つみたてNISAを始めるならどこ? おすすめ金融機関ランキング[銀行・証券会社]|楽天、SBIが熾烈な争い!
2019年06月06日(木)
高瀬 央樹
高瀬 央樹/Test by MONOQLO the MONEY
つみたてNISAを始めるならどこ? おすすめ金融機関ランキング[銀行・証券会社]|楽天、SBIが熾烈な争い!
年金や銀行預金だけでは老後の資金に不安がある……という人は多いはず。今は自分で投資を行う必要性が高くなっているのです。しかし、投資は初めてで何から手をつけていいのかわからない、という人もいるでしょう。そんな初心者にもオススメできるのが「つみたてNISA」です。始めるうえで重要な口座開設先の金融機関の選び方、おすすめの会社をお金のプロに聞きました!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

頼藤太希 氏 ㈱Money&You代表
頼藤太希 氏
外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事したのち、株式会社Money&Youを創業。執筆、書籍の出版・監修、講演などを通じて日本人のマネーリテラシー向上に努めている。著書は「入門 仮想通貨のしくみ」(日本実業出版社))、「投資信託 勝ちたいならこの7本!」(河出書房新社)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイ
MONOQLO the MONEY 本音のマネー誌
MONOQLO the MONEY
お金の真実を本音で伝えるマネー誌。投資情報のほか、クレカ、保険、節約などお金に関わるあらゆる情報を扱う。
  • 「老後生活で2000万円不足」
    金融庁の発表にザワついてます
(c) tktktk/123RF.COM

「少子高齢化、長寿化が進む『人生100年時代』に向け、老後は貯蓄はいくら必要なのか?』という議論はたびたびされていますが、ここに来て金融庁がある試算をした報告書を公表しました。それによると、年金だけで生活する夫婦の毎月の不足金額は約5万円、その後30年生きたとすると約2000万円が不足するとのことです。これは、公的年金に頼る時代は崩壊、これからの老後は自分が支える「自助の時代」の到来と捉えられます。
  • これからは資産を自分でつくる!
    “国民総投資家”時代へ……
(c)hikdai/123RF.COM

このように、今は国民ひとりひとりが資産運用でお金を増やすことについて考えなければいけない時代になっています。しかし、ふたり以上で暮らしていて貯蓄がない世帯の割合が2013年の時点で30%を超えていたり退職金が減っていたりと、これでは準備が追いつくか不安ですよね。

■退職金の推移
※厚生労働省「就労条件総合調査 ・大学卒」より

勤続35年以上の場合の退職金はこの10年間で約500万円も減少していることがわかります。
  • 「毎月貯金してるから」はNG
    銀行は“預かり箱”状態です
メガバンク:定期預金:金利
「ウチは定期預金、または毎月しっかり貯蓄している」という世帯はもちろんありますが、多くのメガバンクの定期預金金利(年率は)0.01%と、まさに“預かり箱”の状態。一部のネット銀行ではそれよりもマシですが、それでも0.2%前後と、かつての時代と比較すると増やすことを目的にはできない状態です。
(c)Andriy Popov/123RF.COM

そこで、「貯蓄から投資へ」のスローガンのもと、イデコ(iDeCo、個人型確定拠出年金)と同じく日本政府が個人投資家を支援するためにつくった制度が「つみたてNISA(ニーサ)」です。投資に明るくない人でも始めやすい内容になっているため、初心者にもオススメできる制度になっています。
  • 最長で20年間利益が非課税に!
    “やらなきゃ損”なつみたてNISA
金融庁
つみたてNISAは2018年1月からスタートしました。

そもそもつみたてNISAとは、投資によって得た分配金と売却益、つまり儲けがまるまる非課税になる制度です。NISA(以下「一般NISA」)自体は2014年1月からスタートしていますが、こちらは投資可能期間が2023年まで(※2019年6月現在)と決まっているため、今からでも利用はできますが、長期間の運用はできないので注意しましょう。

以下に、つみたてNISAのポイントをわかりやすくまとめました。

[①最長20年間の投資による利益が非課税に!]
つみたてNISAの対象商品になっている投資信託を運用できます。通常なら、得た利益には約20%の税金がかかりますが、それがまるまる非課税になります。その期間は最長で20年で、期間が満了すると運用していた資金は課税口座に入ります。

[②年間の非課税投資枠は40万円と決められています]
年間の非課税投資枠の上限は40万円。12ヵ月で割ると割り切れないので、毎月設定の場合は最大で月3万3333円を積み立てていくことになります。

