【2021年】防災ラジオのおすすめランキング10選! 『家電批評』が比較
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年03月07日

【2021年】防災ラジオのおすすめランキング10選! 『家電批評』が比較

日本各地で起こりうる災害。災害時は正しい情報を得ることが大切です。そこで、一家に一台備えたい防災ラジオを、雑誌『家電批評』が比較。ソニーなどのメーカーから、ネットで安く買えるものまで人気10製品のおすすめランキングを発表します。選び方についてもぜひ参考にしてください。

暮らしを変える本音の家電ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 増え続けている災害…生命線は情報収集です

日本は災害の多い国。近年は地震だけでなく、台風や水害による被害も多くなりました。

現在の技術を持ってしても、災害を完全に予測することはできないので、誰もが大災害に見舞われるリスクの中で日々の生活を送っていると言っても過言ではありません。
災害に備えて、事前にしっかりとした備えをしておきたいところです。

食料や水の確保はすぐにイメージできるかもしれませんが、案外見落とされてしまいがちなのが情報収集の手段です。

そもそも、災害時にどうして情報が必要なの? と思われる方も多いかもしれません。しかし、情報を得られるか否かが生死を分けるというケースもあります。災害が発生した際に最初にやるべきことは安全確保。現在の状況が把握できていなければ家の中にいるべきなのか避難すべきなのかも判断できません。

また、避難するにしてもどこに行くべきなのかわからなければ安全確保に余計な時間がかかってしまいます。

もちろん、事前に地域の避難所や高台などを把握しておくことも重要です。しかし、災害は予想外の形でやってくる場合もあるので、リアルタイムでの情報収集は災害時における生命線となります。

AV機器 災害時の情報収集…やっぱりラジオが安心です

さてそれでは、いざというときの「情報収集」に対する備えは万全でしょうか?

最近はテレビだけでなくネットやスマホで情報を得ることが主流となっていますが、災害時に電源確保やネット利用がスムーズにできるとは限りませんよね。

また、スマホは連絡手段でもあるので、充電できない状況であればバッテリーはできるだけ温存したいところです。

ここで真価を発揮するのが防災ラジオ(防災用ラジオ)です!

ラジオ VS ネット 徹底比較

ラジオは受信機を用意して電波を掴むだけで、すべて無料で聞くことができます。当たり前ですが、ネットとは異なり回線を契約したり、無料Wi-Fiスポットを探したりする必要はありません。普段、ネット生活に慣れきってしまうと、「契約しないで、しかも無料で受信できる」ことに、妙に感動してしまいます。

また、上記の表にもありますが、ネットの場合はデマ情報も多いという点に注目すべきです。SNSなどは誰でも情報を発信できるので、速報性の高い情報源といえます。しかし、その分デマ情報もとても多いのですべてを鵜呑みにすることはできません。実際に、過去の災害の際にもネット上でデマ情報が拡散され、多くの人が踊らされることになったというケースもあります。それに対して、ラジオであればより信頼性の高い情報を確実に得ることができます。

さらに、消費電力が小さく、緊急警報などの割り込み情報をリアルタイムで得ることもできます。ネットのようにデマ情報がすぐさま拡散されたり、古くなった情報が放置されたりといったことがないのも安心感があります。

AV機器 おすすめ防災ラジオの選び方は?

停電したりテレビが壊れたりした際の情報収集手段として見直されているラジオですが、いざというときに電池がなくなって使用できなくては意味がありません。また、防災用には何を基準に選んだらいいのか分かりづらいですよね。

そこで、防災ラジオ選びの6つのポイントをご紹介します。

選び方のポイント1:乾電池など電源の種類が多いと安心

手回しによる充電方法だけでなく電池も使えると安心。手回し充電のしやすさにも差があるので、注意しましょう。

選び方のポイント2:ラジオとして完成度が高いか

ラジオ機能は、AMラジオ・FMラジオ放送を、いい音で長時間聴けるのがベストです。

選び方のポイント3:LEDライト機能は明るいほど役立つ

明るさと点灯時間は反比例しますが、やっぱりLEDライトは明るいほうがいいです。懐中電灯として役立ちます。

選び方のポイント4:スマホと電源を共用できると便利

手回で発電しUSB充電ができる防災ラジオでなら、スマホなどの携帯充電に役立ちます。

選び方のポイント5:基本スペックの差に要注意

外見がよく似ていても製品によって基本的なスペックに差があるため、その点に注意したいです。

選び方のポイント6:サイレン機能があればSOSに使える

瓦礫の下敷きになったときなど、声が届かない状態でも大音量のサイレンで居場所を伝えられます。

AV機器 防災ラジオを実際に比較してわかった違いは?

