お得なモデル発掘!  型落ちノートPCメーカー別おすすめランキング 20選 | 失敗しない選び方[2019年最新版]
2019年05月08日(水)
高草真幸
高草真幸/Test by 家電批評編集部
お得なモデル発掘!  型落ちノートPCメーカー別おすすめランキング 20選 | 失敗しない選び方[2019年最新版]
パソコンってスマホほど使わないのに、全体的に高いですよね…しかし、後続のモデルが発売された「型落ち」を狙えば安く買うことができます。ここでは、約1年前に発売されたいわゆる「型落ち」20機種を徹底リサーチ。少し古くても機能やスペックに十分こだわった超オトクなパソコンを探していきましょう。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

家電批評 本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
創刊9年を迎える家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
松下泰斗 家電批評編集部
松下泰斗
家電批評編集部所属。Amazonレビュー評論家として他メディアにも多数出演している。家電批評では、ランキング企画に異常なまでのこだわりを持っている。大学時代はローマ法を研究していたらしいが、その理由は誰も知らない。
  • パソコンは型落ちなら
    安く手に入れられるんです!
後継のモデルが出たパソコンは型落ちとなり、価格が安くなることが多いです。この1年でパソコンの機能が劇的に進化したわけではないので、1年前のモデルの性能は最新モデルとそれほど大きくは変わりません。

また、パソコンは良いモデルを選べば、2~4年程度で買い換えることの多いスマホより長く使えます。壊れなければ10年使える可能性もあります(Windowsの要求スペックやサポート状況次第です)。
  • 【選ぶポイント】は5つ
    メモリ・SSD・解像度が最重要
パソコンを長く使うためには、選び方を間違えないことが重要です。

基本的に性能よりも持ち運びやすさを重視するなら小型のモバイルPC、ゲームや映像処理のような重めの作業がメインの方はGPU搭載のハイスペックなモデルがおすすめです。選ぶポイントは5つ
[チェック①:CPU]

パソコンの基本性能(処理能力・動作の速さ)を決めるのがCPUです。今回解説する1年前の型落ちPCなら、古くて使い物にならないということはありません。

[チェック②:ストレージ]

データを保存するストレージには、SSDとHDDがあります。SSDは高速で静か、耐久性も高いです。メインで使うPCならSSDがおすすめといえます。

[チェック③:メモリ]

メモリの容量は、PCの操作性に直結します。低価格PCでは最初に削られるのがメモリ容量で、4GBしかないモデルもありますが、メインで使うPCなら8GBは欲しいものです。

[チェック④:GPU]

「GPU」とは3Dグラフィックや映像処理に特化したチップのこと。一般的なノートPCは、CPUに内蔵された機能を使用します。ゲームなど作業をしない場合はCPUに内蔵された機能で十分なので、GPU搭載にこだわる必要はありません。

[チェック⑤:ディスプレイ]

ディスプレイ解像度の違いは画面で表示できる情報量の違いになります。フルHDあれば画像もキレイで表示される情報量も多くなるので。そのため基本的には、「フルHD以上」と考えておきましょう。

過去記事でも詳しく解説しているのでご参照ください。
パソコンは買うメーカーを決めている人も多いのではないでしょうか? 今回は、メーカー別にランキング形式で紹介していきます。上記の「選び方」から外れるモデルに関しては評価を下げ、同じ評価の場合は発売価格との値下げ額の大きい方を上位にしています。

なお、ここでは原則的にAmazonの価格で調べています。型落ちモデルはAmazonよりも量販店や他のショップ、公式アウトレットの方が安い場合もあるのでそちらもご確認ください。

それでは結果を見てみましょう!
※型落ちモデルのため、本記事公開後在庫切れとなってしまう可能性もありますので、ご了承ください。

  • 型落ちノートPCカタログ①
    サポート充実「富士通」編
富士通はNECと双璧をなす日本で大人気のパソコンメーカーです。有料ではありますが、手厚いサポート体制が整っており、初心者には安心。さらにボディやパーツはすべて国内設計&製造で、信頼できるメーカーです。

富士通は選択肢が豊富で
値下げ幅も大きい

富士通はエントリーからハイエンドモデルまで幅広いラインナップを取り揃えています。とくにハイエンドモデルは発売価格こそ20万円オーバーと高額なものの、7~8万円程度も値下がりしているためとてもお買い得です。他メーカーなら同スペックのパソコンをさらに安く購入できますが、充実したサポートを考えると、パソコン初心者は富士通製を選んでおくと安心でしょう。

