史上最高の味を更新か…象印「炎舞炊き」に“お米のプロ”が唸った理由
2018年10月05日(金)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
史上最高の味を更新か…象印「炎舞炊き」に“お米のプロ”が唸った理由
数々の比較検証を行ってきた『家電批評』編集部が“炊飯器のベスト”として推してきた象印の「極め炊き」が大幅にリニューアルされ、「炎舞炊き」として生まれ変わりました。その実力を検証したので、ぜひご覧ください。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 最高級のハードルを軽々と
    超えた象印の最新炊飯器!
象印から炊飯器の新機種「NWーKA10」が登場。象印の炊飯器といえば『家電批評』誌でもベストに推す南部鉄器を内釜に採用した「極め炊き」ですが、今回なんと内釜が大リニューアルしたんです!

象印百年目の最高傑作と題し、業界初の鉄釜を採用。そして、こちらも業界初の“独立した3つのIH”で強烈に沸騰を起こす「炎舞炊き」に生まれ変わりました。

今回はこの「炎舞炊き」の実力を五つ星お米マイスターの片山さんと共に検証してみました。
象印
圧力IH式 炎舞炊き
NW-KA10AM
実勢価格:9万8633円
内釜は南部鉄器釜から凹凸がほとんどない「新・鉄釜」にリニューアル!
鉄は熱伝導がいいため、水が激しく沸騰し、お米に一気に熱が伝わります。そこに同社が培った圧力制御をかけることで、お米が溶ける寸前で美味しさを閉じ込め、一粒一粒がふっくら仕上がるんだとか。

……これはあくまでも理論上の話なのですが、実際に本機でコシヒカリを普通に炊いてみたところ、お米マイスターの片山さんも思わず「おおっ」とうなるほどの仕上がりに!
前モデル(NW-AT10)も完成度は高かったのですが、新モデルの方がお米の輪郭がしっかりして、粒立ちのよさが際立っていました。

前モデル(NW-AT10)の評価
新モデル(NW-KA10)の評価
「粒がひとつも溶けていない。前モデルよりも粒が際立ってとても美味しい」と片山さんも絶賛していました。
これまでは極端に“もちもち”な印象がありましたが、新モデルはある程度バランス重視で、食感や粒感も両立させています。

個性が減ったように見えますが、バランス重視に後退したのではなく、最高のバランスに進化したと言えそうです。
  • 高級機と格安機の違いは
    ストライクゾーン…?
最近ではお米の銘柄が増えたことで、お米の味や楽しみ方が多種多様になっています。
高級炊飯器は「ストライクゾーン」が広いため、どんなお米でも細かいことを気にしなくても一通り美味しく炊き上げてくれます。
対して格安機の方はストライクゾーンがさほど広くないので、お米との相性だったり、水加減などがしっかりしていないと美味しく炊けなかったします。
「炎舞炊き」を使えば、誰が炊いても、どんなお米を使っても食感と旨みのバランスの取れた美味しいご飯ができあがるので、価格なりの価値は十分にありそうです。

以上、象印の高級炊飯器「炎舞炊き」のご紹介でした。「高級炊飯器ってどうなの?」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、こちらの[高級炊飯器“マニア化”の終焉? 「ふつう炊き」を追求する新潮流とは]では「NW-KA10AM」を含む高級炊飯器の現状についてレポートしています。あわせてご覧ください!


[ご協力いただいたのはこの方です]
五ツ星お米マイスター
片山真一さん
隅田屋商店の代表取締役をされています。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [炊飯器]
    高級炊飯器じゃなくていい。Amazonベストセラーが売れてる理由
  • [炊飯器]
    高級炊飯器“マニア化”の終焉? 「ふつう炊き」を追求する新潮流とは
  • [炊飯器]
    知ってた? 炊飯器の大本命が“今日だけ安い”んです[Amazonタイムセール祭り速報]
  • [炊飯器]
    型落ちだっておいしく炊けちゃうんです…オススメ炊飯器2選
  • [炊飯器]
    【2018年】おすすめ「炊飯器」全試食ランキング10選!プロが選んだ1位は?
  • [炊飯器]
    知ってた? 土鍋ごはんは今や“全自動”で炊ける時代なんです
  • [炊飯器]
    オリジナリティ溢れすぎ! あなたが知らない個性派家電4選
  • [炊飯器]
    【工場潜入】なぜ「象印の米」は絶賛されるのか?
  • [炊飯器]
    炊飯器の「米の魅力を引き出すモード」が本当か実験してみた
  • [炊飯器]
    たった1万円ちょいで「素材本来の良さ」を引出す炊飯器があったんです!
  • [炊飯器]
    【2017年】家電批評が選ぶ今年のベスト「キッチン編」がコチラです
  • [炊飯器]
    新米の食べ頃が12月?「美味しいご飯」4つの新常識
  • [炊飯器]
    人気炊飯器をガチ比較! ベストバイは圧勝でこちらのブランドでした
  • [炊飯器]
    賛否両論! 話題のオシャレ炊飯器の良いところ、ダメなところ
  • [炊飯器]
    【炊飯器】噂のバーミキュラは何が違う?最新ブランド徹底食べ比べジャッジ
  • [炊飯器]
    美味しいご飯を炊くために やってはいけない6つのNG
  • [トースター]
    バルミューダ派が嫉妬!? スチームオーブントースターおすすめランキング5選【2019年版...
  • [電気鍋・電気圧力鍋]
    【簡単なのにおいしい!】 電気圧力鍋おすすめ人気ランキング6選|雑誌『LDK』徹底比...
  • [トースター]
    【こだわりトースト】三菱電機「ブレッドオーブン」の口コミや評判は本当?ヤラせなし...
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    ツインバード「CM-D457B」の口コミや評判は本当?ヤラセなしで検証レビュー|無印コー...
  • [電気ケトル・ポット]
    ヤケドしない・すぐに湧く。おすすめ電気ケトル10選【おしゃれ派も納得!2019年最新版...
  • [トースター]
    パンも惣菜も“サクッ”! ヘルシオ グリエは旧型と新型どっちを買うべきか比較してみ...
  • [ミキサー・カッター]
    毎日使える! ハンドブレンダーおすすめランキング7選 | 失敗しない選び方[2019年最新...
  • [トースター]
    【Amazonベストセラー】テスト中、編集部が美味しさに驚いた「調理家電」6選[2019年...