雑誌『家電批評』が実際に10台の製品を触って比較テストをしてみると、それぞれ大きな違いがありました。

充電は手回しの効率がいいものの、長時間では手が疲れるため、太陽光に当てておくだけのソーラー充電の性能も重要です。同様にスマホの充電では、内蔵電池だけでなく、手回しや乾電池でも充電できるかどうかにも注目しましょう。

電源テスト:ソーラー充電の性能はメーカー製に軍配

メーカー製

ソニーなどの有名メーカー製は手回し・ソーラーともに短時間でもしっかり充電できます。

ノーブランド

ノーブランドは短時間のソーラー充電ではラジオ・ライトとも動作せず。

▼手回し充電とソーラー充電のラジオ聴取時間
ソニー
1分手回し充電:27分40秒
10分ソーラー充電:3分55秒

モンベル
1分手回し充電:7分50秒
10分ソーラー充電:51秒

RegeMoudal
1分手回し充電:1分30秒
10分ソーラー充電:0秒

Handic
1分手回し充電:32分
10分ソーラー充電:0秒

ソニーやモンベルといったメーカー製品が10分のソーラー充電でラジオを聴取できたのに対して、ノーブランドの2製品はラジオ・ライトともに使えませんでした。

スマホテスト:手回し・乾電池でスマホ充電できる製品は一部

USB接続でのスマホ充電対応を謳ったソーラー&手回し防災ラジオは多いですが、利用できる電源は限られています。

今回のテストでは内蔵電池からは全製品が充電できましたが、手回しと乾電池で直接充電できたのはそれぞれ5製品のみ。ソーラーにいたっては全製品が充電できませんでした。

▼手回し充電ができた製品
ソニー、ヤザワ、Smart-Life、ロゴス
手回しでの充電機能は、緊急事態にはありがたいです。

▼乾電池で充電できた製品
ソニー、ヤザワ、Smart-Life、ロゴス、防災防犯ダイレクト
余った電池をスマホの電源にできます。

それでは、以上の比較テストを元に決定した、防災ラジオのおすすめランキングを発表します。

記事1位BEST 【おすすめ防災ラジオ1位】ソニー「ICF-B99」|あらゆる面で完成度の高さが際立った

ソニー
ICF-B99
実勢価格:8690円
サイズ:約W132×D58×H79mm
重さ:約385g
バッテリー:800mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM
乾電池:単3 2本
▼テスト結果
電源の種類 22点/25点
ラジオの性能 22点/25点
ライトの性能 12点/25点
スマホの充電 15点/25点
使い勝手 7点/10点
合計 78点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:27分40秒
ライト:14分30秒

ベストバイは、ソニー「ICF-B99」。特に置いておくだけで充電できるソーラー充電の性能が高いのは、体力を消費したくない避難生活で重宝するのは間違いありません。最新機と比べても完成度・質感とも高い、鉄板製品です。

残量ゼロからでもしっかり充電

バッテリーが切れた状態でも、ソーラーと手回しで確実に充電できました。
ソーラー充電は冬の弱い日差しでも問題なし。ハンドルも軽いです。

短時間の充電で長時間聴ける

ラジオの聴取時間は1分の手回し充電で約27分と2番目で、ソーラー充電ではトップを記録。選局が決まると同調ランプが光ります。

足元をしっかり照らせる明るさ

ライトは照射時間こそ短く最下位でしたが、111ルクスの照度はNo.1。暗がりでも安心できます。

手回し・乾電池でもスマホを充電できる

スマホをUSB接続したテストでは、手回しでの充電、内蔵電池からの充電、乾電池からの充電ができました。電流は500mA前後と強めでした。緊急時に通信手段の電源を複数確保できるのは、心強い限り。