ここで、富士通製型落ちノートPCを一斉チェックしていきます。
  • 持ち運びには少し重いが
    バッテリーは長持ち
2017年11月モデル
富士通
LIFEBOOK SH75/B3
発売価格:20万2980円
現在価格:12万4865円
値下がり:7万8295円

CPU:第8世代Core i5
インチ:13.3
解像度:1920×1080
ストレージ:128 GB
本体サイズ:W315.8×H19.8×D214 mm
本体重量:1.28kg
バッテリー駆動時間:約16.2時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:DVD対応
13.3型モデルですが、重量は1.28kgとやや重め。その分、バッテリー駆動時間が16.2時間もあるので、持ち運んで長時間利用する人にはうれしい。また、DVDドライブの搭載も特長です。
  • コスパ重視派の人には
    このモデルがオススメです
2017年11月モデル

富士通
FMV LIFEBOOK AH45/B3
発売価格:17万4885円
現在価格:12万1000円
値下がり:5万3885円

CPU:第7世代Core i3
インチ:15.6
解像度:1920×1080
ストレージ:1TB
本体サイズ:W361×H27.4×D244mm
本体重量:2.3kg
バッテリー駆動時間:約7.5時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:ブルーレイ対応
Core i3を搭載した低価格モデル。処理速度を重視するならCore i7を採用のモデルを選ぶべきですが、コスパが良いのは断然コチラ。重い操作をしないなら十分使えます。
  • AHシリーズが
    大幅値下げ
2017年11月モデル
富士通
FMV LIFEBOOK AH77/B3
発売価格:22万9042円
現在価格:14万9800円
値下がり:7万9242円

CPU:第8世代Core i7
インチ:15.6
解像度:1920×1080
ストレージ:1TB
本体サイズ:W361×H27.1×D244mm
本体重量:約2.3kg
バッテリー駆動時間:7.5時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:ブルーレイ対応
液晶側に向かってキーを傾斜させた「ステップ型キートップ」を採用。これにより正確なタッチタイピングができます。Core i7搭載で動作が速く、綺麗なディスプレイも魅力です。
  • ヘッドセットが軽く
    ストレスなくVR視聴!
2017年12月発売モデル
富士通
FMV LIFEBOOK AH-MR/B3
発売価格:25万4481円
実勢価格:19万5800円
値下がり:5万8681円

CPU:Core i7-8550U
インチ:13.3
解像度:1920×1080
ストレージ:128GB
本体サイズ:W320×H17.9×D216.6mm
本体重量:1.06kg
バッテリー駆動時間:約11.5時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載
値下がり価格は8万円以上。ヘッドセット、コントローラーが付属しており、スピーカーはハイレゾ対応です。VRをノートPCで楽しめるのはうれしい。
  • キーボードが打ちやすく
    初心者向けな1台
2017年11月モデル
富士通
FMV LIFEBOOK AH42/B3
発売価格:14万3061円
現在価格:8万9780円
値下がり:5万3281円

CPU:Celeron Dual-Core 3865U
インチ:15.6
解像度:1366×768
ストレージ:1TB
本体サイズ:W378×H26.4×D256mm
本体重量:2.3kg
バッテリー駆動時間:約7.3時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:DVD対応
キーボードが打ちやすいと評判の製品。クリック部分も左右分離型で使いやすい。全体的に性能が控えめな分、価格も抑えた初心者向けのノートPCです。

  • 型落ちノートPCカタログ②
    安価でも高性能な「東芝」編
2018年、東芝のパソコン事業は鴻海傘下のシャープに買収され、Dynabook株式会社として生まれ変わりました。しかし、現在発売されている型落ちノートPCはほとんど東芝時代のもので、買収されたからといって大きな変更はありません。

在庫は少なめですが
型落ちモデルはお買い得

dynabookシリーズは比較的安いにもかかわらず、さらに値下がりするため型落ち製品はかなりお買い得です。しかし、その分、在庫は奪い合い。直販サイト(東芝ダイレクト)をしっかりチェックしなければ買い逃してしまいます。季節の変わり目には直販サイトの「アウトレット」ページをのぞいてみましょう。

