【透過率も比較】ワンデー使い捨て人気コンタクトレンズランキング21選【2019年版】|疲れない・乾かないおすすめの1枚は?
2019年04月27日(土)
西尾 崇彦
西尾 崇彦/Test by MONOQLO編集部
【透過率も比較】ワンデー使い捨て人気コンタクトレンズランキング21選【2019年版】|疲れない・乾かないおすすめの1枚は?
製品はたくさんあれど、どう違うのか分かりにくいソフトコンタクトレンズ。価格やパッケージの見た目で“なんとなく”選んでいる人も多いのでは? ワンデータイプの21製品を徹底テストし、『次に買うべきレンズ』ランキングを作成しました。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

松下和矢 LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
沢井竜太 晋遊舎 編集局長
沢井竜太
1975年秋田県生まれ。2009年、晋遊舎に入社。月刊誌『家電批評』『LDK』『MONOQLO』編集長を担当、2019年3月から再び『家電批評』編集長に。
  • 実は危険がいっぱいの
    コンタクトレンズ
かつては高価なイメージがあったコンタクトレンズですが、近年はソフトレンズ・ハードレンズともに値段が手頃になり、眼科やコンタクトショップ、メガネ専門店などの販売店だけでなく、通販サイトでも簡単に購入できるようになりました。
買いやすくなった一方で、安易な購入・使用によるトラブルが急増。コンタクトレンズ利用者の10人に1人が何らかの不調を訴え、眼にトラブルを抱えていると言われています。
眼はダメージを受けやすいわりに気づきにくい部位であるため、トラブルを自覚し眼科医を受診したときには、すでに症状が進行していることも多いそう。

時間が経てば回復するのでは? と思っている人も多いかもしれませんが、角膜細胞の傷は再生しません。角膜が受けたダメージは蓄積されていき、黒目が白く濁ったり、最悪は失明にまで至ってしまうこともあるのです。

コンタクトレンズが身近になった今だからこそ、正しい選び方・買い方・使い方を知って眼の健康を守りたいですね。

このページではまず、コンタクト選びのポイントを解説。そして1dayタイプのソフトレンズ(使い捨てレンズ)21製品のランキングを発表します。

レンズの買い方・使い方、レンズケアや眼鏡との付き合い方についてはこちらをご覧ください↓
  • チェックすべきは酸素透過率
    素材・ベースカーブの3つです
酸素透過率・素材・ベースカーブはいずれも、“眼にかかる負担”を大きく左右する項目です。

[ポイント1:酸素透過率]
コンタクトレンズは、酸素を透過(通過)させることで、装着部分の角膜に酸素を送り込んでいます。レンズの酸素透過率が高いほど、眼に送り込まれる酸素の量が多くなり、眼が疲れにくくなります。

酸素透過率が低いレンズを装着していると、眼が酸素不足になり、さまざまな問題が起こります。

目安となる数値は「80」。酸素透過率が80以上のレンズなら、裸眼を100%とした場合、約97%の酸素を通すことになります。

[ポイント2:素材]
レンズの素材には、水分を介して角膜に酸素を供給するタイプと、水分を介さず酸素がそのまま通過するタイプがあります。

前者は旧素材で酸素透過率が低く、水分が蒸発するとさらに酸素透過率が下がるというデメリットがあります。

おすすめは後者で、その代表的なものが「シリコーンハイドロゲル」と呼ばれる新素材です。
シリコーンハイドロゲルが用いられたレンズでは、水分に頼ることなく、素材の分子間を酸素がそのまま通り抜けることができます。そのため、より高い酸素透過が可能となるのです。

[ポイント3:ベースカーブ]
ベースカーブとは、レンズ内面の曲率半径のことで、合うカーブは人それぞれ。数値が大きいとカーブはゆるくなり、小さくなるとカーブがきつくなります。

ソフトコンタクトには柔軟性があるのでカーブの種類は多くありませんが、ハードは0.05mm刻みなど、細かく設定されています。
ベースカーブが小さいと、レンズが角膜に貼り付いたような感じになります。レンズが眼の上で動きにくくなる=酸素が供給されにくくなるため、角膜障害になるリスクが発生します。