[③取り引き(買い付け)は積立のみ]
商品を購入するときに選べる方法は積立投資のみです。基本的に長期的な投資を前提として考える必要があります。

[④つみたてNISAで取り引きできる対象商品は決められています]
つみたてNISAを利用して購入できるのは、金融庁が定めた「手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と一部金融機関で上場株式投資信託(ETF)」(金融庁公式サイトより)に限定されています。2019年6月時点での対象商品数は163本です。金融庁が定めた厳しい条件を突破した商品しか購入できないので、投資初心者でもはじめやすい環境になっています。

また、一般NISAとの併用はできずNISA口座で利用できるNISAは「つみたてNISA」か「一般NISA」どちらか1つです。
  • つみたてNISAとイデコでは
    ぶっちゃけどっちがお得なの?
イデコ:iDeCo:個人型確定拠出年金:投資枠上限:所得控除:リバランス
こちらの記事では、老後のためのでオススメな手法としてイデコを挙げていますが、気になるのは「つみたてNISAとイデコはどっちがお得?」という点です。結論からいうとこれは「目的による」といえます。細かい違いは上の表を見てもらうとして、重要なのは…

「イデコは60歳になるまで払い出しができない」

という点です。

拠出したお金が所得控除の対象となるため、節税の点で有利なのはイデコですが、急にお金が必要になった場合などでも途中で払い出しができるつみたてNISAのほうが柔軟性はあります。つみたてNISAの運用期間は最長20年なので、老後のためのほか、教育費づくりの手段としても有効です。
  • つみたてNISAは口座管理手数料や
    購入時手数料はかかりません
つみたてNISAの基本についてわかったところで、いざ実際につみたてNISAを利用しよう、となったとします。つみたてNISAで商品を購入する際には、購入手数料がかからないのはメリットのひとつです(運用時の信託報酬は必要)が、かといって初心者が「どの金融機関を選んでも一緒でしょ?」というのは間違いです。

実はこの口座開設をする金融機関選びで、将来の運用資産に差が付いてしまうのを知っていましたか? 詳しく説明していきます。
  • [選び方]重要なのは4つ!
    コストだけでなく使いやすさも考慮
[ポイント①:積立頻度]
選んだ商品を買い付ける際には「毎日」、「毎週」、「毎月」、「ボーナス設定」など、さまざまな積み立て方法が選べるほうが便利です。その理由は、QUICK資産運用研究所調べのデータによると「毎月積立と毎日積立を比較した際に、ほとんどの商品で0.1%ほど、毎月積立よりも毎日積立のほうがリターンが高い」という結果になっているためです。さらに、国内REITについては、毎月積立よりも毎日積立のほうが1%ほど高いリターンが出るという結果になっています。
(頼藤太希著「投資信託 勝ちたいならこの7本!」より一部抜粋。QUICK資産運用研究所調べのデータ(2017年4月末)より作成。対象は5年以上の運用実績があり、年決算回数が2回以下の指数連動運用型の投資信託。投資対象などの各区分で純資産残高上位2本を抽出。リターンは課税前分配金再投資ベース)
頼藤太希 氏
㈱Money&You代表

頼藤太希 氏のコメント
長期投資であればあるほど、わずかなリターンの違いでも投資結果に差がつくので、毎月積立より毎日積立のほうがお得です。
[ポイント②:最低投資金額]
投資金額の最低設定値は、1000円に設定されているところが多くなっていますが、1万円と高額に設定している金融機関もあります。そんななか、ネット証券会社の楽天証券やSBI証券は100円と少額で、投資ハードルが低いといえます。投資信託は元本保証がなくリスクが伴うものですので、まずは無理のない金額からスタートすることをおすすめします。


[ポイント③:商品数の多さ+安いコストの商品が揃っているか]
つみたてNISAは購入手数料はかかりませんが、投資信託保有中には「信託報酬」が必ずかかります。このコストはもちろん安いほうが有利なので、安くていい商品がラインナップされていることが大切です。

頼藤太希 氏
㈱Money&You代表

頼藤太希 氏のコメント
投資初心者にとっては商品数は少ないほうが選びやすくていいかもしれませんが、投資経験が増えていく今後のことも考えると、選択肢は多いに越したことはないでしょう。
[ポイント④:サービスが充実しているか]
・商品選びのサポート
投資初心者だと、どの商品を選んでいいか迷ってしまうことも。金融機関によっては、簡単な質問や投資への考え方についてのアンケートに答えるだけで、おすすめの商品を紹介してくれるというサービスを提供しているところもあり、投資の参考にできます。


頼藤太希 氏
㈱Money&You代表

頼藤太希 氏のコメント
ただし、おすすめされた金融商品を購入したからといって、必ず儲かるとは限らない点には注意しましょう!
・いつでも相談できる体制
投資についてわからないことがあったときに、平日はもちろん、遅い時間や土日祝日などにも電話、メール、チャットなどで相談に乗ってくれる体制があると心強いといえます。また、店舗がある金融機関の場合は、係員と対面で相談ができるため、よりわかりやすくなります。

