【最新版】がん保険おすすめランキング|保険のプロが徹底比較
ランキング
高瀬 央樹
高瀬 央樹/Test by MONOQLO the MONEY
公開日: 2020年07月09日

【最新版】がん保険おすすめランキング|保険のプロが徹底比較

「がん」は、今や必ずしも死に至る病気ではなくなりましたが、日本人の2人に1人がかかる、恐ろしい病気であることに疑いの余地はありません。「がん保険」で備えたいところですが、保障内容が複雑で一体どの商品がいいのかを選ぶのは大変です。そこで保険のプロが保険料の安い、いざという時本当に安心できるがん保険を厳選しました!

本音のマネー誌
MONOQLO the MONEY
お金の真実を本音で伝えるマネー誌。投資情報のほか、クレカ、保険、節約などお金に関わるあらゆる情報を扱う。
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏
㈱回遊舎代表。マネー誌歴30年以上のお金オタクであり、ジャンル問わずあらゆるマネー情報に精通する、マネー誌界の『ゴッド姉ちゃん』。特に銀行やクレジットカードなどのサービスやお得度リサーチには熱い情熱を傾ける。
全国ファイナンシャルプランナー相談協会 代表理事
平野雅章 氏
相談専門のファイナンシャルプランナー、1級FP技能士。個人相談に特化し3000件超の実績。全国ファイナンシャルプランナー相談協会の代表理事も務める。豊富な相談経験を活かし、執筆やセミナー講師も多数。
ファイナンシャルプランナー
松浦建二 氏
住宅メーカー、生保会社を経て現職。個人・中小法人向けにライフプランや生命保険、住宅購入等のコンサルティングを行っている。執筆や講演経験も豊富。
ファイナンシャルプランナー
竹下さくら 氏
なごみFP事務所共同代表。損保会社・生保会社勤務を経て1998年にFPとして独立。現在は、個人のコンサルティングを主軸に講演・執筆を行う。
(株)KRC 本部長
土井 岳 氏
生損保約40社を扱う。担当する顧客数が2000人、法人200社を超えるプロ。顧客に合わせた中立な保険商品提案に定評。(有)BICにてFP事業も行う。
ファイナンシャルプランナー
横川由理 氏
FPエージェンシー代表。保険見直しなどのカウンセリング業務が得意。企業向けの講演なども行っている。旅行会社、生保会社を経て現職。
ファイナンシャルプランナー
黒田尚子 氏
黒田尚子FP事務所代表。乳がん体験者コーディネーター。自らのがん罹患体験をもとに、がんなどの病気に対する経済的備えの重要性を訴える活動を行う。
※各保険商品の内容・保険料は2020年3月上旬時点、編集部調べによるものです。

保険 がんは2人に1人がかかる身近な病気。 ただし、死亡する病気から「治療して治る病気」へ

がん(悪性新生物)は日本人の死因の第1位であり、一昔前までは、「がん=死に至る病」というイメージを持たれていました。しかし、早期発見、早期治療をすることで現在は「治る可能性の高い病気」という認識が広まりつつあります。実際に、高齢化の影響を調整した「年齢調整死亡率」を見ると、がんによる死亡率は右肩下がりで減少。さらに、がん患者の5年生存率は平均で66.4%、乳がんでは92.2%にもなります。

とはいえ、生涯でがんに罹患する確率は男性が62%、女性が47%。およそ2人に1人ががんを経験する計算になり、がんになる可能性を踏まえた備えは必須といえます。
図①-1
図①-2

保険 治る可能性は高めだが、がん特有のリスクがある

がんには他の病気とは違う特有のリスクがあります。それが、通院治療費がかさみがちなことや、それによる収入減、健康保険の対象外の治療を受けたい場合には自己負担が大きくなることです。再発・転移する可能性も高く、がんは一度治っても、それで終わりとはいえないのが特徴です。

リスク①「入院費」よりも「通院治療費」がかかる

がん特有のリスクとして、入院費よりも通院治療費がかかることがあります。他の病気の場合、主にかかるのは手術や治療のための入院費用ですが、がん治療の場合、医療技術の進歩で入院期間は短期化している一方で、放射線、抗がん剤投与などの通院治療が長く続きます。がん経験者全体の約6割が2年以上の治療を経験しているというデータもあり、長きにわたる通院治療の費用を確保しておくことが重要になります。
図②-1
図②-2