反対に、カーブが大きすぎると、レンズが外れやすくなるというデメリットがあります。

コンタクトレンズを安全・快適に使用するためには、『自分の眼のカーブにフィットするものを選ぶ』ことがとても大切なのです。
  • ベースカーブなどの製品情報は
    パッケージでチェックできます
今使っているレンズのベースカーブって一体いくつなんだろう? と思った方は、パッケージを見てみてください。そこには、こんな情報が書かれているんですよ。
[PWR・ P・D・SPH ] (度数) 
視力を矯正する数値。-は近視用、+は遠視用。0.25から0.5刻みで調整されています。乱視用はCYLで表記。

[ EXP(使用期限)]
レンズを安全に使用できる期限。食品の消費期限と同じで、未開封でも期限を過ぎたら使えません。

[ BC(ベースカーブ)] 
レンズの内側部分のカーブ。数値が大きいほどカーブがゆるく、少ないほど急に。眼球に合ったものを選ぶことが大切です。

乱視の場合は…
[AXIS・AX(軸)]
乱視角度。見え方がずれる方向を調整するために必要な数値です。

[CYL・CY](乱視度数、円柱)
乱視度数。数値が大きいほど乱視が強くなります。
  • 全21製品をすべて検証・装着して
    「買うべきレンズ」を探しました!
では、実際にどんなものを選んだらよいのでしょうか?

編集部では、使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズ・21製品を徹底テスト。実際に計測・装着して品質をチェックするとともに、試験機関でも検証を行い、買うべきベストの製品を決定しました。

テスト項目は以下の4つです。

[テスト項目①:素材]
そのレンズがどのような素材でできているかをチェック。

[テスト項目②:酸素透過率]
まずは公称値をチェック。さらに、レンズの厚みの公称値と説明書の酸素透過係数をもとに、編集部でも値を算出しました。

[テスト項目③:品質]
外部検査機関にて、コンタクトレンズを電子顕微鏡で拡大撮影して検証。傷や汚れがないか、表裏を区別する印字があるかをチェックしました。

[テスト項目④:フィット感]
各製品とも、装着者のベースカーブに近いものを選んで1日着用し、実際のつけ心地を確かめました。

では、21製品のテスト結果とランキングを発表します!
  • ストレスのない自然なつけ心地
    ベストはデイリーズ トータル ワン
アルコン
デイリーズ トータル ワン
実勢価格:2389円
1枚あたり:79.6円
レンズ中央部に酸素を通しやすい新素材「シリコーンハイドロゲル」を採用し、眼に従来品の6倍の酸素を届けられるようになった「デイリーズ トータル ワン」。

一般的に、含水率が高いレンズは装用感が良い反面乾きやすく、含水率が低いレンズは高いものに比べ装用感は劣るものの乾きにくいのですが、この製品はレンズの含水率を三層に分けることで「快適なつけ心地」と「乾燥防止」を両立させています。

素材、酸素透過率、品質、フィット感。すべてが高評価で1位を獲得しました!
[真上]紫外線吸収剤を含まないため、UVカット機能はありません。
[真横]三層構造になっており、表面の含水率は100%に、内部は33%に調整されています。
[電子顕微鏡で拡大]傷や汚れはなし。レンズの表裏を区別する印字はありませんでした。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
眼の乾きがなく快適なつけ心地。眼のカーブにフィットしているのか、異物感もなし。今まで使ったことのあるコンタクトレンズの中でも最も良い印象です。試してほしいフィット感です。
  • 保湿成分配合で紫外線もカットする
    ワンデー アキュビュー オアシス
ジョンソン・エンド・ジョンソン
ワンデー アキュビュー オアシス
実勢価格:3980円
1枚あたり:132.7円
コンタクト装着中の眼の乾きに着目し、涙の成分に似た保湿成分を配合した「ワンデー アキュビュー オアシス」。フィット感も文句なし。素材、酸素透過率、品質も高評価でトップと僅差の2位でした。UVカット機能があるため、紫外線の影響が気になる人にもおすすめです。
[真上]UV-A波:約96%以上、UV-B波:約99%以上をカット。UV-AとBから眼を守ってくれます。
[真横]含水率は38%と低め。眼の乾燥に配慮した数値になっています。
[電子顕微鏡で拡大]傷や汚れはなし。レンズに「123」という数字が印字されており、表裏を区別できます。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
保湿成分のおかげか、終日心地良く過ごせました。ただ、パッケージを小分けにしにくいところがちょっと気になりました。
松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長

