容量不足どうしてる? iPhoneの写真は「消さずに無料バックアップ」が正解です
2019年03月07日(木)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
容量不足どうしてる? iPhoneの写真は「消さずに無料バックアップ」が正解です
iPhoneを使っていて「ストレージ空き容量なし」という表示、見たことはありませんか? 仕方なしに要らないアプリを消したり、大量の写真データを泣く泣く消したりしている人もいるはず…。でも、データを消すのはちょっと待ってください! 今回は、ストレージ不足問題の原因の1つ「写真」のバックアップ方法をご紹介します。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
  • ストレージの空き容量なし問題…
    データ消去より前にすべきなのは?
iPhoneで写真を撮影しようとしたら、「容量がいっぱい」という表示が出て、保存できない…。こんな経験ありますよね。

そもそも「ストレージ空き容量なし」というのは、どういう状態なのでしょうか?

これはスマホの中に入れておける容量が「パンパンでもう入りません!」ということです。冷蔵庫にパンパンの食材を詰め込んでるにも関わらず、さらに食材を詰め込もうとしても、入りきらないですよね。それと同じです。
こんな表示が出てきたら「パンパン」状態。
つまり保存されているデータを削除すれば「空き」ができるわけですが、大切なデータを削除するなんてナンセンスですよね。

そんなスマホの容量が限界を迎えた人にオススメしたいのが、「写真バックアップ」です。
  • 写真のバックアップで
    かなりの空き容量が確保できます
iPhoneの空き容量は「設定」から「一般」の「iPhoneストレージ」で確認ができます。
まずは、iPhoneの容量を占めている原因を確認してみましょう。iPhoneの空き容量は「設定」から「一般」の「iPhoneストレージ」で確認ができます。

上記のように「写真」の項目がどれほど容量を占めているかがわかります。とくに「写真」が大きく占めている場合は、写真のバックアップを行うことで空き容量をかなり増やせます。

一度も写真を削除したことがない場合は、相当な空きが増やせるはずですよ。ぜひお試しください。

そこで、おすすめしたい写真のバックアップ方法は以下の4つです。

①Google フォト…無料
保存先:ストレージ。保存容量無制限

②Amazon Photos…無料(Amazonプライム会員のみ)
保存先:ストレージ。保存容量無制限

②Qubii…有料
保存先:MicroSDカード。ネット環境不要

④iXpand Base…有料
保存先:SDカード。ネット環境不要

結論としては、「低画質になっても良いから、無制限に写真を保存したい」なら①のGoogle フォト、「難しい設定ナシでMicroSDに保存したい」なら超簡単な②Qubiiがおすすめです。

目的に合わせて、下記の2つの写真バックアップサービス&グッズを使いこなすのが、空き容量問題を解決する近道ですよ。それでは、①から順番に写真バックアップサービス&グッズの特徴を見てみましょう。
  • 設定も操作もカンタン!
    Googleフォトでバックアップ
Google.inc
Google フォト
価格:無料
低画質で良ければ「Google フォト」なら、枚数制限なしで保存できます。
スマホに保存している写真の数々も、「Google フォト」にデータを同期させるだけで、スマホ側の写真を一括で削除できます。これならスマホの容量にかなり空きが出ますよね!
「Google フォト」に保存した画像は、スマホだけでなくパソコンなどの他端末でも閲覧できます。しかも、キーワード検索機能もあるので「ラーメン」など、キーワードを入力して関連する画像を表示させることも簡単です。

その他にも、ずーっと使い続けたくなるような工夫がいっぱいあります!

・使いやすさ1:優秀なAIが画像整理してくれる
撮影日や被写体の特徴、位置情報などを元にして、AIが自動的に画像を整理してくれます。

・使いやすさ2:保存したら一括削除
Google フォトにバックアップが済んだら、スマホ内のファイルを一括で削除を促してくれます。これで、容量圧迫を避けられます。
  • Google フォトの使い方はこちら
「Google フォト」アプリを「App Store」からダウンロードして、スマホにインストールします。

インストールが完了したら、アプリを開いてアカウントを設定しましょう! 既にGmailを取得済であればGmailアドレスとパスワードを入力すればOKです。
画像をアップロードするサイズを設定します。通常は高画質モードを選んでください。このモードでなければ、容量無制限にはなりません。

ただし、高画質と言っても微妙に元画像よりも画質が落ちます。スマホで見るには十分ですが、この点は注意しましょう。
「Google フォト」にアップロードするタイミングを設定します。

モバイルデータ通信の場合、データ通信量を食ってしまうのでWi-Fi利用時にアップロードする設定がオススメです。

これで「Google フォト」に、スマホの画像を保存できちゃいます!