リスク②通院治療が長引き収入減に

がん罹患で大きな問題となるのが、収入が減ること。会社員で治療により休職をする場合には、傷病手当金を最長で1年半受け取ることができますが、それでも安心とは言い切れません。休業期間を過ぎて復職したものの、引き続き通院治療が必要で有給休暇を使い切ってしまい、受け取る給与が減ってしまうことも。場合によっては、退職せざるを得なくなり、家族の生活費をまかなえなくなるという、深刻な事態に陥るケースもあります。
自営業者の場合、傷病手当金の対象外なので、収入減のリスクはより一層深刻です。こういったリスクを回避するため、家族の生活費まで考慮した、収入減への備えが必要になります。
図③

リスク③公的医療保障対象外の治療で自己負担が重くなる

がんの治療は、保険診療である「三大療法」と、保険診療の対象外である「先進医療」、「自由診療」の大きく3つに分けられます。

基本となるのが手術、薬物療法、放射線治療の「三大療法」です。手術は、がん組織を切除する治療法。薬物療法は、抗がん剤などの薬物を用いて、がん細胞を破壊・縮小させる治療法。手術後の補助や進行したがんに対して行われます。そして、放射線治療は、放射線の照射によってがん組織の増殖を抑える治療法。状態によっては外来通院でも治療が可能で、早期、進行がんなどに幅広く用いられます。

三大治療であれば、保険診療の範囲内になるため原則3割負担で済みます。さらに、一定以上の医療費を負担してくれる「高額療養費制度」も適用されるため、一般的な会社員の場合、月の負担は多くても9万円以下で済みます。しかし、がんは治療が長期化しがちなので、保険診療であっても長い目で見ると想像以上の負担になることもあります。
図④
がんの治療方法は多様化していて、先進医療や自由診療を希望する場合、保険診療の対象外となり、治療費が高額になりがちです。健康保険適用の三大療法のみで治療する場合の自己負担は3割ですが、先進医療を併用する場合、先進医療分については10割負担になります。また、三大療法と自由診療を併用すると、本来は公的保障が適用となる部分も含めて全額自己負担となってしまいます。
図⑤
また、がんの場合はステージや部位によっても治療法の選択はさまざま。CTやMRIで精密検査をし、その結果により5段階のステージに分けられ、年齢や体力等も考慮して治療方針が検討されます。

●がんの治療法の例
図⑥
がんの治療にかかる費用のことを考えておかないと、自分に合う効果の高い治療が見つかっても、経済的な理由であきらめなくてはならない、といったことも有り得ます。そうならないよう、がん保険などでしっかりと備えておく必要があるのです。

保険 がん保険の種類と選び方は?

がん保険の種類は、①主契約が入院給付金・手術給付金のタイプ、②主契約が診断一時金のタイプ、③主契約が治療給付金のタイプの大きく3つに分けられます。

①の主契約が「入院給付金・手術給付金」のタイプは、入院をした日数ごと、手術をしたときに給付金を受け取れます。長引く入院や、再発で入退院を繰り返しても安心で、交通費や日々の雑費などに給付金を充てることもできます。ただし、特約で診断一時金や抗がん剤治療などの給付金を付けると保険料が割高になる点には注意が必要です。

②の主契約が「診断一時金」のタイプは、がんと診断されると100万円などまとまったお金が受け取れます。このお金は治療費から生活費までどんな用途にも使えるため、当面お金の心配をしないで済むのが人気の理由。なお診断一時金は「2年に1回」給付が限度となっている商品が多く、短期間で再発した場合には再度の給付を受けられない場合もあります。

③の「治療給付金」が主契約のタイプは抗がん剤や放射線、ホルモン治療の治療費などの保障を定期的に受けられます。薬物療法や放射線療法に手厚く備えたい人におすすめですが、保障対象の治療が限定されていることもあるため、あらかじめどんな治療が保障の対象となっているかチェックすることが大切です。
図⑦

初期のがんが保障の対象かも要チェック!

がんは、「上皮内新生物」と「悪性新生物」との大きく2種類あり、上皮内新生物はがんが上皮内に留まっており、浸潤や転移のリスクが低いのが特徴。悪性新生物は進行性のがんで、転移や再発の可能性があります。がん保険には、上皮内新生物が給付対象になる保険とならない(特約として付加する)保険があるので、保障の範囲を必ず確認しましょう。

保険 今は「がん保険戦国時代」 入るならどこがいい?