松下和矢のコメント
やや高価ですが良品です。
  • 酸素を通す世界初の新素材採用
    うるおいキープのマイデイ
クーパービジョン
マイデイ
実勢価格:2790円
1枚あたり:93円
酸素を通す「スマートシリコーンハイドロゲル」を世界で初めて採用した「マイデイ」は、保水力が高く、眼に有害と言われている紫外線もカット。酸素透過率も100と高く、品質チェックも問題なし。フィット感にやや難があったものの、総合3位となりました。
[真上]眼に有害と言われている紫外線A波:85%、 B波:96%をカットします。
[真横]素材は保水力が高い「スマートシリコーン」。含水率は54%です。
[電子顕微鏡で拡大]傷や汚れはなし。表裏を示す印字もありませんでした。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
一日中つけていてもゴロゴロするような違和感はありませんでしたが、視界が少しモヤッとして見えづらく感じることがありました。パッケージのフタもちょっと開けにくかったです。
  • 実は珍しい日本製のコンタクト
    乾燥と汚れに強いワンデーピュア
シード
ワンデーピュア うるおいプラス
実勢価格:2620円
1枚あたり:81.9円
眼から水分を奪わないように水分を引き寄せてとどめる独自素材「SIB」を使用した「ワンデーピュア うるおいプラス」。酸素透過率が上位陣より低く、やや評価を落とすことになりましたが、フィット感は良く、品質チェックもクリアしました。
[真上]UVカット機能付きで眼の健康をサポートしてくれます。
[真横]含水率は58%と高め。乾きにくく汚れにくい独自素材「SIB」を採用しています。
[電子顕微鏡で拡大]傷や汚れはなし。「1Pure2」「880」2つのマークが入っているので表裏を見分けることができます。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
乾燥しやすい冬場にテストをしましたが、眼の乾きも異物感も感じることなく、終日快適に過ごすことができました。
松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長

