とんかつチェーンおすすめランキング5選|プロが実食して選んだNo.1は?[2019年最新版]
ランキング
/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2019年04月29日

とんかつチェーンおすすめランキング5選|プロが実食して選んだNo.1は?[2019年最新版]

ひそかに激戦を繰り広げているとんかつのチェーン店。お手頃価格でおいしいとんかつが食べられるのは、とってもうれしいですが、味だけでなく、コスパもボリュームも満足のいくお店はあるのでしょうか? そこで今回は、話題のとんかつチェーン5店舗を覆面調査! 食のプロ2名が食べ比べて辛口評価した結果をランキングで発表します。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏
家計にやさしい節約レシピや、調理時間を短縮できるクイックメニューが大人気。雑誌・テレビ出演、講演会などを中心に、幅広く活躍中。
幸せ食生活ヒラメキスト
北山みどり 氏
料理・調理道具研究家。単に分量・手法を伝えるだけではなく、「食」に対する魅力を幅広く伝える講習を行う。講義・講演等、多方面で活躍中。公式ホームページ http://www.kitayama-midori.com/
MONOQLO編集部 デスク
桜井めぐみ
テストするモノ批評誌『MONOQLO』のデスク。某飲料メーカーの営業・広報・社長秘書を経て現職。キッチン家電や日用品から防災グッズ・食品まで、幅広くテスト。日用品が主なカバー範囲。ここ1年間で検証を行った製品は2500品以上。体当たり検証が特に得意で、過去「婚活潜入調査」や「ビジネスホテル徹底比較」「自動翻訳機比較テストinセブ島」など。

外食チェーン 油・肉・衣も秀逸のとんかつを チェーンで提供するのは至難の技!

「かつや」や「和幸」といった先行者を追いかけるように、牛丼チェーンの「松屋フーズ」がとんかつ「松乃家」を展開するなど、今話題の外食チェーンとなっているのがとんかつチェーンです。

食のプロいわく、「とんかつは油・肉・衣のどれか1つでも妥協すると味にストレートに影響する」とのこと。毎日、新鮮な油と肉を使って、かたく縮まらないような時間配分で揚げ、適度に油を切るなど、とんかつをチェーン店で提供するのは至難の技だそうです。

これを聞くと、さらに今のとんかつチェーンのクオリティがどうなっているのか気になります。ということで今回は、今どきのとんかつチェーンを知るべく、食のプロと覆面調査を行いました。

対象となるのは以下の5店舗です。

・とんかつKYK
・かつはな亭
・かつ時
・名代とんかつ かつくら
・とんかつ濱かつ

今回調査したとんかつチェーン店はどれも発祥が東京以外となっており、中でも「とんかつKYK」は関西で人気のお店です。決め手となる味をジャッジするため、それぞれのお店ではロースかつとヒレかつの2品をいただきます。

外食チェーン とんかつチェーン5店を覆面調査 気になる結果はランキングで紹介!

今回、覆面調査に訪れたとんかつチェーンは5店舗。プロ2名に食べ比べていただき、味はもちろん、ボリュームやコスパ、サービスなどを辛口評価してもらいました。

評価は以下の5項目で行い、総合評価をS~Cで行いました。

・おいしさ(ロース)
・おいしさ(ヒレ)
・ボリューム
・コスパ
・サービス

今回のとんかつチェーンの比較は、東京以外のお店に軍配があがる意外な結果に! このことについては、プロも驚きを隠せませんでした。

それでは、総合評価の高かったお店からランキングを発表します。

記事1位BEST 衣サクサクで絶品のロースカツ! 絶対食べるべき「とんかつKYK」

株式会社曲田商店 KYKGROUP:とんかつKYK:外食チェーン店公式サイト
株式会社曲田商店 KYKGROUP
とんかつKYK
発祥:神戸
店舗数:約20店舗
店舗所在地:愛知、三重、京都、大阪、兵庫、和歌山
見事とんかつチェーンの1位に選ばれたのは、関西中心のとんかつチェーン「KYK」でした。昭和40年に神戸の地下街に第1号店が出店され、現在は関西を中心に約20店舗を展開しています。

今回ヒレとロースの両方を実食しましたが、ロースかつは食べた瞬間にやわらか~いお肉が口でとろけ、とにかく絶品です。
ロースもヒレもおいしく、高評価! その他のボリューム・コスパについても星5つ、サービスも星4つで、総合評価は最高評価のSとなりました。

実食したのはこちら

鹿児島県産 薩摩錦おごじょ豚 ロースとんかつ膳(140g)1480円
 KYKオリジナル ヒレとんかつ膳(130g) 1230円
なんといってもロースかつのクオリティがダントツで、驚くほどやわらかく、中心がほんのり赤いレアで出せるほどの一級品です。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

関西だけなのが悔しいぐらい、とにかくロースがおいしい!
ロースかつは絶妙なやわらかさで1番旨いです。胃もたれしない新鮮な油で揚げているからか、脂身までおいしいです。

北山みどり 氏 幸せ食生活ヒラメキスト
北山みどり 氏のコメント

人生に一度は食べてほしい最高のとんかつです!
ヒレかつは最高級のロースかつに比べると、普通においしい程度でした。しかし、ヒレ肉をレアで提供できるのは、自信がある証拠です。
豚肉の品質もよく、臭みひとつないクオリティの高さに、関西チェーンのスゴさを実感できた感動の味でした! 特にロースかつは、わざわざ関西に行って食べるべき完成度です。

