ルンバ大苦戦!ロボット掃除機おすすめランキング20選【2019年最新版】
2019年06月29日(土)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by MONOQLO編集部
ルンバ大苦戦!ロボット掃除機おすすめランキング20選【2019年最新版】
10万円オーバーのルンバ最新機から、2万円以下の格安期まで、さまざまなものが販売されていいるロボット掃除機。今回は一般家庭で普段使いをすることを想定して、最新20機種を大検証してみました!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
羽田 倫生 MONOQLO編集部デスク
羽田 倫生
「MONOQLO」編集部デスク。15年間の専門誌での経験を生かし主にファッションとサブカルチャー分野が専門。現在は食&エンタメ連載も担当中。
松下和矢 LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
  • 最近のおそうじロボットは
    仕組みも機能も複雑に!
今、家電量販店やAmazonなどのネット通販では、たくさんのロボット掃除機が販売されています。「そろそろ我が家にも……」と考えている人も少なくないのでは。でも、AI(人工知能)が搭載されていて、勝手に掃除してくれる掃除機であることは分かっても、その仕組みや機能となると複雑すぎて、よほど家電に詳しい人でない限り、その違いをちゃんと理解して購入するのはかなり難しいといえます。

おまけに価格も上は10万円超~下は2万円以下とまちまちで、ますます「いったいどれを選べば良いんだ」と、悩んでしまうことでしょう。

そこで家電量販店やネット通販で人気の最新機種20製品を徹底的に比較してみることにしました。
  • これだけは知っておきたい!
    最新おそうじロボット事情
最近のロボット掃除機には、メーカーや機種によって、じつに多くの機能が搭載されています。機種ごとにすべてをチェックするのは難しいとしても、まずは「普段使いで便利な機能」を、予備知識として持っておくと、実際に選ぶ際にスムーズになります。

その機能とは4つ。それぞれ詳しくご紹介しますが、全製品に搭載されている機能ではないことをご了承くださいね。
  • ①マッピング機能
カメラやセンサーなどで部屋を認識して、最適なルートをAIが探っていく機能のことをいいます。上位機種には学習能力を備えたものも。
  • ②アプリ連動
アプリ機能のついている機種の場合は、スマホが高機能なリモコンになりWi-Fi環境があれば遠隔操作も可能になります。
  • ③センサー検知
ロボット掃除機はセンサーによってゴミや障害物を認識するものがほとんど。この性能差で個性が出ます。
  • ④自動充電機能
ひと昔前は途中で充電切れしてしまう機種もありましたが、今はほぼ自動で戻り充電されます。今回検証した20機種は、ちゃんと充電スポットに戻りました。


以上が最新のロボット掃除機の基本です。つづいては実際にどう選べばいいのか?選び方のポイントをご覧ください。
  • 普段使いに本当に必要な一台を
    選ぶための4つのポイント
どんなにすごい機能が搭載されていても、使用する場所や使い方によっては、その機能が発揮されずムダになってしまうなんてことも……。そこで実際に、20機種すべてで掃除を行い、選ぶ際の重要なポイントをまとめました。
  • 選び方のポイント①掃除力:どんな床でもどんなゴミでもしっかり吸い取るか?
「吸引力の高さ=ゴミが確実に取れる」とは限りません。なかにはブラシや排気の風圧で細かなゴミを吹き飛ばし取りこぼしてしまう機種もあります。一方、突出した吸引力はなくとも、時間をかけて何度も同じ場所を通過することで、しっかり掃除してくれる機種もあります。

また畳やラグなどの場所や、ゴミの種類によっても機種ごとに得意不得意があるので、実際に使用する場所を想定して選ぶことをおすすめします。
  • 選び方のポイント②動作:どんな場所もくまなく回れるか?
多くのメーカーの取説には、ロボット掃除機の進路を邪魔しないために「事前に家具や荷物などを片づけてください」といった内容が記載されていますが、掃除のために部屋を掃除するのも何だか本末転倒……。

厚手のラグやおもちゃ、ベッドなど障害物があってもしっかり掃除してくれることがポイントです。
  • 選び方のポイント③掃除の安定性:動きはいつでもムダなく安定しているか?
どんなに高性能なロボット掃除機でも、部屋ごとに最適な掃除を毎日実行できなければ意味がありません。その時々の環境の変化にも対応できるか、アプリの設定は複雑ではないかなど、人間側がいちいち手を加えずともしっかり動いてくれるかどうかがポイントです。

