いやーなニオイも型崩れも。がっかりお洗濯を防ぐアイテム&テク4選
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2019年02月28日

いやーなニオイも型崩れも。がっかりお洗濯を防ぐアイテム&テク4選

失敗しないお洗濯の極意は、ベストな洗濯洗剤を使うことですが、ほかにも忘れがちな落とし穴が…。今回ご紹介するのは、いくら洗っても残るいやーなニオイの原因となる洗濯槽の汚れを落とすクリーナーから、すすぎのコツ、100均なのにしっかり働くくず取りネットまで、『LDK』読者からの反響が大きかったテク&アイテムばかり! 早速お家で試してみてくださいね。

テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。

ホーム 洗濯槽が汚れていたら 洗濯物にイヤなニオイが移る…

ちゃんと洗剤や柔軟剤を入れて洗濯機で洗ったのに、ニオイが取れないどころか、変なニオイがついたり、黒っぽいカビのような汚れが付着したりしていませんか? 

それ、洗濯槽が汚れているのが原因です。

今回は、LDK編集部が2018年行ったさまざまなテストの中から、しっかり汚れを落としてくれた洗濯槽専用クリーナーのご紹介から、洗濯にまつわる読者の心に刺さったグッズ&アイデアまでをランキングでご紹介します。

記事1位BEST ナンバー1の洗濯テクは このクリーナーが決め手!

日立:洗濯槽クリーナー SK-1 1500ml:洗剤
日立 
洗濯槽クリーナー SK-1 1500ml
実勢価格:2154円
洗濯機を製造している日立から発売されているだけあって、洗濯槽の洗浄力は強力。10年もののこびりついた洗濯槽の汚れをすっきり落とせました。
Before
洗濯機を分解して洗濯槽を取り出すとこんな感じ。全体的に茶色っぽい汚れがびっしり付着しています。
パーツも全体的に茶色っぽく汚れています。
洗濯槽の底の部分は、洗剤カスやカビがびっしり付いてドロドロの状態に。下の白い部分がほとんど見えないくらい、しつこい汚れが付いていました。

そんなヒドイ汚れも、この日立の洗濯槽クリーナーを使うと…
After
茶色かった汚れの色が薄くなり、本体がよく見えるようになりました。
パーツの汚れもほとんど落ちて、元の白さを取り戻しました。
洗濯槽の底にこびりついていたドロドロの汚れも、1回の洗浄ですっかりキレイに。

このテストでは、本当に効果のある洗濯槽クリーナーはどれかを調べるため、洗濯機を分解して結果を見定めました。家庭で使うだけでは、槽の汚れがどのくらい落ちているのか目で確認できませんが、このテストなら一目瞭然! と多くの読者が感動しました。

このクリーナーは、試す価値がある逸品ですね。次は、洗濯物のすすぎテストで、わかった真実です!

記事2位BEST すすぎは回数が重要! 急いでいても「標準コース」で!!

すすぎ1回で洗ったもの
多くの場合、洗濯機の標準コースでは、すすぎを2回行いますが、ボタン1つですすぎを1回に変更できるものもあります。

急いでいるときなど、ついついすすぎを1回にしてしまいがちですが、標準コースのすすぎ2回と比べると、果たして汚れはどのくらい落ちているのでしょうか。

まず、こちらがすすぎ1回で洗ったシャツです。胸元に付いたシミがくっきり残ってしまっています。
標準コースで洗ったもの
標準コースで洗ったシャツがこちら。すすぎが2回になっただけで、汚れがキレイに落ちています。

すすぎを十分にすることで、水圧がより長時間かかり、服同士の摩擦も起きるので、汚れが落ちやすくなりました。

目の当たりにした読者モニターさんも、「急ぐとき以外は標準コースで洗うようにします」と心に決めたテスト結果が第2位でした。

続いて、くず取りネットの紹介です。

記事3位BEST 低価格なのに優秀! 3位のテクはくず取りネット

ダイソー:全自動専用 くず取りネット:洗濯グッズ
ダイソー
全自動専用 くず取りネット
実勢価格:108円

ダイソーで販売しているフック式の「全自動専用 くず取りネット」。低価格ながらもゴミをしっかりキャッチしてくれます。
くず取りネット4製品の使いやすさを比べたテストが、読者の心をつかんで3位にランクイン。「付属のネットがボロボロのままだったので即買った(笑)」という読者もいました。
洗濯槽の穴にフックを引っ掛ければOKなので簡単に使えます。付け外しが楽なところもポイントです。

最後はニットを長持ちさせるアイデアです。

記事4位 4位の洗濯テクは ニットを長持ちさせる「V字干し」

ニットやセーターを家で洗うとき、洗濯ネットに入れて洗う人は多いはず。でもそれだけが、ニットを長持ちさせる方法ではありません。

上の写真の2枚重ねたニット。上にあるものはニット本来の形のままです。これがご紹介する「V字干し」の効果です。

干し方を工夫するだけで、服の伸び縮みが変わってきますよ。
まずは、細かい目のネットに入れて洗濯しましょう。こうすると、水流を抑えて型崩れがしにくくなります。
干すときは、服を半分に折りたたんでV字になるように置きます。その上にハンガーをセットして…
袖と身ごろをハンガーに差し込みます。こうすれば、ほぼ均等に重みがかかるので、干している間にずれることを防ぎ、服が伸びるのを最小限に抑えられます。

読者からは、「お家でも安心して洗えてます」という反響があった洗濯テクニックでした。

以上、「LDK」で読者の反響が大きかった、洗濯のベストアイデアを1位から4位まで紹介しました。

洗濯機を分解しての実験など、家庭ではできないガチテストが、読者の日々の暮らしに役立ったようです。みなさんもぜひ参考にしてみて下さいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連記事