カレーチェーンおすすめランキング6選[2020年版]|やみつき!激うまカレー店を食のプロが食べ比べ
ランキング
/Test by MONOQLO編集部

カレーチェーンおすすめランキング6選[2020年版]|やみつき!激うまカレー店を食のプロが食べ比べ

家で作ったカレーもいいけど、本格的な味がお手頃価格で食べられるチェーン店のカレーも美味しいですよね。チェーン店といえば「ココイチ」が圧倒的な店舗数でしたが、気付くと様々なカレー屋が登場しています。そこで今回は、新鋭のカレーチェーン店をプロによる覆面調査でランキング化! 全6店を辛口評価した結果をランキングでご紹介します。

科学する料理研究家
さわけん 氏
辻調理師専門学校フランス校卒業。フランスの二ツ星(当時)ムーランドムージャンなどに勤務経験のある本格派。その後、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に転身し世界の料理を研究。
テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏
家計にやさしい節約レシピや、調理時間を短縮できるクイックメニューが大人気。雑誌・テレビ出演、講演会などを中心に、幅広く活躍中。
MONOQLO編集部 デスク
桜井めぐみ
テストするモノ批評誌『MONOQLO』のデスク。某飲料メーカーの営業・広報・社長秘書を経て現職。キッチン家電や日用品から防災グッズ・食品まで、幅広くテスト。日用品が主なカバー範囲。ここ1年間で検証を行った製品は2500品以上。体当たり検証が特に得意で、過去「婚活潜入調査」や「ビジネスホテル徹底比較」「自動翻訳機比較テストinセブ島」など。

外食チェーン 日本人の国民食ともいえるカレー 今や業界の競争は熱を帯びています

日本人の国民食とも言えるカレーは、レトルトやコンビニ・牛丼屋などライバルが多く、カレー専門店としての外食チェーンは競争がかなり激しいジャンルです。

実はカレーチェーン店については以前にも覆面調査を行いましたが、当時のベスト店に選ばれたのが「カレーのチャンピオン」でした。
それから2年経ちましたが、今回は「カレーのチャンピオン」に勝る新定番チェーンと呼べる店が現れたのかどうかを確かめるために、再び覆面調査を行うことにしました。

対象となるのは以下の6店舗です。

・上等カレー
・カレーのチャンピオン
・100時間カレー
・野菜を食べるカレー camp
・日乃屋
・ゴールドカレー

「神田カレーグランプリ」で優勝した実力店やキャンプを彷彿とさせるオリジナリティあるカレー店をはじめ、前回調査した3店を含む計6店で争います。食のプロに「絶対この味はまた食べたい」と言わせるほどの絶品カレーがあったのかが、今回の見どころです。

外食チェーン カレーチェーン最新ランキングは 大阪発の話題店が首位に登場!

早速、都内6店舗のカレーをプロにご協力いただき、食べ比べてもらいました。カレーに準じて、評価ももちろん辛口となっています。

評価は以下の5項目で行い、総合評価をS~Cで行いました。

・おいしさ(カレー)
・おいしさ(ご飯)
・ボリューム
・コスパ
・サービス

激戦のカレーチェーンは、カレーの概念が変わる結果に! はたして「カレーのチャンピオン」を超えて、毎日でも食べに行きたくなる店は現れたのでしょうか? 

前回首位の「カレーのチャンピオン」、前回3位の「上等カレー」、前回4位の「日乃屋カレー」に注目しながら、最新のカレーチェーンランキングをどうぞご覧ください!

記事1位BEST 辛さと甘みで味が変わるルーが絶品 カレーの概念を覆す「上等カレー」

得正株式会社:上等カレー:外食チェーン店公式サイト
得正株式会社
上等カレー
発祥:大阪
店舗数:約51店舗
店舗所在地:東京、神奈川、埼玉、大阪、京都、兵庫、奈良
カレーライス専門店やカレーうどんを運営する得正の「上等カレー」が栄えある1位に! 「自由軒」や「インデアンカレー」など独特のカレー文化がある大阪に1号店を出し、カレーの激戦区、東京神田の「神田カレーグランプリ」でも優勝経験がある名店が首位に立ちました。
カレーのおいしさは五つ星! ご飯の評価だけが全体からやや劣りましたが、それ以外はすべて星4つ。総合評価は最高評価のSとなりました。

実食したのはこちら

本格手仕込み トンカツカレー  880円
辛さと甘みがジュワ~と広がって、次第に変化するルーが絶品です。最初はひき肉のルーの甘みがふわっと広がり、後から辛さがどんどん追いかけ、口の中で味がブレンドされて食べ進めるごとに味が変わります。無料でトッピングできる生卵と一緒に食べるとさらに甘みが加わり、マイルドになります。 

さわけん 氏 科学する料理研究家
さわけん 氏のコメント

スパイスの効いた米と相性が良い、今時のカレーです。
甘くてスパイシーなルーに、薄いけどサクサクのジューシーカツも高評価。新しいカレーのあり方を楽しめると、プロが全員一致で1位に推薦したほどです。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

思わず明日また行きたくなるほどの絶品カレーでした!
食のプロも「何だコレっ!」 と大興奮したほど深みのある味わいが特徴で、カレーの完成度が高い「チャンピオン」を想定外の旨さで超えて首位に立ったのも頷けます。あっという間に平らげてしまったほどの旨さで、カレーチェーンの新定番にふさわしい味でした。