ちなみに、こちらは今回テストしたロボット掃除機の、スペック面からみたかしこさの一覧です。
(表の中の価格はテスト時のものです)
  • 選び方のポイント④快適さ:音やお手入れのラクさはどうか?
4つ目のポイントは、快適さです。ゴミがすぐに溜まってしまって、こまめにダストボックスを取り替えたり、ブラシに絡まった髪の毛を取り除いたり……と、何かと手間がかかるのは困りものです。

また、一緒に生活する上で重要になるのは音問題。カタログだけでは見えてこない部分もポイントになります。


以上がロボット掃除機を選ぶ上での大事な4つのポイントです。それでは選び方をふまえた上でいよいよ、史上最強のロボット掃除機のランキングを発表します!
  • 間取りを正確に把握
    毎日ベストな「ルンバi7+」
アプリの操作性、毎回の掃除の的確さ、ゴミ捨て不要のお手軽さと、ロボット掃除機にありがちな面倒なストレスをすべて解消し堂々の一位となったのは「ルンバi7+」です。

最初に試運転させて部屋の間取りをマッピング学習させれば、あとはスマホでスタートボタンを押すだけ。勉強しなさいと指示をしなくても毎日自分からルートを最適化し、外出時もメンドウな片づけはほぼ不要で留守も任せられます。

しかもゴミは勝手にゴミ箱(クリーンベース)に入れてくれる……これはロボット掃除機どころか、掃除のあらゆるストレスから解放しれくれる、まさに「史上最強」の優秀さです!
アイロボット(IRobot)
ルンバi7+
実勢価格:14万270円
(クリーンベースなしは10万7870円)
サイズ:W35.1×D35.1×H9.2cm 
重量:4.0kg
連続稼働時間:約75分
とにかく最強ポイントの多いルンバルンバi7+ですが、とくに推しのポイントはこちら!


【最強ポイント①世話いらず!】
掃除を終えたルンバi7+は、迷うことなくホームへ。じつはこのホーム、「ダストボックスのゴミを自動で排出する」クリーンベースを新搭載しており、ルンバが戻るやいなやルンバ本体のダストボックスのゴミを一気に吸い上げてくれるんです。

なのでケアは1ヶ月に1回、クリーンベースのダストボックスの紙パックを交換するくらい。本当に世話いらずで感激するレベルです。
ルンバi7+に搭載されたクリーンベースについてはこちらの記事で詳しくご覧いただけます。
【最強ポイント②部屋ごとの清掃予約ができる!】
間取り学習機能により、ルンバが部屋の境界線までしっかり自動認識します。部屋の清掃パターンも自由に設定できできます。


【最強ポイント③掃除力】
部屋を認識してから実力を発揮するマッピング式機種はすべて、部屋をマッピングしてから検証しましたが、その中でも、ルンバi7+はいずれのポイントでも初回から大きなミスがなく、常に安定していました。

【最強ポイント④ルートの安定性】
ホームから飛び出すと、最初から直進と旋回を繰り返しながらソファの下とラグの上を規則正しく進んでいきます。10分後キッチン側に移動し、テーブルの外側だけを往復。ひと通り終わったらテーブルの脚へ……と、とにかく動きにソツがないルンバi7+。

じっくり25分間、リビングを清掃してようやく最初を部屋移動。その後浴室と寝室を10分程度掃除したあと、廊下から一気に助走をつけ寝室に直進し室内を清掃。

少し取りこぼしがあったものの、最後の15分で各部屋をじっくり回ってしっかり吸い取っていたのはお見事です!
やみくもにアタックするのではなく、きちんと自分の体を回転させながら狭い場所を掃除します。
間取りがきちんと頭に入っているので、中途半端な場所でウロウロするシーンはほとんどありません。
マッピングすると間取りは自動登録され、こちらがやることといえば名前をつけることぐらいです。

20機種中もっとも高額なルンバi7+ですが、しっかり掃除をしてくれる相棒としてはまず間違いのない逸品といえます。

ただ、今回のランキングにルンバシリーズは5製品がエントリーしているのですが、じつはi7+以外は苦戦となりました。

そんな中、2位につけたのはスタッフも驚愕した「超低価格帯」の製品です。
  • 1万円台でも性能バッチリ!
    コスパ派必見の「ILIFE V3s」
「ILIFE V3s」をひと言で表現するなら、「ゴミをしっかり取ってくれる頑張り屋」。

