長年の悩みが解決。「インク代を節約しやすい」プリンターは、交換もラクちんでした
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2019年01月23日

長年の悩みが解決。「インク代を節約しやすい」プリンターは、交換もラクちんでした

プリンターのインク交換はタイミングが悩ましいですよね。印刷の途中でインクが切れたら一大事! そうならないよう、インクが残っていても「そろそろヤバい」と思ったら交換していませんか? Amazonで話題の大容量インクカートリッジ搭載プリンターにすれば、インク切れの不安にサヨナラできるかもしれません。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

パソコン コスパが気になるなら 大容量モデルはいかが?

家庭で写真や年賀状を印刷すると、プリンターのインクがあっという間になくなってしまいます。突然のインク切れに備え、使い切る前にインクの交換をしていませんか? ただでさえお高いインクなのに、ちょっと残った状態で交換するのはもったいないですよね。

そんな昔からの悩みを解決できる、大容量タンクモデルが登場しています。

▼キヤノン、エプソンはコチラ
今回ご紹介するブラザー「DCP-J988N」は、本体内部にサブタンクがあり、カートリッジ内のインクがなくなっても200枚ほど印刷ができるんです。しかもインクカートリッジは大容量タイプなので、交換の手間も省けます。

今回は、大容量インクカートリッジ搭載のブラザー「DCP-J988N」をご紹介します。

パソコン インク交換がラクラク ブラザー「DCP-J988N」

ブラザー:DCP-J988N:プリンター
ブラザー
DCP-J988N
実勢価格:3万415円
サイズ・重量:W435×H195×D341mm(突起部を除く)・約8.7kg
インク:4色
解像度:6000×1200dpi(最大)
本製品は、インクの残量からおよその印刷可能枚数がわかる便利なプリンターです。
インクはカートリッジ式なので、交換は楽チンです。手が汚れないという利点がありますが、ボトルタイプに比べるとコストがかかってしまいます。

印刷可能枚数はA4モノクロが6000枚、A4カラーは5000枚!
ボトルタイプよりコスパ面で劣るといっても、標準モデルと比べればグッとお得に印刷できます。
全面パネルで、インク残量とおよその印刷可能枚数が確認できます。万が一、インクを使い切ってしまってもサブタンクがあるので安心です。
大容量インクジェットプリンターの中から、ブラザー「DCP-J988N」をご紹介しました。インク切れを気にせず印刷できるのは、気分的に楽ですよね。何より交換の手間がなく、ランニングコストを抑えられるのは魅力的です。今ならセール価格でお得にゲットできるので、気になった人はAmazonでチェックしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事