・サイトの利便性
近年は運用状況をWebサイト上で見られる金融機関も増えています。そのほかに
 ▼ログイン・ログアウトは簡単か
 ▼自分が運用している商品の損益状況がすぐわかるか
 ▼商品選びがしやすいか
 ▼掛け金配分の変更をしやすいか
といったポイントも大切な要素です。

・特典・キャンペーン
口座をつくる、積み立てを開始する、特定の取り引きを行う、といった手続きに応じて、さまざまなキャンペーンや特典が用意されていることがあります。メリットの大きいキャンペーンもあるので、口座をつくる前に必ずチェックしておきましょう。


以上を踏まえたうえで、

・商品ラインナップ
・使いやすさ
・サポート
・特典・キャンペーン

の比較ポイントを設定し、マネーコンサルタントの頼藤太希さんに採点していただいた結果、つみたてNISAを始める際、口座開設するのにオススメな金融機関として紹介できるのが以下の5つです!
  • 商品数充実でその他もスキなし!
    楽天証券
楽天証券
商品本数:143本
▼商品内訳はコチラ
楽天証券:つみたてNISA:取扱い商品:投資信託
[商品ラインナップ:充実の商品数! 初心者でもはじめやすい]
取扱商品が多く、100円から積み立てができるのは利点です。
[使いやすさ:積立方式は選択できます]
積立頻度は「毎日」と「毎月」から選べます。また「ボーナス積立」も可能なので、無理のない積み立てができるようになっています。また、楽天銀行に口座があれば「マネージブリッジ」で簡単に連携できます。
頼藤太希 氏
㈱Money&You代表

頼藤太希 氏のコメント
「マーケットスピード」というトレーディングツールがあり、目的別にツールが充実しているのもポイントです。
(c)jedimaster/123RF.COM ※画像はイメージです。

[サポート:有人対応あり]
コールセンターには楽天証券の会員専用ダイヤルがあり、有人対応を行っています。
頼藤太希 氏
㈱Money&You代表

頼藤太希 氏のコメント
楽天証券が運営している情報サイト「トウシル」は、マネー情報が充実しているのも見逃せません。
楽天スーパーポイント:つみたてNISA:楽天証券
[特典・キャンペーン:楽天スーパーポイントが使えます]
ポイントが貯まりやすいと人気の楽天グループの「楽天スーパーポイント」が利用可能です。取引に応じてポイントがたまり、ポイントで投信を購入することもできます。また、キャンペーンが定期的に開催されているので要チェック。
  • 業界ナンバーワンの取扱い商品数
    SBI証券
SBI証券
商品本数:146本
▼商品内訳はコチラ
SBI証券:つみたてNISA:取扱い商品:投資信託
[商品ラインナップ:商品数の多さは圧倒的! 選択肢の多さが魅力]
取扱商品は2019年6月現在で最多。100円から積み立てができるのもポイントです。
[使いやすさ:積立頻度は4種類から柔軟に選べます]
住信SBIネット銀行の口座があれば連携できます。また、利用状況や積立の条件設定は専用画面のため、わかりやすくなっています。積立頻度は「毎日」「毎週」「毎月」から選べるほか、「ボーナス積立」も可能です。
  • 取扱商品数がツールも充実
    マネックス証券
マネックス証券
商品本数:122本
▼商品内訳はコチラ
マネックス証券:つみたてNISA:取扱い商品:投資信託
[商品ラインナップ:商品数が多く100円からの積立が可能]
取扱商品数は122本と十分。積立は100円から可能です。
頼藤太希 氏
㈱Money&You代表

頼藤太希 氏のコメント
銀行口座などからの引き落としによる積立の場合は、月々1000円からになるので注意しましょう。
[使いやすさ:アドバイスツールを活用しましょう]
口座をつくると資産設計アドバイスツール「MONEX VISIONβ」が無料で使えます。資産状況をチェックしたり、目標に応じた診断やアドバイスを受けられます。
[サポート:チャットによる質問も受け付けています]
つみたてNISA専用ダイヤルはないものの、サポートセンターのオペレーターは平日8:00~17:00、自動音声なら24時間(土日祝日を含む)受け付けているためサポート面では使いやすくなっています。また、公式サイトではチャットによる質問も受け付けています。
  • 優秀な商品に絞っている
    イオン銀行
イオン銀行
商品本数:20本
▼商品内訳はコチラ
イオン銀行:つみたてNISA:取扱い商品:投資信託
[商品ラインナップ:数は少ないですが人気シリーズを用意]
商品数は20本と、他の金融機関と比べ少なくなっていますが、大和投資信託の「iFree」シリーズやレオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」など、人気のシリーズや投信をしっかり押さえています。
[サポート:専門スタッフが長時間相談受け付け!]
コールセンター・店頭窓口ともに平日9:00-21:00と長い時間開いており、専門スタッフが相談に乗ってくれるのは安心です。
頼藤太希 氏
㈱Money&You代表