2万円以内という価格でありながら、もともとペットの毛や埃を吸引するため開発されただけあり、ていねいに部屋を走行し、ゴミのある場所には何度も向かって吸引し、充電切れギリギリまで目一杯働いてくれます。
アイライフ(ILIFE)
V3s Pro
実勢価格:1万6900円
サイズ:W30×D30×H8.1cm
重量:2.2kg
連続稼働時間:約120分
【おすすめポイント①時間がかかってもしっかり吸い取る!】
開始から1~2分間隔で部屋を移動し続け、30分過ぎたあたりでようやくリビングに落ち着きます。ダイナミックさはないですが、小さくポイントを刻んでいく走り方で、厚手のラグやコードなどの障害物にも何度もアタックします。
決して効率のいいルートではないものの、目の前のゴミをしっかりとってくれます。よく観察すると、1回で取りきれなくても長時間かけ何度も何度も同じ場所を通過することで、結果的に部屋をキレイに掃除してくれます。
上位機種でも音をあげる場所や障害物にも果敢にアタック。回転ブラシがないため一度にかき出す力は弱いですが、最後まで全力で頑張り厚みのあるラグの髪の毛や紙片はほとんど吸い取りました。


【おすすめポイント②お手入れがラクチン!】
回転ブラシがなく、裏面の中央やや上にある口からゴミを吸うタイプなので、ブラシにゴミが絡まる心配もありません。

ILIFE V3sの魅力は、価格の安さだけではなく上位機種にも引けを取らないその性能! 低価格帯の製品はイマイチかも……という思い込みを見事に覆してくれました!
  • 今回もっとも薄いモデル
    Ankerの「RoboVac 30C」
ソフトタッチかつスピード感ある動き、そして静音性で3位を獲得したのは、Ankerの格安ライン機「RoboVac 30C」です。

V3sに次ぐ掃除力でコスパの高さを発揮しました。吸引力だけでいえば、ILIFE V3以上!今回の20台中最も薄型構造で、状況に応じて吸引力を上げてくれます。
アンカー(Anker)
Eufy RoboVac 30C
実勢価格:3万4800円
サイズ:W約32.5×D32.5×H7.2cm
重量:約2.65kg
連続稼働時間:最大100分 
掃除力だけではなく、障害物を乗り越える力もバッチリです。
滑り止めのついた市販の玄関マットも、そのままの状態で乗り上げてしっかり掃除しました。
  • モノを回避したり乗り越えたりする
    繊細な動きはナンバーワン「Botvac D5」
狭い机の下もゴリゴリと進むアグレッシブさと、おもちゃやゴミ箱の周辺を円を描くように進む慎重さを兼ね備えた「Botvac D5 Connected」。

モノを回避したり乗り越えたりする繊細な動きはナンバーワンでした。音がかなりうるさいので、気になる人は留守中に掃除するなどの工夫が必要です。
ネイトロボティクス 
Botvac D5
Connected
実勢価格:6万1430円
サイズ:W31.9×D33.6×H10cm 
重量:3.4kg
連続稼働時間:最大270分
(3回充電での数字です)
モノの「回避力」や「乗り越え力」は素晴らしく、うっかり片付け忘れても安心です。
ぬいぐるみの直前で止まり、その後周囲を円を描くようにぐるぐる回っていました。
多くの機種が糸を絡めて空転するなか、Botvac D5はラグ自体をめくり上げるものの、糸には絡まらず、そのまましっかり掃除しました。
  • 粉末系のゴミに強い
    「ILIFE A7」
2位の「ILIFE V3s」に続き「ILIFE A7」が5位にランクイン。動きの賢さではイマイチな点もあったものの、他の項目で軒並み高評価でした。スマホアプリ対応で遠隔操作ができるのも評価のポイントです。

床のタイプ別に2種類のブラシが付属しており、とくに粉末系に強く、コーヒー粉と砂埃に限れば99%吸引に成功しました。ラグは苦手ですが、それ以外はほとんど取りこぼしがありません。
アイライフ(ILIFE)
A7
実勢価格:2万1900円
サイズ:W33×D32×H7.6cm
重量:2.5kg
連続稼働時間:120~150分 
  • 正確かつ仕事が早い
    「DEEBOT OZMO 930」
本格的な水拭きモップシステム(OZMO)を搭載しているエコバックス製のモデル。間取りをレーザーで自動測定して走行し、効率良い動きとゴミを掃除する正確性では、1位のルンバルンバi7+とも張り合えるレベルです。