なお人気のためか、2018年4月モデル1機種しか残っていませんでした。
  • キーボードの印字が見やすく
    ミスタッチしにくい
2018年4月モデル
東芝
dynabook T45 T45/GW
発売価格:13万8082円
現在価格:8万9424円
値下がり:4万8658円

CPU:Celeron Dual-Core 3865U
インチ:15.6
解像度:1920×1080
ストレージ:1TB
本体サイズ:W379×H 23.7×D258mm
本体重量:2.4kg
バッテリー駆動時間:約7時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:DVD対応
キートップの表示やフォントにこだわり、ミスタッチしにくいように工夫されたモデル。性能は控えめなので、動画編集やゲームには不向きですが、文章を書くことが多い人に最適です。

  • 型落ちノートPCカタログ③
    最高にタフな「パナソニック」編
パナソニック製ノートPCは、過酷な落下試験、環境試験、加圧振動試験をクリアしているため、いずれも超頑丈。これが持ち運んで使うことが多いビジネスマンに評価され、根強い人気があります。しかし、他メーカー製品に比べると高額で、20万円超えは当たり前。そこで、今回はパナソニック製ノートPCが型落ちでお手頃価格になっていないか見ていきましょう。

値下がりはするものの
在庫が少なく入手が難しい

高額なパナソニック製ノートPCも発売から時間が経過すると値下がりします。ただ、根強い人気があるだけに、値崩れすると在庫はすぐになくなってしまうようです。今回の調査では、2018年2月モデルは3機種しか残っていませんでした。買い時を逃さないよう、次モデルの情報が出たら底値だと考えてすばやく購入しましょう。
  • タブレット利用ができて
    アクティブペンも付属します
2018年2月モデル
パナソニック
Let's note XZ6 CF-XZ6LDCQR
発売価格:29万2768円
現在価格:25万9800円
値下がり:3万2968円

CPU:第7世代Core i5
インチ:12
解像度:2160×1440
ストレージ:256 GB
本体サイズ:W286.5×H9.5×D206.2 mm
本体重量:1.029kg
バッテリー駆動時間:約4.5時間
タッチパネル:搭載
光学ドライブ:非搭載
ディスプレイを取り外すことでタブレットとしても使えるモデル。アクティブペンも付いています。タブレット部分だけなら560gと軽量で、バッテリー駆動も4.5時間と長めです。
  • 値下がりしていないため
    今はオススメできません
2018年2月モデル
パナソニック
Let's note XZ6 CF-XZ6LDAPR
発売価格:26万9201円
現在価格:26万9800円
差額:+599円

CPU:第7世代Core i5
インチ:12
解像度:2160×1440
ストレージ:128 GB
本体サイズ:W286.5×H9.5×D206.2 mm
本体重量:1.019kg
バッテリー駆動時間:約4.5時間
タッチパネル:搭載
光学ドライブ:非搭載
XZ6シリーズではもっとも安く、上位モデルのCF-XZ6LDCQRに比べるとSSD容量が少なく、リアカメラも非搭載。OSもWindows 10 Homeです。しかし、値下がりしておらず、お買い得感がありません。
  • 最高峰のタフさで安心
    お値打ち感はありません
2018年4月モデル
パナソニック
TOUGHBOOK CF-20E0385VJ
発売価格:28万8120円
現在価格:29万0460円
差額:+2340円

CPU:第7世代Core i5
インチ:10.1
解像度:1920×1200
ストレージ:128 GB
本体サイズ:W272×H16.4×D233 mm
本体重量:0.95kg
バッテリー駆動時間:約10.5時間
タッチパネル:搭載
光学ドライブ:非搭載
頑丈さを追求した法人向けシリーズ。タフネスモデルとしては世界初の着脱式&コンバーチブル対応製品です。発売から時間は経過していますが後継機がないためか、価格も下がっていません。

  • 型落ちノートPCカタログ④
    初心者に優しい「NEC」編
NECのLAVIEシリーズは日本では絶大の人気。購入相談からアフターサービスまで無料のサポートが充実しており、パソコン初心者に優しいです。また法人向けにはVersaProシリーズを提供。法人向けとしては安価で、さらにサポートが手厚いことから、こちらも愛用者が多いです。