実用的な装備

イヤホンジャックがあるので周囲に気兼ねなく聴けます。
本製品を分解したところ、内蔵電池の容量は800mAh。スマホは152mAh充電できました。

記事2位BEST 【おすすめ防災ラジオ2位】モンベル「H.C.マルチラジオ」|コンパクトで場所を取らない

モンベル:H.C.マルチラジオ:防災ラジオ
モンベル
H.C.マルチラジオ
実勢価格:5390円
サイズ:W133×D48×H63mm
重さ:231g
バッテリー:600mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM/短波
乾電池:単4 3本
▼テスト結果
電源の種類 21点/25点
ラジオの性能 11点/25点
ライトの性能 12点/25点
スマホの充電 15点/25点
使い勝手 8点/10点
合計 67点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:7分50秒
ライト:24時間以上

2位はモンベル「H.C.マルチラジオ」。1分の手回し充電でライトが24時間以上点灯しました。45ルクスとあまり明るくはありませんが、3灯のため照射範囲は広く、最後まで明るさがあまり変わりませんでした。

短波放送に対応

海外でも一部の国で日本語の緊急警報放送が聴ける「短波放送」に唯一対応。緊急時にはサイレンも鳴らせます。

スマホ充電に強い

手回しによるスマホ充電が可能。内蔵電池、乾電池でも充電できました。

記事3位BEST 【おすすめ防災ラジオ3位】ヤザワ「BS901WH」|手回し・乾電池でスマホ充電

ヤザワ:BS901WH:防災ラジオ
ヤザワ
BS901WH
実勢価格:4370円
サイズ:W140×D38×H80mm
重さ:230g
バッテリー:500mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM
▼テスト結果
電源の種類 22点/25点
ラジオの性能 8点/25点
ライトの性能 15点/25点
スマホの充電 15点/25点
使い勝手 5点/10点
合計 65点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:3分15秒
ライト:3時間1分

3位はヤザワ「BS901WH」。97ルクスと明るいライトで夜も安心。手回し1分で約3時間点灯します。

記事4位 【おすすめ防災ラジオ4位】Smart-Life「ポータブルラジオ」|3位ヤザワとうりふたつ

Smart-Life:ポータブルラジオ:防災ラジオ
Smart-Life
ポータブルラジオ
実勢価格:2899円
サイズ:W140×D38×H80mm
重さ:230g(実測値)
バッテリー:500mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM
▼テスト結果
電源の種類 22点/25点
ラジオの性能 8点/25点
ライトの性能 13点/25点
スマホの充電 15点/25点
使い勝手 5点/10点
合計 63点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:0分
ライト:24時間以上

4位はSmart-Life「ポータブルラジオ」。3分手回ししてもラジオが聴けず。照度は54ルクスでした。

記事5位 【おすすめ防災ラジオ5位】Handic「防災ラジオ」|音質がよくチューニングも簡単

Handic:防災ラジオ:防災ラジオ
Handic
防災ラジオ
実勢価格:4599円

サイズ:W168×D53×H80m
重さ:520g
バッテリー:5000mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM
▼テスト結果
電源の種類 17点/25点
ラジオの性能 15点/25点
ライトの性能 12点/25点
スマホの充電 5点/25点
使い勝手 9点/10点
合計 58点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:32分
ライト:32分20秒

5位はHandic「防災ラジオ」。手回し充電でラジオを32分も聴取。ついにソニーを超える製品が出てきました。ハンドルは長さ、形状ともによく回しやすいですが、少し硬いなど残念な点も目立ち、評価を下げました。

ラジオ聴取は最長

1分の手回し充電で32分もラジオを聴取。選局はデジタルで、感度も◎です。

ソーラーはイマイチ

ソーラー充電でラジオが動かなかったのはマイナス。脇のアンテナも収納できず。

記事5位 【おすすめ防災ラジオ5位】防災防犯ダイレクト「ソーラー多機能 ラジオライト2300」|バッテリー容量2300mAh

防災防犯ダイレクト:ソーラー多機能 ラジオライト2300:防災ラジオ
防災防犯ダイレクト
ソーラー多機能
ラジオライト2300
実勢価格:5000円
サイズ:W149×D41×H80mm
重さ:285g
バッテリー:2300mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM
▼テスト結果
電源の種類 22点/25点
ラジオの性能 8点/25点
ライトの性能 12点/25点
スマホの充電 10点/25点
使い勝手 6点/10点
合計 58点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:4.1分
ライト:24時間以上