アプリの安定性だけは課題ですが、移動している場所をマップ上でリアルタイムで教えてくれるなど、かなり親切設計になっています。
エコバックス
DEEBOT OZMO 930
実勢価格:5万7700円
サイズ:W35.4×D35.4×H10.2cm
重量:4.1kg
連続稼働時間:約110分 
テレビ台にぶつかったり、厚手のラグの上でぐるぐる回りながら、10~20分ほどで部屋を楯に横に直進しはじめます。規則正しく仕事も早いのが特徴です。
  • パワフルに掃除する
    「ルンバe5」
毎秒60回以上、部屋の状況を判断しながら同じポイントを複数回、しかも様々な角度から掃除する「ルンバe5」。次点の「ルンバ960」とほぼ同じ評価でしたが、コスパの良さを考慮して上位となりました。

マッピング機能はありませんが、壁をうまく使って現在地を把握し動き回ります。ランダムとはいえ、ある程度規則的に動くので普段使いには十分です。ゴミを見つけるとその場で方向転換をして吸引する細やかさも備えています。
アイロボット(IRobot)
ルンバe5
実勢価格:5万3870円
サイズ:W35.1×D35.1×H9.2cm
重量:4.0kg
連続稼働時間:約90分 
  • 直進や回転など
    工夫しながら動く「ルンバ960」
i7に次ぐ上位機「ルンバ960」。i7の登場でルンバ最上位機種の座は譲ったものの、ある程度ほうっておいても、時間に余裕をもって掃除を終わらせるあたり、さすがといった印象です。カメラとセンサーを駆使した高性能なナビシステムで位置を把握しながら走行します。
アイロボット(IRobot)
ルンバ960
実勢価格:7万1000円
サイズ:W35.3×D35.3×H9.2cm
重量:3.9kg
連続稼働時間:約75分 
隅を攻めるエッジクリーン機能があり、リビングのコーナーやフローリングなどの掃除は完璧にこなします。
  • 水拭き掃除もできる
    「ILIFE V8s」
部屋の形状に合わせ6種類の清掃パターンが選べる「ILIFE V8s」。吸い込み掃除機能以外に水拭き掃除機能も備えています。最大750mlの引き出しタイプの大容量ダストボックスも魅力です。

ILIFEの他の2機種と比べると順位は落としましたが、畳やフローリングの掃除に強さを発揮しました。
アイライフ(ILIFE)
V8s
実勢価格:2万9900円
サイズ:W33×D32×H8.1cm
重量:2.7kg
連続稼働時間:約80分
  • 独自のブラシでゴミを
    かき出す「EVOROBOT R72」
スマートセンサーナビゲーション機能を搭載しており、周囲の状況を把握し、障害物を感知しながら走行します。独自のブラシでフローリングやカーペットのゴミをかき出し吸引してくれます。

ゴミを吸うパワーはそこそこですが、厚手のラグでは、上位機種が苦戦する中「EVOROBOT R72」だけがゴミを100%吸引しました。狭い場所や障害物にガンガン向かっていく姿勢には好感が持てます!
シャーク(Shark)
EVOROBOT R72
実勢価格:3万4800円
サイズ:W32×D31.5×H9.0cm
重量:3.3kg
連続稼働時間:約60分 
  • 個性はないけどバランスは
    良い「DEEBOT N79T」
Amazon Echoと連携すると、声だけで清掃開始・終了・ドッキングステーションに戻して充電まで行える「DEEBOT N79T」。掃く、吸う、モップを一度にこなす多機能で、突出した個性はないものの、全体のバランスが良く、コスパを考えると買いです。

マッピング機能がないわりには動きは規則正しく、小回りが効きメリハリがあり考えて動いている感じでした。
エコバックス
DEEBOT N79T
実勢価格:2万3900円
サイズ:W33×D33×H7.8cm
重量:3.25kg
連続稼働時間:約120分
  • ルンバ初の2万円代!
    基本機能を押さえた「ルンバ606」
今年4月に発売されたルンバ 初の2万円台モデル。自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー、絡まり防止といった基本機能が搭載されています。

