【Amazonの裏技】電動歯ブラシの交換ヘッド、860円→160円へコストダウンできます
安くて良いモノ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by ヘルスケア部
公開日: 2019年02月01日

【Amazonの裏技】電動歯ブラシの交換ヘッド、860円→160円へコストダウンできます

高性能の電動歯ブラシで口内環境をキレイに!…そこまでは良いんですが、使い続けるにつれてのしかかるのが「交換ブラシの費用」。機種によっては純正ブラシ1本につき約860円と、かなりシビアになってきます。ここではAmazonで見つけた、フィリップスの「ソニッケアー」シリーズの格安互換ブラシをご紹介します。

ヘルスケア 最上位機種として納得の実力 でも交換ブラシはお高めです…

「虫歯にはなりたくないけれど、きちんと磨けている自信がない」そんな悩みはないでしょうか。そんな方には「電動歯ブラシ」という選択肢がおすすめです。

電動歯ブラシの長所は、手磨きよりも細かな毛先の動きで磨きにくい部分や奥の歯垢も落とせるところです。歯に当てるだけで汚れを落としてくれるため、手も疲れません。

きちんと使えば、手磨きより短時間できれいに磨くことができます。

CMでもおなじみの「フィリップス」は、過去の電動歯ブラシ21本ランキングでも2位に選ばれる実力派の一本です。
こちらがそのフィリップスの「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」です。
フィリップス ソニッケアー:ダイヤモンドクリーン スマート HX9964/55:歯ブラシ
フィリップス ソニッケアー
ダイヤモンドクリーン スマート
HX9964/55
実勢価格:3万980円
サイズ・重量:約H255×W30.5×D27.8mm・約144g(ブラシ含む)
振動方式:音波振動
モード:クリーン、ホワイトプラス、ガムヘルス、ディープクリーンプラス、舌磨き×強・中・弱強さ設定
本体水洗い:対応
歯の裏や並びの悪い歯など不得手なポイントもありますが、歯石除去力はかなり高め。

歯磨き性能が高く、製品としては魅力のあるフィリップスですが、純正の替えブラシが高めというデメリットもあります。

ちなみにAmazonでベストセラー1位の純正ブラシは、4本組で3440円。1本860円なので割高感はあります。

そこがネック…という声もありますが、ブラシを置くだけで充電できるグラスやUSB充電トラベルケースなど、この機種ならではの特典も多いのは事実…。
歯に触れる面積が広くて奥歯までラクに届く純正ブラシ。
そこで、Amazonで、ソニッケアーに対応する非純正ブラシを探してみました!

ヘルスケア サードパーティなら 1本あたり約160円で済みます

McoYoo:電動歯ブラシ用 替えブラシ ブラシヘッド  フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 対応 8本:歯ブラシ
McoYoo
電動歯ブラシ用 替えブラシ ブラシヘッド 
フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 対応 8本
実勢価格:1299円 → セール価格:?円
※プライム会員先行タイムセール開始は2/2(土)1:30
せっかくならセール価格のものを! と見つけたのが、こちらの替えブラシです。
波形毛先で汚れをかき取る設計です。
フィリップスのダイヤモンドクリーンのほか、イージークリーン、パワーアップ、キッズ、ヘルシーホワイトなどソニッケアーの多くの電動歯ブラシに対応しています。

1本あたり約160円と、コスパが高いのが最大のポイント。衛生面では定期的に交換したいけれど、お金がかかってしまうのが気になる方は、セール期間のうちに検討してみてはいかがでしょうか。

なお、このブラシは正規品ではないので、もし不具合が生じた場合はソニッケアーの保証の適用外になりますのでご注意を。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事