「えっ上から給水?」Amazonで売れてる加湿器を自宅で12時間使ってみたら
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2019年03月11日

「えっ上から給水?」Amazonで売れてる加湿器を自宅で12時間使ってみたら

寒いから部屋を暖めたいけど、暖房やヒーターをつけると乾燥する…。そんな時には「加湿器」は必須です。ただ、加湿器は価格も性能も幅があり、使ってみるまで効果は分かりません。そこでAmazonで探してみると、今人気の「上から給水できる」加湿器を発見。100件以上のレビューがついている話題の2商品を、編集部で購入し加湿性能をテストしてみました。

LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

家電 乾燥でインフルエンザが活発に 加湿器でしっかり対策を

冬の大敵「乾燥」。寒いので暖房をつけると喉がカラカラ、肌はカサカサなんてことはありませんか? また、乾燥はウイルス繁殖の原因の一つ。そこで重要になってくるのは部屋の湿度を保つことです。
加湿器を使うと蒸気で喉も潤います。
それではウイルス予防に十分な湿度とはどのくらいなのでしょうか。ウイルスは湿度が20%を切ると活動が活発になるといわれています。

湿度は40%以上をキープしておくと安心です。インフルエンザなどのウイルス性感冒の対策としてもしっかり対策を取っておきたいところ。

そこで導入したいのがズバリ加湿器。今回は編集部がAmazonで発見した優秀な1台を紹介します。

家電 タンクの取り外し不要! 上から給水できる便利な加湿器

Yantop:victsing:加湿器
Yantop
victsing
実勢価格:4599円
こちらがAmazonのレビュー200件超えと、人気爆発中の加湿器。大きな特徴は「上からそのまま給水できる」ということです。

一般的な加湿器では、水を入れるタンクを取り外してセットする、という工程がありましたが…。
こちらは給水タンクを取り外す必要がなく、水が少なくなったら上から足すだけ。人気家電ブランドのバルミューダの加湿器「Rain(レイン)」もこのタイプで、今流行りの形式なんです。
人気のバルミューダ「Rain」の上から給水するタイプが人気。
「Rain」自体は7万2998円と、なかなかのお値段。そこでAmazonでは、手頃なお値段の「上から給水できる」加湿器が人気なんです。

ただ、形だけバルミューダに似て、性能はイマイチという家電製品も少なくありません。とくに加湿器は、加湿性能が低ければただの置物になってしまいます。ということで、victsingの性能を検証してみることにしました。

家電 Amazonでレビュー100件超えの 2製品の加湿器をテストしました

今回は、先ほどの人気加湿器Yantop「victsing」と、Amazonで100件以上のレビューを集め、うち70%が星4つ以上というTaoTronics 「TT-AH014」と併せてテストしました。
TaoTronics:TT-AH014:加湿器
TaoTronics
TT-AH014
実勢価格:7599円
加湿器を選ぶポイントは、「部屋全体を均一に加湿できるか」が重要です。均一に加湿できれば、加湿器を置く場所を選ばずに済みます。
そこでこの2台を使って、リアルな使用シーンを想定し、編集部員の自宅で部屋全体を均等に加湿できるかを試してみました。こちらが部屋の間取りです。
上図の①~④の場所に湿度計を置き、部屋の均一さを計測します。さらに加湿にかかる時間湿度の安定性を比較しました。なお検証時間はそれぞれ12時間ずつ、できるだけ同条件になるようテストしています。

まずは「TT-AH014」のテスト結果から。
TT-AH014:加湿ムラが激しい。
TT-AH014」は場所によって、加湿ムラが発生しました。120分ほど経過したところで、湿度90%と80%以下の開きが目立ちます。

200分経過するとほぼ湿度100%となり、床は水浸しになるほどの過剰加湿になりました。過剰加湿の状態は大変危険です。今回はあくまでテストなので、実際に使う際は120分程度に留めた方が良いでしょう。

続いて、「victsing」の結果をどうぞ。
victsing:部屋全体を均一に加湿。
一方、「victising」は部屋全体を効率よく加湿。「TT-AH014」に比べて、①~④のグラフに大きな開きはありません。

また12時間の連続稼働で湿度が100%になることはありませんでしたが、実際に使用する際は過剰加湿にならないよう、換気を心がけてください。

結果的には、同じ格安品でも加湿の精度に大きな差が出るということが分かりました。

…最後に、加湿器を使う上で大切な「お手入れ」アイテムをご紹介します。

家電 ただ使いっぱなしはNG! 加湿器のケアは除菌剤で

せっかく加湿しても手入れを放置すれば逆効果に。
加湿器を使う際に必ずつきまとうのが「洗浄」の大切さ。給水タンクに発生した雑菌カビ肺疾患の原因となり、発熱の症状を引き起こしてしまうことも。ケアはかなり大切なんです。
UYEKI:加湿器の除菌タイム:洗剤
UYEKI
加湿器の除菌タイム
実勢価格:590円
そのケアに効果を発揮するのがコレ。「洗浄」をグレードアップできるこの除菌タイムです。小さな子どもやお年寄りがいる家庭にはぜひ使って欲しいアイテムです。
普段の水に混ぜるだけ。
使い方は簡単。水に混ぜるだけでしっかり除菌してくれます。これで加湿器からもクリーンな蒸気が出ます…が、もちろん洗浄するのが前提の話。水道水の交換は毎日行い、清潔さをキープしてください。

以上、加湿器の紹介でした。検証によって性能を実証された「victsing」。ただのバルミューダそっくりではありませんでした。寝室や子ども部屋などにも最適です。もちろん除菌もお忘れなく!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事