初の2万円台ルンバとして話題になりましたが、掃除する場所によって得意不得意がある印象で、とくに畳の部屋では角を攻めることが多く、なかなか中央のゴミは吸引しないという結果に……。今回のテストでは、それほどコスパの良さは感じられませんでした。
アイロボット(IRobot)
ルンバ606
実勢価格:2万7799円
サイズ:W34×D34×H9.2cm
重量:3.6kg
連続稼働時間:約60分 
  • 3つの清掃を同時に行う
    入門機シリーズ「ルンバ643」
ルンバの入門機カテゴリに入る600シリーズの最新作「ルンバ643」。かき出し・かき込む・吸い込むという3つの清掃を同時に行う、ルンバ独自の「3段階クリーニングシステム」を搭載しています。侵入力には優れていますが、障害物の回避力が弱いのが残念なところ……。
アイロボット(IRobot)
ルンバ643
実勢価格:3万990円
サイズ:W34×D34×H9.2cm
重量:3.6kg
連続稼働時間:約60分 
  • 部屋に合わせてしっかり
    掃除する「DEEBOT 900」
「DEEBOT 900」は、モップ以外は性能はほぼ6位の「OZMO 930」と同じ。部屋の形状に最適なルートで走行し掃除を行います。

OZMO930よりはやや動きは不規則な印象でしたが、段差の溝など他のモデルが気にしないところもしっかり掃除したのは評価できます。
エコバックス
DEEBOT 900
実勢価格:4万8373円
サイズ:W33.7×D33.7×H9.5cm
重量:3.0kg
連続稼働時間:100分 
和室をブロック分けするように4往復しながら畳中央のゴミだまりを規則正しく吸引しました。ただ粉末が若干残りパーフェクトは達成できずでした。
  • 渦巻き走行機能を
    備えた「RULO MC-RSC10」
小さなボディで小回りが効き、狭い場所も得意な「RULO MC-RSC10」。19位「RS810」のラウンド&ランダム走行に加え、渦巻き状にスポット走行する機能を備えています。ただ、同じ場所をぐるぐる回ったり、ゴミのないところでも回ったりとムダな動きもありました。
パナソニック(Panasonic)
RULO MC-RSC10
実勢価格:4万450円
サイズ:W24.9×D24.9×H9.2cm
重量:2.0kg
連続稼働時間:約80分 
  • リモコン操作可能
    「minimaru RV-EX1」
「minimaru RV-EX1」は、名前のとおり本体幅25cmという小ささで狭いところも低いところも自在に動き回るロボット掃除機です。17位の「RV-EX20」と機能はほぼ同じで、スマホや音声操作などの機能がないモデルですが、リモコン操作可能でコスパ的にはこちらで十分といえます。
日立(HITACHI)
minimaru RV-EX1
実勢価格:4万7980円
サイズ:W25×D25×H9.2cm
重量:2.3kg
連続稼働時間:約60分
  • 独自のAI技術で走行を
    制御する「minimaru RV-EX20」
複数のセンサーにより周囲状況を判断し、状況に合わせて100以上のパターンから動作を選択するといった独自のAI技術で、自動で運転を制御する「minimaru RV-EX20」。

ランダム走行後、ゴミの多い場所に戻って掃除したり、段差乗り越え力は評価が高かったりしたものの、今回のテストでは、価格以上の機能を十分生かしきれない結果で17位に……。
日立(HITACHI)
minimaru RV-EX20
実勢価格:6万9000円
サイズ:W25×D25×H9.2cm
重量:2.3kg
連続稼働時間:約60分 
まず部屋の角を目指し、そこから対角線上に進みながらゴミを吸っていく、ランダム走行のお手本のような走行を見せました。ただ、今回のテストでは動きがゆっくりで、ゴミの上を通過するだけのことも多く、見せ場がありませんでした。
  • 優秀…でも40分で
    充電切れしてしまう「PUREi9」
「PUREi9」は、3Dビジョン(TM)搭載で、障害物を検知、部屋の地図をマッピングし、効率的に掃除してくれます。
エレクトロラックス
PUREi9
オープン価格:8万6713円
サイズ:W32.5×D28×H8.5cm
重量:2.5kg
連続稼働時間:約40分(通常モード)約60分(ECOモード)
カメラとセンサーで空間認識して走るためか、立ち止まったかと思ったら急に走り出したり、落ち着きがなく、最初の40分では全部屋掃除しきれず、帰還……。掃除力は優秀ですが、コスパがいいとはいえない結果となりました。
  • 一般家庭ではスペックが
    高すぎか?「RULO MC-RS810」
カメラセンサーで部屋をマッピングし走行。検知したゴミの量に応じ吸引力を自動制御する「RULO MC-RS810」。ゴミのたまる場所を重点的に掃除するなど機能は豊富ですが、今回の2LDKの部屋では生かし切れない部分もありました。
パナソニック(Panasonic)
RULO MC-RS810
実勢価格:10万1980円
サイズ:W33×D 32.5×H9.2cm 
重量:3.0kg
連続稼働時間:約100分 
ある程度ゴミがないとマップがつくれないのか、10回目の掃除でようやく完成……。やっと動いたと思いきや、ラグの周囲をのんびり蛇行するばかりでなかなか上がろうとしないなど、結局、最後までスピードを上げることなくホームに帰ってしまいました。今回は、値段以上の働きを見せたとは言いがたい結果に。
  • ムダのない動きの一方で
    タフさがない「Dyson 360 Heurist」
360°カメラと4つのセンサーで障害物を避けながら走り、吸引力も前モデルより20%向上した「Dyson 360 Heurist」。スタートと同時に規則正しく走行し、モノにぶつからず掃除する様は、さすが無駄がありません。ただその一方で、小さな段差もあきらめて帰ってしまう場面もありました。
ダイソン(Dyson)
Dyson 360 Heurist
実勢価格:11万3900円
サイズ:W23×D24×12cm
重量:2.51kg
最大稼働時間:約75分 
マッピングは1回ですんなり完成しました。性能の高さは間違いないですが、何度も立ち止まって考えたり、掃除をしないで帰ってしまったりすることが多かったのがもったいない!とはいえ、あくまでも今回の検証においての結果で、ダイソンの性能は間違いありません!
  • 【総合順位まとめ】まさかの
    格安機が上位を占める結果に!
ルンバの最上位機種である「ルンバi7+」が総合1位……というのはある程度想定の範囲内だったものの、ルンバ960以降やパナソニック、ダイソンなどの上位機種が苦戦し、U5万円台の格安機が続々と上位に入るという意外な結果になりました。