松下和矢のコメント
唯一の国産が健闘です!
  • 無傷だったらもっと上位だった
    ワンデーアキュビュートゥルーアイ
ジョンソン・エンド・ジョンソン
ワンデーアキュビュー トゥルーアイ
実勢価格:3018円
1枚あたり:100.6円
酸素透過率が100を超えており、これは上位の中でもかなり高い数値。眼に酸素が届きやすい良い素材なのですが、品質チェックで1枚だけ傷のあるレンズが見つかり、評価を落としてしまいました。
[真上]UV-A波:約96%以上、UV-B波:約99%以上。紫外線をほぼカットします。
[真横]含水率は46%。装用感と眼の乾きに配慮したバランスです。
[電子顕微鏡で拡大]チェックに選んだ1枚に傷が。その他のレンズに傷はありませんでした。「123」の印字があり表裏を区別できます。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
朝つけたときは良好でしたが、夕方頃からゴロゴロするように。眼に貼り付くような感覚も……。ベースカーブがきついのが原因かも?
  • UVカットは○だが装用感が惜しい
    プライムワンデー
AIRE
プライムワンデー
実勢価格:1944円
1枚あたり:64.8円
うるおい成分がレンズを包み、眼の乾きや違和感を軽減する……はずなのですが、装着テストでは残念ながらその効果を実感することができませんでした。紫外線吸収剤配合でUVカット機能をつけているのは○。コスパを考えると、眼に合えばお買い得な製品と言えそうです。
[真上]UV-A波:約78%以上、UV-B波:約97%以上をカットします。
[真横]含水率が58%と高め。乾燥対策としてうるおい成分がプラスされています。
[電子顕微鏡で拡大]傷や汚れはなし。「1day」と印字されており、表裏を区別できます。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
つけてすぐにゴロゴロとした違和感を覚え、眼に入ったレンズの存在を強く感じました。乾きやすいせいか、眼が重いような感じも。時間が経っても異物感がありました。
  • 涙と同じうるおいバリアを再現
    バイオトゥルー ワンデー
ボシュロム
バイオトゥルー  ワンデー
実勢価格:1990円
1枚あたり:66.3円
素材に独自のハイパージェルを採用。酸素透過率は公表されていませんが、編集部の計算値では42とまあまあなレベルでした。レンズに傷や汚れはなかったものの、装着テストでは「度が合っていないように感じる」「異物感あり」などフィット感に難があり、7位という結果になりました。
※厚みはメーカーへの問い合わせで判明。
[真上]UVカットは高機能。UV-B波:97.8%、UV-A波:86.9%カットします。
[真横]含水率は角膜と同じ78%。眼から水分が奪われやすい、高い数値です。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を見分ける印字もありませんでした。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
パッケージのフタをはがすのにやや手間取りました。レンズをつけた直後から見えづらく、度が合っていないような感じが。頭痛のため、夕方にテストを断念しました。
  • 酸素透過率は健闘するも割高感あり
    ワンデーアキュビュー モイスト
ジョンソン・エンド・ジョンソン
ワンデーアキュビュー モイスト
実勢価格:2931円
1枚あたり:97.7円
レンズはやわらかく、眼になじみやすいようにエッジを薄くするなどの工夫がされているものの、装着テストでは眼の乾きがあり、フィット感は△評価に。「HEMA」という旧素材が使われていますが、酸素透過率は33と健闘。UVガードも万全です。
[真上]UV-A波:約81%以上、UV-B波:約97%以上をカットします。
[真横]含水率は58%と高め。乾燥対策としてレンズにうるおい成分を閉じ込めています。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。「123」という数字が印字されており、表裏を区別できます。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
ゴロゴロ感はなかったものの、眼が乾きました。途中で左眼をこすってしまい、新しいものに取り替えることに。その後は特に問題なく着用できました。
  • 1日108円でコスパが◎
    クレオワンデーUVモイスト
クレオ
ワンデーUVモイスト
実勢価格:1620円
1枚あたり:54円
日本人の眼にフィットするエッジデザインで、形状記憶レンズを採用しており、装着テストでも満足のいく結果となりました。両眼で1日108円というコスパの良さも嬉しいところ。含水率は58%と高く、フィット感を高める工夫はされていますが、酸素透過率が25と低く、△評価となりました。
[真上]紫外線吸収剤が配合されており、UV-A波:50%、UV-B波:95%をカットします。
[真横]含水率は58%と高めです。
