絶対損しない!「コストコ」で買うべき“魚介類”ランキングBEST10
2019年01月02日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by LDK編集部
絶対損しない!「コストコ」で買うべき“魚介類”ランキングBEST10
量善し質善しと大人気のコストコ。ただし、ひとつひとつが大きいので、「買って失敗!」となったら大損です。今回は、食のプロが徹底評価したコストコの“魚介類”10品をランキング形式で発表。コスパや味だけではなく、鮮度にもこだわって順位をつけました。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

LDK テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
風間章子 氏 料理家
風間章子 氏
料理家。調理師。イタリアンレストランで6年間修行の後、カフェの立ち上げ、雑誌やwebなど様々なメディアにて料理監修で活躍中。
橋本加名子 氏 料理研究家
橋本加名子 氏
タイ・アジア料理と和食の料理教室「おいしいスプーン」主宰。本格的なエスニック調味料やスパイスを使いながらも、手軽にできる料理を提案している。その他、企業のレシピ考案なども多数参加。
  • コストコの“魚介類”
    ウリはコスパだけじゃありません
コストコといえば「大量買い」「安くておいしい」なイメージですが、そうは言っても魚介類は鮮度が命。今回、食のプロにご協力いただき、数あるコストコの魚介類を徹底評価してもらいました!
評価項目は以下の5点。

・美味しさ
・食感
・鮮度
・リピート
・コスパ

これらを星の数で5段階評価をして数値化。その合計点数でランキングを作成しました。それでは、コストコで絶対に買うべき魚介類10品を発表します。

なんと今回は、3品が同率1位に選ばれたんです!
  • 大きくてプリップリ×17尾!
    刺身用天然赤海老
    
カークランドシグネチャー
刺身用天然赤海老
購入価格:1127円

栄えある1位に輝いた魚介類1つめは、コストコのプライベートブランド・カークランドシグネチャーより「刺身用天然赤海老」でした!
評価点数もほぼ満点という高評価。
刺身用というだけあり、鮮度は抜群です。食感もプリップリで食べ応え抜群。

驚くべきことにその大きさは10cm以上。しかも1パックに17尾も入ってるんです! 1尾あたり約65円という驚きのコスパ…さすが1位に輝いただけあります。
このビッグサイズ、驚くしかありません…。身が大きいぶん、殻が剥きやすいというメリットも。
橋本加名子 氏
料理研究家

橋本加名子 氏のコメント
味良し、量良し、サイズ良しで文句がありません。
「こんなに大きな海老、17尾も食べきれない!」という人は、パスタやパエリアの具として使ってみてください。スーパーに売ってる海老では、なかなかできない豪華な料理が作れちゃいますよ!
  • 使い勝手よすぎ~!
    太くてどっしりな辛子明太子
カークランドシグネチャー
辛子明太子
購入価格:1580円

同率1位の2つ目は、こちらもカークランドシグネチャーより「辛子明太子」です。
ご飯やパスタ、パンと幅広いアレンジが楽しめる明太子だから、どっしりとした大きなものが5本も入ったこちらの商品は大人気!
1本のサイズが大きいのもうれしいですが、中身もしっかりとした大粒で高品質なんです。
絶妙な塩加減マイルドな辛みに白いごはんがすすむこと必須! たっぷり入っていますが、あっという間になくなってしまいそうですね。これはリピ決定!
  • アレンジしやすさナンバーワン!
    辻野のやわらか焼きいか
辻野
やわらか焼きいか
購入価格:2148円


3つ目の1位に選ばれたのは、使い勝手のよい冷凍食品
1kgと大容量の商品ですが、海老や明太子と違って冷凍されているので、使いたい分だけ解凍すれば「がんばって使いきらなくちゃ!」と焦ることもありません。
まずは解凍したものをそのまま食べてみてください。濃~いイカの味にびっくりするはずです。オススメの食べ方は、王道だけどマヨ七味をつけて。ただし、お酒が進みすぎちゃうのでご注意を!
オツマミだけじゃなく、フライや唐揚げにして夕食のおかずにするのもアリ。とにかくたくさん入ってるので、いろんなアレンジで楽しんじゃってください!
  • 冷凍保存すれば使いきれる
    しっとりたっぷりしらす干し
カークランドシグネチャー 
しらす干し
購入価格:2261円


4位もなんと同率で3つの商品がランクイン! ひとつめは、朝食のおかずとして大活躍しそうな「しらす干し」。
リピートとコスパの評価は満点。こちらもかなりたっぷり入っていて、さすがのコストコサイズです。
しっとりとした食感が絶妙。うま味もすごい!
しらすといえばやっぱりコレ。白いごはんにたっぷりかけてかきこんじゃいましょう!