では、現在のがん治療やがん保険の選び方のポイントを踏まえて、7名の保険のプロと累計30万部以上の『保険完全ガイド』が選んだ、今おすすめのがん保険ランキングを公開します!

なお、保険市場では同社で取り扱いのある保険商品に関して外出せずにオンラインで相談が可能な「オンライン保険相談サービス」を行っています。相談料も無料なので気になる方は利用してみてくださいね。

▼「オンライン保険相談サービス」はこちら


記事1位BEST フレキシブルに保障を組み立てられる! FWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」

FWD富士生命
新がんベスト・ゴールドα
▼保険市場で見る
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳男性 2269円
30歳女性 2418円
40歳男性 3316円
40歳女性 3094円
50歳男性 5047円
50歳女性 3781円
▼保険料条件
項目 悪性新生物診断給付金 上皮内新生物診断給付金 がん先進医療給付金・がん先進医療一時金 抗がん剤治療給付金・がん放射線治療給付金 保険期間・保険料払込期間
条件 100万円 50万円 あり あり 終身
がん保険ジャンルの1位は、FWD富士生命の「新がんベスト・ゴールドα」。まとまった金額を受け取れる一時金タイプの保険で、初めて悪性新生物と診断確定された時点で最高300万円の一時金が受け取れます。主契約の診断給付金は10万円刻みで設定することが可能です。診断確定でまとまった一時金が受け取れるので、治療のスタイルに合わせて使い道を決められるほか、診断確定以降の保険料の支払いが免除になるのもうれしいポイント。上皮内新生物と診断された場合に備える「上皮内新生物診断給付金特約」もあります。
図A

松浦建二 氏 ファイナンシャルプランナー
松浦建二 氏のコメント

治療方法を選ばない診断給付金が中心の保障と、競争力のある保険料が評価できます。

竹下さくら 氏 ファイナンシャルプランナー
竹下さくら 氏のコメント

2年に一度を限度に回数無制限で診断給付金が受け取れる点が人気です。

記事2位BEST 通院による抗がん剤治療などに手厚い! チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命:終身がん治療保険 プレミアムDX:保険
チューリッヒ生命
終身ガン治療保険 プレミアムDX
▼保険市場で見る
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳男性 3009円
30歳女性 2651円
40歳男性 4115円
40歳女性 3245円
50歳男性 6222円
50歳女性 3762円
▼保険料条件
項目 主契約給付金(放射線・抗ガン剤・ホルモン剤治療) ガン通院特約 ガン先進医療特約給付金 ガン先進医療支援給付金 ガン診断給付金 悪性新生物保険料払込 保険期間・保険料払込期間
条件 基準給付月額20万円 日額5000円 通算2000万円 1回につき15万円 1回につき50万円 免除 終身
2位となったのはチューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」です。抗がん剤・ホルモン剤および放射線治療の給付金が主契約というユニークな商品で、設計自由度が高く、現在の治療実態に合わせて設計しやすいのがポイント。すでに加入している医療保険やがん保険への上乗せや、長期の抗がん剤治療時の収入補てんとしても機能します。リニューアルで一部の自由診療(日本で未承認の抗がん剤治療など)も保障に含められるようになった点に注目が集まっています。
図D

黒田尚子 氏 ファイナンシャルプランナー
黒田尚子 氏のコメント

抗がん剤治療など通院保障をメインにしたユニークな商品。所得保障としても使用できます。

平野雅章 氏 全国ファイナンシャルプランナー相談協会 代表理事
平野雅章 氏のコメント

新設の「自由診療抗がん剤・自由診療ホルモン剤治療給付金」は自由診療全てを対象とするものではない点には注意を。
【募集文書番号】
募補00938-20191107

記事3位BEST 長期治療に手厚いのが嬉しい! ライフネット生命「ダブルエール」

ライフネット生命:ダブルエール:保険
ライフネット生命
ダブルエール
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳男性 2341円
30歳女性 2793円
40歳男性 3307円
40歳女性 3523円
50歳男性 5006円
50歳女性 4122円
▼保険料条件
項目 タイプ がん診断一時金 上皮内新生物診断一時金 治療サポート給付金 がん先進医療給付金 保険期間・保険料払込期間
条件 ベーシックタイプ 100万円 50万円 1カ月10万円(無制限) あり 終身
3位に選ばれたのは、ライフネット生命の「ダブルエール」です。この商品はランキング上位の常連。その理由は給付金支給の手厚さだと考えられます。