ライトユーザー向けの
ノートPCが充実

NECはサポートを充実させ、ライトユーザーをメインターゲットにしている様子。そのため、性能を抑えた格安モデルが多い印象。NECのノート扱っている店舗が多く、毎年型落ち品も多いのですが、現時点では2018年1月モデルは1台しか残っていませんでした。
  • 1kg未満で持ち運びやすい
    ビギナー向けの1台
2018年1月モデル
NEC
LAVIE Note Mobile NM150/KAW PC-NM150KAW
発売価格:11万3184円
現在価格:8万9977円
値下がり:2万3207円

CPU:Celeron Dual-Core 3965Y
インチ:12.5
解像度:1920×1080
ストレージ:128GB
本体サイズ:W289×H17×D197.5mm
本体重量:0.924kg
バッテリー駆動時間:11.7時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載
コンパクトな12.5型で重さ1kg未満の持ち運びに優れたモデルですが、スペックは低め。外に持ち運んで簡単な作業をすることが多い人にオススメです。

  • 型落ちノートPCカタログ⑤
    カスタマイズ自在の「DELL」編
DELLのノートPCは、以前は直販サイトでしか購入できませんでしたが、最近は家電量販店でも一般販売モデルの取り扱いがあります。そのため、数は多くありませんが、市場には型落ち製品も出回っています。なかなか見かけることがない希少なDELLの型落ちノートPCを調べてみました。

型落ち狙いよりも
カスタマイズする方がお得!?

DELLの店舗市販モデルのノートPCは在庫も少なく、基本的には型落ちパソコン狙いの人には不向きと言えます。ただし、購入時にパーツを細かく指定でき、選び方次第ではコストパフォーマンスがかなり高くなります。そのため、DELLの場合は直販モデルを選んだ方がお得になる場合が多いと言えます。パーツを選んで自分好みのマシンを作りたい人には有力な選択肢です。
  • ビジネス利用に最適な
    性能のバランスが良いモデル
2017年11月モデル
DELL
Latitude 7280 プレミアム Core i5 7300U
発売価格:16万9538円
現在価格:15万1616円
値下がり:1万7922円

CPU:第7世代Core i5
インチ:12.5
解像度:1920×1080
ストレージ:256 GB
本体サイズ:W304.8×H17.05×D 207.9mm
本体重量:1.18kg
バッテリー駆動時間:―
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載
少し古い世代ですが、Core i5を搭載で処理能力はまずまず。メモリ8GB、フルHD、USB Type-C対応でバランスも良いです。重量1.18kgと携帯性も高く、オフィスソフトが使えれば十分のビジネス用途ではかなり活躍する構成です。ただ、在庫が減っているためか最近は値上がりしつつあるのが残念なところ。
  • ゲーマー向けに構成された
    ハイスペックパソコン
2018年4月モデル
DELL
G7 15 プラチナ Core i7
発売価格:15万2801円
現在価格:16万9980円
差額:+16999円

CPU:第8世代Core i7
インチ:15.6
解像度:1920×1080
ストレージ:SSD256GB HDD1TB
本体サイズ:W389×H24.95×D274.7mm
本体重量:2.63kg
バッテリー駆動時間:―
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載
Core i7を採用し、メモリ16GBというパワフルなゲーミングモデル。その性能はデスクトップPCにも劣りません。本体の高温化を防ぐ冷却用通気口が優秀で、動作はつねに安定しています。本体も熱くなりません。

  • 型落ちノートPCカタログ⑥
    低価格で高性能な「ASUS」編
スマホで有名なASUSはパソコンも生産しており、洗練されたデザインに高いスペック。そして、国内メーカーではなかなかない低価格が特徴です。比較的古いモデルもたくさん販売されており、型落ち狙いにはたまらないメーカー。今回は、そんなASUSの型落ちノートPCをチェックしていきます。

ASUSは型落ちがオトクすぎ!
コスパで選ぶなら一押しです

ASUSは型落ちノートPCが豊富で選び放題。高性能で安い製品が並んでおり、コスパ重視なら間違いなく一押しです。ただし、台湾メーカーだけあって国内メーカーほどのサポートは期待できません。最近は赤坂に直営店を設けるなどして改善に努めていますが、サポートを重要視するなら国内メーカーを選んだほうが安心です。
  • 4Kディスプレイ採用で
    処理性能も高い理想的な1台
2018年3月モデル
ASUS
X570UD-8550
発売価格:18万2299円
現在価格:13万1667円
値下がり:5万632円

