肉・肉加工品]
    「じゅわっ」と脂があふれ出る! 北海道の一度は食べるべきお取り寄せ [お肉編]
  • [肉・肉加工品]
    脂身は白い方がいい…? 意外と知らない豚肉の“基本のき”
  • [肉・肉加工品]
    揚げる前に冷やす…!? 激ウマとんかつの簡単な作り方見っけ!
  • [肉・肉加工品]
    ちょっぴり高めでも“銘柄豚”を選ぶのが正解な理由【スーパーの豚肉選び】