【100均ハンディモップ】軽い力でサッとホコリが取れる! 年末年始の大掃除はダイソーに決まり
2018年12月31日(月)
360.life編集部
360.life編集部/Test by LDK編集部
【100均ハンディモップ】軽い力でサッとホコリが取れる! 年末年始の大掃除はダイソーに決まり
サッとなでるだけでホコリが取れるハンディモップ。普段の簡単な掃除から、年末年始の大掃除まで大活躍のアイテムです。今回は、そんなハンディモップのロングセラー「クイックルワイパー」に対抗できるものを100均から探すべく、実際に使って検証してみました。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

LDK テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
  • 掃除機では取れないホコリは
    ハンディモップでサッと掃除
掃除機ではなかなか取れないホコリ。とくに机や書棚の上やソファや椅子の下などは、掃除機のノズルでは辛いところです。とはいえ、昔ながらのハタキを使うとホコリが舞うだけということも。

そんなときに便利なのがハンディモップです。
AV機器の裏の掃除にも活躍
高いところやすき間に溜まったホコリもサッとなでるだけで、毛にホコリを吸着してくれます。また、テレビやレコーダーの裏などにホコリが溜まると火事の原因になることもありますが、そんなときにもハンディモップでさっと掃除すると安心。
  • 本家のクイックルワイパーと
    100均のアイテムを比較
ハンディモップといえば、花王の「クイックルワイパー」のハンディタイプが大人気ということで、今回はまずその実力を試してみました。さらに、ダイソーやセリアの「100均」ハンディモップの使い勝手を検証。

ホコリのキャッチ力・形状・持ちやすさの3点をA~Dの4段階で採点して、本家「クイックルワイパー」と比較しています。

それでは早速、検証結果をご覧下さい。
  • なでるだけでホコリを吸着
    さすがの使い勝手を見せます
花王:クイックル ワイパーハンディ:掃除道具
花王
クイックル
ワイパーハンディ
実勢価格:266円
まずこちらが、定番のクイックルワイパーのハンディタイプ。丸型にもかかわらずすき間にも入る厚みで、汎用性は広そうです。
[キャッチ力:評価A][形状:評価A][持ちやすさ:評価A]
なでるだけでふわふわの繊維がホコリを吸着。持ちやすさを含めつくりがさすがでした。

すべての点で高い評価を得た「クイックルワイパー」ですが、100均にも負けず劣らずの吸着力を発揮したハンディモップがありました。
  • 花王顔負けの吸着力!
    使い勝手抜群の高コスパ品です
ダイソー:ふわっとモップ ハンディタイプ:掃除道具
ダイソー
ふわっとモップ
ハンディタイプ
実勢価格:108円
クイックルワイパーの対抗馬としてオススメしたいのが、ダイソーのハンディモップ。細かいホコリも吸着する力が高いことに加え、シートが抜けにくくて使い勝手が良好。替え1枚当たり36円とコスパの良さも魅力です。
手になじむ持ちやすい形状で、手首を動かす際にもストレスなく掃除ができます。
[キャッチ力:評価A][形状:評価B][持ちやすさ:評価A]
適度な硬さの毛足で細かいホコリもしっかりキャッチしました。
  • ソファなどの隙間もおまかせ
    すみずみまでキレイにします
    