がんと診断されたときに「がん診断一時金」として100~300万円、ベーシックタイプまたはプレミアムタイプなら、治療を受けて支払事由に該当した日が属する月ごとに月一回「治療サポート給付金」として10万円が回数無制限で受け取れます。さらにプレミアムタイプには、「がん収入サポート給付金」として1年ごとに50~150万円(年に1回・最大5回まで)を受け取ることができます。
図B
※がん診断一時金の支払事由に該当した日以後に上皮内新生物と診断されたときは、受け取れません。
【下記事例詳細(乳がん治療の事例)】
初めて乳がんと診断され、10日間入院し手術を受けた。
退院後はホルモン療法(注射)を3ヶ月に1回(2年間で計8回)受け、あわせてホルモン療法(内服)を3ヶ月ごとに1回通院(90日分の処方)し5年間受けた。ホルモン療法治療後5年間は、6ヶ月に1回定期検査のため通院し経過観察をした。
図C-1
図C-2
※記載はあくまで一例です。個々の事例などにより給付内容は異なる場合があります。

横川由理 氏 ファイナンシャルプランナー
横川由理 氏のコメント

プレミアムタイプを選ぶと、がんによる収入ダウンに備えることができます。

黒田尚子 氏 ファイナンシャルプランナー
黒田尚子 氏のコメント

治療サポート給付金は、手術や抗がん剤治療(ホルモン療法含む)、放射線治療などを受けた場合、回数無制限で月額10万円が受け取れます。
※詳細は代理店ページにてご確認ください。

募集代理店:Sasuke Financial Lab株式会社

【ご注意事項】
・この保険は、今までにがん(悪性新生物)にかかったことがある方はお申し込みいただくことができません。
・この保険は、すべてのタイプにおいて、申し込みの時点を保険期間の始期とし、その日を含めて91日目を責任開始日として保障を開始します。
・この保険には満期保険金や配当、また、解約返戻金はありません。
・お客さまの健康状態および職業などによっては、お引き受けを制限させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・がん診断一時金のみのご契約の場合は、がん診断一時金のお支払い後に保険契約が消滅します。
・同一の月に複数の治療を受けた場合も、治療サポート給付金のお支払いは月に1回です。
・がん収入サポート給付金のお支払いは、支払事由該当日の年単位の応当日にご生存していることが条件です。
・当サイトは、商品の概要を記載しています。商品の詳細につきましては、「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。

記事4位 治療費を実額補償! SBI損保「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)」

SBI損保:SBI損保のがん保険:保険
SBI損保
SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳男性 1070円
30歳女性 1560円
40歳男性 1720円
40歳女性 2880円
50歳男性 3500円
50歳女性 4890円
▼保険料条件
項目 がん入院保険金 がん通院保険金 がん診断保険金
条件 がん診断保険金 支払限度額1000万円 100万円
4位に選ばれたのは、SBI損保の「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)」です。「実額補償」という点が、このランキングに出てくる他の保険との大きな違い。がん保険の多くは入院日数や通院日数に対して一定の保険金が支払われます。それに対して、この保険は実際にかかった費用が支払われ、先進医療や一部の自由診療、通院治療費も最大1000万円まで保障されます。ネット中心の手続きのため保険料がお手頃で、医療相談ができたり、治療費はSBI損保から直接医療機関に支払われるなどサポート面も充実しています。
図E

土井 岳 氏 (株)KRC 本部長
土井 岳 氏のコメント

加入条件は他社より厳しめですが、実費負担型の中では保険料が割安です。

記事5位 特に若い男性に割安感アリ 三井住友生命「&LIFE ガン保険スマート」

三井住友海上あいおい生命:&LIFE ガン保険スマート:公式サイト
三井住友海上あいおい生命
&LIFEガン保険スマート
▼月払保険料の例
年齢・性別 月払保険料
30歳男性 2390円
30歳女性 2708円
40歳男性 3436円
40歳女性 3679円
50歳男性 5183円
50歳女性 4591円
▼保険料条件
項目 ガン入院給付金日額 ガン手術給付金額 ガン先進医療給付金額 ガン診断給付金額 抗ガン剤治療給付金月額 保険期間・保険料払込期間
条件 5000円 10万円 技術料・交通費・宿泊費通算2000万円 100万円 10万円 終身
5位は2018年9月に発売開始した三井住友海上あいおい生命の「&LIFE ガン保険スマート」。主契約が入院・手術保障で、オプションで先進医療やガン診断、通院・抗ガン剤など必要な特約を付加できます。診断給付金は1年に1回を限度としていて、他社の標準的なタイプ(2年に1回)に比べて再発・転移時に給付金を受け取りやすいのが特徴です。入院・手術給付金は支払日数・回数の制限がないので、治療の長期化や再入院でも安心です。
図F