頼藤太希 氏のコメント
365日いつでも相談できるのは、サポート面で非常に厚いといえます。
  • 窓口相談や個別相談会が嬉しい
    中央労働金庫
中央労働金庫
商品本数:10本
▼商品内訳はコチラ
[商品ラインナップ:10本の中に人気シリーズを用意]
低コストで人気の「iFree」や「たわらノーロード」シリーズがラインナップされています。
[サポート:気軽に参加できるセミナーや個別相談会]
店頭窓口で専門スタッフが相談に乗ってくれるのは安心です。つみたてNISAやiDeCoに関してはセミナーや個別相談会を各店舗やイベントスペースで定期的に行っていて、参加しやすい環境になっています。
頼藤太希 氏
㈱Money&You代表

頼藤太希 氏のコメント
セミナーや個別相談会は、地方住みの方や公務員たちが参加している傾向にあります。

いかがでしたか。つみたてNISAは金融機関は変更できますが、移管手続きなどが発生するため原則変えないほうがベター。そのため、最初の選択がキモなのです。また、いくら低リスクの商品がそろっているとはいえ、購入したあとにノーチェックのままでいるのは危険です。定期的に値動きをチェックし、適切な運用を心がけましょう。


※各金融機関のデータは2019年6月時点のものです。パンフレット・キャンペーンなどは現在のものと異なる場合がございます。ご了承ください。詳細は各金融機関の公式サイトをご確認ください。また、各金融機関の商品内訳はモーニングスターを参考にしています。本記事は投資による利益を保証するものではありません。投資のご判断はあくまで自己責任でお願いいたします。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [株主優待]
    劇的節約!日用品・雑貨系株主優待おすすめランキング15選|暮らしが潤う良品厳選
  • [株主優待]
    航空券もホテル宿泊もお得! 旅行系株主優待おすすめ優待ランキング10選|ネットには...
  • [株主優待]
    高級メーカーのデパコスも! 美容・コスメ系株主優待おすすめランキング10選|「お得...
  • [株主優待]
    飲み会やディナーに使える! 外食系株主優待おすすめランキング15選|1位は断トツ、プ...
  • [FX]
    ビットコインをゼロから学ぶ! 初心者におすすめ仮想通貨本ランキング|投資の前に読...
  • [株主優待]
    お金のプロが徹底解説|株主優待の基本知識と失敗しない選び方[2019]
  • [株主優待]
    週末のお出かけに最適! レジャー系株主優待おすすめランキング15選|ディズニー・サ...
  • [株主優待]
    どんだけあっても困らない! お米・自社食品&自社飲料株主優待おすすめランキング[...
  • [株主優待]
    毎日がお得! スーパー・家電量販店・デパート系株主優待おすすめランキング[2019]...
  • [株主優待]
    選べる楽しさ! カタログギフト株主優待おすすめランキング15選|人気「オリックス」...
  • [株主優待]
    "オイシさ"満載!ファストフード株主優待おすすめランキング|プロが選んだお得な高利...
  • [株主優待]
    【平成最後の株主優待】駆け込みでもらえる4月末優待、有名投資家が選ぶおすすめラン...
  • [ネット証券]
    【手数料を徹底比較!】ネット証券会社おすすめランキング【2019年6月版】
  • [株主優待]
    駆け込みで間に合う3月株主優待!有名投資家が厳選したおすすめランキング10選
  • [株のお得技]
    株価暴落も引き起こす、がっかり優待“回避”大作戦!
  • [株のお得技]
    地味なコインパーキング会社に勝ち組投資家が熱い視線を送る秘密
  • [株のお得技]
    資産1億円以上の勝ち組投資家が銘柄選びに必ず使う○○サイトとは?
  • [株の始め方]
    ほったらかしで50万円増えた! 金ナシ暇ナシOKのスマホ投資新時代が到来!
  • [株のお得技]
    【2月末権利確定】超駆け込みで間に合うお得な株主優待4選
  • [株のお得技]
    アリさんでもサカイでもない! 最安値の引っ越し業者は意外な答えに……
  • [マネーお得技]
    QRコード/バーコード決済おすすめランキング|失敗しない選び方・最強の「○○ペイ」...
  • [マネーお得技]
    [会社員でも月3万円アップ]初心者向け副業おすすめランキング10選[2019]|お金に...
  • [マネーお得技]
    ブーム再燃!? 今さら聞けない仮想通貨投資の超初級|ビットコインを2年間“ガチホ”し...
  • [マネーお得技]
    【メルカリで爆売れ】元手0円で始める「シーグラス拾い副業」|本当に拾えるのか試し...