「こんなに食べきれない!」という人は冷凍してしまってOK。解凍してもしっとり感がなくならないので、最初から保存目的で買うのもありですよ。
  • たっぷり盛って丼にしたい!
    いくら醤油漬け
カークランドシグネチャー
いくら醤油漬け
購入価格:4062円

こちらもごはんのお供に大人気な「いくら醤油漬け」がコストコサイズの商品です。
プチッとしたしっかりめの皮に、サラッとしたあっさりめの味付けがクセになる美味しさです。
いくらといえばやっぱり丼でしょ! コストコのイクラはこれでもかと言わんばかりの大容量なので、惜しまず贅沢にのせちゃいましょう。親戚が集まる年末やホームパーティーなど、手巻き寿司の具としても活躍しそうです。
  • 白いごはんが進みすぎる!
    甘からさんま蒲焼き
カークランドシグネチャー 
さんま蒲焼き
購入価格:1398円

続いてこちらも白いごはんに合うおかず、さんまの蒲焼きがランクイン。
日本人が大好きな甘からい味は間違いのないうまさです! ごはんの上に乗せれば、それだけで蒲焼き丼が完成しますよ。
さすがコストコ、1枚がやっぱりデカイ! さんまの臭みは若干残っていますが、全然気になりません。丼や酒のツマミに引っ張りだこな1品となりそうです。
  • ねっとり濃厚で間違いなくおいしい
    アトランティックサーモンフィレ
ティーブティック
アトランティックサーモンフィレ
購入価格:3824円

第7位は特大サイズの生サーモン! 食べると口の中で脂がとろ~っととろけます
スライスしてそのままお刺身としても食べられる鮮度と、コスパの良さが人気です。
生で食してネットリ甘い脂を堪能するもよし、マリネやサラダのトッピングにとアレンジも楽しい1品です。
  • ごま油×サーモンは正義!
    ハワイアンサーモンポキ
カークランドシグネチャー
ハワイアンサーモンポキ
購入価格:1435円


お次もサーモンを使った1品。こちらはサーモンフィレ×ごま油×唐辛子を混ぜた加工品で、ハワイ料理の「ポキ」というもの。
ごま油風味のユッケみたいな料理で、日本人好みのお味です! 美味しさの評価も悪くありませんが、プロの食べた感想では…
風間章子 氏
料理家

風間章子 氏のコメント
親しみある味だけどもっとネギが欲しいですね。
ネギがもう少し多いほうが良いとの意見もでていました。

ネットリ食感・しっかりした味付けでそのままおかずの1品として楽しめます。味が濃いので白いごはんもどんどん進んじゃいますよ。
  • 調理食材としておすすめします!
    スチームホタテ貝
北勝水産 
スチームホタテ貝
購入価格:1980円

第8位は冷凍食品のホタテ貝。ここまではごはんのお供にそのまま食べられちゃう商品をご紹介してきましたが、これはそのまま食べると少し味が薄いので調理用食材として使用するのが正解です。
解凍するとどうしても、水っぽさがあるので調理前提。評価もBとなりました。
特筆すべきはその大きさ! 肉厚で食べ応えのある大きな身はバターソテーにぴったり。解凍すると少し水っぽくなるので、フライパンでしっかり水分を飛ばすのがポイントですよ。
  • とにかく安い! そしてうまい!
    エビのチリソース豆板醤仕立て
Hibini
エビのチリソース豆板醤仕立て
購入価格:998円

最後にご紹介するのは、今回唯一となったレトルト食品、エビチリ。
そんなに辛くない味付けで、お子様でも食べやすい
このように、小分けにされたパックが3つ入っています。
夕食の1品やお弁当のおかずとしても使えるのはうれしいのですが、衣が大きく肝心のエビが小さいのが不満点です…。

以上、コストコで買うべき“魚介類”BEST10でした! 魚介類では鮮度が高いうえに、おいしくてコスパも良い商品が多数見つかりました。

特に巨大エビや明太子をはじめ、上位6品はどれも肩を並べるほどの高評価。一度は買ってみて後悔しないものばかりなので、コストコを訪れた際には購入してみてはいかがでしょうか。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    一貫100円の肉厚寿司は圧巻! 食のプロが激推しするコストコのおすすめグルメ4選
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    平日が楽チンに! あっという間にできたての下味冷凍レシピ[タラの時短2品]
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    賞味期限切れの前に…エビの使い切り冷凍レシピがこちら
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    パックのままじゃダメ? 鮭は“アレ”するだけで美味しくなるんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    ふっくら、パリパリ! “国産うなぎ”を買うならAmazonが近道です
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    658円で感じるイカのうま味。「北海道の海の幸」お取り寄せオススメ3選
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【裏技レシピ】スーパーのうなぎが簡単美味しい! その秘密は“洗い流す”にあり
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    まぐろの刺身は“サク一択”な理由【スーパーでハズレを引かない目利きワザ】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    “キハダ”“ビンチョウ”“メバチ”。高級まぐろはどれか、わかりますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? まぐろのお刺身はパッケージで“目利き”できるんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【素通りNG】コストコの鮮魚コーナーはアレンジ食材の宝庫なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    大容量でアレンジ自在!魚介類はコストコの隠れた逸品なんです
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知らなきゃ損! スーパーの“お魚選び”の大正解
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    からしに明太マヨ!? クセになるカニカマ6製品ランキング【変わり種編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位はもはや本物!? カニカマ11製品ランキング【カニ感追求タイプ編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    1位は西友・セブン超え! カニカマ32製品採点【ノーマル編】
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    本家を超える激旨モノ発掘! Amazonイクラ頂上決戦はコスパが決め手に
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    【特別企画】おせち料理が“2018年の開運”を呼ぶ理由
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「脂質17%と0.2%」タラは2種類あるのを知っていますか?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「余っちゃった…」2日目のお刺身が美味しく食べられる裏ワザ
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    知ってた? 同じ魚でも刺身と調理で食べごろが違います
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「青魚と白身魚」決定的に味が変わる焼く前のあることとは?
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    魚さばける? 無理ならスーパーに頼めばいいじゃない
  • [生鮮魚介・魚介加工品]
    「待った!」明日の夕飯のサンマ、そのまま冷蔵庫に入れていませんか?