電気ケトルやポットの中身のまだらな汚れはアレで簡単に落とせます!
2019年03月09日(土)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
電気ケトルやポットの中身のまだらな汚れはアレで簡単に落とせます!
電気ケトルやポットの内部にある、こすってもなかなか落ちない白色や茶色っぽいまだらなシミ。実はこれ、主に水アカの仕業。キッチン汚れは重曹を使う場合が多いのですが、この場合に使うのはアレ。汚れが中和されてみるみるうちに新品同様になっちゃいました!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

LDK テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
  • カルキが原因の水アカは
    クエン酸で溶かして落とせます!
水を入れて、ボタン1つでお湯を沸かせる便利な電気ケトル。水しか入れてないから、たいして汚れないでしょ?  なんて思って中をのぞくと、大量の水アカが…! しかも、電気ケトルの中って、傷つきやすいうえに洗いにくいんですよね。でも諦めるのはまだ早い!

そんな汚れを落とすときに、頼りになるのがクエン酸なんです!
ダイソー:クエン酸:掃除用品
ダイソー
クエン酸
実勢価格:108円

お掃除に使うのは水とクエン酸だけ。いたってシンプルです!
  • 水とクエン酸を沸かしたら
    一晩置いておくだけでOKです
    
では、クエン酸を使うと、どうして水アカが落ちるのでしょうか?

電気ケトルのお掃除を悩ませる水アカは、アルカリ性です。同じアルカリ性の重曹ではなく、酸性のクエン酸を使うことで、汚れを中和して浮き上がらせます。とくにクエン酸を水に溶かして沸騰させると、泡の力で汚れが浮き上がって効果的です。気になる汚れ残りも、再沸騰させれば問題ありません。

それでは、実際の手順をチェックして行きましょう。

1.ポットに水とクエン酸を入れる
まずはポットの容量に合わせて水を入れ、クエン酸を15g入れ、かき混ぜてから沸騰させます。沸騰したら、スイッチを切って放置します。クエン酸はダイソーなどの100均でも簡単に購入することができます。
ダイソー:クエン酸:掃除用品
ダイソー
クエン酸
実勢価格:108円

2.一晩置いたら水を変えて再沸騰
一晩置いたら、クエン酸入りの電気ケトルの水を捨てます。その後、水だけを入れて再度、沸騰させます。その水を捨てれば掃除完了です!
  • 水アカまみれのポットの底が
    スッキリピカピカになりました!
それでは、お掃除前と後でどのくらいキレイになったかチェックしてみましょう。
洗浄前
電気ケトルの底面は洗いにくいため、気がついたら水アカがいっぱい付いてしまっています。
洗浄後
クエン酸を溶かして沸騰させたあと、もう一度、沸騰させた水を捨てた状態。ゴシゴシこすることなく、ここまでピカピカになりました! 濁っていたステンレス部分が鏡みたいに!
  • コーヒーメーカーにも
    応用できる洗浄方法です
このクエン酸を使った水アカ取りは、コーヒーメーカーにも使えます。水を入れるタンク部分にクエン酸と水を入れて混ぜ、コーヒーを出すときと同じようにスイッチを入れるだけです。タンクだけでなく、ポットの部分に付いた汚れも溶かしてくれます。

ゴシゴシこすらなくても、クエン酸の酸性パワーを利用すれば、水アカは簡単に落とせます! あきらめていた電気ケトルの、そしてコーヒーメーカーの水アカを、ご紹介した方法で落として、ピカピカにしてくださいね!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら