便利な方がいい、でも目にも優しい。Kindleが応えるのはそんなワガママでした
2018年11月30日(金)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
便利な方がいい、でも目にも優しい。Kindleが応えるのはそんなワガママでした
「Amazonの電子書籍を読むにはKindleが最適」って聞くけどホントなの? と、半信半疑な人のためにタブレットとKindle PaperWhiteの違いを比較。テストでわかった圧倒的な目への優しさにご注目ください。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
  • 本好きなら一度体験してほしい
    電子ペーパーのディスプレイ
小説や実用書を電子書籍でよく読む人には、電子ペーパーを搭載した「Kindle PaperWhite」がおすすめです。

「電子書籍なんてスマホや普通のタブレットで十分なんじゃないの?」と思っているかもしれませんが、そんな人にこそ体験してもらいたいのが、この“電子ペーパーのディスプレイ”なんです。

まずはKindle PaperWhiteの最大の特徴からご紹介しますね。
  • Kindle PaperWhiteは
    本好きの目にとても優しいんです
最大の特徴は「目への優しさ」。タブレットやスマホのように、目に向けて光を放つバックライトと違い、Kindle PaperWhiteは画面の表面を優しく照らすフロントライトを搭載しています。
PaperWhiteは目に優しいフロントライト
文章では伝わりづらいので、Kindle PaperWhiteとFireタブレットを比較してみました。Fireがネットや動画を重視したデバイスだとすると、Kindleは電子書籍に特化したデバイスだといえます。

それでは、アプリ「FHM Lite」を使った比較の結果をご紹介しますね。
  • PaperWhiteで3時間読書した場合
1時間経過ごとに1回、目の疲れを測定しましたが、ご覧の通り目の疲れは変わらず。3時間程度ならば、負担にならないことがわかりました。

続いて、Fireの検証結果は……。
  • Fire(タブレット)で3時間読書した場合
Fireの場合、2時間が経過した頃から、ガクンと目の疲れが現れました。これでは長時間の読書はちょっとつらいですよね。

さて、Kindle PaperWhiteと通常のタブレットとの違い、ご理解いただけましたでしょうか。「通勤時間の読書に使いたい!」と思ったアナタにおすすめ機種をご紹介します。
  • いまKindleを買うなら
    最新モデルが狙い目です
Amazon
Kindle Paperwhite[New モデル]
実勢価格:1万3980円(広告つき・8GB・Wi-Fi)
サイズ:W167×HD116×D8.18mm 
質量:約182g 
ストレージ:8GB
内臓ライト:あり LED5個使用
解像度:300ppi 
ディスプレイインチ:6インチ
防水性能:あり
「Kindle 」シリーズは、現在5モデルがラインナップされています。その中でもいちばんの狙い目は、コスパに優れた「最新モデルのKindle Paperwhite」です。上位モデルと同等の解像度を備え、防水対応にもなっています。
就寝前のベッドの上はもちろんのこと、水滴が心配なお風呂でも快適に読書が楽しめます。反射しないディスプレイなので、明るい陽射しの下でもまぶしくありませんよ。

Kindleが電子書籍での読書に最適なワケ、ご理解いただけましたでしょうか。通勤中の読書をさらに快適にしたい方は、ぜひ購入をご検討ください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [電子書籍リーダー]
    【日本限定Kindle】のマンガモデルを 書籍派でも買うべき理由
  • [電子書籍リーダー]
    Kindle選びに迷ったら、 迷わずPaperwhiteでOK!
  • [タブレットアクセサリー]
    iPadをMacのサブディスプレイにできるLuna Displayの実力は?ヤラセなしで検証レビュ...
  • [Amazon Fireシリーズ]
    Amazonで買うべきタブレットはやっぱりFireでした
  • [タブレットアクセサリー]
    100均に見えない「タブレットケース」が、ダイソーで見つかりました。
  • [タブレットアクセサリー]
    Amazonで買って損なしの「神コスパ」PC・モバイルギア4選
  • [Androidタブレット]
    iPad危うし!? 高性能で猛追する最強のライバル登場か
  • [タブレットアクセサリー]
    「そのまま使っちゃダメ!」って言いたくなっちゃうiPad周辺機器のベストがこちら
  • [iPadシリーズ]
    もう迷わない!「iPadどれ買えばいい問題」を解決する5つのポイント
  • [Androidタブレット]
    アップル派は見ないでください。“iPad mini 4の次”は、あっちのタブレットがオスス...
  • [タブレットアクセサリー]
    「iPadはビデオカメラだ」と言いたくなっちゃう“楽天の掘り出しモノ”がこちら
  • [タブレットアクセサリー]
    「iPadのココがイヤ」を解消するAmazonの意外なアイテム。Pencilお絵かき派は必見です
  • [iPadシリーズ]
    知らなきゃ損! iPadの「できない」を「できる」に変える凄ワザ17選
  • [その他タブレット本体]
    iPad派は見ないでください。ハマった人だけが愛せる玄人タブレットがこちらです
  • [Androidタブレット]
    iPad派は見ないでください。「ファーウェイ」の2018年上半期ベスト
  • [タブレットアクセサリー]
    【2018年】iPadにおすすめキーボード9選 | 最強ランキング最新版
  • [タブレットアクセサリー]
    タブレット用車載ホルダーおすすめランキング7選 | 手持ちのiPadをカーナビ化!
  • [タブレットアクセサリー]
    お風呂で使える! iPad&タブレット用防水ケースおすすめランキング 6選|水没の悲劇...
  • [タブレットアクセサリー]
    【最新iPad対応】「Amazonで揃う」iPadを超快適にする厳選11アイテム
  • [タブレットアクセサリー]
    【2018年最新】スタイラスペン(タッチペン)おすすめランキング6選
  • [Androidタブレット]
    「こりゃ~極楽!」 “訳あり品”がお風呂テレビにピッタリな理由
  • [タブレットアクセサリー]
    【iPad用キーボード】純正品に勝った! おすすめランキング5選
  • [Amazon Fireシリーズ]
    Amazonで買えるタブレット、真の「最強コスパ」はコチラです
  • [iPadシリーズ]
    「こっちでよかった?」Proユーザーが“新iPad”に嫉妬した理由