ランキング一覧はこちらです。
価格は検証時のものとなっています。最新の価格は各製品の情報をご覧ください。
2位のILIFE「V3s Pro」をはじめ、アンカーやネイトロボティクス、エコバックスといった一般知名度は低いモデルにも、それぞれに個性や特徴、長所が発見され、家庭での使いやすさと高機能は必ずしも比例しないことをあらためて認識することとなりました。

上位機種は軒並み苦戦しましたが、今回のテストはあくまで日常生活で使えるかどうかであり、本来の機能性を否定する結果ではないことだけ、ご理解くださいね。

まだロボット掃除機を使ったことがない方は、どれを選んでも格段に毎日の掃除がラクになること間違いナシなので、ぜひ取り入れてみてください。


ちなみに今回は、上記の結果を得るために、約1ヶ月に及ぶ検証を敢行しました。最後に具体的なテスト方法をご覧ください!
  • [検証方法]2LDKのマンションを借りて
    1ヶ月間部屋の隅々まで掃除しました
今回は家電量販店やAmazonなどのネット通販で人気の20モデルを集め、よりリアルな環境を再現するため、マンスリーマンションを借り切って検証しています。
テストしたのは上記の2LDKの間取りになります。ここで約1ヶ月間、ロボット掃除機を使いました。
  • 「掃除力」の検証
一般家庭で床によく落ちていがちなゴミ5種類を、部屋の9カ所に散布しし、その上をロボット掃除機が走行し、どれぐらい吸引できたかをチェックしました。ゴミの吸引量は、各ポイントに残ったゴミの量で判断し、取りこぼしのないよう、コロコロやチリトリで髪の毛1本、粉末0.01g単位まで、しっかりと採集して計測しました。


[検証場所]
①畳(和室)
畳は細かい隙間があり、とくに粉末のような細かいゴミは引っかかりやすくなります。これらのゴミもしっかり吸い取るかチェックしました。


②厚手のラグ
ラグの四隅や中央に均一に食べかすや髪の毛、紙片などのゴミを散らして検証。厚手のラグはゴミが入り込みやすく、勢いよく吸引しても、ゴミが入り込み取り逃がしてしまいがちな場所です。


③浴室(脱衣所)
ビニール床の脱衣所は、落ちやすい髪の毛や外で遊んで帰ってきた子どもが脱いだ靴下からバラバラ出てくる砂埃を想定してゴミを撒きました。


④玄関付近の廊下
玄関に近い廊下に砂埃を散布しました。フローリングの上の砂埃は掃除機が滑りやすく、ゴミを取り逃しがちになります。


⑤リビング(コーナー)
テレビ台や厚手のラグに囲まれた部屋の隅はゴミが溜まりやすく、掃除機が届きにくい場所です。


⑥リビング(障害物なし・障害物あり・フローリング)
カーペットフロアのリビングと、フローリングの廊下それぞれ同じ条件のゴミを撒き、床の素材ごとのゴミの採れ具合を調べました。障害物ありの場合はテーブルの脚を囲むように紙片や食べかすを撒きました。