平野雅章 氏 全国ファイナンシャルプランナー相談協会 代表理事
平野雅章 氏のコメント

「抗ガン剤治療給付特約」は、入院・通院を要件としないため、経口タイプの抗がん剤、ホルモン剤の月をまたぐ処方でも給付が受けやすくなっています。

以上が、プロが選ぶ「がん保険」のランキングでした。がん保険選びに迷っていたら、ぜひ参考にしてください。

なお、ここからは、がん保険選びで知っておくといい情報をさらにご紹介していきます。がん保険をもっと詳しく知りたい!という人は、引き続きぜひチェックしてください。

保険 がん保険比較のチェックポイント

がん保険を比較する際に必ずチェックしたい3つのポイントをご紹介します。
ポイント1:診断給付金は1年に1回か、2年に1回か?
まず、診断給付金を受け取れる頻度を確認すること。2年に1回を限度に受け取れる商品もあれば、1年に1回の商品もあります。再発リスクの高いがんでは、再発時の給付条件もしっかりと確認しておくことが大切です。
図12
ポイント2:主契約で上皮内新生物がカバーできるか?
悪性新生物だけでなく、上皮内新生物も主契約でカバーできるほうがベター。がん保険での上皮内新生物の扱いは、①悪性新生物と同額の保障、②悪性新生物での保障額の一部のみ保障、③上皮内新生物は対象外の3つなので、どれぐらいの保障が得られるか、細かいところまでチェックを。
図13
ポイント3:抗がん剤給付金の出る要件は?
抗がん剤には、点滴や注射などで血管に直接注入するタイプと、錠剤、カプセルなどの内服薬のタイプがあります。最近は内服薬の抗がん剤だけで治療をするケースも増えているので、がん保険の抗がん剤給付金の対象がどうなっているかもチェックすべきポイントになります。
図14

保険 がん団信に入ればがん保険は不要!?

マイホームを購入するために住宅ローンを組む予定がある人は、そのタイミングで「がん団信」への加入を検討するのもひとつの手。団信とは、団体信用生命保険の略称で、ローン契約者が死亡したり所定の高度障害になったりした場合に、ローンの残額がゼロになるという保険です。

住宅ローンに加入するほとんどの人が団信に加入しますが、この団信に「がん保障」を付加した商品を取り扱う銀行も多くなっています。がん団信に加入すると、がんと診断された場合にローンの残額がゼロ(50%)になるなどの保障が得られるのが特徴。がん治療のために働けなくなると、もっとも負担となるのが住宅ローンの支払い。がん団信に加入しておくことで、その負担がなくなるのは大きなメリットです。

がん団信だけに加入するほか、より手厚く備えたければ、がん団信+がん保険とダブルで加入することも可能です。住宅ローンを組む際には、がん団信があることも念頭に入れておいてください。
図10

保険 がんになったことのある人が入れるがん保障もある?

保険に加入する際には、原則として被保険者の健康状態や過去の病歴などを保険会社に知らせる「告知」という手順を踏む必要があり、それを見て保険会社が加入の可否を判断します。診断基準は保険会社や商品によって違いますが、通常は、がんの病歴がある場合にはがん保険に加入するのは難しくなります。

しかし、保険基準の審査(引受基準)が緩和された「引受基準緩和型」や告知する項目が少ない「限定告知型」のがん保険であれば、加入が可能な場合も。ただし、保険料は割高で、一定期間の保険金額が少なくなるといったデメリットもあるため、保険内容などをしっかりと確認を。
図11
ここまで、がん保険の基礎知識とプロが選ぶランキング、そしてがん保険を選ぶ際のチェックポイントなどをご紹介しました。罹患率の高いがんへの備えはとても大切です。万一のときのために、ぜひこの記事を参考にベストながん保険を見つけてください!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事