[電子顕微鏡で拡大]傷や汚れはなし。表裏を区別する印字もありませんでした。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
つけた直後から眼になじみ、装用感はとても良好。ぴったりとフィットして、視力が上がったように感じるほど。終日問題なく過ごすことができました。
  • 水分を吸着させてうるおいキープ
    WAVEワンデーUV
パレンテ
WAVEワンデー UV ウォータースリム
実勢価格:1550円
1枚あたり:51.7円
レンズが薄く酸素が眼に届きやすいため、酸素透過率は40と健闘。保湿力の高いうるおい成分を配合し、含水率も高いバランスにしているのですが、レンズの品質とフィット感がマイナスポイントとなりました。
[真上]UV-A波:約78%以上、UV-B波:約97%以上をカット。1枚あたり51.7円と安価ながら高いUVカット率です。
[真横]含水率は高めの58%です。
[電子顕微鏡で拡大]全体的に汚れたように見えるのが気になりました。「1day」と印字されており、表裏を区別できます。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
レンズが薄く、つけにくい印象。つけてもなかなか眼になじまず、ゴロゴロする感じが……。2枚目をつけ直してみたのですがゴロゴロ感は変わらず、1時間で断念してしまいました。
  • クリアな視界をキープ
    デイリーズ アクア
アルコン
デイリーズ アクア
実勢価格:2057円
1枚あたり:68.6円
含水率が高いので装用感が良いのでは? という予想に反して、装着テストでは眼にしみる・異物感があるなどイマイチな感触でした。汚れにくい素材は○ですが、酸素透過率がさほど高くないため、眼が疲れやすい懸念があります。
[真上]UVカット機能はついていません。
[真横]69.4%と高い含水率。装用感重視で乾燥しやすいかもしれません。
[電子顕微鏡で拡大]傷や汚れはなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
つけた直後、眼にしみるような感触が。レンズは薄いが異物感があり、眼の動きとずれてしまいました。
  • なめらかなエッジ
    メニコン1DAY
メニコン
メニコン1DAY
実勢価格:1845円
1枚あたり:61.5円
眼のカーブに合うエッジを採用。レンズに汚れや傷はなく、品質は○。フィット感も問題ありませんでした。酸素透過率は公表されていませんが、計算値では26.3と高くなく、酸素が届きにくい素材と言えます。
[真上]UVカット機能はついていません。
[真横]含水率は55%でつけ心地は○。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
可もなく不可もないという印象。レンズという異物をつけている感覚はありますが、大きな問題はありませんでした。パッケージは開けにくかったです。
  • 保存液にうるおい成分 デイリーズ
    アクアコンフォート プラス
アルコン
デイリーズ アクアコンフォート プラス
実勢価格:1999円
1枚あたり:66.6円
レンズそのものは11位の「デイリーズ アクア」と変わらないことが判明。こちらは保存液にうるおい成分が配合されているのですが、装着テストでは11位のレンズより乾燥し、異物感もあるという結果に。品質チェックは○でした。
[真上]紫外線吸収剤は配合されていません。
[真横]含水率69.4%と高い数値。目の乾燥が気になります。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
保存液にうるおい成分が入っているはずなのですが、つけていると目が乾き、レンズが貼り付いてしまいました。
  • 視界良好だが乾きやすい
    メダリスト ワンデープラス
ボシュロム
メダリスト ワンデープラス
実勢価格:1690円
1枚あたり:56.3円
非球面レンズデザインで、にじみやぼけを軽減していますが、素材の限界で酸素透過率はイマイチの数値。含水率も高めで、乾燥しやすいレンズと言えます。品質チェックは○でした。
[真上]UVカット機能はついていません。
[真横]含水率は高めの59%です。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
終日、眼が乾きやすいのが気になりました。ゴロゴロする違和感もあり。
  • 次世代素材の良さを実感できず
    プロクリア ワンデー
クーパービジョン
プロクリア ワンデー
実勢価格:1890円
1枚あたり:63円
ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ成分が配合されたレンズです。角膜細胞をモデルにした次世代素材なのですが、装着テストでは目の乾燥・まぶたの重みがあり、フィット感の判定は×という結果に。
[真上]UVカット機能はついていません。
[真横]含水率は高めの60%です。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
乾燥するうえに、まぶたに重みが。カーブが合わないのか見えにくく、度も合っていないような感じがしました。