⑦寝室
ベッドの枕元近くにゴミを撒くことで、ロボット掃除機がベッド下をきちんと出入りできるかも同時に観察しました。


[ゴミの種類]
①髪の毛
床に落ちてるNo.1の髪の毛。エクステ用の人毛を約20cmにカットし、1本ずつ丁寧に計10本を全種類の床に散りばめました。


②粉末
とくに畳の上で散らばると片づけが面倒な食品の粉末系。今回は市販のコーヒー粉を使用し、各エリアに3g撒きました。


③食べかす
子どもの食べこぼしを想定し、ベビースターラーメンを約1~2cmに折り、1gを1セットとして散布しました。


④紙片
髪の毛に次いで多い紙片ゴミ。シュレッダーで細長く裁断した紙を2.5cmにカットし、これを10枚1セットとして散りばめました。


⑤砂埃
玄関や浴室などで多い砂埃。この検証のために砂をふるいにかけ、微粒な砂埃をつくりました。これをビーカーで0.01g単位まで計測し各エリアに1g散布しました。
  • 「動作」の検証
椅子や玄関マットなど、いちいち片付けるのがめんどうな家具や雑貨から、飲みかけのペットボトルや子どものおもちゃなどをそれぞれの部屋に配置し、「乗り越え力」「侵入力」「回避力」で検証しました。


[乗り越え力]
①電源コード
テレビ台横のコードで検証しました。コードは車輪やブラシ、センサーの突起など、さまざまな箇所に絡まる可能性がありますが果たして……?


②厚手のラグ
厚み1㎝、毛足の長さ1㎝のラグを用意しました。ラグを障害物と認識して回避するのか?それとも乗り上げてちゃんと掃除するのか検証しました。


③玄関マット
滑り止めのついた市販の玄関マットの厚みは0.8mm。そのままの状態で乗り上げて掃除するのがベストですが、押しのけてしまったり、車輪に絡まってしまったりしないか観察しました。

また、玄関と廊下の段差を認識して止まれるかも検証しました。
一般的なマンションの玄関と廊下の段差=5cmです。


[侵入力]
①垂れたふとん
ロボット掃除機の天面が軽く触れる程度に布団を垂らし、その隙間を通り抜けるかチェック。カメラセンサーが上部にあると不利になるので避けても「クリア」としました。


②狭い四隅
廊下にある10×10cmの角を利用し、狭い場所にしっかり入っていけるかどうかもチェックしました。


③キッチン下
高さ10㎝、奥行5㎝のキッチン下の隙間に、紙片5枚を置き、残った枚数でジャッジしました。


[回避力]
①おもちゃ
写真の高さ5cmのプラレールと、ぬいぐるみ2種類を用意。それぞれにどう対応するかを観察しました。


②ゴミ箱
普段はわざわざ片づけないものの代表として、一般的なプラスチック製のゴミ箱を配置。動いた距離も計測してジャッジします。ごみ箱の高さは20cmです。


③ラグの糸
玄関マットより薄く滑り止めはついていませんが、サイドに7cmの糸がついているものを用意しました。この糸に絡まらないかチェックしました。


④ペットボトル
床の上に置きっ放しの本や飲み物のような小さなものも避けるのか? 今回は倒すとより危険度の高い飲み物で検証しました。検証に使ったのは500mlのペットボトル(高さ22㎝)です。


⑤椅子の脚
椅子の脚を認識したときに、回避するのか?それとも当たりながらも掃除をするのか?また椅子の脚がどれくらい動いたのかも検証しました。
  • 「掃除の安定性」の検証
常に安定して掃除するためには、マッピング機能やアプリの性能が重要になります。どのように部屋を移動し、どのように掃除をするのか、1ヶ月間観察をしました。
各機種ごとに部屋から部屋への動き方や、掃除の仕方を記録しました。
部屋には、5つのカメラを設置しチェック。
同時に、センサーの邪魔にならないように目視でも観察し記録しました。
  • 快適さの検証
ゴミを捨てる頻度のほかに、「ゴミの捨てやすさ」「ブラシなどのケア」「掃除中の音」をチェックしました。

[ゴミの捨てやすさ]
一般的なロボット掃除機のダストボックスは2タイプあり「ボックス式」と「スライド式」になります。それぞれの特徴をご説明します。


①ボックス式
ケースを開けて取り出すタイプで、パナソニックやHITACHIを筆頭に、各メーカーが独自の形式でボックスを搭載しています。本体上部のケースを外すパターンが多いのが特徴です。