ロースもヒレも脂身までおいしくて あっさり食べられる「かつはな亭」

株式会社RDCホールディングス:かつはな亭:外食チェーン店公式サイト
株式会社RDCホールディングス
かつはな亭
発祥:群馬
店舗数:約21店舗
店舗所在地:群馬、栃木、埼玉、長野
2位は「がってん寿司」や「函太郎」など40種の飲食店ブランドを展開する「RDC」の「かつはな亭」でした。一見、普通のファミリーレストランに見える店内とは裏腹に、味は本格派。ロース・ヒレどちらも脂身までおいしかったです。
ロースもヒレもおいしさは高評価で、その他ではコスパが頭一つ抜けて星4.5。ボリュームもサービスも決して悪くなく、総合評価はA+でした。

実食したのはこちら

黄金豚の特撰 ロースかつ定食 (160g)1501円
ヒレかつ定食(上)4枚 1393円
肉や衣・油の質だけでなく揚げ方も絶妙で、中心はレアっぽく、縮まらず固くなりすぎないよう揚げ方に配慮されていて、脂身までおいしいです。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

ロースかつは噛めば噛むほど甘さを感じます。
今回食べたとんかつの中で、唯一ヒレかつもおいしかったです。付属のワサビをつけて食べると、とてもいいアクセントになり、さらにおいしいです。

噛んでいくうちに肉汁が溢れ出し、ロースもヒレもあっさりと食べられました。「かつはな亭」に行ったら、ぜひヒレかつを注文しましょう!

ロースよりもヒレがおいしいけど 肉が縮んで揚げすぎな「かつ時」

株式会社アトム(コロワイドグループ):かつ時:外食チェーン店公式サイト
株式会社アトム(コロワイドグループ)
かつ時
発祥:愛知
店舗数:約16店舗
店舗所在地:長野、山梨、愛知、岐阜、福井、石川
3位は「甘太郎」などの居酒屋や「ラパウザ」などのイタリアンが人気の「コロワイドグループ」が手がける、ファミリーレストラン風のとんかつ店「かつ時」。肉が縮み、揚げすぎも感じるごく一般的なとんかつでした。
5項目の中で星4.5と高評価だったのがサービス。ボリュームも星4とよかったですが、おいしさがイマイチ…。結果、総合評価はBでした。

実食したのはこちら

ロースかつ定食(中)150g 1382円
ひれかつ定食 4枚 1598円
肝心のとんかつは肉の裏面が油でべちゃとしていて、残念なクオリティでした。口の中で膜を張る脂身が気になり、揚げすぎ感が否めません。
ひれかつは、いわゆる専門店でないチェーン店で食べるとんかつに近いです。

北山みどり 氏 幸せ食生活ヒラメキスト
北山みどり 氏のコメント

「かつ時」はロースかつよりヒレ肉のほうがオススメでした。
ヒレのほうがロースよりもおいしかったですが、脂身が気になるのと、肉から水分が出切ってしまいお箸では切れないかたさが少し残念との評価でした。

記事4位 価格はお高めだけど…? 「名代とんかつ かつくら」

株式会社フクナガ:名代とんかつ かつくら:外食チェーン店公式サイト
株式会社フクナガ
名代とんかつ かつくら
発祥:京都
店舗数:約30店舗
店舗所在地:京都、滋賀、大阪、兵庫、東京、神奈川、熊本、上海、バンコク
4位は京都で生まれた「名代とんかつ かつくら」です。価格が高いのに比べて、満足度が低いのが残念でした。
ロースとヒレのおいしさは星3つ。ボリュームとコスパの評価が下がりましたが、サービスは星4つで、総合評価はC+となりました。

実食したのはこちら

 ロースかつ膳(160g)2440円
今回注文した「ロースかつ膳」「ヒレかつ膳」は他店より値段が高いのですが、肉の香りが弱く、ソースに負けがちでした。

もし「名代とんかつ かつくら」でとんかつを食べるなら、各店限定の特選とんかつのほうがオススメです。

記事5位 昭和37年の老舗チェーンは 脂っぽくて辛め「とんかつ濱かつ」

浜勝株式会社(リンガーハット):とんかつ濱かつ:外食チェーン店公式サイト
浜勝株式会社(リンガーハット)
とんかつ濱かつ
発祥:長崎
店舗数:約102店舗
店舗所在地:東京、神奈川、埼玉、千葉、岐阜、兵庫、岡山、広島、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
5位は九州を中心に展開する昭和37年創業のとんかつ老舗店「濱かつ」です。今回調査した中で店舗数は最多の102店舗ですが、残念ながら味は今ひとつの評価となりました。
5項目のうちどれも評価は今ひとつで、最高評価はボリュームの星2.5。よって、総合評価はCでした。

実食したのはこちら

ロースかつ定食(中) 1390円
今回のロース・ヒレは、お肉も脂身も胃もたれしそうなほど脂っぽかったです。

東京進出を果たした「濱かつ」ですが、脂がギトギトしていたため、プロの評価は残念ながら低めの結果に。ガツンと食べたい日に選ぶのがいいかもしれません。ちなみに、ランチは740円とリーズナブルな価格で人気です。

今回の調査の結果、とんかつチェーンで美味しかったのは「KYK」と「かつはな亭」の2店でした。KYKは関西に行ったら絶対食べてもらいたいプロも絶賛のお店。3位以下は食べに行く価値は低いと辛口評価となり、レベルの違いを見せつけられた結果となりました。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事