美味しそうなお肉があったので「ひき肉」を自分で作ってみたら…衝撃的な旨さでした
安くて良いモノ
増田 乃律子
増田 乃律子/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2019年05月11日

美味しそうなお肉があったので「ひき肉」を自分で作ってみたら…衝撃的な旨さでした

ハンバーグや餃子、麻婆豆腐に…美味しい料理に「ひき肉」は欠かせません! ですが、分厚いステーキ肉や霜降り肉に比べて、ひき肉って価格だけで選んでいませんか?ひき肉だって、鮮度や歯ごたえが命。もし自分で作ってみたら、もっと美味しくなるのではと、ひき肉が作れる「ミートミンサー」を使って実際に作ってみました。これが、衝撃的な美味しさだったんです!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
the360.life編集部
増田乃律子
『MONOQLO』の編集を経て現職。文房具、部屋作りが得意ジャンル。100均、IKEA、無印良品などを使った、安くて暮らしやすいインテリア選びがモットーで、実家の押入れを改造しクローゼット化した経験も。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。

キッチン ひき肉を手作りするのには 旨い肉とミートミンサー選びが重要

ひき肉を自分で作る…というと、業務用の大きな機械が必要ではないかと不安になりますが、実際はもっと簡単です。

▼必要なもの
・材料となるお肉
(今回は、豚バラ肉とロース肉を使用)
・ミートミンサー

ミートミンサーとは、お肉をひき肉にしてくれる道具のこと。手動と電動がありますが、手軽な価格で始めるのであれば手動タイプがおすすめです。
そして今回使うのが、こちらのミートミンサーです。あれ、結構フツーっぽい? いやいや、実は細かいところに重要なポイントが詰まっているんです!

キッチン お肉や魚で手作りミンチ! 貝印のヘルシーミンサー

貝印:ヘルシーミンサー DK-0580:調理家電
貝印:ヘルシーミンサー DK-0580:調理器具
貝印
ヘルシーミンサー DK-0580
実勢価格:2151円
こちらが、Amazonで2007年から取り扱いされている、人気のミンサーです。お肉を入れてハンドルを回せば、ニュルニュルとひき肉が出来上がるアイテム。

…それでは、さっそく「自家製ひき肉」を作っていきます!

キッチン 【STEP1】まずはお肉をカット! 好きな部位で楽しもう

ここでは、豚肉のバラ肉とロース肉を使ってみました。ブロックだと3~4cm角ほどにカットすると、挽くときにスムーズです。肉の温度が上がらないうちにサクサクと。
目安は3~4cm角。最初の処理が肝心です。
スジがある部位は、あらかじめ取り除いておきます。Amazonのレビューでもあるように、スジが残っていると目詰まりの原因になるので、ここのスジ取りがポイントです!

キッチン 【STEP2】いざミンサーへ! 刃の切れのよさで作業も快適です

カットしたお肉を、ミートミンサーへイン! 片手で上から押さえつつ、手で挽いていきます。透明なボディなので、挽いている様子が見えるのも手作り感を楽しめるポイントです。

また貝印のヘルシーミンサーは、ディスクを取り替えて挽き具合が選べます。

おすすめは細挽き用のディスク。しっかりと繊維を断ち切り、歯切れの良い食感が楽しめます。
脂が多く、刃がすべりやすい豚バラ肉も難なく断ち切ることができました。なおうまく挽けないな、と感じたら、ロース肉やモモ肉など赤みの多い部位をベースにすると、うまくいきます。

…これで、自家製ひき肉の完成です! ハンバーグや餃子、腸詰めしてソーセージにすると…。
(こちらは生の状態。ひき肉、すでに美味しそうじゃありませんか?)

「う、うまい…!」今までの市販品がかまぼこのように感じるほど、ジューシーでぷりぷりとした食感に出会えます!

Amazonレビューを見ると、大豆で自家製味噌を作ったり、魚や海老を使って自家製つみれを作ったという声もありました。なかなかハードルが高いと思われがちですが、一度味わうと感動を覚えるのは確実です。

それでは、この貝印 ヘルシーミンサーの良かったポイントをおさらいします。

キッチン 一人でも作れる秘密は 底部の吸盤にあり!

使ってみて便利だと感じるのは、意外にも「底部にある吸盤」。実際に挽いてみると、かなり揺れたり強い力が加わるので、アンバランスになりやすいんです。

吸盤があることでシンクの上でしっかりと安定するので、一人でもしっかりと挽くことができます。
他社製品に万力のように固定するミンサーもありますが、安定性に欠けてしまい二人作業にならざるを得ませんでした。

キッチン 洗いやすさも重要! 凹凸が少なく清潔さが保てます

材料を入れる部分は透明なプラスチック製なので、手入れが簡単。内部は凹凸が少ない構造なので洗いやすいんです。

脂身が多い肉を入れていると、こういう洗いやすさがかなり重要になってきます。

キッチン 気になるのは「目詰まり」 レバーを逆回転で解消しよう

一点気になるのが「目詰まり」です。たとえ入れるお肉の分量が適量でも、ディスクや刃が詰まってしまうと作業が止まってしまいます。

解消法として、一度レバーを逆回転すると再度挽き直せることがありました。これでも治らない場合は、中身を点検してスジなどが詰まっていないかを確認すると良さそうです。
刃はしっかりしていますが、スジが苦手なので注意。
ですが、それを受けてもこの商品を買う価値は十分あります。Amazonで手軽に買えますが、実力は本格派。自分でひき肉やつみれを作ってみたくなった方はご検討ください!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら