こんなに違う! ガラスが飛び散らない“貼るフィルム”はやって損なしでした
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by DIY部
公開日: 2018年09月29日

こんなに違う! ガラスが飛び散らない“貼るフィルム”はやって損なしでした

ホームセンターで手軽に手に入る防犯製品って本当に効果があるのか気になりますよね。せっかく使っても、効果がなければ意味がありません! 今回は防犯のプロの協力を得て、窓ガラス用の防犯フィルムをテストしました。

DIY 防犯グッズも充実! カインズならコスパもバツグン!

ホームセンターや通販等で購入できる手軽な防犯グッズ。ぼんやりと不安を感じながらも、何もしないよりいいかなと使っている方もいるはず。その不安を解消すべく、今回はホームセンターのカインズで購入できる防犯フィルムをテストしてみました。

なおこのテストは総合防犯設備士の資格を持つ防犯のプロの協力を得て、検証・判断を行なっております。絶対にマネをしないでください。またご紹介する防犯グッズは絶対性を保証するものではありません。ご了承ください。

DIY 値段はお手頃だけど 厚みがあって割れにくい

窓ガラスに貼るフィルムを検証してみたところ、厚みのあるカインズのフィルムが優秀な成績を収めました。
カインズ:防犯フィルム:防犯グッズ
カインズ
防犯フィルム
2枚入 46×35cm CZH20
実勢価格:880円
厚さ:200ミクロン
表面材:ハードコートポリエステル(200μ)
接着剤:アクリル酸エステル樹脂
保護フィルム:ポリエステル
水拭きして貼るだけととてもかんたんですが、効果はプロも納得のひと品。ガラスを割っての侵入、地震などでガラスが割れたときに飛散を最小限に抑えます。
防犯フィルムを貼っていない状態でガラス板をハンマーで破ってみると、見てのとおりガラスが飛び散って危険! ※効果を検証するための実験なので絶対にマネしないでください。
カインズの防犯フィルムを貼ったガラス板をハンマーで叩くと、このような状態に。ガラスは割れず、飛散することもありませんでした。

もう1点、検証に使用した防犯フィルムをご紹介します。
Hikari:窓ガラス用 防犯フィルム:防犯グッズ
Hikari
窓ガラス用
防犯フィルム
実勢価格:2038円
取り扱いやすいうえに、取り付けもかんたんな防犯フィルム。カインズのものと比べると値段は高めです。
こちらもガラス板に貼って実際に検証。ひびは入ったものの、叩いても割れにくく、こちらも効果は十分です。

両方とも性能は十分で、防犯性能もプロに認められました。防犯面・安全面を考えると全面貼りが必要になるので、オススメはコスパの良いカインズです。

なお、これらのフィルムは防犯効果だけでなく、台風や地震などによって割れてしまった窓ガラスの飛散防止としても効果が期待できます。ぜひ、検討してみてくださいね。
いずれもやっておけば必ず犯罪を防げるとはいえないですが、防犯意識していることをアピールするだけで、被害に遭う可能性も下げられます。自分でできることは、できる限りやっておくことをオススメします!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事