窓の真っ黒汚れは、アレを“ラップする”とスルスル落ちるんですよ!
ベストアイデア
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2018年09月16日

窓の真っ黒汚れは、アレを“ラップする”とスルスル落ちるんですよ!

窓ガラスの掃除はしっかりできた! けど、“パッキン”部分を見逃したりしてませんでしょうか。じつは、コレを放置しておくとどんどん汚れが溜まって、いつしかカビで真っ黒に。こうなると、ふつうはなかなかキレイにできないのですが……なんと、「ラップ」を使うことで見事に解決できちゃうんですよ!

ホーム 使う、使わないでは大違い! ラップの隠れた実力

窓の掃除はしているけれど、意外と見落としてしまいがちなのがこの部分。そう、パッキンです。
放置したままだと結露などの水アカやホコリが入り交じって、どんどん黒ずんでいき、汚れが目立っていきます。また、ゴムの奥にはカビ菌が入り込んでいるので、ちょっと拭いただけでは効果なし……。

ですが、諦めてはなりません。じつはコレを効果的に落とす秘密道具があるんです。それは……どこのお家にもあるラップ!

食品を密閉することで乾燥や酸化を抑えますが、その密閉効果をお掃除にも活用できるんです。
クレハ:NEWクレラップ 20m:ラップ
クレハ
NEWクレラップ 20m
実勢価格:147円
※Amazonパントリー価格です
汚れの原因はカビですので、おなじみのコレもいっしょに使います。
ジョンソン:カビキラー 400g:洗剤
ジョンソン
カビキラー 400g
実勢価格:582円
パッキンのカビは内側に根をはっているため、こすっても取れません。が、このふたつを一緒に使うことで劇的効果アップが実現するんです。
カビキラーをラップで閉じ込めることで、カビの根にしっかり浸透し、汚れを浮かして落とす、という仕組みです。

ホーム すき間を作らないパックで 洗剤を奥まで浸透させる!

要するにカビキラーをラップでパックするわけですが「ちょっと何言っているかわからないです」という方もいらっしゃるかと思いますので、実際に掃除してみた様子をお届けいたします!


①キッチンペーパーをパッキンの上にのせる
パッキンの上にのるように、キッチンペーパーを細く丸めて筒状にします。窓のパッキンを覆うようにセットしましょう。


②ペーパーの上からカビキラーを吹きかける
パッキンにのせたキッチンペーパーの上からカビキラーをスプレーします。薬剤がしっかりしみ込むまで何回か吹きつけましょう。


③上からラップをして20分待つ
キッチンペーパーの上からラップをして20分放置します。カビキラーが浸透するように、すき間なくぴったりと貼ると効果がアップしますよ。

20分後にラップとペーパーを外してみると……
Before
After
こすっても取れなかったカビが見事にすっきりキレイに!


④固まった汚れは歯ブラシで落とす
カビキラーのパック後に残った汚れは歯ブラシでこすって落としましょう。強くこすらなくても、撫でるだけでOK! カビがゆるんでいるので簡単に取れますよ。最後にぞうきんで水拭きすれば完了です!


いかがだったでしょうか。パッキン専用のカビ取りグッズもありますが、わざわざ買わなくても、お家にあるもので簡単に黒ずみが消えちゃいます。ぜひトライしてみる価値アリですよ!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事