  • 汚れにくいが眼に重み
    エルコン ワンデー エクシード
シンシア
エルコン ワンデー エクシード
実勢価格:1728円
1枚あたり:57.6円
フィット感に配慮した薄型非球面レンズ。汚れにくい素材ですが、酸素透過率は15.9と低い数値。旧素材の典型例と言えそうなレンズです。含水率が低いため、眼が乾燥しにくいはずなのですが、着用テストでは眼に重みを感じる結果に。
[真上]UVカット機能はついていません。
[真横]含水率は38.5%に抑えられており、乾燥しにくい数値のはずなのですが……。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
レンズが眼の動きについてこないことがあり、見えにくく、眼が重い感じがしました。
  • ゴロゴロしないが視界はっきりせず
    ユーロ ワンデー ブルー
ユーロビジョン:ユーロ ワンデー ブルー:コンタクトレンズ
ユーロビジョン:ユーロ ワンデー ブルー:コンタクトレンズ
ユーロビジョン
ユーロ ワンデー ブルー
実勢価格:1625円
1枚あたり:54.2円
汚れにくい素材とフィット感をサポートする非球面レンズが特徴。酸素透過率は低めです。
[真上]UVカット機能はついていません。
[真横]含水率は38%と低め。眼の乾燥に配慮した数値です。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
ゴロゴロするような違和感なく終日つけることができましたが、やや見えにくく、視界がはっきりしない感じでした。
  • 酸素が眼に届きにくい旧素材
    YU-KAワンデークリア
優樹:YU-KAワンデークリア:コンタクトレンズ
優樹:YU-KAワンデークリア:コンタクトレンズ
優樹
YU-KAワンデークリア
実勢価格:1706円
1枚あたり:56.9円
非球面デザインで視界がくっきり。非イオン性素材のレンズは汚れに強いものの、酸素が眼に届きにくく、乾燥しやすいというデメリットがあります。今回のラインナップの中で、こちらの製品と19位の「ワンデーリフレア モイスチャー38」の酸素透過率が最低値でした。
※厚みはメーカーへの問い合わせで判明
[真上]紫外線吸収剤は無配合です。
[真横]含水率38.6%。数値では乾きにくいはずなのですが……。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
朝に装着してしばらくは良かったのですが、昼過ぎから眼に重みを感じ、見えづらくなってしまいました。
  • 21製品中最安値のレンズ
    ワンデーリフレア モイスチャー38
フロムアイズ ワンデーリフレア:モイスチャー38:コンタクトレンズ
フロムアイズ ワンデーリフレア:モイスチャー38:コンタクトレンズ
フロムアイズ
ワンデーリフレア モイスチャー38
実勢価格:1350円
1枚あたり:45円
長時間の装用に対応した低含水レンズ。涙の汚れがつきにくい素材なのですが、酸素透過率が18位の「YU-KAワンデークリア」と並んで最も低く、着用テストではやはり乾燥を感じる結果に。
※厚みはメーカーへの問い合わせで判明
[真上]UVカット機能はついていません。
[真横]含水率38.6%。こちらも数値では乾きにくいはずなのですが……。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
装着後しばらくして眼の乾燥を感じました。また、パッケージが切り離しにくく、使いにくかったです。
  • 視界がもやっとするつけ心地
    ワンデー アイウェル
シンシア:ワンデー アイウェル:コンタクトレンズ
シンシア:ワンデー アイウェル:コンタクトレンズ
シンシア
ワンデー アイウェル
実勢価格:2462円
1枚あたり:82.1円
涙と同じ成分のうるおいベールに包まれた低含水レンズ。1枚あたり82.1円と安くはないのですが、酸素透過率が低く素材もイマイチで、割高感のある製品です。
[真上]UV-A波:約70%、UV-B波:約85%をカット。UVカットが高機能です。
[真横]含水率は38%に抑えられています。
[電子顕微鏡で拡大]汚れや傷はなし。表裏を区別する印字もありません。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
つけた直後から視界がモヤっとする感じがあり、午後からは右目にゴロゴロとした違和感がありました。
  • 残念ながらオール×
    ワンデーフレッシュモイストプラス
フレッシュ
ワンデーフレッシュ モイストプラス
実勢価格:1810円
1枚あたり:60.3円
低含水レンズと保湿成分で乾燥を軽減しようと試みるものの、酸素透過率の低い素材をカバーできず、装着テストでは「21製品中最も乾燥し、終日装用できない」という結果に。傷や汚れのない製品が大半を占める中、黒い線の入ったレンズが見つかり、品質も×評価でした。
[真上]UVカット機能はついていません。
[真横]含水率は38.6%に抑えられています。
[電子顕微鏡で拡大]傷や黒い線を発見。「1day」の印字があり、表裏を区別できます。
MONOQLO
テストするモノ批評誌