セリア:のび~る ふわふわモップ:掃除道具
セリア
のび~る
ふわふわモップ
実勢価格:108円
持ちやすく長さ調整もスムーズなセリアの「のび~るふわふわモップ」。ソファ下などすき間にも便利です。
[キャッチ力:評価A][形状:評価C][持ちやすさ:評価A]
細かいところまでしっかりホコリを取り切りました。強いて弱点を挙げるとすれば、中心部にホコリが付きやすいところです。
  • 厚みある分すき間は苦手
    毛が抜けるのは致命的
セリア:吸着ふわふわ ハンディダスター:掃除道具
セリア
吸着ふわふわ
ハンディダスター
実勢価格 108円
同じセリアでもこちらは厚みがあるぶんすき間に入りにくく、細かいホコリにやや弱いです。
[キャッチ力:評価C][形状:評価C][持ちやすさ:評価C]
なによりも毛が抜けやすいのが致命的。キレイにするよりもゴミが増えそうです。
  • 丸形がかえって使いにくく
    ホコリを十分に取り切れず
ダイソー:マイクロファイバーダスター 41㎝:掃除道具
ダイソー
マイクロファイバーダスター 41㎝
実勢価格 108円
ハタキのように使う丸型タイプですが、面に密着しないのでホコリを取り切れません。すき間にも使いにくいのも難点です。
[キャッチ力:評価C][形状:評価D][持ちやすさ:評価D]
ご覧の通りホコリの吸着もイマイチ。テーブルなどの平面にフィットせず、掃除しやすいとは言えませんでした。
  • 毛がボソボソ抜けて
    掃除以前の問題でした
ダイソー:マイクロファイバー V字型モップ:掃除道具
ダイソー
マイクロファイバー
V字型モップ
実勢価格:108円
洗うタイプで、とにかく毛が抜けやすいのが難点。V字型の利便性は感じられません。
[キャッチ力:評価D][形状:評価D][持ちやすさ:評価D]
新品状態ですでに毛が抜けまくり、掃除どころではありませんでした。

以上、ハンディモップの紹介でした。実質、花王以上のコスパの良さを見せたのがダイソーの「ふわっとモップ ハンディタイプ」。また、セリアの「のび~る ふわふわモップ」も十分検討に値します。ただ、他の製品が軒並み低評価だったので、購入する際は間違いのないように注意しましょう。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [掃除道具]
    家中の“嫌なニオイ”を一気に撃退!最強の消臭アイテム&テク5選
  • [掃除道具]
    “がっかりすぎる掃除・洗濯用品”13選。この掃除機、ゴミを蹴散らすだけなんです
  • [掃除道具]
    【100均】掃除がグッと楽になる。セリアの「ぞうきん」が超優秀でした
  • [掃除道具]
    【100均】コスパ派も大満足の「ワイパーシート」は、キャンドゥの厚手タイプに決まり...
  • [掃除道具]
    「毎日キレイ」が続きやすい、玄関掃除の収納アイデアがコチラ
  • [掃除道具]
    ホコリのたまらないクローゼットがほしい…。それ、叶える方法あるんです
  • [掃除道具]
    「玄関そうじ」砂ぼこりササッ。使いやすいミニホウキと無理しない掃除術
  • [掃除道具]
    1年間サボった人へ、年末大掃除はAmazonの王者クリーナーにまかせましょ
  • [掃除道具]
    ダイソーが大好きになる、100均のお掃除グッズ使えるモノだけ9選
  • [掃除道具]
    【10年の集大成】めっちゃ爽快! と叫びたくなるお掃除ギア3選
  • [掃除道具]
    油汚れもごっそり! キャンドゥで“拭くだけ”でコンロがみるみる新品同様に…[掃除...
  • [掃除道具]
    この発想はなかった! 柔軟剤でコーティングすると部屋が明るくなるんです
  • [掃除道具]
    窓の真っ黒汚れは、アレを“ラップする”とスルスル落ちるんですよ!
  • [掃除道具]
    ダイソー&セリアの高見えアイテム。買っていいものダメなもの[日用品5選]
  • [掃除道具]
    我が家のお風呂も、アレするだけでニオイが消えました【空間のイヤな臭い対策8選】
  • [掃除道具]
    【100均】ダイソー・セリア・キャンドゥ700製品中、良いモノだけの55選[掃除グッズ編...
  • [掃除道具]
    圧倒的に掃除がラクになる! テストする女性誌「LDK」が厳選しておすすめするBEST11
  • [掃除道具]
    【ダイソー】スキマ掃除グッズの買って良いもの、ダメなもの
  • [掃除道具]
    パワーだけじゃない! “新”ケルヒャーが超おすすめな理由
  • [掃除道具]
    雑草対策のおすすめ品!草取り界の救世主、口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビ...
  • [掃除道具]
    知ってた? 黒ずみ落としの黄金比率は「重曹1+アレ1」でした
  • [掃除道具]
    マジックリン? カビキラー? 湯アカ汚れは“アレ”の方が効果テキメンなんです
  • [掃除道具]
    ベランダにレモン!? じつはこれが“劇的キレイ”の近道でした
  • [掃除道具]
    いきなり水拭きはNG! 換気口には "正しい" 手順があるんです