【パナソニック RULO MC-RS810】
ハンドルが付いていて、取り出しがラクチンです。

ただ、機種によってはフィルターを外す手間があったり、ボックスの口が下向きでゴミがこぼれやすかったりと一長一短あります。


【ILIFE V3】
取り出しやすいけど、フィルターを外すひと手間がちょっぴりメンドウ……。


【ダイソン Dyson 360】
瓶のような形状で、ダストボックスの口が下を向いているため、ゴミがこぼれやすいです。


【エコバックス DEEBOT900】
ボックスに穴があいた形状で、ゴミが中で溢れていました。


②スライド式
横にそのまま引き出すタイプで、ルンバシリーズやAnker、ILIFEの一部が採用。ワンタッチで楽だが、穴が下向きにあいており、気をつけないと床にこぼれてしまうこともあります。


【ILIFE V8s】
容量も大きくて、ゴミもこぼれにくくなっています。


[掃除中の音]
音に関しては、それぞれの機種を動かし騒音計で計測しました。あわせて体感でもチェックしています。音控えめ設定などを搭載された機種もあります。


[ブラシなどのケア]
通常のブラシは髪の毛などが絡まり、あとで掃除するのがメンドウです。ゴム製のブラシであればお手入れはラクですが、中にはブラシでも掃除中に回転しながら自然除去するものもあります。


以上、ロボット掃除機の最新機の選び方と、ランキング20をご紹介しました。ぜひ購入の際はご参考にしてみてくださいね!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [ロボット掃除機]
    ロボット掃除機は「ルンバ」じゃなくてもいい5つの理由|格安ロボット掃除機おすすめ...
  • [ロボット掃除機]
    【Amazonベストセラー】面倒くさい!を解消できる「生活家電」6選[2019年最新版]
  • [ロボット掃除機]
    ロボット掃除機の“一番めんどくさいアレ”が遂に解消! 最新ルンバ速報【本日発売】
  • [ロボット掃除機]
    「ふつうのルンバじゃ物足りない」派に捧げるAmazonカスタム術
  • [ロボット掃除機]
    シャークニンジャの掃除ロボットの口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビュー
  • [ロボット掃除機]
    【ロボット掃除機】価格がネックとは言わせない!格安ルンバの本音評価、公開します
  • [ロボット掃除機]
    「ルンバは高い。でもロボット掃除機は欲しい」を叶える最強コスパ品はコレ!
  • [ロボット掃除機]
    最強コスパのお掃除ロボット「ILIFE」を知っていますか?
  • [ロボット掃除機]
    うちのルンバがもっと輝く!ちょい足しアイテム3点
  • [ロボット掃除機]
    結論、ロボット掃除機はやっぱりコレが一番オススメです[2018年上半期まとめ]
  • [ロボット掃除機]
    エレクトロラックスPUREi9の口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビュー
  • [ロボット掃除機]
    アマゾンで超定番「ANKER」の買って損なしベストヒット6選
  • [ロボット掃除機]
    Amazonで人気! 掃除ロボットILIFE V3s Proの口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レ...
  • [ロボット掃除機]
    ドンキの掃除ロボットの口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビュー
  • [ロボット掃除機]
    【安くて賢い】部屋のスミまでキレイにしてくれるロボット掃除機はコレ
  • [ロボット掃除機]
    【安くてもドジじゃない】安心して留守番できるお掃除ロボットはコレです
  • [ロボット掃除機]
    【買う前に!】お掃除ロボットは意外なところで差がつくんです
  • [ロボット掃除機]
    【吸引力は一人前】ロボット掃除機は3万円でOKな理由
  • [ロボット掃除機]
    売れ筋掃除ロボットルンバ・ダイソン・パナソニックの口コミや評判は本当?ヤラセなし...
  • [ロボット掃除機]
    ルンバ破れる…!スマホと手を組んだニューカマーがヤバいんです
  • [ロボット掃除機]
    【お掃除ロボット】買っても後悔しない“最安値ライン”はココ!【2017年】
  • [ロボット掃除機]
    【ロボット掃除機】犬の毛、ネコ砂、全部取れた1位は…プロが選んだペット目線ランキ...
  • [ロボット掃除機]
    人気ロボット掃除機の「途中で止まらない」ランキング8選【2017年】
  • [天井照明]
    3位ホタルクス、2位パナソニック、1位は意外な…LEDシーリングライトおすすめランキン...