CPU:第8世代Core i7
インチ:15.6
解像度:3840×2160
ストレージ:SSD 256GB HDD 1TB 
本体サイズ:W374.6×H21.9×D256mm
本体重量:約1.9kg
バッテリー駆動時間:約4.1時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載
高い性能を有しつつ、美麗な4Kディスプレイを採用。これで低価格という理想的すぎる1台です。バッテリー駆動時間は短めなので注意が必要ですが、持ち運ぶことが少ないならコレを選んで間違いありません。
  • 超軽量・コンパクトなので
    持ち運び派にうれしい
2017年12月モデル
ASUS
TransBook Mini T103HAF T103HAF-8350
発売価格:5万7387円
現在価格:4万9679円
値下がり:1万408円

CPU:Atom x5-Z8350
インチ:10.1
解像度:1280×800
ストレージ:64GB
本体サイズ:W261×H10×D172mm
本体重量:0.87kg
バッテリー駆動時間:約14.6時間
タッチパネル:対応
光学ドライブ:非搭載
1024段階の筆圧検知に対応するペンが付属しており、タブレットとしても使用できるノートPC。タブレット部だけならわずか0.62kgと超軽量で持ち運びやすいです。スペックはそこそこですが、軽量なことを考慮して2位としました。
  • コンパクトボディなのに
    画面は広々で携帯性も抜群
2017年12月モデル
ASUS
ZenBook 13 UX331UN
発売価格:12万5454円
現在価格:10万7000円
値下がり:1万8454円

CPU:第8世代Core i5
インチ:13.3
解像度:1920×1080
ストレージ:256 GB
本体サイズ:W310×H13.9×D216 mm
本体重量:1.14kg
バッテリー駆動時間:約14.4時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載
超狭額ベゼル採用で本体サイズをコンパクトに抑えたモデル。携帯性を追求しており、13型ながら1.14kgと軽くてバッテリー駆動時間も長めです。処理能力も決して低くなく、ビジネスユースなら十分通用します。
  • 利用頻度が低くて持ち運ばない
    ライトユーザー向けモデル
2018年4月モデル
ASUS
VivoBook 15 X542BP-A9
発売価格:8万3259円
現在価格:6万4000円
値下がり:1万9259円

CPU:AMD A9-9420
インチ:15.6
解像度:1920×1080
ストレージ:SSD 128GB HDD 1TB
本体サイズ:W380×H23.2×D251mm
本体重量:2.3kg
バッテリー駆動時間:約3.9時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:DVD対応
重量2.3kgで、バッテリー駆動時間が3.9時間と持ち運びには向かないモデル。動作も決して軽快ではなく、ストレージ容量も少なめ。ライトユーザー向けの構成です。
  • タブレット形状に変形して
    動画視聴しやすいパソコン
2018年4月モデル
ASUS
VivoBook Flip 14 TP401NA
発売価格:7万8633円
現在価格:6万1600円
値下がり:1万7033円

CPU:Celeron Dual-Core N3350
インチ:14
解像度:1366×768
ストレージ:128GB
本体サイズ:W327.4×H 15.4×D226.5mm
本体重量:1.5kg
バッテリー駆動時間:約7.6時間
タッチパネル:対応
光学ドライブ:非搭載

ディスプレイが360度回転してタブレットにもなる2in1パソコン。処理性能はかなり低く、快適動作とは言えませんが、ディスプレイが14インチと大きめで動画視聴などに最適です。

  • 型落ちノートPCカタログ⑦
    ビジネスで人気の「Lenovo」編
多くの企業で採用されている「ThinkPad」シリーズが有名なLenovo。10万円以下のエントリーモデルから30万円オーバーのハイスペックモデルまでラインナップが幅広いのが特徴です。今回はそんなLenovoの型落ちノートPCがどのくらい安くなっているのか調べてみました。

型落ちモデルは豊富ですが
購入は基本的に直販サイト

LenovoのノートPCはAmazonなどでも販売されてますが、メインは直販サイト。店舗での取扱いが少ないため、価格は乱高下しにくいようです。発売開始から2~3ヶ月ほど経つと、後続モデルが販売されなくても大幅に値下げする傾向がありました。LenovoのノートPCを購入するなら、型落ちを待つのではなく、このタイミングを狙うのが良さそうです。逆に、時間が経つと値上がりしている場合もありました。
  • 持ち運びには向かないが
    欠点がなくて使いやすい
2018年モデル
Lenovo
Ideapad 330S
発売価格:8万5857円
現在価格:8万9960円
差額:+4103円