同じく5位は防災防犯ダイレクト「ソーラー多機能 ラジオライト2300」。内蔵電池が2000mAh超えながら大きすぎないサイズです。

記事7位 【おすすめ防災ラジオ5位】クマザキエイム「SL-091」|大きな液晶で操作しやすい

クマザキエイム:SL-091:防災ラジオ
クマザキエイム
SL-091
実勢価格:7678円
サイズ:W202×D90×H80mm
重さ:490g
バッテリー:4000mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM
▼テスト結果
電源の種類 22点/25点
ラジオの性能 11点/25点
ライトの性能 8点/25点
スマホの充電 5点/25点
使い勝手 10点/10点
合計 56点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:2.5分
ライト:2時間

7位はクマザキエイム「SL-091」。液晶付きで選局がしやすく、受信感度も良好です。

記事8位 【おすすめ防災ラジオ8位】シンシア「RELAX エマージェンシーラジオ」|選局しやすい大きなダイヤル

シンシア:RELAX エマージェンシーラジオ:防災ラジオ
シンシア
RELAX
エマージェンシーラジオ
実勢価格:4950円
サイズ:W176.5×D64.9×H75.3mm
重さ:300g
バッテリー:1800mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM
▼テスト結果
電源の種類 18点/25点
ラジオの性能 9点/25点
ライトの性能 9点/25点
スマホの充電 5点/25点
使い勝手 8点/10点
合計 49点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:4.6分
ライト:5.6時間

8位はシンシア「RELAX エマージェンシーラジオ」。点灯3段階、点滅2段階のライトとmicroSD対応が特徴。

記事9位 【おすすめ防災ラジオ9位】ロゴス「3電源クランク ソーラーラジオライト」|ポケットに入るコンパクトさ

ロゴスコーポレーション:ロゴス 3電源クランク ソーラーラジオライト:防災ラジオ
ロゴスコーポレーション
ロゴス
3電源クランク
ソーラーラジオライト
実勢価格:5940円
サイズ:約W130×D45×H73mm
重さ:約220g
バッテリー:1500mAh
ラジオ:AM/FM/ワイドFM
▼テスト結果
電源の種類 16点/25点
ラジオの性能 4点/25点
ライトの性能 8点/25点
スマホの充電 10点/25点
使い勝手 6点/10点
合計 44点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:40秒
ライト:2.8時間

9位はロゴス「3電源クランク ソーラーラジオライト」。コンパクトで携帯しやすいサイズ。乾電池は使えません。

記事10位 【おすすめ防災ラジオ10位】RegeMoudal「防災ソーラーラジオ」|これ1台では不安が残る

RegeMoudal:防災ソーラーラジオ:防災ラジオ
RegeMoudal
防災ソーラーラジオ
実勢価格:2799円
サイズ:W128×D45×H60mm
重さ:約220g
バッテリー:2000mAh
ラジオ:AM/FM
乾電池:単4 3本
▼テスト結果
電源の種類 15点/25点
ラジオの性能 3点/25点
ライトの性能 4点/25点
スマホの充電 5点/25点
使い勝手 5点/10点
合計 32点/100点
▼1分手回し充電結果
ラジオ:1.5分
ライト:37分

10位はRegeMoudal「防災ソーラーラジオ」。手回し充電では短時間しか動かず、ソーラー充電も10分ではライトも点きません。ラジオの感度が悪く、ワイドFM非対応も残念。

充電効率が悪い?

とにかくハンドルが重く、手回しが大変です。ソーラーは短時間では充電できず。

ライトが暗め

メインのライトは41ルクスと暗く、1m先もほとんど照らせません。ソーラー裏のライトも使い道が微妙。

AV機器 【まとめ】2019年に続いてベストバイのソニーが安心!

以上、防災ラジオおすすめランキング10選でした。防災ラジオは緊急時に出番がくる製品だけに、イマイチな点があれば不安が残ります。

それだけに、バランスのいいソニーが発売から5年以上経った今でも人気が高いことに納得しました。もちろん、2位以降の一芸に秀でた製品を選ぶのもあり。防災ラジオの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事