MONOQLOのコメント
21製品中、最も乾燥を感じるレンズでした。眼の動きにも合わず、昼過ぎには検証を断念。
  • 【結論】次に買うべき最強レンズは
    「デイリーズ トータル ワン」!
1dayタイプのソフトコンタクトレンズ21製品を検証した結果、総合1位は「デイリーズ トータル ワン」に決定しました。

ベストの理由その①は、酸素をよく通すので目が疲れにくいこと。
ベストの理由その②は、レンズを三層構造にして含水率を調節しているので目が乾きにくいことです。
「デイリーズ トータル ワン」のストレスのない自然なつけ心地は、キャッチフレーズどおり“何もつけていない”よう。ハイスペックのレンズながら、1枚あたり79.6円という価格も魅力的です。

ただし、「デイリーズ トータル ワン」にはUVカット機能がありません。紫外線の影響が気になる人には、2位の「ワンデー アキュビュー オアシス」がおすすめです。1枚あたり132.7円とやや高価になりますが、「デイリーズ トータル ワン」と同じ素材で高性能のUVカット機能がついています。

3位の「マイデイ」はうるおいをキープする新素材を採用し、UVカット機能も備えていますが、フィット感で順位を落としてしまいました。

総合上位の製品に共通しているのは、「酸素透過率が高いこと」。ソフトコンタクトレンズ選びに迷ったときは、酸素透過率の高いものを選びましょう!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [目薬]
    『処方せんなし』は超危険! コンタクトレンズの買い方・使い方の新常識
  • [目薬]
    花粉・アレルギー対策におすすめの目薬BEST6【専門家が本音で評価】
  • [目薬]
    ソフトコンタクト派におすすめの最強目薬ランキング8選【瞳がウルウル】
  • [目薬]
    PCやスマホの見過ぎに! おすすめ目薬BEST16【裸眼・ハードコンタクト編】
  • [目薬]
    ドライアイ、花粉症を救う…「目薬」おすすめランキング30選
  • [胃腸・下痢止め・便秘]
    今すぐできる! 便秘解消テクニック5選|女性誌『LDK the Beauty』が徹底取材
  • [外用・皮膚]
    【使い捨てカイロ】「貼る」「貼らない」どっちが長持ち? | 知って得する冬の知恵
  • [頭痛薬]
    薬剤師と医師が認めた! いちばん効く「イブ」はコチラです[頭痛薬6製品比較]
  • [頭痛薬]
    え、成分同じ? ドラッグストアのPBは本当に得なんです
  • [鼻炎]
    【眠くならない】花粉症市販薬比較! パブロン、コンタックはまさかの結果に…
  • [外用・皮膚]
    辛いとき、支えになるのは愛でも夢でもないんです
  • [体重・体脂肪・体組成計]
    スマホ対応!体組成計おすすめランキング16選|体重計じゃできないコト【2019年最新版...
  • [リラクゼーション]
    肩こりも頭痛も便秘もサヨナラ!女性のあるある不調解消法9
  • [歯ブラシ]
    【Amazonの裏技】電動歯ブラシの交換ヘッド、860円→160円へコストダウンできます
  • [オーラルケア用品]
    効果はテスト済!液体歯磨きおすすめランキング|殺菌&消臭効果でお口スッキリ[2019...
  • [食品]
    実はかな~り売れてます! 編集部が見つけたAmazonの日用品3選
  • [オーラルケア用品]
    低刺激マウスウォッシュおすすめランキング10選 | 女性誌『LDK』が人気製品を徹底比較...
  • [オーラルケア用品]
    マウスウォッシュおすすめランキング18選 | 口臭、歯周病予防に効果的な1本は?
  • [ホワイトニング]
    「ヘビースモーカーの黄色い歯」“1時間で白くなる”って信じられますか?
  • [歯ブラシ]
    断トツの最安値! 歯科医推薦の電動歯ブラシが買いのチャンスです
  • [体重・体脂肪・体組成計]
    [Amazonタイムセール祭り速報]タニタのあの傑作がお買い得です
  • [歯ブラシ]
    【10年の集大成】Amazonで買わなきゃ損してる、口中ケアグッズ傑作3選
  • [爪切り]
    テスト誌10年の集大成! Amazonで買える最強の日用品はコチラです[1万円以下の11選]
  • [歯ブラシ]
    「電動歯ブラシ」後悔しない選び方、おすすめランキング21選