唯一のデメリットは元の画質に比べて、低画質になってしまうことですね。この画質が落ちてしまうのが気になる人は、Amazon Photosのサービスもあります。
  • 画像の劣化が許せない!
    Amazon photosに保存
AMZN Mobile LLC
Amazon Photos
価格:無料(Amazonプライム会員のみ)
コチラは低画質になってしまう心配がありません!「Google フォト」同様、無制限にスマホ画像をバックアップできます。
ただし「Amazon Photos」を利用できるのは、Amazonプライム会員(有料)のみです。RAWデータも無制限に保存できるので、画質優先の人にはオススメですよ。 

もしプライム会員であれば、ぜひとも使いたいサービスです。
  • ネット不要でとにかく簡単
    QubiiでSDにバックアップ
Maktar inc.
Qubii
実勢価格:5980円
先ほどご紹介した2つの方法は、ネット上に保存するもの。バックアップとしては比較的シンプルな方法ですが、それでも不慣れな時はややこしく感じますよね。

そんな方におすすめなのが、ネットを経由する手間なく、microSDにiPhoneから画像データ(動画も)を保存できるこちらのアイテムです。

どれくらい簡単かというと…。
このように、コンセントに繋ぐだけ。充電しているだけに見えますが、これだけで画像データをバックアップ中です。
USBコネクタの上にmicroSDカードを入れられます。microSDは別売なので、自分が必要なデータ容量のmicroSDカードを購入しましょう。枚数を増やせば、容量は実質無制限にできますね。
自分以外の家族の画像ファイルも別々に保存できます。すごく便利!
  • Qubiiの使い方はこちら
「Qubii」にmicroSDカードを挿し、アダプタに接続します。iPhoneと繋げると専用のアプリがiPhone画面に表示されます。
専用アプリのインストールが完了したらバックアップ&充電がスタートします。重複のバックアップはされないので安心です。
  • SDカードにバックアップ可能!
    サンディスクにデータ保存
サンディスク
iXpand Base
実勢価格:8999円
microSDカードではなく、SDカードに画像ファイルを保存したいなら、iXpand Baseがおすすめ。コチラも充電しながら、写真のバックアップできまます。
ラバー素材なので、スマホがずり落ちる心配もありません。「Qubii」に比べると少々お高めですが、SDカードを使い人にはオススメです。

今回は、スマホのデータ容量不足を解決するサービス&グッズをご紹介しました。賢く使って、スマホのストレージ不足を解消しちゃいましょう!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [スマホ連動ガジェット]
    【Amazonベストセラー】テストして感動した「スマホアクセサリー」7選[2019年最新版...
  • [スマホ連動ガジェット]
    え、これが不人気? Amazonバッグパック“本気の掘り出し物”がこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    こんなの欲しかった!かゆいところに手が届くApple製品のチョイ足しアイテム
  • [スマホ連動ガジェット]
    「カギがない!」Amazonで見つけた紛失防止タグなら解決できます
  • [スマホ連動ガジェット]
    知ってた? スマホって“なくしたもの”まで検索できるんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    Amazonの大定番! Ankerの“今日買うべき”傑作がこちら
  • [スマホ連動ガジェット]
    え、充電しなくていいの? スマートウォッチの呪縛がついに解除されました
  • [スマホ連動ガジェット]
    Apple Watchはガチ本命? 今、スマートウォッチを買う前に知っておきたいコト
  • [スマホ連動ガジェット]
    [タイムセール速報]本日、Amazonでスマホ環境が激変します
  • [スマホ連動ガジェット]
    もっと早く知りたかった! コレだけでめっちゃラクになることを…[アイデア3選]
  • [スマホ連動ガジェット]
    “有線最強説”に待った!? ガジェット更新の時期到来か
  • [スマホ連動ガジェット]
    「Apple Watchは高い」派がポチりたくなるAmazonの掘り出しモノ6選
  • [スマホ連動ガジェット]
    「超楽しかった~!」が続く。360度カメラの意外な使い方がこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    なぜAmazonの王者「Anker」が“ネットの外”に出たのか[リアル店舗解禁の理由]
  • [スマホ連動ガジェット]
    スマホの手ブレがたった1599円で解決できるって知ってた?
  • [スマホ連動ガジェット]
    iPad派は見ないでください。ハマった人だけが愛せる玄人タブレットがこちらです
  • [スマホ連動ガジェット]
    子どものオモチャ? いえいえ、これはオトナの…[カメラ付きドローン4製品比較]
  • [スマホ連動ガジェット]
    「あわわ、大事なアレがない!」忘れ物解決策が実用化していること、ご存知ですか?
  • [スマホ連動ガジェット]
    【iPhone】ケーブル無し、高速充電! そんな製品Amazonで見つけました
  • [スマホ連動ガジェット]
    写真が動いて、喋る…? 未来の話じゃないんです、コレがあればね!
  • [スマホ連動ガジェット]
    「あれ、カギ閉めたっけ?」がゼロになる最強のキーレス玄関の作り方
  • [スマホ連動ガジェット]
    蒸し風呂のような部屋に帰りたくない…ならばコレ必携です
  • [スマホ連動ガジェット]
    お、カワイイ……だけじゃない! 子どもの心配がちょっとだけなくなるんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    古いiPhoneカメラを劇的改善する「外付け高画質」がコレ!