CPU:Core i5-8250U
インチ:14
解像度:1920×1080
ストレージ:256 GB
本体サイズ:W323.1×H18.95×D234.8 mm
本体重量:1.67kg
バッテリー駆動時間:約12.4時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載
Core i5、メモリ容量8GBとミドルクラスの性能。インターフェースも豊富で拡張性も問題ありません。少し重いので持ち運びには向きませんが、7万円以下で購入できるならお得です。
  • 自宅作業に使うなら
    オススメです
2018年3月モデル
Lenovo
ThinkPad E580
発売価格:7万5060円
現在価格:8万9960円
差額:+14900円

CPU:Core i5-8250U 
インチ:15.6
解像度:1980×1080
ストレージ:128 GB
本体サイズ:W369×H19.95×D252 mm
本体重量:2.1kg
バッテリー駆動時間:約13時間
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載
画面が大きくて使い勝手は上々です。しかし、大きくて重いので持ち運びは大変。自宅作業で使うのに最適です。
以上7大メーカー別ランキングでした。ノートPCは1年も経つとなくなっていることが多いです。半年前に調査した際は各メーカー5機種以上残っていたため、この数ヶ月間で売り切れたと考えられます。型落ち狙いはタイミングが最も重要といえるでしょう。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [ノートパソコン]
    選ぶ前に知っておきたい! 激動のパソコンメーカー DynabookもFMVも日本のメーカーじ...
  • [ノートパソコン]
    今が買い時! ノートPCおすすめランキング10選 | 失敗しない選び方[2019年最新版]
  • [ノートパソコン]
    PCゲーム始めるならこの一台! コスパ最強のゲーミングノート!
  • [ノートパソコン]
    【3年前とは大違い】失敗しないパソコンの選び方[2019年最新版]
  • [ノートパソコン]
    【VAIO A12 実機レビュー】2in1 PCの打ちづらさを克服できるフラップがスゴい !
  • [ノートパソコン]
    【超小型ノートPC】ゲームに全振りした携帯マシン、本音のレビューを公開
  • [ノートパソコン]
    コスパ最強「i7搭載ノート」はマウスでもエイサーでもなく…
  • [ノートパソコン]
    もう2台持ち不要! ノートPCをデスクトップに変える簡単テクニック
  • [ノートパソコン]
    【Acer】軽量・薄型ノートPCのおすすめモデルは、スペックも文句なし!
  • [ノートパソコン]
    持ち歩くならコレ! おすすめノートPC5製品比較
  • [ノートパソコン]
    Acer「Swift 5」レビュー。14インチで1キロ切りの最軽量級PCが実力十分でした!
  • [ノートパソコン]
    食わず嫌いしてない? ASUSの「ゲーミングPC」が実は万能マシンでした
  • [ノートパソコン]
    この画質で3万円はスゴすぎじゃないですかね…!?
  • [ノートパソコン]
    格安ノートPCは中国製がおトク……はもう古い! 実は5万円の国産が最強なんです
  • [ノートパソコン]
    【値下げ交渉実録】Macbook Proを5万円安く買う方法
  • [ノートパソコン]
    【軽すぎるPC】王者NEC VS 富士通 試してわかった最終結論は……
  • [ノートパソコン]
    パソコンに10万円はナンセンス!  ネットで買えるアンダー5万円PCで十分!
  • [タブレットPC]
    「Surface」新製品登場! ということは…そう型落ちが狙い目です
  • [デスクトップパソコン]
    Amazon売れ筋「小さい」デスクトップPCの潜在能力を引き出す方法
  • [デスクトップパソコン]
    テレビに挿すだけWindows10! Amazonの隠れ人気商品がコレです
  • [タブレットPC]
    Macバカも浮気しかける、期待値MAXのウィンドウズ出ました
  • [タブレットPC]
    Surface選びの意外な盲点。注目すべきは「音」でした
  • [タブレットPC]
    【パソコン&Wi-Fi】家電批評が選んだ2017年のベストがコチラ
  • [タブレットPC]
    【Surface Pro】プロの漫画家が見つけた「Pen」の意外な弱点