記事2位BEST カツとルーとカレーの最強バランス 「カレーのチャンピオン」

株式会社チャンピオンカレー:カレーのチャンピオン:外食チェーン店公式サイト
株式会社チャンピオンカレー
カレーのチャンピオン
発祥:石川
店舗数:約36店舗
店舗所在地:東京、石川、富山、福井、愛知、三重、静岡、京都、兵庫、北海道、新潟
前回ベストの「カレーのチャンピオン」は惜しくも2位でした。しかし、カツはNO.1、ご飯も一粒一粒しっかりしていてバランスは最強です。
カレーもご飯もチェーンとは思えないおいしさで高評価ですが、サービスが星3つと低評価でした。

実食したのはこちら

 L カツカレー 790円
四元豚のカツ・濃厚なルー・引き締まったご飯のマッチが絶妙です。

さわけん 氏 科学する料理研究家
さわけん 氏のコメント

王道カレーの頂点はやはりカレーのチャンピオンでしょう。
上等カレーを別格として考えると、チャンピオンは定番としてはさすがの味で、カツもサクサク。口の中でルーとご飯が合わさった時の完成度はやはり大絶賛のクオリティでした。

ちなみに、取材日は18:30にルーが完売になってしまうほどの人気ぶり。さすがは過去のベスト店、やっぱり旨かったです。

記事3位BEST パンチありで食べ応えあり! 王道の「100時間カレー」

株式会社アークス:100時間カレー:外食チェーン店公式サイト
株式会社アークス
100時間カレー
発祥:東京・武蔵小山
店舗数:約19店舗
店舗所在地:東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、静岡、広島
3位は、これぞ欧風カレーの王道ともいうべき「100時間カレー」。神田カレーグランプリ優勝店でもあります。
カレーとご飯のおいしさ、ボリュームは星4つ。コスパとサービスはやや劣り、星3つで総合はA-でした。

実食したのはこちら

100時間濃厚ビーフカレー ロースカツ 890円
ルーは甘みもありますが、チャツネなどのスパイスの旨みもしっかりと感じる濃厚カレーです。カツにルーがかかっていないので最後までサクサク食べられる細やかな配慮も高ポイントです。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

とろみが強くてザ・欧風。マイルドだけど濃厚なカレー!
スパイスの中に甘みが広がって旨いです。中辛でパンチありの男性向きカレーです。

記事4位 煮込み系新感覚カレーの 「野菜を食べるカレー camp」

株式会社バックパッカーズ:野菜を食べるカレー camp:外食チェーン店公式サイト
株式会社バックパッカーズ
野菜を食べるカレー camp
発祥:東京・代々木
店舗数:約17店舗
店舗所在地:東京、神奈川、千葉、埼玉、宮城、大阪、静岡、大分、福岡
4位は東京・代々木発祥の野菜を食べるカレー camp。キャンプ風景を連想させる店内で、野菜たっぷりのカレーをいただきます。
カレーとご飯のおいしさ、ボリュームは上位クラス並みに高評価ですが、サービスが全6店の中で最も低い星2つ。結果総合評価はB+でした。

実食したのはこちら

 一日分の野菜カレー(+完全食セット)1190円
トマトが強めで野菜が甘く、カレー風味のスペアリブのようです。カレーという感じは少なく、煮込みっぽいです。

カレーライスというより、どちらかというと一品料理のような仕上がりです。女性向きかもしれません。

記事5位 どろっと甘いこってりルー 甘党向きの「日乃屋」

有限会社ノアランド:日乃屋:外食チェーン店公式サイト
有限会社ノアランド
日乃屋
発祥:東京・湯島
店舗数:約55店舗
店舗所在地:東京、神奈川、埼玉、岩手、兵庫、愛知、鳥取
5位は東京・湯島発祥の日乃屋カレーです。おいしさよりもボリュームとコスパを重視している印象が強いです。
5項目の中でも抜きん出ていたのが、やはりボリュームとコスパです。カレーとご飯のおいしさはそこそこといったところでしょうか。総合評価はBとなりました。

実食したのはこちら

名物カツカレー  840円
片栗粉とコンスターチを強く感じるどろっとしたカレー。カツはかなり薄くサクサク感はあるものの、ご飯も固めです。

甘くてまったりしていてルーとご飯の相性を感じられません。こってりとしたルーが全面に出すぎていることから、カレーのおいしさの評価が星2つ半と低評価だったのも納得です。

記事6位 ほっとするこの味! サービス充実「ゴールドカレー」

株式会社ゴールドフーズ:ゴールドカレー:外食チェーン店公式サイト
株式会社ゴールドフーズ
ゴールドカレー
発祥:石川
店舗数:約9店舗
店舗所在地:東京、石川、富山、バンコク
6位は店舗数は9店と少ないですが、家カレーっぽい馴染みのある味のゴールドカレーです。
おいしさよりもボリュームよりも何よりサービスが充実しています。しかし、肝心の味は残念ながら星2つ半で、総合評価はB-でした。

実食したのはこちら

 Gカツカレー M(300g) 850円
中辛ジャワカレーのようなレトルト感を感じるカレー。カツは固めで、ご飯はやわらかすぎと辛口評価でした。

家カレーっぽい馴染みある味だと、裏を返せばわざわざ食べに行く価値が低いともいえます。キャベツ・みそ汁は無料で5のつく日は安くなるため、サービス精神は旺盛でした。

以上、カレーの新星チェーン店ランキングでした。同じカレーでも「上等カレー」と「カレーのチャンピオン」は、似て非なるもの。ぜひ全国に広がってほしい一級チェーン店です。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事