黄身がド真ん中。「ゆで卵調理器」で朝食をちょっとラクしてみませんか?
2020年01月09日(木)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
黄身がド真ん中。「ゆで卵調理器」で朝食をちょっとラクしてみませんか?
朝食にかかせない卵料理。中でもシンプルでいて美味しい定番が「ゆで卵」です。でも、シンプルだからこそ上手に黄身が真ん中にくるように作るのは意外と難しかったりもします。古今東西、色んな暮らしの知恵があるテーマでもありますが、今回はもっと楽して100円ショップなどで手に入る「ゆで卵調理器」に頼っちゃおうというお話です。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

LDK テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
  • 毎朝めんどくさい朝食の準備、
    100均で少しでもラクしましょう
美味しい朝食は、その日の気分にも影響大。でも、しっかりとした準備にはどうしても時間がかかるのも現実です。

そこで、少しでも、ホントに少しでもですが、楽できる方法があれば知りたい。そこで今回はゆで卵作りを助けてくれる100均グッズをご紹介します。
  • やっぱり毎朝のゆで卵は
    黄身が「ド真ん中」にいてほしい
こーんなキレイな黄身“真ん中”ゆで卵、実は難しかったりしますよね。今回紹介するのはこれを簡単にしちゃうゆで卵メーカーです。

キレイにゆで卵が作れるだけでなく、穴あけ機能もついているので、殻むきの手間も減らしてくれるのが嬉しいポイントです。使い方もいたって簡単。
こんな風に卵を殻ごと乗せてお湯に沈めるだけ。あとは出来上がればそれだけで上手なゆで卵になっています。それでは具体的にオススメ商品のご紹介です。
  • 一番のオススメはダイソー商品!
    コスパ抜群で穴あけ付きです
bestbuy
ダイソー
ゆで卵メーカー
実勢価格:108円
2個分というサイズがちょうど良く、持ち手がたためるので収納にも困りません。もちろん、テストでも黄身はしっかりと真ん中にきています。
[使い勝手:評価A][時短:評価A][見た目:評価A]
見た目も申し分なしです。また、殻むき用の穴あけもちゃんと備えています。
スムーズに使えて、殻むきはストレスなくできました。価格ももちろん108円と安いので、家族の多いご家庭では複数購入してもいいかもしれませんね。とにかくオススメの1品です。
  • 値段は上がりますが、
    5個同時に茹でられるのは便利
アーネスト
ゆで玉子調理器 
えっ!グー
実勢価格:1008円
5個のゆで卵が同時に作れるのが便利。その分、サイズはダイソーよりも大きくなるので、収納場所がある人向けです。
[使い勝手:評価B][時短:評価A][見た目:評価A]
黄身の出来映えはコチラも申し分なし。一度にたくさん作ってもうまくいきました。また、こちらにも穴あけ機能はついています。
ダイソーと同様、スムーズに使うことができました。お値段は多少上がりますが、3個以上を同時にひとつのグッズで茹でたい人にはいいでしょう。
  • 100均でもちょっとイマイチなのが
    ダイソーのケースタイプ
ダイソー:ゆでたまごケース 2個:調理器具
ダイソー
ゆでたまごケース 2個
実勢価格:108円

同じダイソーでもケースタイプはちょっとオススメがしづらいです。水切りがメンドウで、あまり省エネにならず。穴あけもありません。
[使い勝手:評価C][時短:評価C][見た目:評価A]
黄身の出来映えでいえばこれも文句なし。使い勝手の面で惜しいテスト結果となりました。


以上、ゆで卵調理器のご紹介でした。「一口食べてもまだ黄身まで届かない」or「1口で黄身を全部食べちゃった」そんな問題はこれで解決。忙しい朝に少しでも役立てば嬉しいです!

※本記事に掲載している製品は、消費増税前にすべて編集部が購入したものです。そのため、購入価格は増税前の価格となっています。製品によって販売が終了しているものや、在庫がない場合がございます。あらかじめご了承ください。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら